Posted on Leave a comment

うつ、心配性、パニック障害を自然療法で克服する方法

うつ、心配症、パニック障害の症状を持っている人、
近年急増しています。
ストレスがいっぱいの環境で生活している私たちは、
よりパワフルに脳をサポートできるシステムを学ぶ必要があります。
なぜならば、これらの症状は、
脳内の良い神経伝達物質と悪い神経伝達物質のバランスが
悪くなることで起こるからです。
脳に良い神経伝達物質を増やし、
悪い神経伝達物質を軽減する様々な方法があります。 

 

以下のことをしっかりと理解しましょう。 

1. うつは、気分的なものだけでなく、
    実際に本人が思っているよりももっと悪い影響を与えている 

2. うつになると、脳が小さくなり、DNAがダメージし、
    の他の疾患になるリスクが増え、寿命も短くなり、人生の質も低下する 

3. うつを克服できる方法がある! 

うつ、心配性、パニック障害で、
亡くなってしまうこともあります。
人生を楽しめなくなります。
伴侶、両親、子どもなど大切な人を愛することもできなくなります。
それにより、他の人から孤立した状態になります。
不幸なことに、ある人は自殺してしまいます。
特に、コロナウイルスが蔓延している昨今、
ソーシャルディスタンスなども含め、人との関わりを持てず、
家に閉じこもってしまうことで、うつになっている人が増えています。 

簡単に言うと、私達は通常、体調と気分が良い状態であるべきです。 

悲しかったり、自分は何も価しない、希望がない、
諦めの気持ち、以前は楽しかったことにも関心がなくなったなど、
これらは全てうつの症状です。

仕事、遊びをする活力が十分にある。 
多くのことを楽しくすることができる。

そうでない場合、
あなたがそうなれるようにお手伝いすることができます。
私のうつのプロトコルは、本当に多くの人の人生を変えました。 

 

では、うつになっているというのはどう自己診断できるのでしょうか? 

  • 恐れという感情を継続的に抱いている 
  • きちんと生活ができないという気持ちに打ちのめされている感じ 
  • 正常に呼吸ができない 
  • 適切な判断ができない 
  • などの症状がある人は、心配性、パニック障害などがある可能性があります。 
  • その他の良くある症状は、神経質になる、心臓がばくばくする、常に悪いシナリオを想像する、人がたくさんいるところに行けない、パニックになるなどがあります。 

うつや心配性は、単に気のせいではなく、
生化学的にも確かに影響が出ています。
脳が縮小したり、ある部分の活動が減少したりいます。
脳の活動が変わることによって、
その部分をつかさどっている脳がコントロールしている細胞や
臓器も変わっていきます。免疫反応が遅かったり、
弱くなることで、体がウイルスとバクテリアの攻撃を受けやすくなります。
あなたの主要な臓器は、修復することをとめてしまい、
加齢や病気の原因となります。 

うつ、ふさぎこんだ状態は、
あなたのエピジェネティクス・コントロールに
ダメージを与える神経伝達物質が抽出される。
さらに、あなたの脳内で、製造・抽出される、
セラトニン、ドーパミンなどの幸せな化学物質の量が減少する。
それにより、病気の遺伝子が活発になり、
健康な遺伝子は抑えられてしまいます。
オリジナルが良くないとコピーしても悪いコピーができるのと同様、
あなたの体内で、不健康な細胞がどんどん複製されてしまうのです。
 

このように、化学物質がうつ状態になっている環境では、
テロメア(染色体の末端にある染色体を保護する構造物)が短くなり始め、
DNAが変異し、寿命が短くなります。 

健康な人でも、突然の惨事によって、
うつのような気分になることがあります。
この感情的な痛みは、神経ペプチドという
脳の化学物質が原因となって起こります。
それぞれの感情は、それぞれ異なった神経ペプチドによって生じます。
これらの化学物質は、特定の細胞反応を起こします。
悲しみは、胸の痛み、呼吸の変化、涙など。
これらは全て脳によってコントロールされています。 

全ての抗うつ剤は、
特に長期的な服用をしていると深刻な副作用を伴います。
脳が自然に抽出する化学物質が、健康な脳の機能に必須。
残念ながら、人工的に作られた脳の化学物質は、
自然に抽出される化学物質と同じように働かないことがあります。
全ての患者が、長期的に抗うつ剤を使用していると、
そんなに深刻ではありませんが、中程度の副作用を経験しています。 

 

抗うつ剤の主な副作用は以下の通りです。 

  • 頭痛 
  • 視界がぼやける 
  • 異常な脳の活動 
  • 便秘、下痢、その他消化器官の問題 
  • 倦怠感、エネルギー消失、日中の眠気 
  • 神経質、イライラ、不安症 
  • 性欲不振、オーガズムを感じない(男女とも) 
  • 性的不能 
  • 肝臓、腎臓のダメージ 
  • 症状が再発するリスク 
  • 妊娠中、あるいは、授乳中の女性は、奇形児が生まれる可能性や乳幼児に悪い影響を与える可能性があるため、抗うつ剤を摂取すべきでない 
  • 自殺願望、その傾向 

 心配性の薬も深刻な副作用があります。(特に長期的に使用している場合) 

副作用の一つに失神があります。
例えば、この薬を飲んでいて、お酒で酔った時のように
全く起こったことに気付かないということがあります。 

皆さんへの朗報です! 

 

ネオセルプラス」には、
根本からうつを解消できる成分が含まれています。
ですから、ストレスやうつなどで
酷くダメージしたシナプスの結合を修復することができます。
ネオセルプラス」は、効果が出るのに、
数週間、数か月とかかる抗うつ剤のような薬とは違って
非常に患者に有益です。
即効性があり、しかも、治療効果がある「ネオセルプラス」は、
うつ患者にとっての今世紀最大の画期的な大発見なのです。 
 

慢性のうつの患者が、「ネオセルプラス」を摂取すると、
数時間以内に劇的な改善を体験します。
数日でかなり改善した患者もいます。
他の人は脳を修復し、気分が良くなるのに
もっと長く時間がかかる場合もあります。
しかし、全員が、脳の機能を改善し、テロメアの修復が増加しています。 

 
うつは、処方薬では治りません。
薬はただ問題を隠すだけなのです。
原因に働きかけているのではありません。
うつには魔法の薬はありません。
しかし、私は、患者が日々奇跡を体験しているのを目の当たりにします。
 

ネオセルプラス」を使っている、
私のプロトコルはシンプルなので実践しやすいです。
誰でもできます。
皆さん、幸せになれます。
皆さんは素晴らしい人です。
まわりの人が、あなたが最高の人生を送り、
最高の自分になることを望んでいます。
うつ、その他の症状を克服して、自分らしさを取り戻してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.