Posted on Leave a comment

栄養補強をしよう!

最近はサプリメントによる栄養補強も
一般的になってきましたが、
どうして私たちには栄養補強が大切であるかご存知ですか? 

畑で野菜が育つとき、
野菜は土から栄養を吸収するので、
土の栄養はどんどん減っていき、
それを何度も繰り返すと、
野菜には全く栄養が含まれなくなってしまいます。
農家は、生産量を維持するためにも肥料を足していきますが、
不足した栄養のすべてを肥料で補給できるわけではありません。
 

現代の農業では、野菜は生産量を上げ、
栽培期間を短くし、さらに作物が病気などにならないために
必死に工夫しますが、
残念ながら栄養価を上げることはあまり重視されていません。 

野菜に今までのような栄養価がなくなったという報告は、
いくつも見られます。 

  • 2001年の米国と英国の政府調査で、
    野菜と果物の栄養価について1940年と
    1991年を比べると、75%低下している。
    (補完医療雑誌において発表) 

  • 2003年、カナダの調査で、
    50年前の野菜や果物の栄養価を現在と比べると、
    非常に低下していることが発表された。
    たとえば、ジャガイモのビタミンAは、
    ゼロになり、ビタミンCと鉄は57%、
    カルシウムは28%減っている。
    キャベツ、レタス、ほうれん草、トマトなどの
    野菜の平均的なミネラルの含有量は
    400mgから50mgへと減少した。 

  • 2004年、米国栄養学会が食品成分表
    (米国農務省作成)の43の野菜について
    1950年と1999年のデータを比較したところ、
    タンパク質、カルシウム、リン、鉄、
    リボフラボン、ビタミンCの6つの栄養素が
    顕著に低下していた。 

  • 英国のフードマガジンは、
    英国の食品成分表に記載されたすべての食べ物について
    1940年から2002年の変化を分析したところ、
    カルシウムと鉄が急激に減っていた。 

残念なことに、こういうことが起きた
主な原因はわかっていません。
様々な理由が考えられますが、
今日も消費者が選んで食べているものは、
栄養がなくなっている食べ物であるという事実を
受け止めていただきたいのです。 

清涼飲料水には、明らかに牛乳と同じ栄養価はありませんし、
果物の果汁とも同じではありません。
現代の子供たちは、牛乳より清涼飲料水を好んでいるようです。 

様々な栄養素が不足している人が
非常に多いことが世界中の数々の研究で明らかになっています。
体はいろいろな形で様々なビタミンやミネラルを使っています。
こうした大切な栄養素を適切に摂れないと、
病気と闘ったりケガから回復するのが難しくなります。
私たちの体は、13のビタミンと15のミネラルが必要ですが、
さらに微量ミネラル、酵素、植物由来の栄養素が必要です。 

さらなる健康を目指すステップ6では、
栄養補強を毎日行います。
クエスト社のネオパックは、
毎日必要な栄養素とミネラル、植物由来の栄養素が摂れます。
ネオガードは、身の回りの毒、フリーラジカル、
ウィルス、バクテリアからあなたを守る栄養素が入っています。 

栄養補強について大事な点は、
皆同じではないということです。
お店の棚にあるサプリメントの多くは、体が使えないものです。
そうした製品の中には、
オーガニックの原料から出来ていないミネラルがありますが、
人間の体は植物から摂ったビタミンや
ミネラルのみを吸収できるようになっています。
クエスト・グループの栄養補強食品には、
海藻から摂った成分も含まれています。
この海藻には70以上の微量ミネラルが含まれる
新鮮な海藻から摂っています。
海藻のミネラルや栄養は、
陸上の植物以上に優れているものがあります。
海藻は、浅瀬、沿岸、深海と様々な場所で育ちますので
空気の汚染や土壌汚染とは縁がなく、
またきれいな海で採れた
有害な化学物質のないもののみを使用しています。 

Posted on Leave a comment

免疫力を高め、病気を防ぐ、3つのステップ

冬にインフルエンザや風邪などにかからない方法は
と尋ねると、多くの人が以下の3つの回答をします。

①インフルエンザの予防接種をする
②公共の場でマスクをする
③頻繁に手を洗う

正解は?

①インフルエンザの予防接種は効果がありません。
効果があるどころか体をダメージします。

②マスクをする、③手を洗うというのはよい回答ですが、
風邪やインフルエンザへの最善の防御法は先のリストにはありません。

私たちは自分の体を防御する驚異的な能力をもっています。
免疫システムは、毎日身体に侵入する、
数百万というバクテリア、微生物、ウイルス、寄生虫などを
体から守っているのです。
これらの侵入については、
ほとんどの場合意識していないものです。
毎回、何かを食べる、飲む、触る、吸い込むことにより、
私たちはこれらが体内に侵入するという危険に犯されるのです。
あなたが意識しなくても、体はこれらが体内に侵入しても、
しっかりと未然に防いでくれているのです。

私たちの免疫システムの仕事は、
これらの侵入者(物)から体を守ることです。
免疫システムは、
特に以下の3つのことをして体を守ってくれます。

①体に入ってきたバクテリアやウイルスなどから
体を守るよう、バリアを張る。
外側のバリアは、皮膚や粘膜です。

②バクテリアやウイルスなどが体内に侵入してしまった場合、
免疫システムはそれらを認識し、
体内で増殖する前に除去する。
これは、腸内でおこります。
私たちの免疫物質の80%以上が腸内でつくられているのです。

③バクテリアやウイルスが体内で増殖し、
問題を起こし始めると免疫システムは防御に入り、
それらと戦う物質を送りだします。

私たちは以下の時に病気になります


・皮膚や粘膜が乾燥し、弱くなった時
・体が疲れて、あなたを守る免疫システムも疲れている時
・体が免疫システムを再生できる栄養素が不足している時
・腸内の悪玉菌が、善玉菌より多くなった時

体に免疫システムを作るのに必要な必須栄養素が揃った時に、
体は最高の武器を持つことができるのです。
これは、軍隊に例えると分かりやすいかも知れません。
また十分な睡眠を取った時に、
最高の状態で外敵と戦うことができるようになります。

しかし、もしあなたがジャンクフードばかり食べていたとしたら、
あなたの軍隊はまるでパチンコで戦うようなものです。
さらに睡眠不足の時には、あなたの軍隊は非常に弱くなり、
水が足りないとあなたの軍隊は枯渇してしまいます。

以下の3つのステップが、
あなたの体内を守る最高の軍隊に必要となります。

①ホールフーズを食べる(できるだけ自然の状態の食べ物)
②サプリメントで栄養を補強する
③消化システムを健全にする

①ホールフーズ


ホールフーズとは、
新鮮な果物、野菜、低脂肪のたんぱく質、タネ類、豆類です。
これらの食べ物は、免疫システムをサポートし、
体が健全に機能するための必須栄養素を含んでいます。
加工食品を食べると、あなたの免疫システムは低下します。
詳しくはこちらをご覧ください

免疫システムを破壊する以下のものを避けましょう。

・白砂糖
・精製された小麦粉
・ソーダ類
・揚げ物
・人工の成分入りの食べ物
(特に、人工着色料、調味料、香料、甘味料など)

いくつかの食物やスパイスには免疫力を向上させるものがあります。
ブログ中にあるスーパーフードスパイスについての記事をご覧下さい。
さらに免疫力を向上させるスープのレシピもありますので、
ぜひこの冬に作ってみてください。

②サプリメント


近代の生活においてエネルギーレベルが適切で、
しかも健全でいられる食生活をすることは
ほぼ不可能となっています。
過去100年間で慢性のストレス、喫煙、処方箋の使用、
環境的汚染などが増えたことにより、
私たちにはもっとたくさんの栄養素が必要となっています。
しかし、食べ物に含まれている栄養は減っています。
ですから、適切な栄養素を摂取するには
サプリメントで補う必要があるのです。

ネオパックにはよりよい健康状態を得るのに必須です。
外敵から体を守り、
免疫力を高めるためにもネオパックを毎日摂取しましょう。

ネオガードは、最高品質の抗酸化剤フォーミュラです。
抗酸化剤は、炎症などと戦う能力を高め、
あなたの細胞を活性酸素による
細胞のダメージから体を守ってくれます。

ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE,
緑茶エキス、ターメリック、ビルベリーが配合されています。

ネオクレンズはとても安全な解毒用サプリメントです。
ネオクレンズは免疫システムを
阻害する毒素を除去するお手伝いをします。

③消化システムを健全にする


免疫物質の80%以上は、腸内で生成されています。
悪い細菌や病原菌などの侵入者を
ここで防御して体内に入らないようにガードします。
消化システムは主に酸性であるため、
多くの侵入物は唾液や胃液で分解されます。
しかし、ある侵入物は
これらの防御ラインを通過してしまうこともあるのです。

あなたの腸内には、
バクテリア、イーストなどの何兆個という
生物が生息しています。
つまり、私たちの体内には、
細胞の10倍以上もの生物が生息していることになります。

ある生物は、腸に良く働き、
あるものは悪い影響を与えます。
私たちが吸っている空気、水、食べ物などには、
悪玉菌もたくさん存在します。
健康によい食べ物を食べ、腸内の働きをサポートしていると、
善玉菌が体内で自然に育っていきます。

善玉菌が最低でも85%あると、
体内の良いバランスが保たれます。
善玉菌が足りず、悪玉菌が15%以上増えると、
腸内でダメージが起こり始めます。
悪玉菌が増えることで、病気になり、
風邪やインフルエンザにもかなりやすくなります。
また、せっかく良い栄養を補給しても、
しっかりと消化器官がこれらを吸収できなくなってしまうのです。
免疫力の低下、そして、栄養を補給できないということが、
体全体に悪い影響を与えてしまうのです。

私たちの身の回りあるたくさんの物質が、
善玉菌を殺してしまいます。

それらは、

・水道水に含まれている、塩素やフッ化ナトリウム
・抗生物質、殺菌用の石鹸
・公害
・アルコール飲料
・薬品
・ストレス

などです。

これらを100%避けることは不可能ですが、
できるだけ避け、腸内の善玉菌を失わないようにしましょう。

体が善玉菌をしっかりと作れるようにするには?

・味噌、納豆などの発酵食品をしっかりと食べ、健康的な食事をすること
・抗生物質の摂取を必要最低限にすること
・ストレスを管理すること
・「でるサポート」を毎日摂取すること

でるサポート

でるサポート」に含まれる
10種類のプロバイオティクス
(体に良い働きをする生菌とそれを含む食品)は
消化器官に働き、2種類のプレバイオテックは
腸内フローラを改善します。善玉菌を増やすことで、
悪玉菌の勢力を弱め腸内細菌のバランスを良くし、
腸内環境を健康に保ちます。
免疫システムを強化し、
ビタミンやミネラルの消化吸収も改善します。

免疫力を高める、その他の方法


①太陽光線は、ビタミンDを生成するのを助ける。
1日20分は日光を浴びましょう。

②十分な睡眠を取ると、
体が外敵と十分戦うことができるようになります。
1日7~8時間の睡眠が必要です。

③運動は免疫システムを刺激します。
1日30分は体を動かしましょう。

④水は、皮膚や粘膜に必要な水分を補給します。
1日2リットルの水を飲みましょう。

ご家族や友達もこの風邪と
インフルエンザの時期に元気でいられるよう、
上記の簡単なステップをぜひシェアしてください。
病気にならないよう、家族や大切な人を守りましょう。

お子さんには、

ネオガードチュアブル
おなかサポート

がありますのでこちらもお忘れなく!

Posted on Leave a comment

好転反応を楽に乗り越える方法

食生活を改善したり、
必要なサプリメントを新たに摂ったり、
解毒プログラムを行うなど体に変化が生じると、
体は毒素を排出し始めます。
このとき、私たちの体は
「好転反応」を経験するかもしれません。
好転反応は一時的なもので、
続いたとしてもだいたい1週間~10日ぐらいです。
(期間には個人差があります)

もしかすると解毒した結果として、
あなたは鈍くてしつこい「頭痛」を感じているかもしれません・・・。
(この場合の毒素とは、
カフェイン、砂糖、人工甘味料、加工食品などです)

もしそんな場合は、意志を強く持ってください。
そしてあなたが今経験している解毒で生じる症状には、
いずれも意味があることを覚えておいてください。

例えば頭痛、もしくは、エネルギーが変動し、
軽い吐き気や気分の浮き沈みが起こるかもしれません。
皮膚に発疹が出るかもしれません。
でも、それらいずれも全て意味があるのです。

あなたの体は今、
あなたのために一生懸命働いているのです。
もしここで頑張ることができたなら、
明るい兆しは間もなくやってきます。

今回は、この好転反応を少しでも早く
経過させるための4つの方法を紹介します。
好転反応を体験している方は、
ぜひこれらの方法を試してみてください。


1.  水をしっかり飲む

水分補給は毒素を体外に排出するためにとても重要です。
水は体内の毒素を洗い流してくれます。
あなたの飲んだ水が、毒性を薄めて、
頭痛や他の症状を弱めてくれることをイメージしてください。
朝食前(起床時)に約1リットルの水を飲むようにすると、
最大限の効果が得られるでしょう。
ただし無理はしないこと。
不快に感じないよう、ご自身のペースで飲んでいきましょう。

2.体を動かす

最低25分間は動き続けてみましょう。
その理由は、

1)発汗することで、体内の毒素が取り除かれます。
2)体を動かすことにより、体内に定着した毒素を
「動かして」「バラバラにして」、体外に排出させます。
面白いと感じたら、跳ねることを
数日間試してみるのもいいでしょう。
ミニトランポリンの上でジャンプすると効果的です。
上下にジャンプすることで、
リンパ節に溜まっている毒素を放出することが出来ます。
これは、解毒の経過を早めるすばらしい方法であり、
より早く好転反応を終わらせることが出来るでしょう。

3.呼吸する

多くの人は、肺が主要な解毒器官であることを知りません。
呼吸するたびに、体の全ての細胞に酸素を送り、
息を吐くたびに、体内の毒素が吐き出されます。
毎日、数分間、集中して、
浄化のための深い呼吸をすることにより、
体が本来もっている解毒のプロセスが活性化されます。
ゆっくりとした深い腹式呼吸は、
呼吸の浄化能力を高めることができるのです。
目を閉じて、呼吸をしましょう。
その際、肺だけではなく、体中の器官や筋肉、
痛みを感じる体の全ての部位で
呼吸するイメージで行いましょう。
集中して行うことで、
実際に痛みがある部位に
空気を感じることができるかもしれません。
頭痛解消にも呼吸がお勧めです。
暖かい、浄化してくれる、
キラキラとした空気が体内に入ってきて、
毒素が出て行くイメージをしましょう。
毒素は、暗くて煙たい毒ガスが
出て行くイメージを持つといいでしょう。
このように呼吸は、すばらしいストレス解消方法であり、
現実に解毒プロセスを助けてくれます。

683065.TIF

4.デトックス風呂でリラックスする

デトックス風呂にはいることで、
肝臓や他の器官を刺激し、解毒することができます。
毎日行う必要はありませんが、
頭痛などの好転反応を早く終わらせるために、
週に1回は入るといいでしょう。
デトックス風呂とは、
湯船にエプソムソルトを加えて(お湯150リットルにつき約150g)、
15〜30分間入浴することです。
エプソムソルトが毒素を排出し、
解毒器官を活性化してくれます。

☆エプソムソルト:エプソムソルトは
アメリカの多くのご家庭で愛用されている入浴剤です。
成分は硫酸マグネシウム、無色・無臭のマグネシウムの結晶で、
「エプソムソルト入浴」をすると
身体の深部体温が高まり健康を維持し、
また身体に必要なミネラルのマグネシウムを
皮膚から補給することができます。
ネット通販で購入可能。

数日後には、この困難な状況を乗り越え、
あなたの健康に関する
あらゆる部分に良い変化が
起こり始めていることでしょう。
そして、これを乗り越えた自分自身をとても誇らしく、
嬉しく感じていることでしょう・・・・。

Posted on Leave a comment

警告:アルコールは免疫システムに弊害をもたらす

アルコールは、亜鉛を含む重要な栄養素の吸収を阻害する 

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の
パンデミック(世界的大流行)が続き、
人々は外出自粛を求められています。
そのため、多くの人がアルコールを飲むことで、
ストレスを解消しようとしていることにも納得できます。
実際、コロナウィルスのパンデミックが始まって以来、
アルコールの売り上げは増加しています。 

しかし残念ながら、あなたの健康にとって、
飲酒は賢い行動ではありません。
適度な飲酒(男性は1日2杯、女性は1日に1杯程度)は、
心血管にわずかな利点がもたらされるかもしれませんが、
過度の飲酒は、肝臓病、心臓病、高血圧、肥満、脳卒中などの、
深刻な健康リスクにつながる可能性があります。
また、毎日のアルコール摂取は、
適量であっても多すぎると考えます。 

アルコールを減らしたほうがいいのには、
別の理由があります。アルコールの摂取が、
必須ミネラルの亜鉛の吸収を妨げる可能性があることが、
研究で明らかになっています。
細胞における研究で、
亜鉛はコロナウィルスの複製を阻害する能力が
あることがわかりました。
亜鉛単独で、COVID-19に対する「特効薬」にはなりませんが、
病気と闘うこの栄養素の量を適切に維持することは、
とても賢明な手段です。 

 
抗ウィルス作用を持つ亜鉛は、効果的な免疫防御に必要不可欠である 

亜鉛は、成長と発達に不可欠な役割を果たしており、
DNAの合成、正常な細胞分裂、適切な創傷治癒に不可欠です。
この万能な微量栄養素である亜鉛は、
感染と闘うT細胞の発達と活性化を助けるため、
免疫系機能にとって特に重要です。 

亜鉛は、健康な免疫に必要であり、
特に高齢者では、亜鉛の量の少なさが、
肺炎や他の呼吸器感染症に対する感受性の
増加に関する研究結果と関連付けられています。 

亜鉛が、抗酸化作用、抗ウィルス作用、
抗炎症作用を持っていることは、
研究で示されています。
亜鉛は、風邪の症状の重症度と
その期間を減らすことさえ証明されています。
風邪の原因のウィルスの1つである、
ライノウィルスの粘膜での複製を、
亜鉛が直接阻害するためです。 

その一例として、『PLOS Pathogens』で
発表された細胞研究では、
亜鉛は、COVID-19に近いウィルスである、
SARSコロナウィルスの複製を阻害したと書かれています。 

健康警報!アルコールは貴重な微量栄養素を体から奪う 

アルコールは、それ自体の栄養価が
完全に不足しているだけでなく、
亜鉛を含む微量栄養素の吸収を妨げます。
アルコールの摂取は、亜鉛の吸収を妨げるだけでなく、
尿中への排泄を早めたり増やしたりすることで、
体内の亜鉛の量を低下させます。 

過度の飲酒は、栄養不足や亜鉛が
豊富な食品の摂取の低下にもつながり、
亜鉛不足をさらに悪化させる可能性が
あることを覚えておいてください。
また、飲酒によって枯渇する微量栄養素は
亜鉛だけではありません。 

アルコールはビタミンB群の吸収を
妨げる可能性があります。
例えば、栄養素をエネルギーに変換するのを助ける
チアミン(ビタミンB1)、DNAの生成と
修復に不可欠なナイアシン(ビタミンB3)、
赤血球の形成に必要な葉酸(ビタミンB9)、
神経機能に不可欠なメチルコバラミン(ビタミンB12)などです。 

慢性的なアルコール乱用による、
ビタミンB群の深刻な欠乏は、
貧血や末梢神経障害から幻覚、認知症、発作、
さらには精神病まで、
さまざまな症状を引き起こす可能性があります。 

さらに、アルコールはビタミンCの吸収を妨げ、
排尿によって体内のビタミンCの枯渇を早めます。
ビタミンCの状態が少なくなると、
創傷治癒が悪くなり、
感染症に対する感受性が高まり、
他多くの健康上の問題が生じます。 

最後に、アルコールは肝臓が
非活性型のビタミンDを活性型に変換するのを困難にし、
カルシウム量の低下と
骨粗しょう症につながる可能性がある
ビタミンD欠乏症を引き起こします。 

老化も亜鉛欠乏症を引き起こす 

アメリカ国立衛生研究所の栄養補助食品室(ODS)は、
男性には1日あたり11 mg、
女性には8 mgの亜鉛の摂取を推奨しています。
しかし残念ながら、高齢者には、
亜鉛摂取量が少ないことや、
体内の亜鉛量が不十分であることは珍しくありません。 

実際、アメリカ国民健康栄養調査では、
60歳以上の約4分の1が、
亜鉛摂取量が不十分であることがわかりました。 

アルコールの亜鉛レベルへの影響は、
国立衛生研究所の推定に反映されており、
アルコール中毒者の30〜50%は
亜鉛レベルが低いと報告されています。 

薬剤も亜鉛レベルに悪影響を及ぼします。
テトラサイクリンを含む一般的な抗生物質は、
亜鉛の吸収を妨げることがあります。
また、利尿剤は亜鉛の排泄を最大60%まで増加させます。 

亜鉛不足の兆候には、
食欲不振、創傷治癒の遅延、感染症にかかりやすくなる、
子供の成長の鈍化、男性のインポテンス、
うつ病などがあります。
味覚や嗅覚の異常、倦怠感、脱毛も亜鉛不足のサインです。 

適切な栄養で亜鉛の摂取と吸収を増やす 

亜鉛は、牡蠣から摂取できます。
牡蠣は、地球上で最も豊富に亜鉛を含んでいます。
また、牧草で育てられた牛肉、
アラスカのタラバガニ、放し飼いの鶏肉にも
多く含まれています。
カボチャの種、カシューナッツ、
ヒヨコ豆などの植物性食品は、
亜鉛の含有量が少ないですが、
それでも全体的な摂取量を増やすことができます。 

クエスト社のサプリメントでは、
ネオガード」と「ネオパック」に亜鉛が含まれています。
これらはあなたの免疫システムと全体的な健康に役立つでしょう。 

また、マメ科植物、種子、ナッツ、穀物には、
天然植物化合物のフィチン酸塩も含まれています。
フィチン酸塩は、亜鉛と結合して
その吸収を妨げる可能性があるため、
多くの自然療法専門家は、
調理する前に種子、豆、穀物を水に浸して
フィチン酸塩のレベルを下げるようにアドバイスしています。 

結論

できる限り、アルコールを飲む以外の方法を見つけて、
日々のストレスや恐怖に対処できるようにしましょう。
簡単な10分程度の散歩も、
リラックスするのに最適な方法です。 

Posted on Leave a comment

【動画】 スーパーデトックスで、自己免疫疾患が奇跡的に改善!

・自己免疫疾患がある
・慢性の痛みがある
・常に疲労感がある
・気分が優れない 

これらの症状に悩まされている人が、たくさんいます。 
 

また自己免疫疾患を患っている人は、
過去数十年に3倍にもなっています。 
 

では、これらの症状の本当の原因は何でしょうか?  
 

何故たくさんの人がこれらの複雑な病気に
かかってしまうのでしょうか? 
 

自己免疫疾患があると、
脳が正常に機能せず、
体も不調になっていきます。

自己免疫疾患の症状は、
中枢神経システムの変性の原因となります。
脳のスキャンイメージでも自己免疫疾患がある患者は、
脳のたんぱく質が少なく、
脳の機能にも減少が見られます。 
 

ドクター・ギブソンと渡邊千春さんが、
食べ物や環境に含まれる毒素が
どのように自己免疫疾患の原因となるか、
脳をダメージするかについて伝授いたします。 
 

お二人は長年にわたり、
これらの症状がある方を改善に導いてきたエキスパートです。 
 

オンラインセミナーで、
どのようにより良い健康状態を得られるか
学ぶことができます。
また、これらの慢性の症状を
どのように克服するかの具体的なステップを伝授します。