Posted on Leave a comment

新型コロナウィルス警告 ホルモン欠乏症で呼吸器感染症の危険性が高くなる!

ビタミンD不足は、
この数年の世界的な関心事項になっています。
世界中で、10億人もの人がビタミンD、
特にコレカルシフェロール(ビタミンD3)が
欠乏しているという調査結果があります。 

アメリカ国内でも、成人の半数以上において、
実際にはホルモンである、
この大事なビタミンの量が少ないと報告されています。
これはただでさえ心配ですが、
以前推奨されていたビタミンDの摂取量は
低すぎるという研究者の発見により、
実際の数はこれよりさらに多いと思われます。 

ビタミンDは、健康な体において
多くの役割を担っているため、
この広範囲にわたる欠乏はとても懸念されています。
心臓の健康や骨の強化を行う役割については
みんな知っていますが、
多くの人は、このビタミンが健康な免疫システムに
どれほど必要であるかわかっていません。
実際、ビタミンD不足は
インフルエンザと呼吸器感染症の危険性を増やすという
研究結果があります。
これは、世界がCOVID-19と戦い続けている現在、
とても心配なことです。 

多くの研究が、
ビタミンDと免疫システムの強い関連性を示している 

多くの研究が、
健康な免疫機能における
コレカルシフェロール(ビタミンD3)の
重要性を示しています。
また、研究者はコレカルシフェロール不足が、
インフルエンザや呼吸器感染と
関連もあることを発見しました。 

ある研究では、
コレカルシフェロール不足の子供達は、
呼吸器感染に寄りかかりやすいことが明らかになりました。
また、ビタミンDの欠乏は、
インフルエンザの季節性の要因になる可能性があります。
もう一つの研究では、
コレカルシフェロール欠乏と
上気道ウィルス感染症との関連がわかりました。
研究者たちは、
すでに呼吸器疾患を持っている人では
さらにこの関連性が強まると信じています。 

私たちは現在、COVID-19と闘っていますが、
このコレカルシフェロール欠乏と
呼吸器感染の関係性は、重要な意味を持ちます。
ウィルスは、多くの人たちに深刻な呼吸器感染を起こし、
さらには肺に損傷を与えることさえあるのです。 

免疫機能とビタミンDの関係性は反論できません! 

コレカルシフェロールの不足を引き起こす共通の要因 

人口の大多数がビタミンD不足になっている理由は何でしょうか? 

いくつかの理由により、
現代のライフスタイルと食事では、
健康的なビタミンDレベルを維持することは、
容易ではありません。
まず、ほとんどの人は十分な日光を浴びていません。
日光浴は、このビタミンを
より多く摂取するための主要な方法です。
今日、私たちは屋外で過ごす時間がはるかに少なくなっています。
そしてほとんどの人は、
コレカルシフェロールを吸収する
体の能力を低下させてしまう毒素が
入ってる日焼け止めを塗っているのです。 

コレカルシフェロールが
豊富な食品はあまりありません。
例えば、卵黄、魚の肝油、内臓肉、
サーモンなどですが、現在の食生活、
食習慣ではあまり人気がありません。 

ただし、コレカルシフェロールの
レベルを上げることは不可能ではありません。
統合医療機関は、
健康な成人がビタミンD欠乏症を予防するために、
毎日5,000 IUを摂取することを推奨しています。
サプリメントにビタミンK2や
ホウ素、亜鉛、マグネシウムなどの
その他の補因子が含まれていることを確認することも重要です。
これらは一緒に作用して吸収率を向上させます。
 「ネオパック」には、
コレカルシフェロール・ビタミンDの
1日あたりの推奨摂取量の100%と、
体がビタミンDを吸収するために必須な
その他のミネラルが含まれています

Posted on Leave a comment

アンナ:慢性痛、うつ、不眠症などの症状を克服した女性

主に関節と筋肉が病気に冒されて
慢性痛を患う41歳女性の体験談です。
彼女は不安、うつ、不眠症、
そして消化器系の問題も抱えていました。
彼女はには、ほかにも乾燥、ひび割れ、
かゆみを伴う皮膚を持っていました。
この皮膚症状は、痛みがひどくなると悪化していました。 

健康問題は10〜15年持続していました。
彼女の症状は、最初は軽かったのですが、
第3子出産後に悪化しました。
彼女は、産後うつにかかり、
彼女自身や子供の世話を十分にすることができませんでした。
病気になる前は、彼女は非常に活気があり、
元気いっぱいだったのに、
ベッドから起き上がる気がしませんでした。
これは関節痛が始まった時でした。
彼女は様々な医薬品を与えられました。
彼女は歩行器具を使わなければいけませんでした。
基本的な母の義務を行うのにすごい努力を要しましたが、
彼女は子供を愛していたので、静かに耐えていました。 

彼女は以前楽しんでいた趣味や運動はしなくなっていました。
これが彼女の心身の健康に打撃を与えました。
エネルギーの減少と身体の痛みのため、
彼女と子供達は加工食品やインスタント食品に頼り始めました。 

彼女は長年にわたって、様々な診断を受けました。
医師たちも、
何が彼女に痛みを生じさせているのか分からないと認めました。
線維筋痛症という医師もいました。
また、関節リウマチという医師もいました。
彼女は精神病にかかっているに違いないと思う医師もいました。
異なる医師と診断が来るたびに、
新しい医薬品と新しい副作用がきました。 

彼女はとても感情的になり、
落ち込みから怒りへと急激な気分変動がありました。
彼女は、孤独、分離感、絶望感を感じていました。
医薬品の量を増やすと彼女は全く感情を感じかったでしょうが、
彼女は全く機能できなかったでしょう。 

治療開始

彼女の脆弱は精神状態のため、
私たちは簡単なステップから始めました。
彼女は、時期尚早に治療をやめないように、
長期間の治療を固く誓いました。
彼女は全ての指示を完全に信頼し、
従うことに同意しました。
この状態の患者は、考え事をさせておくと、
しばしば気分が変わり、
理不尽で有害な決断をするので、
この同意はとても重要です。
彼らは、人の手によって、
段階的に導かれる必要があるのです。 

必須プロトコルスーパーデトックスを行いました。
1週間に2回の頚椎調整と
ポジティブな精神的強化も行いました。
また、厳格な抗炎症の食事に変えました。
これは、永久的な生活習慣になります。
患者の個々の生活に合わせて、
いくらかの調整が行われますが、
患者の活動レベルと身体的要因を考えます。 

彼女の症状に特有のサプリメントが使われました。
ネオセルプラスネオクレンズ
神経学的な完全で複合的なもの、
ボーンブロスコラーゲンパウダー、
クリルオイル、追加のビタミンD3、K2、ビタミンC。
生の漬物とキムチ。
彼女の食生活は2/3は葉野菜、スプラウト、野菜で、
1/3はタンパク質(オーガニックの魚、卵、肉、ナッツ)です。
野菜の半分は調理したもので、半分は生です。
料理はオーガニックのバター、ココナッツオイル、
オリーブオイルで調理します。
オーガニックの食肉由来の脂肪は、
脳と神経にとても有益です。
治療期の果物だけは、抗酸化作用を持つベリーです。 

最初の30日間後、
彼女はすでに杖、または歩行器なしで短距離歩いていました。
彼女は未だ痛みがあり、
すべての症状をまだ深刻に考えていました。
しかし、多くの小さな変化に気づくと、
重症度は十分に下がっていました。
彼女自身の思いに委ねると、現時点での格段の進歩でさえも、
彼女は諦めたでしょう。
脳はしばしば進行中の痛みだけに強くフォーカスし、
改善点にはフォーカスしません。 

私たちが治療を続けると、
彼女は各カテゴリーで改善し続けました。
彼女の精神状態は、さらにより集中的で楽観的になりました。
彼女は、新鮮な野菜、コラーゲンパウダー、
野菜パウダー、アーモンドミルク、
ココナッツパウダー、1/4 アボカド、ブルーベリー、
ステビアを使ったスムージーに、食事を置き換えました。
彼女は食事の1回か2回置き換えに、
1年間スムージーを使いました。
彼女の肌は目に見えて改善していき、
腫れや膨満感、そして関節痛は現在なくなりました。
彼女は私の指導のもとで、
ゆっくりと1度に1つずつ徐々に薬を減らしていきました。 

6ヶ月の終わりには、彼女は全く医薬品がなくなりました。
ステロイドをやめると、
一時的に症状が悪化することが多いことに注意が必要です。
この患者では離脱中に腫れ、痛み、皮膚の炎症が急に起こりました。 

初日から、私たちはその時点での能力が許す限り運動を奨励しました。
運動に伴う痛みは、治癒過程では正常です。 

治療前後の脳スキャンの結果は 顕著でした。
重金属毒素は大幅に減少しました。
PLUSテストでは、
脳年齢が79歳から30歳に回復したことが明らかになりました。
ネオクレンズスーパーデトックスのおかげで、
重金属のほとんどが最初の90日間で排出しました。
かつて麻薬中毒者の脳に似ていた彼女の脳機能スキャンは、
今では完全な活動と神経修復を示していました。
全てのカテゴリーにおいて、彼女は改善していました。 

今、彼女の生活は再び活気にあふれ、
彼女の未来は楽観的です。
彼女は彼女のような人を助けるという、
人生に意味と目的を見つけました。
彼女は私からトレーニングをうけ、
現在彼女が住んでいる場所で多くの人を助けています。 

これは治療の要約であることを覚えておいてください。
もし治療が小さなステップで行われ、
患者が最大限に努力したら、
私が今まで見てきた人は全て改善しています。
あなたが私や他の多くの人と一緒にこの旅に参加するのなら、
あなたも治るという自信を持ち、
全てのことが可能であると信じてください。   

Posted on Leave a comment

質の良い睡眠をもたらす栄養素とは?

快眠できていますか?

マグネシウムは、300以上の酵素の調節に関与しています。

このミネラルが不足すると、
体内の全ての機能に実質的な影響が出ます。

マグネシウムは、心臓のリズムを調節し、
血圧のコントロールを助けます。

その他、インスリン感受性を維持し、
血糖値を安定に保ったり、
動脈硬化を予防したり、
骨の形成においても重要な役割を果たします。

免疫システムにも不可欠です。

また、けいれんした筋肉を弛緩させ、
神経の信号を穏やかにするなど、さまざまな働きがあります。

 

マグネシウムはまた、
リラックスや睡眠の能力において鍵となる役割を果たしています。

浅い眠りではなく、 深いリフレッシュできる睡眠です。

マグネシウムが豊富な食生活が、
質の高い睡眠時間と夜中の目覚めの回数の減少に
関わっていることが分かりました。

頻繁に目覚めたり、
睡眠時に興奮したり、
不眠症は全て慢性のマグネシウム不足による症状です。

 

私たちは年を取るにつれて、
眠りは浅くなり、より休めなくなります。

実際、国立睡眠財団の報告によると、
55歳以上の67%の人が、
不眠症や他の睡眠障害に苦しんでいるとのことです。

 

元気よく目覚めるには、
寝返りをうちながらの居眠りより、
深い睡眠が必要であることはご存知でしょう。

あなたは筋肉が本当にリラックスし、
神経が落ち着き、脳波を休止状態にする、
深い睡眠(除波睡眠)に入る必要があります。

睡眠薬を使用すると眠くなるかもしれませんが、
ほとんどの市販薬は眠りを浅い状態で保つことが、
調査で明らかになっています。

 

適切な睡眠をとっていないと、
あなたの健康は大幅に影響を受けます。

感染に対して、より脆弱になります。

また、リラックスしない筋肉や神経は、
慢性的な痛みを生み出します。

人の体は、深い睡眠時に最高の修復作業を行っているのです。

マックス・プランク精神医学研究所の2002年の研究によると、
マグネシウムのサプリメントをとっている患者に、
明らかに深い睡眠(除波睡眠)の増加がみられました。

さらに、血液検査ではマグネシウムが
コルチゾール(覚醒を促すストレスホルモン)の量を
効果的に低下させることが示されました。

 

マグネシウムのよい供給源は、
加工していないホールフーズです。

加工食品は、ミネラルがほとんど取り除かれてしまいます。

そのため、20世紀にはマグネシウムの摂取量は50%になったのです。

 

マグネシウムが豊富に含まれている食品は、
濃い緑色の葉野菜
・かぼちゃの種
・豆類
・アボカド
・アーモンド
・カシューナッツ
・くるみ
・野生のエビやサーモン、カレイ
などです。

 

体内のマグネシウム量を維持することで、
眠りの質がよくなり、
全体の健康や脳の機能が改善します。

 

マグネシウムが豊富に含まれている
ネオソース製品の

ネオパック
ネオセル
ネオセルプラス
ネオバランス

も上手に活用ください。

 

 

 

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年2月21日22:00~23:00
絶対に知っておきたい、認知症・アルツハイマー病の予防法

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

重要な栄養素が不足していませんか?

重要な栄養素が不足していませんか?

 

実にアメリカ人の約70%が、マグネシウムが不足しています。

世界的に、マグネシウム不足が増えているのです。

 

あなたは関心がないかもしれませんが、
体内のマグネシウムの量は全ての死因に関連しています。

マグネシウムは、300以上の体の機能に必要なミネラルです。

正常な筋肉や神経機能を維持したり、
健康な免疫システムをサポートしたり、
強い骨を作ったりします。
また、血糖値の調節やエネルギー代謝にも関与しています。

 

マグネシウムは、
心臓の健康に極めて重要です。
血圧を下げたり、動脈硬化を防止したり、
心臓のリズムを調節するのに役立ちます。

何百もの研究により、マグネシウムの量が
心臓発作の危険性に複雑に関与していることが分かりました。

バージニア大学医学部の研究では、
マグネシウムの量が最低の値になると、
心臓発作が起こる確率が2倍に増えることを確認しました。

 

キャロリン・ディーン博士によると、
大部分の人は、
マグネシウムを1日に900mg必要としているそうです。

これは、政府の定めた必要量の3倍に当たります。

マグネシウムが豊富な食品は以下のとおりです。

  • ココア

  • 緑の葉野菜

  • かぼちゃの種

  • ブラジルナッツ

  • アーモンド

  • アボカド

 

マグネシウムの効果的な摂取にネオソース製品を是非ご利用ください。

ネオパック
ネオセル
ネオセルプラス
ネオバランス

にはマグネシウムが豊富に含まれています。

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年2月21日22:00~23:00
絶対に知っておきたい、認知症・アルツハイマー病の予防法

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ