Posted on Leave a comment

祖母のアルツハイマー型認知症が驚くほど改善!

京都府 はなちゃんよりいただいた体験談です。

私の「ネオセルプラス」との出会いは、
同居している87歳の祖母が
初めて徘徊した現場を体験した頃でした。 

祖母はH17年にアルツハイマー型認知症を発症し、
事情あり3年前から孫である私の家で同居していました。 

その頃、まだ、少し寒い3月で、
祖母は風邪を引き、咳がひどく喉も腫れていたので
いつもの内科で抗生剤を処方してもらいました。 

いつもなら、「ジスロマック」が出るところですが、
その日は、「オゼックス」が初めて処方され、
飲んだよく朝には、少し昔の話を昨日の事のように話だし、
2日後、やはり、咳がひどく、肺炎が怖いので、
内科の主治医が、追加で「アストラミン」と「ニピラジン」を処方しました。 

すると、飲んだ、朝方5時・・・ 
私の名前を呼びながら、おむつも自分でとってしまい、
歩けないのに、介護用ベットから下りて、 
「昨日は神社の社務所の裏で泊まったが、
 もうすぐ、息子が迎えにくる。あんた今、帰ったんか?」 
とハイテンションで話をはじめてしまい、
すぐに私は、風邪の薬と認知症のお薬の兼ね合いだ!!と思いました。 

その後、内科主治医・脳神経外科主治医と話、
結果、脳の中枢神経に薬が作用してしまい、
医学用語で譫妄(せんもう)いわゆる、徘徊を始めたとの事でした。 

正直、原因が薬だとは分かってはいても、
変わっていく、祖母を見るのがやりきれず、
その体験をフェイスブックにアップしました。 

その私の投稿をみて、
いつも東京でお世話になっているO先生から、 
「もしよければ、騙されたと思って、ネオセルプラス
プレゼントするからおばあちゃんに飲ませてみて」
といってもらい、
それが「ネオセルプラス」との出会いになりました。 

正直、O先生のお気持ちはすごく嬉しかったのですが、
薬系にとても敏感になっていた時期にて、
はじめは少し心配していました。 

ネオセルプラス」の瓶に書かれてある成分を
自分なりに調べ、セントジョーンズワードが
一本に600ミリ入っている事で、
今度は、セントジョーンズワードを調べ、
かかりつけの薬剤師とも相談し、
飲み合わせが少し心配な薬も祖母はクリアしていたので、
飲ませはじめました。
朝と夕、大さじ一杯を水で割り・・
(※ネオセルは発売当時、液体でした) 
「お婆ちゃん、良薬、口に苦しやで~」
といって飲ませました。 

飲ませて、三日後、祖母は、
よしもと新喜劇のテレビをみて、声を出して笑っていたのです。
正直、びっくりしました。 

今までは、耳が遠いだけでなく、
テレビの内容が理解できずに、 
ただ、ぼぉ~と観ていたのですが・・・ 
「声を出して笑うとは、
 脳がテレビの内容を理解しているすごいなぁ~」
と衝撃でした。 

それからまた、一週間後、
いつもきてくれているヘルパーさんが、
4歳の私の娘と祖母の会話が聞こえてきて
びっくりしたといってくれました。 
「3年、こちらに来ていますが、初めてですね・・。」
と。 
今までは、4歳の娘との会話もままならずだったのが、
大人としての対応を祖母がしていたというのです。 

一か月経った頃には、デイケアのスタッフさんが、
「最近、お婆さま、デイケアでも、調子よく、
 神経衰弱のトランプも一位で取られたり、
 ぼぉーとすることも少なくなり、
 進んでレクレーションにも参加されていますが、
 何か家でありましたか?」
と聞かれるほどになりました。 

その後、「ネオセルプラス」の効果に主人も驚き、
「最近、加齢による物忘れがひどいから僕も飲む」
といって飲み始め、
祖母の変化に気付いた隣人の奥さんも、飲み始めました。 

勿論、片頭痛もちの私も飲んでいます(*^_^*) 
色んなサプリメントがありますが、
本当に「ネオセルプラス」に出会えて良かったです。
O先生、ありがとうございました。 

Posted on Leave a comment

認知症は防ぐことが出来る病気です!

今や「認知症」は世界中で大きな問題になりつつあります。
特に日本は、高齢者の割合が世界で最も高く、
65歳以上の高齢者の約9%以上が
認知症患者であると言われており、
この率は年々増加しています。 

そのため、将来的な長期介護の必要性や、
多額の医療コストが懸念されており、
これは大きな社会問題となっています。 

ですが、認知症は防ぐことが出来る病気です!

まずは是非、クエスト・グループの
メディカルアドバイザーである
脳神経科医・自然治癒医師のロバート・ギブソン医師の
プロトコル」を実践してみてください。
また、ドクター・ギブソンのブログ
フェイスブックの記事も参考にしてください。 

認知症予防には、バランスの良い栄養補強と
食生活が非常に大切ですが、
数ある栄養素の中でも特に「ビタミンB12」は
脳機能のために重要な役割を果たす栄養素です。
しかし、年齢を重ねるにつれて、
B12の吸収は減少していき、
60歳以上の高齢者では不足しているのが一般的です。 

体内のビタミンB12の量を増加させることが、
アルツハイマー病や認知症の減少につながります。
ベジタリアンの方は、
食生活で不足しがちなB12の補給が特に重要となります。 

ビタミンB12は以下の食品に多く含まれています。
これらを日々の食生活に取り入れてみましょう。 

イワシ 

サーモン 

マグロ、 

ホタテ 

エビ 

牛肉 

当社の「ネオセルプラス」には
脳の機能に最適なビタミンB12量が豊富に含まれています。
当製品に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。 

www.newbraincell.com 

Posted on Leave a comment

気力が湧き、積極的になれ、心穏やかで幸せな気分に!

脳の必須栄養セット
(「ネオパック」と「ネオセルプラス」)が届き、
早速試してみました。

私は現在、低血糖症の治療中です。
この病気は鬱々とした気分になったり、
気力が下がる、
思考力や記憶力の低下という症状が出ます。

脳の必須栄養セット」を摂るようになって1週間ほどで、
最初に感じたのは
気力の落ち込みがあまりなくなってきたことです。
いろんな気力が湧いてきて、
積極的に物事に取り組めることが
できるようになったように思います。

また、自然と朝6時半に目覚めるようになりました。
心が穏やかで幸せな気分を感じることが
多くなったように感じています。
岐阜県、石榑直樹様

Posted on Leave a comment

32週での破水時も、炎症値が下がり、通常に出産。母子共に元気!

ネオガードプラス

14年前の事になりますが、
私の紹介者の方から体験談が伝わり、
クエストの担当の方が是非書いて欲しいと言われ、
どなたかの希望になればと出させていただきました。 

次男の出産の時の事です。
32週で破水し 救急車で大学病院へ搬送されました。 

いつお腹を切るか?!  分からない状態でした。
『多めのネオガードプラス と 2リットルの水を飲む』
を意識しました。 

驚く事に炎症数値は下がり 手術なし! 

病院側も「なんで 急に下がったの?」と不思議がるぐらい。
そのまま入院中もクエストサプリメントを愛用し
37週まで点滴なしの入院患者でした。 

38週に 2300gで生まれた次男は
小さかったですが保育器に入ること無く退院。 

この時、
「羊水もとてもキレイで、出血量も普通なので、心配ないですよ」
と出産した病院で言われ、とても嬉しかったです。 

子供は元気に成長し、
食物アレルギーやアトピーがたまにでたりはありますが、
周りの方にビックリされるぐらいしっかりした体で
肌はケアが出来ていれば綺麗で元気です。 

自分の体を理解し 必要な栄養とお手入れが必要だと知りました。
上手くお付き合いが出来れば 様々なこともクリアできますね! 

この14年の間に、
クエストサプリメントを途中やめていた時期もありましたが、
今後もクエストサプリメントを活用して、
家族が元気に過ごせるように 活用し、
サポートしていきたいと思います。 

Posted on Leave a comment

「ネオパック」で肌のハリ、視力が向上しました

ネオパック」を飲みはじめようと思ったのは、
30代後半に関節リュウマチになったことがキッカケでした。 

 
夏は寛解状態をキープしていましたが、
冬になると少し痛むこともあり、
いつ再発するかわからない不安を抱えていました。 

 
乱れた食生活が
さまざまな病気を引き起こすこともわかっていたので、
自分の体を立て直すつもりで、
まずは「ネオパック」から始めました。 

 
好転反応は飲み始めて1週間ででました。
わたしの場合はひどい体臭です。
いまだかつてないほどの、
獣臭にも似たおぞましい臭い。 

3日間、生涯で一番臭い時間を過ごし(笑)、
やがておさまっていきました。
心底ホッとしました。 

 
他には筋肉がつきやすくなったり、
肌のハリがよくなったり、
白髪がなくなったり、
視力が良くなりました。 

 
不足していた栄養素が体のすみずみまでゆきわたり、
細胞が再構築されるようなそんな不思議な感覚です。 

『せっかく高価なネオパック (私にとっては)を
のんでいるのだから』 

そう思うと普段の食事も
一食一食を大切に作るようになり、
コンビニやインスタント食品に
手を出すことが格段に減りました。 

ネオパック」は体だけじゃなく、
『替えのない体を、最期まで大切に扱う』
そう思える心も育ててくれました。 

ほんとうにこのサプリに出会えてよかったです。 

愛知県、C.O様

Posted on Leave a comment

40代を襲い始めた認知症

イギリスのボーンマス大学の研究者によって行われ、
国際的な脳神経外科雑誌に掲載された研究によると、
認知症などの神経学的脳疾患が
若い人に起こる例が増えてきていることが分かりました。
こうした深刻な疾患が、若い世代にまで「流行している」と
言わざるを得ないレベルに達しているということは
環境要因について問題にすべき段階まで来ています。
この研究のリーダーは、

「このような短期間に増加しているということは、
単なる老化ではなく、環境要因が
大きな役割を果たしている’静かな流行’であり、
現代の生活には神経疾患などの罹患率を上げる
環境汚染があると思われます。」

と言っています。

死亡率は2倍以上に

研究では、1989年から2010年までの
欧米21か国における神経学的脳疾患の比率を比較検討しました。
その結果、2010年の認知症発症の平均年齢は、
1989年時より10年早まっていることが分かりました。
さらに、55歳から74歳の神経疾患による死亡者は急激に増加し、
75歳以上では約2倍以上になっていました。
これらの変化は21か国の全ての国で見られましたが、
アメリカが最悪でした。
アメリカでは74歳以上の男性の神経疾患の死亡者は
1989年から2010年で3倍に、女性は約5倍に増えています。
現在アメリカの高齢の女性は、
ガンよりも脳疾患で亡くなっている人の方が多いのです。
これは史上初めてのことです。

研究者の分析によると、
これは他の疾患の治療成績が改善されたために
神経疾患による死亡率が相対的に上がっているのではなく、
他の要因があることが明らかになっています。
重要なのは、長寿がゆえに
高齢者がかかりやすい病気になったのではなく、
かつてないほどに高齢者は神経疾患にかかっているということです。
原因は、これまでに起きた環境の変化に違いありません。
とくに人間を取り巻くここ20年間の環境の変化には、
石油化学製品が身近にあふれ、航空輸送が増加し、
自動車が4倍に増え、殺虫剤がまき散らされ、
電子磁場が変わって来ている、などがあります。

ワクチンとの関係は?

ワクチンに含まれる水銀は、
早期認知症の発症率の増加に関与している可能性があるでしょうか?
2001年までは、水銀を含むチメロサールという
防腐剤が多くの子ども用のワクチンに使われていました。
現在でも、これはインフルエンザの予防接種など
大人用のワクチンに使われています。

2010年にアルツハイマー病雑誌
the Journal of Alzheimer’s Diseaseに掲載された調査で、
細胞、動物、人間に対する水銀の影響について
それまでに行われた100件の研究が調査されました。
その結果、長い間水銀にさらされることは、
アルツハイマー病に見られる混乱、記憶、認知機能障害などと
同様の変化をもたらすことが分かりました。

研究者のリチャード・デス氏は、

「水銀は、明らかに神経学的問題に関与しており、
その発生率は水銀量の増加に比例して増加しているため、
この2つは大いに関係があると思われます。」

と言っています。

もう一つのワクチンの一般的な成分であるアルミニウムも、
認知症に関連があります。
2009年に
疫学研究雑誌the American Journal of Epidemiologyに掲載された研究では、
高濃度のアルミニウムを含む飲料水を飲んでいる人々も
高い認知症のリスクがあることが分かりました。
また、臨床試験でも、アルミニウムは
脳の損傷に直接的に関連していることがわかっています。

重金属の毒性

アルミニウム、水銀共に環境内に広く存在します。
石炭を使う火力発電所は、
水銀汚染の一番の原因であり魚の水銀汚染の主要な原因です。
歯科で使うアマルガムもまた、
人間の体に水銀がたまる主な要因です。
またアルミニウムは、
制汗剤、缶詰めなどの食品容器や
アルミ製の鍋などの調理器具等に使われています。

重金属の毒性は、化学物質の毒性と同様、
現代の最も差し迫った健康問題です。
ネオクレンズ」に含まれているクロレラなどの天然成分が、
ここで非常に役に立ちます。
これらの成分は、重金属と結合し安全に体外に排出します。
水銀の大部分は便として排出されるため、
体全体の水銀の排出には特に重要です。
一旦、腸の水銀汚染が少なくなると、
体の他の組織の水銀が速やかに腸内に移動し、
そこでさらにクロレラが水銀を取り除くために働きます。

クエストグループの「ネオクレンズ」は、

毒素を体内から減らしたい
病気を防ぎたい
体の栄養状態をより良くしたい

といった願いのいずれにも強い助けになります。

オーガニックおよび非遺伝子組替の原料を使用し、
特にクロレラは、「ネオクレンズ」に含まれる
他のすばらしい解毒成分と一緒に解毒のために優れた働きをします。

Posted on Leave a comment

40年来の喘息やアレルギー症状が改善し、いつも元気いっぱいでいられます。

東京都在住 太田みほ子様

私は小さいときからかなり不健康でした。
3歳から喘息で、風邪も引きやすく、
幼稚園は半分くらいしか行っていません。
アレルギー性鼻炎、目や喉の痒み、
今でいう花粉症もひどくてティッシュを手放したことなく、
鼻が詰まって、いつも頭がボ〜ッとしている感じでした。

便秘もひどく、3日に一度出ればいいほうで、
下手をすると一週間に1〜2回の排便。
便が硬くなってしまって、お恥ずかしい話ですが、
ひどいときは指でかきだしていました。
また、切れ痔でしょっちゅう出血もしていました。

物心がついた頃には、
喘息の発作が起きるのは風邪を引いているときが多いとわかって、
風邪を引かないために、予防として
毎日のように風邪薬を飲んでいました。
また、ステロイドの吸入薬も発作が起きれば、
医師の指示の規定量をはるかに超えて使用。

今考えるとなんと恐ろしいことをしていたか!
膀胱炎にもよくなっていて、
生理は出血量が半端ではなく、ナプキンは2枚重ね。
高校時代には、なんと脇毛の一本一本の周囲に、
黄色い膿みのような塊がついていて、
爪で剥がそうと思ってもとれず、
まるでツララのようになっていたこともありました。

そして、22歳のとき、卵巣嚢腫になりました。
摘出した嚢腫は2,300gありました。
産婦人科の医師が「子どもを産んだのと同じですね」と…。
実際、私は2,400gで生まれています(笑)。
なぜ、これほどまでにひどい身体だったのか?
その原因は3歳のときに虫垂炎になったことです。
熱が出て、泣き続けている私を母が
一週間あちこちの病院を回ったけれど、
こんなに小さい子どもが盲腸になるわけがないと、
お医者さんが気づかず、腹膜炎を起こしてしまったからです。
母は、救急病院で
「あと一日手術が遅れていたら、死んでいましたよ」
と言われたそうです。

術後、膿を出すために傷口にチューブを入れていました。
そのとき、抗生物質を大量に投与されて、
今考えると常在菌や腸内細菌が
ほとんど死んでしまったのだと思います。
そのため、免疫力が落ちてしまい、
喘息、便秘、アレルギー症状などが次々と起きました。
脇毛の周囲の黄色のツララも卵巣嚢腫も
アレルギー性鼻炎も
身体が毒素を一生懸命出してくれていたのでしょう。
身体はなんと健気なことか。

それが、病気の両親のために始めた
クエスト社のサプリメントを自分も飲んでいたら、
思いがけず、喘息が治ってしまい、
同時に、便秘やアレルギー、花粉症もなくなりました!
そのほか病気とは言えませんが、
胸やけ、胃痙攣、サメ肌、巻き爪、フケ症、脂性の手足、
毛深さ、ひどい冷え症、口内炎、ヘルペスなど、
普段あまり意識していなかった
体の不調や不具合も次々と治っていました。
特に、喘息は発作が怖くて、
常にステロイドの吸入器を持ち歩いていて、
旅行などで忘れると取りに帰るほどでした。

それがクエスト社の理想健康セットで、
40年手放せなかった吸入器を捨てられたとき、
「栄養って、凄い!!」と心の底から感動しました。
そして、9年間愛用していましたが、
「もう十分健康になったし、サプリがなくても大丈夫!」
と摂取しなくなりました。

そして、7年後、美容師さんに
「髪の毛の前のほうが薄くなってきていますよ」
と言われました。
髪の毛は多いほうだったので、ショックでした。
また、同じ頃に、ホチキスを爪で取ろうとすると、
爪が割れるようになったのです。
「あれ?これって、もしかして栄養不足かも!」
と感じました。

一人暮らしで外食が多かったり、
同じ食材ばかりの料理でパターン化していたからです。
そこで、7年ぶりにクエスト社の理想健康セットを購入しました。
私は昔のひどい便秘だった頃とは違って、
サプリをやめても1日に3〜5回排便していました。
それもちゃんとした形の物が出ていました。
それなのに、理想健康セットを再開した翌日、
すごい量の便が一息で快感を伴ってど〜んと出たとき、
「栄養って、凄すぎる!」
と再び感動しました。

そして、一週間も経つと、
ホチキスの針を爪で取っても、
割れなくなり、強くなりました。
美容師さんからも前髪のことを言われなくなり、
抜け毛も減りました。
7年間、クエスト社のサプリをやめていたからこそ、
栄養で健康度がいかにアップするかがよくわかりました。
特に食材が限られる一人暮らしの方には、
クエスト社の理想健康セットはおすすめです!

Posted on Leave a comment

【動画】解毒への3つの簡単なステップ

こんな悩み、ありませんか?

● 気分が優れない
● 膨張感がある
● 気力がない
● 便秘
● 鬱
● 痛み、消化器官の問題、頭痛、関節炎、認知症、喘息など慢性の症状
● ついつい暴飲暴食をしてしまう
● クリスマス、年末年始に暴飲暴食をした

このような症状で困っていませんか?

これらの症状というのは、
実は体内に蓄積している毒素が原因となることが多々あります。

鉛、カドミウム、水銀などの重金属は、
人間の健康に悪影響を与えます。
これらの重金属は、一旦土壌、空気、水などに入ると
持続性があるため、深刻な問題を引き起こします。
またいくつかのガンになるリスクを上げる可能性があります。

長期間の毒素にさらされることで起こる一般的な疾患は、
パーキンソン病、リウマチ、アルツハイマー病、
多発性硬化症、うつ病、心血管疾患と腎不全です。
毒素があふれている現代人の私たちは皆解毒が必要です。

解毒をすると、以下のような健康上の利点があります。

◎活力が沸く
◎腸の働きが活発になる
◎免疫力が上がる
◎気分が向上する
◎慢性の症状が改善する

このオンラインセミナーで、
ドクター・ギブソンが、身体をきれいにして、
解毒して、健全にする3つの簡単なステップをお知らせします。

2022年、体を浄化して、真の健康状態を得て、
最高の年にしましょう。

Posted on Leave a comment

待ったなしの激痛から解放され、夫婦で元気に過ごしております

私の夫は、現在85歳で、
ここ2年の間に急性膵炎で、
2ヶ月おきに入院になり、
入退院を繰り返していました。
アミラーゼの値が命に関わるくらい高い時があり、
医師からもこれは大変なことだと言われ、
大学病院で検査をすると、
すい臓に嚢胞ができていて、
それが災いをしているとのことでした。
取ればよいけれど、年齢的に無理とも言われました。 

そのような中、待ったなしの激痛がくるのが
1年続いていました。
激痛で叫ぶ時もあり、
それが夜中だったりもします。
そのたびに、私も熟睡できず、
ハラハラして生きた心地がしませんし、
爆弾を抱えているみたいでした。 

また食事療法も細かく提示され、
84歳の私には大変でした。
病院食を試したりもしましたが、
美味しくないので、
頑張って作っている時もありました。
それなのに、夫はみるみる痩せていき、
目も窪んで、人相も変わるほどで心配でした。 

私達夫婦には、私達夫婦をいつも気遣い、
心配してくれる優しい子供たちがおりますが、
ある時次女がこちらのネオセルプラスを見つけてくれて、
試してみたらどうかと言ってきてくれたのです。 

早速飲みましたところ、気が付くと、
飲んでから、入退院を繰り返していないのです。
サプリメントのお陰かもと思い始めました。
そして私も夫と一緒に飲み始めました。 

一度、夫が吐いたりした時も、
入院になるかもと思って、
病院に行っても、いつもの膵炎と違うと言われます。 

飲んでから9か月、激痛が全くこなくて、
ちょっとした痛みの時に病院に行っても、
以前のように命に関わる数値は出なくなりました。 

以前はアミラーゼの数値が3000出たりして、
命に関わると言われましたが、
ちょっと痛みがあった時に病院に行っても、
140くらいで大したことがなくほっとします。
家族みんなで、
夫に痛みがあると心配していたのがなくなり、
大変嬉しく有難いです。
また体重も5キロ増えて、健康そうです。 

私も大切なお友達に紹介させて頂きました。
お友達のご主人もお元気になればと思っております。
クエストグループのサプリメントに出会えて感謝しています。 

Posted on Leave a comment

認知症の兆候と症状

あなた自身または愛する人のために見るべきもの 

認知症は、私たちみんなが知る必要のある病気です。
認知症は、異なる形で現れ、最も一般的なものは、
アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、
レビー小体認知症、血管性認知症です。 
  

初期の症状を知ることで、
適切な対応を素早く取ることを助けることができます。 

以下の徴候と症状が出ている場合は、
あなたはすでに主要な病気が進行しています。
そういうわけで、私は、そもそも病気が起こるのを防ぐために、
いつもあなたを危険にさらすものを知るように勧めています。
しかし、「私には決して起こらない」と
信じている頑固な人が大抵います。
そんな人のために、ここに初期の証拠をあげます。
あなたにも起こる可能性があることを忘れないでください! 

 
1.嗅覚の低下

これは、記憶障害に気づく10年も前から出る可能性があります。 

 
2. 食欲の変化

この問題の一部は、嗅覚の喪失に関連しています。
食べ物の香りや味の大部分は舌ではなく、
鼻や嗅覚で感じます。
認知症は、食べ物の好みを変え、
これらは嗅覚が減少した場合でさえ、
まだ味わうことができます(通常、甘い、塩辛い、または酸っぱい)。
そのほかの食べ物は、
味気なくなるかつまらなくなるかもしれません。
もし、甘いものや糖質を食べ過ぎ始めた場合、
特に砂糖を欲しがるのは脳に有害です。 

 
3. 記憶の問題 

しばしば、認知症患者は古い記憶は覚えていますが、
短期記憶を覚えるのが難しいです。
時々彼らは、同じストーリーを繰り返すか、
鍵を置いた場所を繰り返し忘れます。 

 
4. 集中力の低下 

彼らは会話の流れを途中で忘れたり、
話していたことを忘れたりするかもしれません。
指示に従うことや、複雑な仕事をするのが困難です。 

5. 判断能力、編成能力、計画能力の低下

予約の時間と日にちが、
混乱したり切り替わったりします。
彼らは、時間管理が難しかったり、
混乱したり、雑然としていたりします。   

 
6. 行動と気分の変化 

感情、短気、無関心、または
社会的に厄介な行動を制御する能力が低下し始めるのは、
すべて認知症の兆候である可能性があります。  
 

 
7. 人格の変化

先ほどのものととても似ていますが、
患者はとても親切で思いやりのある人から、
怒ったり、引きこもったり、
非協力的になるかもしれません。
また、不安になったり、
落ち込んだりするかもしれません。

 
 
8. 会話やコミュニケーションが困難になる 

彼らは、正しい言葉を見つけることや、
名前をつけたり、
文章を完成させたりすることに問題がでるかもしれません。 

 
9. 迷子になる 

頻繁に放浪したり道に迷ったりします。
慣れない環境が困難です。 

10.数字、財務、またはお金を持つのが難しい

購入品の代金を支払う際に正しい金額を払ったり、
見分けたりするのが困難です。
請求書の支払いや、記録をつけることや、
正常な財務が間違いだらけになるかもしれません。 

 
11.  レビー小体認知症の人は、
幻覚をみたり、アンバランスになったり、
頻繁に倒れたり、睡眠障害になったりするかもしれません。
 
  

これらの兆候や症状が気になるなら、
あなたは何をするべきでしょうか?
いっそのこと、あなたは完全にこれらを予防したくありませんか? 

  

あなた、もしくはあなたの愛する人が、
通常の機能からこれらの変化を経験していたら、
あなたはすぐに行動を起こすべきです。
昔はこれらの兆候や症状は
「初期の危険因子」とみなされました。
しかし、現在私たちは、
これらの危険因子が適切に処置されない場合は、
永続的になる可能性のある、
重大な神経変性変化を示すことを知っています。
これは、時間(大抵、何ヶ月あるいは何年か)とともに、
だんだん悪化する症状を含みます。 

脳のためのどんな治療にも、
以下の重要な部分が含まれます:

ギブソン医師の必須プロトコル、解毒、
ネオセルプラス、ネオクレンズ。
これらは、必須のステップです。
一部の患者には、さらに追加の治療が必要な場合があります。 

 
医師が認知症を見落とす原因となるその他の状態には、
うつ、せん妄、ビタミンB12欠乏症、
甲状腺疾患、感染や血管疾患が含まれます。 

  

患者は以下からの恩恵も受けるでしょう

  • 毒素のスクリーニングテスト−血液サンプルを採取して、神経毒性レベルか治療可能な問題がある人かどうかを評価します。早期発見と、治療することで、現れた認知症の兆候と症状のいくつかをなくすことができるでしょう。http://www.questgrp.net/jp/pod/ 
  • 詳細な病歴と家族歴の聴取 もし、患者を良く知る人が医師と話したり、問題が何であるかを手紙で説明できたりすると、役に立ちます。 
  •  「精神状態に関する検査」または、「認識力テスト」といった認知能力のテスト 
  •  脳の物理的構造を調べるMRIスキャンやCT 

 一部の人にとっては、
なぜ記憶や行動、気分が変わるのか知ることは
安堵になります。
もし彼らが脳の修復のために
ガイドラインに厳密に従うならば、
助けがあることを知ることは、
さらに励みにもなります。 
  

また診断も家族のためになり、
状況を理解し、将来のために計画をたてることができます。
これは、介護や資金管理、
そして法的な問題に関しての決断を含みます。