Posted on Leave a comment

健康に欠かせない必須ミネラルとは? 

ミネラルは自然界に元々ある無機質ですが、
私たちの体が健康に働くための全ての段階や
その代謝過程において必要なものであり、
特に骨、歯、髪、血液、神経、皮膚の成長と再生にきわめて重要です。
これらの無機質を体が利用するためには、
植物によって使用可能な形態に変換される必要があるので、
ミネラルの供給源がとても重要になってきます。

そしてビタミン同様、ミネラルは単独では働かず、
他のミネラルと一緒に摂ることが必要です。
したがって、精製されていないホールフード
(精製や加工がされていない、できるだけ自然の状態に近い食べ物)と
ネオパック」、
ネオガード」、
ネオセルプラス
を組み合わせて摂るのがいいでしょう。

必須ミネラルとは・・・

カルシウム、ヨウ素、鉄、マグネシウム、亜鉛、
セレニウム、銅、マンガン、クロム、モリブデン、カリウム、ホウ素が、
必須ミネラルと呼ばれています。
ネオパック」には、鉄を除く全ての必須ミネラルが含まれています。

なぜ必須ミネラルと呼ばれるのでしょう

これらのミネラルは、
体内のビタミン、酵素、そしてホルモンの産生に重要なため、
必須ミネラルと呼ばれています。
また適切な血液循環、体液の調節、神経伝達、筋肉の収縮、
エネルギーの産生などを助けます。
必須ミネラルは、お互いが他の栄養素と相乗的に働くので、
どのミネラルが欠乏しても、病気になる可能性があるのです。
必須ミネラルは、果物、野菜、肉、ナッツ、豆類、卵などに含まれています。
しかし、現在、農産物を成長させる土壌のほとんどは
栄養となるミネラルが大きく減っています。
そのため食物中の必須ミネラルの量は、
育った土地の土壌に含まれるミネラルの量や農法によって、
大きく異なっています。

Essential Minerals

ミネラルは、調理や加工の過程で、
失われてしまいがちなので、
ミネラルを摂取する最適な方法は、
生の野菜や果物に重点を置いてホールフードを摂ることです。
しかし、私たちのほとんどは理想的な食生活ができていないのが現状です。
ネオパック」のようなミネラルが
十分に含まれたサプリメントを毎日摂ることで、
健康に必要なミネラルを確実に摂取できます。
次に、健康や生活の質を改善する主なミネラルについて説明します。

カルシウム:
カルシウムは、食生活を見直す上で最も重要なミネラルです。
マグネシウム、ビタミンD、リンと共に骨を強化しますが、
代謝機能に必須なため、
足りなくなると骨への供給を止めるだけではなく、
骨からカルシウムを奪うことで
体は血液中のカルシウム量を一定に保とうとします。

カルシウムの豊富な食べ物
牡蛎、鮭、濃い緑色の野菜(ほうれん草、ケールなど)、ブロッコリー、オレンジ

マグネシウム:
体内の酸とアルカリバランスの維持、
神経と筋肉の機能維持、血糖やタンパク質、
糖質代謝の酵素を活性化するためにとても重要です。
また、骨の成長にも不可欠で、カルシウムを吸収するためにも必要です。
強い骨を維持するためには、
カルシウムとマグネシウムを2:1の比率で摂ることが重要です。
食べ物やサプリメントを摂るときにご注意下さい。

マグネシウムの欠乏は、非常に軽視されています。
マグネシウムの欠乏の徴候としては、
筋肉のけいれんや痛み、神経過敏、不整脈、便秘、見当識障害があります。
マグネシウムを豊富に摂ると、神経過敏、
うつ病、双極性障害、睡眠障害、月経前症候群(PMS)などの、
神経系の問題や精神的および感情的に不安定な状態を落ち着かせます。
また、筋肉をリラックスさせたり、
偏頭痛やけいれん、消化器官の問題を軽減したりするのにも役立ちます。

マグネシウムの豊富な食べ物
豆類(豆)、全粒の穀物、ナッツ、種

亜鉛:
免疫システム、タンパク質合成、また特に男性の生殖機能の健康に必要です。
亜鉛は不足する人が多く、その場合治癒能力、
身体の成長、神経系の健康、肌に影響が出ます。

亜鉛の豊富な食べ物
肉、魚、全粒の穀物、キノコ、かぼちゃの種

クロム:
酵素の様々な働きに不可欠なミネラルです。
例えば、グルコース(糖)代謝におけるインシュリンと一緒に働きます。
インシュリンは、トリグリセリド(体内での脂肪の基本的な形態)の代謝に必要であり、
クロムが不足すると、血糖のアンバランスや代謝に問題が起きます。

クロムの豊富な食べ物
ブロッコリー、大麦、さやいんげん

セレン:
ビタミンEと協力して、
抗酸化酵素の働きをサポートするために働く強力な酸化防止剤であり、
ガンなどの異常な細胞増殖のリスクを下げる働きがあります。
また、心臓血管系の健康や甲状腺と神経系の働きをサポートします。
鉛や水銀などの有害な重金属は、セレンと結合して無害化されます。

セレンの豊富な食べ物
海藻、ブラジルナッツ、牛肉、キノコなど

食生活では足りない栄養素やミネラルを
高品質のサプリメントで補うことは大切です。
その中でも、ミネラルは供給源が極めて重要で、
ミネラルの形態によっては、体内に吸収されません。

ネオソースシリーズに含まれているミネラルは、
野菜、果物、または独自の海藻ブレンド由来のもので、
確実に体内に吸収されます。
ネオパック」には鉄を除いた全ての必須ミネラルが含まれているだけでなく
(*脚注参照)、1日に必要なビタミン等の栄養素がすべて入っていますので、
健康のために毎日摂取することをお勧めします。
また、「ネオガード」と「ネオセルプラス」は、
さらに、必須ミネラルの摂取を高めるすばらしい方法です。

 

(*脚注)ほとんどの人は、食べ物から鉄分を補給することができます。
しかし、鉄の過剰摂取は、生体にとって有毒となります。
ですから、鉄分のレベルをチェックした上で、
鉄分のサプリメントを摂取されることをお勧めします。

Posted on Leave a comment

にきび、疲労、頭痛?あなたに足りないミネラルは亜鉛かも?

  • たくさんある亜鉛の効果

亜鉛の健康上の利点について考えたとき、
おそらく最初に免疫力の強化を思いつくでしょう。
ネオガードのような亜鉛のサプリメントは、
風邪やインフルエンザの予防や、
実際にかかったときに、私たちの多くが最初に手に取るものであり、
その理由は正しいのです。
亜鉛は、免疫力を高めるのに必要なミネラルです。
しかし、この重要なミネラルの効果は、風邪予防だけにとどまりません。

亜鉛は、あなたの脳にも不可欠なミネラルです。
学習したり、記憶を強化したり、
気分を調節するのを助けるために必要なのです。
その他にも、心臓の健康を高めたり、
糖尿病やガンのリスクを下げたり、
胃腸の機能を助けたり、
リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)を減らしたり、
運動能力を向上させたり、
ホルモンの健康や生殖能力をサポートすることまで明らかになっています。

しかし残念ながら、
ほとんどの人が、この重要な栄養素が十分に摂れていません。
世界保健機構によると、
世界の人口の1/3にあたる約20億人以上が亜鉛不足であると言われています。

亜鉛不足の主な原因の一つは、穀物が豊富な食生活です。

穀物に含まれる亜鉛結合体が亜鉛不足を引き起こす

反論する化学的証拠が出ているのも関わらず、
穀物を基本とした食品が
健康な食生活の基盤として推奨されています。
残念なことに、穀物を基本とした食生活は、
銅やリグナン、フィチン酸を多く含んでいて、
亜鉛の吸収や生物学的利用能を劇的に減らしてしまうのです。

また、穀物を基本とした多くの食品が、
表記上の栄養価を改善するために、
亜鉛が配合されています。
しかし、亜鉛を配合した食品は、

血清中の亜鉛の濃度を上昇させない(体内に吸収されない)ことが
研究で明らかになりました。

配合に使われる亜鉛は無機ミネラルであり、これは吸収が悪いのです。

また、生活習慣の要因や、
あなた自身の健康状態でも、
体内の亜鉛の量が変わってくる可能性があります。

  • 亜鉛不足になる生活習慣を送っていませんか?

砂糖、アルコール、カフェインや、
他の競合するミネラル(カルシウム、鉄、銅などを含む)の過剰摂取は、
全て体内の亜鉛の量を減らすと共に
体内の亜鉛の消費量を増やしてしまいます。
ストレス、感染症、胃酸の低下や特定の医薬品も同様です。

妊婦や授乳中のお母さんは、
亜鉛の量を特に気をつける必要があります。
亜鉛不足は、一般的に妊娠後の体の変化に関連しています。
また、妊娠中の亜鉛不足は流産や出生体重の低下に、
授乳中の亜鉛不足は子どもの発育不良につながるため、
亜鉛が非常に重要なのです。

もしあなたがベジタリアンなら、
あなたの亜鉛不足のリスクは劇的に増加します(ビーガンだとさらに悪い)。
アメリカ人の食生活において、
亜鉛の44%は肉、魚や鳥の肉から得られています。
農業研究実業団(ARS)で行われた調査によると、
よく考えて食べているベジタリアンの食事でさえ
亜鉛が不足しているそうです。
また菜食は雑食に比べ亜鉛の吸収が21%少ないことが、
ARSの調査で分かりました。

この吸収率の減少分を、
亜鉛の含有量が少ないベジタリアンの食事に加えてください。
そうすると、亜鉛不足の解消法が分かります。

(Part 2) 亜鉛はどのくらいの量が十分量なのか?

亜鉛の一日所要量は 、
現在8〜11mgです。
しかし、栄養の専門家は、
この量は最小限の許容できる量だと考えています。

実際、穀物、豆類がないホールフーズを食べていた、
私たちの祖先は1日に亜鉛を平均43mg摂取していたことが調査で分かっています。

現代のアメリカ人は毎日約10mg摂取していると言われています。
しかし、重要なのは吸収量だということを忘れないでください。
もし、亜鉛の吸収率が(一般的な)15〜35%しかなかったら、
あなたはおそらく亜鉛不足でしょう。

ネオガードにはちょうど2粒で亜鉛が15mg含まれています。
ネオパックにも15mgの亜鉛が含まれています。
また、ネオガードに含まれている亜鉛の形態は、
ピコリン酸と結合しているので、
キレート効果により、吸収率が大幅に高いのが特徴です。

亜鉛の代謝に影響する要因と、
多くの人が消費する加工度の高い食品により、
重要な栄養素である亜鉛の不足がどれほど流行になっているかが
簡単に分かります。
それに値する出版物はありませんが、
亜鉛の不足が、何百人もの健康と生活の質に
マイナスの影響を与えていると確信することができるでしょう。
Archives of Toxicology」の著者は、亜鉛と人間の健康について次のように言っています。

「亜鉛は、その健康への重要性が
ますます認められている必要不可欠な元素である。
また、その欠乏が病気の発症に重要な役割を担っている可能性がある。」

  • 亜鉛不足の症状

亜鉛不足の流行が気づかれずに進む1つの理由は、
亜鉛不足の症状が多様で、
多数の他の要因に起因している可能性があるからです。
症状には以下のものがあります。

  • にきび
  • 不安、うつ、行動の変化
  • 喘息
  • 慢性の下痢
  • フケや脱け毛
  • 頻繁に生じる感染症や、創傷の治癒の遅れ
  • 疲労
  • 頭痛
  • 記憶障害や学習障害
  • 関節痛
  • 食欲不信や味覚障害
  • 敏感肌
  • 重度な月経前症候群(PMS)
  • 皮膚や呼吸器のアレルギー
  • 性の成熟の遅延
  • 視力の問題
  • 爪の上の白い斑点

 

体内に吸収されやすい亜鉛が多く含まれる食品

亜鉛のよい供給源は、私たちの祖先がよく食べたのと同じ食品です。
草を与えられて育った家畜の肉や、野生の魚介類、
放牧されて育った鳥の肉などです。
オススメの食品やサプリメントは以下のとおりです。

牡蛎
牛レバー
牛肉
ラム肉
ロブスター
豚肉
鶏肉
鶏レバー
七面鳥
エビ
ホタテ

ネオガード

ネオパック

ネオセル

タンパク質は亜鉛の吸収を高めてくれます。
ネオガードネオパックネオセル
良質のタンパク質を含んだ昼食や夕食の後に摂るようにしましょう。


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ


サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ

メール問い合わせフォーム

電話0120-676-601
電話03-5915-0345

メールpost@questgrp.jp


あなたの応援が励みになります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Posted on Leave a comment

アスタキサンチン~スーパー抗酸化物質

抗酸化物質は
活性酸素から体を守ることで
健康を増進する重要な役割を担っており、
ウイルス感染や病気に対する主な防御機能となります。
活性酸素は内臓機能に影響を及ぼし、
有害な作用をもたらす分子です。
これに対抗するため、
多くの方が抗酸化物質として知られる
ビタミンCやビタミンEを積極的に摂取していますが、
それだけでは十分ではない場合もあります。 

 

これら全てを凌駕する抗酸化物質が存在するとしたら?
その答えは野菜や果物ではなく、
深い海の中にあります。
それがアスタキサンチンです。 

 

アスタキサンチンは
「カロテノイドの王様」と呼ばれ、
特定の種類の微細藻類やシーフード見られる天然の物質です。
研究ではアスタキサンチンには
様々な健康上のメリットがあることが示されています。

 

最も優れたアスタキサンチンは微細藻類由来 

本物のアスタキサンチンは
ヘマトコッカスプルビアリスという
微細藻類から直接得られます。
この藻は水が途絶えて乾燥すると抗酸化物質を産出し、
日光、紫外線、低栄養から自分を守る
サバイバルモードに入ります。
アスタキサンチンはこのプロセスから生まれます。
また、アスタキサンチンを豊富に含む食品も存在します。
主には微細藻類を食べる以下のようなシーフードです。 
 

  • 海老(伊勢海老など) 

アスタキサンチンのメリット 

アスタキサンチンは
最も優れた抗酸化物質と考えられています。
アスタキサンチンは活性酸素を中和し、
ウイルスを死滅させ、免疫システムを強化し、
病気の予防を促進します。
その他、以下のようなメリットがあります。 

 

抗酸化特性の向上

アスタキサンチンは、
ビタミンEの550倍の力を誇り、
ビタミンCの6000倍の能力を発揮します。
また、ゼアキサンチン、ルテイン、
カンタキサンチン、β-カロテンの10倍の効果があります。
https://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2015/09/21/vitamin-c-heart-health.aspx”

研究では、
この抗酸化物質が健康にとって
非常に重要なメリットをもたらす可能性が示されています。
例えば、胃潰瘍のラットにおいて
消化器保護作用が認められています。 

 

聴覚の保護

アスタキサンチンは
耳と脳の伝達における役割を担う
タンパク質である神経栄養因子3(NT3)を
上昇させ聴覚にメリットをもたらす可能性があります。
マウスにおいてアスタキサンチンが
難聴を改善することが発見され、
この仮説の裏付けとなりました。 

 

糖尿病の管理

アスタキサンチンは
高血糖による膵臓細胞の酸化ストレスを軽減し、
血糖値や血中インスリンレベルを改善することで
糖尿病にメリットをもたらす可能性が示されています。
https://www.mercola.com/diabetes.aspx

 

心血管疾患のリスクを低減

アスタキサンチンを定期的に摂取することで、
心血管系の炎症のリスクを軽減できる可能性があります。 

 

抗がん特性

アスタキサンチンは
がんに対する潜在的な効果が示されています。
この抗酸化物質は酸化による細胞損傷を防ぐことで
突然変異や発がんを抑制する作用があると考えられています。 

また、細胞間コミュニケーションを修復し、
腫瘍の増殖を抑制します。 

 

免疫力の向上

免疫システムは常に
活性酸素の攻撃にさらされています。
アスタキサンチンはそのような状況を
改善することが可能です。

アスタキサンチンは-β-カロテンより
免疫調節効果が高いことが研究で示されています。
抗体産生の強化と液性免疫反応の抑制も認められています。 

 

目の健康を向上

アスタキサンチンは
以下のような様々な疾患から目を保護できる可能性があります。
 

◦ 白内障 

◦ 加齢黄斑変性 

◦ 緑内障 

◦ 炎症性眼疾患 

◦ 糖尿病網膜症 

 

神経保護効果

様々な研究において、
アスタキサンチンは抗炎症、
抗酸化特性による脳の健康維持に
高い効果がある可能性が示されています。 

この強力な抗酸化物質は
当社の新製品ネオガードプラスに含まれています。
この優れた物質により、
より小さなカプセルでより強力な製品を実現しました。 

Posted on Leave a comment

解毒による自己免疫疾患からの奇跡的な回復

どんなに栄養十分な健康的な食事を摂っている方でも、
解毒をすると素晴らしい変化が起こります。
私は過去にさまざまなクレンジング、食事療法、
断食を患者にしてもらいましたが、
これからご紹介する解毒方法で
目を見張るほどの結果が出たので、
これ以外はする必要がなくなりました。
回復しないと思っていた体の問題も、
この方法により自分の眠っていた幹細胞が
刺激され器官の修復が始まります。

99%の病気や症状は、共通の原因があります。
ガン、糖尿病、自閉症、心臓病、アルツハイマー、
甲状腺の病気、うつなどなどの根本の原因は、
体内に過剰に蓄積されている毒素や化学物質なのです。
毒素はDNAも突然変異させ、
遺伝子発現機構にダメージを与えます。

いったん重金属に汚染されると、
その後は全く触れなくても
自己免疫疾患を引き起こしそれが継続する可能性があります。
自己免疫疾患になると様々な症状が出る可能性がありますが、
非常に症状が重い場合は、
この問題を解決するために
様々な対策を取る必要があります。
また自己免疫疾患から回復したとしても、
自己免疫反応によって引き起こされた様々な障害は
治さなければならないことに気をつけてください。
刺さった矢を抜いただけでは、
傷はすぐには治らないということです。

過剰な毒素は、
全ての病気に唯一共通している原因です。
毒素は、体に必要な幾つかの必須ミネラルの吸収を妨げてしまいます。
ほとんどの人は、健康になるために、
食事やサプリメントに重点を置きますが、
腸内で栄養を吸収できなければ、
いい栄養を摂取しても意味がありません。
解毒をすることが、より健康になるための最初のステップになるのです。

私たちは、食べ物によって、
最も毒素を体内に入れていることも考えなければなりません。
食品会社は、6000種以上もの化学物質を添加物として使用しています。
それらの中でも最も危険と言われているものは、
異性化糖、トランス脂肪酸、化学塩、人工着色料、
アスパルテームなどの人工甘味料です。
また味をよくするために、
香料、脂肪分などの添加物を人工的に加えている会社もあります。
多くの加工食品で、「ダイエット」、
「ライト(低脂肪)」などとあるものは、
これらの化学物質、特に人工甘味料などが豊富に加えられているのです。
化学物質を体内に入れる度に、細胞に異変が起こります。
インスタントラーメンを食べる度に、
あなたのDNAは変性しているのです。
コカ・コーラも同じです。
ファスト・フードやジャンクフードを食べる度に、
あなたの細胞は損傷していますが、
ワクチンや薬、汚染された空気も同様です。
私たちの体は、ある程度のダメージを修復することができます。
しかし、毎回毒素に触れる度に、
あなたは自分の体を危険な目に遭わせています。
日々遺伝子を傷つけることが
やがてはガンになったりするのです。
変異した遺伝子は、数十年にもわたり、
休止状態を維持し、ある時何らかのストレスより
急に悪い方へ活性化されます。

多くの人は、水銀が、
銀色の歯の詰め物アマルガムに入っていたり、
魚に入っているということを知っています。
水銀はワクチンや医薬品にも含まれています。
このワクチンや医薬品が
自己免疫疾患の第一の原因となっているのです。
水銀は免疫機能にダメージを与えたり、
胎児の中枢神経を傷つけるリスクがあることが分かっています。
またアルツハイマーや自閉症などの重篤な症状と関連があり、
こうした症状のある患者の体内には高濃度の水銀が検出されます。
神経毒について、私は非常に関心があります。
これが最も潜行性があるからです。
これらが私たちの人生を変えてしまうような
病気の強力な要因となっています。
これらもまた自己免疫疾患を誘発します。
脳の化学物質のバランスが不調になり、
体のマスターコントロールシステムの
全ての要素を変更してしまうのです。
最初は少しずつで、わずかでも、
脳の機能がどんどん変化していきます。
ある神経毒は、内臓に影響し、
ある神経毒は、学習能力、記憶、気分などにも影響しますが、
その変化が顕著になった時には、
既に10~30年ものダメージが蓄積していたり、
またはダメージにさらされた後なのです。
ワクチンなど毒性が強いものを大量に幼児に与えた場合、
そのダメージは大人よりも早く現れます。
こうしたことにより、自閉症の子どもたち、
発達障害のある子どもたちなどの数が増えており、
最悪の場合は死に至ることもあるのです。

毒素は、脳や体のあらゆるところに、
そして軽いものから重いものまで
様々な障害を与える可能性があります。
こうした潜在的な毒素による損傷により、
成長の様々な段階で発達などが変わってしまう可能性があります。
食べ物と医学は、
体に良い方を選ぶか悪影響を与えるような方を選ぶか、
そして様々な場面でどういう選択をするかにより、
その人の健康と人生を変えてしまう力を持っています。
何も考えないで選択するのは、
毒素で障害を与えてくれと言っているようなものです。
同じ毒素でも、
まったく違う病気を引き起こす可能性があります。
これは、小児がワクチンによって
多種多様な障害が起きることを説明しています。
成長段階によっても障害の程度などが変わります。
したがって、同じ神経毒にさらされても、
成人でもどういう問題が起きるかは非常に異なります。
今や、身心の障害は毒素からの影響を
繰り返し受け続けることで起こり、
回復しないという図式が出来上がっています。
そして新たな毒素が体内に増えるたびより悪化します。
今では、毒はあらゆる方向からやってきて
体のさまざまな部分から入り込み、
積み重なってより多くの悪影響を与えます。
まず、危険なものから離れることです。
毒素を入れないようにするのです。

体内に何種類の毒素がどれだけあるか
調べられる血液のサンプルキットがあります。
このキットは、ほんの少しの血液だけで、
重金属、栄養素、放射性物質などの量を分析することができます。
この検査により、「ネオクレンズ」と
私のスーパーデトックスのプロトコルを実践することで、
毒素は細胞内に閉じ込められても、
除去できるということが実証済みです。


この図は、重金属がかなり高い量で、
必須栄養素がかなり少ない人の検査結果です。
この人も、「ネオクレンズ」を使用した、
90日間のデトックスプログラムで、
重金属の量が減少し、必須栄養素の量が増加しました。
毒素が除去されたので、栄養素を吸収することができ、
いろいろな健康障害を克服しました。
ネオクレンズの90日間のデトックスの体験談はこちら
http://www.newbraincell.com/blog/?cat=138

皆さんもご存知のように、
毒素は私たちの健康を深刻にダメージします。
しかしそのことに気づいていない人も多いのです。
どうして慢性の病気にかかっているのか、
その理由に気づいていません。
ですから、私は今まで学んだことを元に、
「ネオクレンズ」を開発しました。
「ネオクレンズ」は、オーガニックでナチュラルな成分ですが、
自然にキレートができ、解毒作用のある成分も含まれています。
「ネオクレンズ」は、体内に蓄積された、
水銀、鉛、アルミニウム、放射線物質など
環境による重金属を自然に解毒するのを促します。
「ネオクレンズ」の威力は、
たくさんの人々のケーススタディーによる
臨床データで実証済みです。
この結果は、私のブログや「ネオクレンズ」の
ホームページにてご覧いただくことができます。

大気中など、避けることができない毒もあります。
ワクチン、抗生物質、その他の薬などを摂取し、
それらが腸内の善玉菌を殺してしまった場合は、
オーガニックのホールフードを食べたとしても、
あまり効果がない場合があります。
たくさんの毒素が体内に蓄積し、
脳、肝臓、腎臓、その他の免疫システムに負担がかかると、
それにより老化し、DNAが異変を起こし、
病気がちになり、楽しい人生を送ることができなくなります。

基本の概念を理解できると、答えはとってもシンプルです。
人間の体というのは、陸、海からの
自然の植物や動物などからの
素晴らしい様々な栄養を活用するようデザインされているのです。

  • 人工的に作られたもの、遺伝子組み換えなどがされているものを生活の中から全て除去しましょう
  • 環境による毒素、放射性物質などを極力避けましょう
  • 避けられない毒素や放射性物質に対処するために、「ネオクレンズ」を摂取し、ブロッコリーなど体を守り、毒素を除去する野菜を食べましょう
  • 100年前に人間が食べていなかったものは食べないようにしましょう
  • 出来合いのものや冷凍のものでなく、食事をゼロから作り、食材はオーガニックで、ホールフードを使用して、キムチや漬物などの腸内を健康にする発酵食品を食べましょう
  • 体内に溜まった毒素を取り除くために90日の解毒プログラムを実行してください
  • 4日間断食を延長して体を危機的状態にすると、幹細胞の修復を促します (詳細は、私の脳の健康のための断食についての記事をご覧ください

解毒についてのさらに詳しい情報は以下の通りです。

デトックスのセミナーのビデオ「免疫力を高め、病気を防ぐ、3つのステップ」
https://youtu.be/q9FBTo_gyOg
スーパーデトックスマニュアル
http://www.questgrp.net/jp/dr-gibsonbook/
ドクターギブソンの必須プロトコル
https://ameblo.jp/drgibson/entry-12239361524.html
Posted on Leave a comment

増加する子どもの糖尿病…予防はまず食事から

増加する子供の糖尿病について…

アメリカでは、30年前まで2型糖尿病(※)は高齢者の病気でした。しかし、今日では12歳以下の子供たちまでに広がり、この10年で150%も増加し、非常に憂慮すべき状況になっています。

糖尿病がこんなにも子供たちに広がってしまった原因は何でしょうか。その答えはいたって簡単で、アメリカの食生活にあります。砂糖や飽和脂肪、防腐剤などを使用した加工食品を食べ過ぎているので、肥満児が増大しているからです。

(※2型糖尿病は不健康な食生活や運動不足が原因で発症します。また腎不全、肝疾患、失明、心臓病、免疫機能の低下、肺疾患などにつながり、早死を招くおそれがあります。)

《糖尿病と肥満》

糖尿病と肥満との関連には充分な裏付けがあり、今や常識となっていますが、幼児から青少年までに肥満が蔓延しているのは、何が原因なのでしょうか。

皆さんお気づきかと思いますが、「ジャンクフード」――これが子供たちを変えてしまうのです。ジャンクフードとは、砂糖、人工甘味料、飽和脂肪、過剰な塩分、防腐剤などを入れて加工された食品です。ジャンクフードは、普通にスーパーで売られ、大手のファーストフード店(アメリカンスタイルのファーストフード店)などで提供されているので、いつでも簡単に手に入る環境にあるのです。

もし、アメリカの子供達と同じ食生活をすれば、2型糖尿病は間違いなく日本でも蔓延し始めることになるでしょう。

《過食と栄養補強》

アメリカの子供たちは、加工食品をたくさん食べますが、新鮮な食品やホールフードは充分に食べていません。

ネズミに油脂や砂糖、塩を使用しているジャンクフードを与え続けると、コカインよりも強い中毒(依存症)になることが実験で証明されています。

ジャンクフードには非常に強い習慣性があり、体は栄養分が枯渇した状態になります。こうなると、ジャンクフードが益々食べたくなり、健康に必要な栄養を摂ることは難しくなります。

ホールフードとは?

ホールフードとは、加工されていない、精製されていない(例:全粒粉を使ったパンなど)食べ物、または、最小限の加工や精製をされた食べ物のことで、果物、野菜、豆、ナッツ、ハーブ、スパイス類、魚、肉、卵、ナチュラルチーズなどのことを指します。

つまり、昔、人間が狩りをしたり、魚釣りをしたり、木の実を集めて食べ物を得ていた頃の食べ物だと考えると分かりやすいと思います。でも、今でもそういう食べ物はよく見ればまだあるのです。

ホールフードは、栄養たっぷりで、加工食品のようにカロリーは多くはありません。ホールフードを食べると、体重のコントロールがしやすく、また様々な病気を避けられるのです。そこに質の良いサプリメントを補強したら、最高の栄養、食物繊維、自然の酵素が摂れて、体全体の健康が急激に増進されるでしょう。

子供たちをジャンクフードやファーストフード漬けにしないように心がけましょう。そして、できる限り小さいときから、食生活の重要性やジャンクフードとホールフードの違いをしっかりと教えてあげて下さい。

2型糖尿病は不健康な食生活や運動不足が原因で発症します。また腎不全、肝疾患、失明、心臓病、免疫機能の低下、肺疾患などにつながり、早死を招くおそれがあります 

 

skide

Posted on Leave a comment

毒に囲まれた子どもたち 解毒で慢性疾患から回復するには

子どもたちは私たちの未来です。
しかし、子どもたちがどんどん病んでいっている
という現実を私たちは目にしています。

統計によると状況はかなり深刻です。
子どもは健康なものだという考えは
もう過去のものです。
あなたの周囲にも、
深刻な病気の子どもが何人かいるのではないでしょうか。
生き生きと元気そうな子どももいますが、
ほとんどの子どもたちは
深刻な健康問題がいずれ出てくる可能性のある道をたどっています。

実際に「健康」とは言えない子どもが
ほとんどであることにお気づきでしょうか。
重度のアレルギー、自閉症、がん、喘息、糖尿病、
学習障害、自己免疫疾患と
診断される子どもは毎年増加し続けています。

幼児も影響を受けています。
以前より皮膚の問題、
胃食道逆流症や呼吸の問題が増えています。
科学や医学の分野が進歩すれば
より健康的になるはずですが、
残念ながらそうではありません。

現在では、こうした慢性的な症状がある子どもが
55%に上ります。
このままだと、2025年までに
子どもの80%になることが予測されます。
現在あなたの周囲にいなくても、
近い将来皆さんの子ども、または姪、甥、孫などが、
こうした慢性的な症状に悩まされることも考えられるということです。

こうした変化の中でより気になることの1つは、
神経精神医学的疾患、つまり、うつ病、不安症、
双極性障害、小児急性発症精神神経症候群(PANS)です。
以前はこうした症状のある幼児はほとんど見ませんでしたが、
今では、こうした病気で服薬中の小学生は珍しくありません。

こうした病気に使う薬は、
子どもが長期使用したときの影響について
分かっていません。
5、6歳の頃に慢性疾患の診断を受けて
投薬を受け始めたら、
いつ薬を止められるかわからない上に、
子どもの発育していく過程に
どう影響するかについて分かっていないのです。

そのため、この連鎖を止める方法を
理解するための教育が非常に重要です。
まず私たちは
「子どもたちにしていること」を止める必要があります。
これは、私たちが環境にかけている負荷とも関係しており、
環境汚染をどうしたら止められるかを知る必要があります。
子どもたちの病気を治す方法は、
薬品漬けの生活に向かわせることではありません。

病気は遺伝の問題だと非難される場合があります。
しかし、私たちの遺伝子は
ここ数十年で変わってはいませんので、
子どもも大人も病気になっている理由は別にあります。

変わったのは私たちの環境です。
病気は、環境と私たちの遺伝子構成との相互作用です。
例えて言えば、私たちの遺伝子を銃とすると、
引金を引かなければ何の問題もありませんが、
環境が引き金を引いて病気になるのです。

子どもを病気にしているのは、環境由来の毒です。
私たちの子どもたちは毒にまみれています。
毒性のあるものによって重すぎる負荷を与えられると、
腸の問題を引き起こします。
腸の問題は全身に及び、酸化ストレス、炎症となり、
免疫系のバランスを崩し、
慢性的な感染症を引き起こすもとになります。

子どもにより、重度の喘息、自閉症、
潰瘍性大腸炎とそれぞれ異なる症状かもしれませんが、
それはすべて最初に毒の過剰摂取をすることで始まります。
子どもたちは特に毒に対して脆弱なのです。

子どもの肝臓は発達途上のため、
効率的に毒素を排出することができません。
体重で考えると、子どもは大人に比べて、
より多くの水を飲み、より食べ物を食べ、
より多くの呼吸をするので、
子どもたちはより多くの毒素にさらされていることになります。
さらに、大人のように効率的に毒素を排出することができません。

また、他の面でも脆弱です。
幼児は生まれたときは、腸に漏れがあるため、
より毒素、特に重金属を吸収しやすい状態です。
また脳にも問題があり、
血液脳関門は出生時には完全に形成されていません。
これは小児期にようやく完成します。

子どもたちは、
親や祖父母の世代よりも毒にさらされています。
最近の統計によると、
臍帯血には2万種類の化学物質が含まれています。
子どもたちは、生まれる前にすでに毒まみれなのです。

慢性的な病気の子どもを回復させるための最初の鍵は、
毒を減らすことです。
つまり、どこから毒が入ってくるかを理解することです。

まず、飲んでいる水と食べている物をチェックします。
米と米を使った製品はヒ素を含んでいること※
魚は水銀含有量が高い場合があることは
多くの方がご存知だと思いますが、
多くの人々は、加工されたチーズの多くが
アルミニウムで加工されていることに気づいていません。
チーズが原因でアルミニウムを
多く体内に入れているかもしれません。
だから、重金属を取り込む原因はいくつもあり、
また様々な種類の重金属があることに注意してください。
子どもにとって問題を起こしやすい重金属は、
4種類で、最も最悪なのが
水銀、次が鉛、ヒ素、アルミニウム
という順番になっています

※コメに含まれる無機ヒ素は、
玄米の外側についている糠(ぬか)の部分に
多く含まれています。
そのため、玄米を白米に加工したり、
コメを研いだりすることでぬかを落とすと、
コメに含まれる無機ヒ素の濃度が低くなることが分かっています。
出展:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_as/qa.html#4

次に、重金属が体内に入るその他の経路を調べてみましょう。
多くの人々は、現在、
子どもたちにしているワクチンのほとんどに
アルミニウムが入っていることを認識していません。
また、ワクチンの中には依然として
水銀を含むチメロサールが含まれています。
私たちはこの問題についても認識する必要があります。

あなたの子どもに入る毒を減らすために
あなたは何ができるでしょう。
毒を減らす方法を学ばなければなりません。
次に挙げることを参考にして頂ければ幸いです。

ホールフード
食べ物全体を食べることで、
加工食品に使用する5,000種類以上の
化学物質を体内に入れずにすみます。
また、緑のほうれん草、黄色かぼちゃ、
白い大根など、様々な色の野菜を摂ることが重要です。
様々な色のものを食べることで、
子どもたちが必要とする栄養素を
すべて摂取できるようになります。
また生の野菜をたくさん食べてください。
それらは消化管から毒素を掃除する繊維の供給源となるだけでなく、
細胞から自然に毒を排除するための栄養素を提供します。

きれいな水
水は解毒のために不可欠です。
しかし、きれいな水であることが大切です。
子どもたちに毎日十分に良い水を飲むように勧めてください。

家庭内の化学物質
家庭では、まず掃除に使っている洗剤等に含まれる
化学物質をチェックしてください。
他には、おもちゃや服が問題です。
しかし、大気汚染のような個人では
どうすることもできないものがありますので、
子どももネオクレンズを摂って健康を守ってあげましょう。

「ネオクレンズ」
「ネオクレンズ」は、
自然なキレート作用と解毒の効果がある有機成分のブレンドです。
このフォーミュラは、一般的な環境由来の重金属、
および放射線汚染に対し、
体の自然で健康な解毒プロセスを促しながら、
抗酸化効果と免疫防御機能を強化するように作られています。
「ネオクレンズ」の成分に含まれる有機栽培された植物は、
自然に解毒を促す植物栄養素です。
解毒や体の保護のために毎日摂れる安全な製品です。

また、毒素が除去されると、
体はより多くの栄養素を吸収しやすくなります。
栄養が足りてくると、
体の自然の防御機構や解毒機能は向上します。
ネオクレンズを使用した方の血液を検査した結果、
使用前と使用後では、血液中の毒素が大きく減っていました。

体を動かすことは大切です 
子どもは、子どもらしく遊ばせましょう。
走り回ったり、ジャンプしたり、
ダンスやスポーツのクラブに参加したり、
できるだけアクティブに運動させることは、
リンパ系の循環および水の循環を刺激するので重要です。
座ってばかりいる生活様式の人は、
リンパ系に多くの液体と毒素を閉じ込める傾向があります。

「ネオセルプラス」
脳は、健康、幸福、活力の基本です。
また、常に毒素による攻撃を受けています。
脳が最適に機能するためには、
健康で活き活きしたより賢い細胞を作り、
修復し、複製するために
必要な栄養素をすべて提供する必要があります。
そうすることであなたの子どもの脳の機能を
改善することができます。
「ネオセルプラス」には、脳や神経の状態を修復し、
脳がより高いレベルで機能するのを
助ける強力な成分が含まれています。

子どもたちは、私たちの情熱と意欲のもととなる存在です。
私たちがこうした情報を
世界に発信して皆様がより健康になるようにと
活動をしている理由です。
問題を抱えたお子様の解決策を
日々探しているご両親やご家族様に、
私たちの情報が助けとなることを願っています。

Posted on Leave a comment

今年の夏の暑さ対策は美味しくてヘルシーな「きゅうりジュース」で♪

長い梅雨がようやく明け、本格的な夏が始まりました!

あなたの暑さ・熱中症対策は万全ですか?

今日は今の季節に最適なクーラーを使わずに簡単にかつヘルシーに涼しくなる方法をご紹介しましょう♪

★★「きゅうりジュース」を飲みましょう!!★★

きゅうりは何百年も前から体の熱をとる食べ物として重宝されてきました。日焼けした肌に直接貼ることで熱を下げる効果もあり、解熱作用があるので、熱っぽく、喉が乾くような症状のときに食するのに適しています。

きゅうりの解熱作用は種の中に含まれる脂肪油と、ウリ科植物に特有なククルビタシンという成分によるものだそうです。

また体を涼しくさせるだけでなく、きゅうりにはファイバー(食物繊維)とフィトケミカル(植物栄養素)が豊富に含まれているので、健康にもとてもよい食べ物です。

「きゅうりジュース」の作り方はとても簡単!

ミキサーにカットしたきゅうりとお水(適量)を入れてブレンドするだけ。その他、スイカやライムの搾り汁を加えるとよりいっそう美味しくなりますよ。ぜひこの夏あなたもお試しください。

cucumber-juice

Posted on Leave a comment

【動画】 スーパーデトックスで、自己免疫疾患が奇跡的に改善!

・自己免疫疾患がある
・慢性の痛みがある
・常に疲労感がある
・気分が優れない 

これらの症状に悩まされている人が、たくさんいます。 
 

また自己免疫疾患を患っている人は、
過去数十年に3倍にもなっています。 
 

では、これらの症状の本当の原因は何でしょうか?  
 

何故たくさんの人がこれらの複雑な病気に
かかってしまうのでしょうか? 
 

自己免疫疾患があると、
脳が正常に機能せず、
体も不調になっていきます。

自己免疫疾患の症状は、
中枢神経システムの変性の原因となります。
脳のスキャンイメージでも自己免疫疾患がある患者は、
脳のたんぱく質が少なく、
脳の機能にも減少が見られます。 
 

ドクター・ギブソンと渡邊千春さんが、
食べ物や環境に含まれる毒素が
どのように自己免疫疾患の原因となるか、
脳をダメージするかについて伝授いたします。 
 

お二人は長年にわたり、
これらの症状がある方を改善に導いてきたエキスパートです。 
 

オンラインセミナーで、
どのようにより良い健康状態を得られるか
学ぶことができます。
また、これらの慢性の症状を
どのように克服するかの具体的なステップを伝授します。 

Posted on Leave a comment

新型コロナウィルス警告 ホルモン欠乏症で呼吸器感染症の危険性が高くなる!

ビタミンD不足は、
この数年の世界的な関心事項になっています。
世界中で、10億人もの人がビタミンD、
特にコレカルシフェロール(ビタミンD3)が
欠乏しているという調査結果があります。 

アメリカ国内でも、成人の半数以上において、
実際にはホルモンである、
この大事なビタミンの量が少ないと報告されています。
これはただでさえ心配ですが、
以前推奨されていたビタミンDの摂取量は
低すぎるという研究者の発見により、
実際の数はこれよりさらに多いと思われます。 

ビタミンDは、健康な体において
多くの役割を担っているため、
この広範囲にわたる欠乏はとても懸念されています。
心臓の健康や骨の強化を行う役割については
みんな知っていますが、
多くの人は、このビタミンが健康な免疫システムに
どれほど必要であるかわかっていません。
実際、ビタミンD不足は
インフルエンザと呼吸器感染症の危険性を増やすという
研究結果があります。
これは、世界がCOVID-19と戦い続けている現在、
とても心配なことです。 

多くの研究が、
ビタミンDと免疫システムの強い関連性を示している 

多くの研究が、
健康な免疫機能における
コレカルシフェロール(ビタミンD3)の
重要性を示しています。
また、研究者はコレカルシフェロール不足が、
インフルエンザや呼吸器感染と
関連もあることを発見しました。 

ある研究では、
コレカルシフェロール不足の子供達は、
呼吸器感染に寄りかかりやすいことが明らかになりました。
また、ビタミンDの欠乏は、
インフルエンザの季節性の要因になる可能性があります。
もう一つの研究では、
コレカルシフェロール欠乏と
上気道ウィルス感染症との関連がわかりました。
研究者たちは、
すでに呼吸器疾患を持っている人では
さらにこの関連性が強まると信じています。 

私たちは現在、COVID-19と闘っていますが、
このコレカルシフェロール欠乏と
呼吸器感染の関係性は、重要な意味を持ちます。
ウィルスは、多くの人たちに深刻な呼吸器感染を起こし、
さらには肺に損傷を与えることさえあるのです。 

免疫機能とビタミンDの関係性は反論できません! 

コレカルシフェロールの不足を引き起こす共通の要因 

人口の大多数がビタミンD不足になっている理由は何でしょうか? 

いくつかの理由により、
現代のライフスタイルと食事では、
健康的なビタミンDレベルを維持することは、
容易ではありません。
まず、ほとんどの人は十分な日光を浴びていません。
日光浴は、このビタミンを
より多く摂取するための主要な方法です。
今日、私たちは屋外で過ごす時間がはるかに少なくなっています。
そしてほとんどの人は、
コレカルシフェロールを吸収する
体の能力を低下させてしまう毒素が
入ってる日焼け止めを塗っているのです。 

コレカルシフェロールが
豊富な食品はあまりありません。
例えば、卵黄、魚の肝油、内臓肉、
サーモンなどですが、現在の食生活、
食習慣ではあまり人気がありません。 

ただし、コレカルシフェロールの
レベルを上げることは不可能ではありません。
統合医療機関は、
健康な成人がビタミンD欠乏症を予防するために、
毎日5,000 IUを摂取することを推奨しています。
サプリメントにビタミンK2や
ホウ素、亜鉛、マグネシウムなどの
その他の補因子が含まれていることを確認することも重要です。
これらは一緒に作用して吸収率を向上させます。
 「ネオパック」には、
コレカルシフェロール・ビタミンDの
1日あたりの推奨摂取量の100%と、
体がビタミンDを吸収するために必須な
その他のミネラルが含まれています

Posted on Leave a comment

【動画】重金属を解毒して、慢性疾患を克服しよう

痛み、消化の問題、関節リウマチ、
認知症、喘息などの慢性の健康問題がありますか?

あるいは、疲れ、気分が優れない、
心配性、うつなどの問題などで困っていませんか?

それらの疾患や健康問題の主な原因となるのは、
どんな要因でしょうか?

鉛、カドミウム、水銀など私たちの身の回りにある重金属は、
人間の健康に悪影響を与えるのです。

これらの重金属は、一旦土壌、空気、水などに入ると
持続性があるため、深刻な問題を引き起こします。

また、いくつかのガンになるリスクを上げる可能性があります。
長期間の毒素にさらされることで起こる一般的な疾患は、
パーキンソン病、リウマチ、アルツハイマー病、
多発性硬化症、うつ病、心血管疾患と腎不全です。

私たちは誰もが血液の中に毒素を含んでおり、
それが健康を害する原因となっているのです。

しかしご安心ください。とても簡単な方法で、
毒素を安全なレベルまで減少することができるのです。

解毒をすると以下のようなことが起こります。

  • 慢性の健康問題を改善、あるいは、克服
  • 活力が湧く
  • 腸の働きが活発になる
  • 皮膚がきれいになる
  • 免疫力向上
  • 気分が上昇
  • 体を健全にする

このオンラインセミナーでは、
ドクター・ギブソンが解毒をすることで、
体を浄化し、健全にする方法をシェアします。