Posted on Leave a comment

脳のパワーのための栄養素

車がきちんと走るために、

  • ガソリン
  • エンジンオイル
  • ブレーキオイル

が必要なように、
あなたの脳も、
適切に働くためには特定の材料が必要です。

  • グルコース
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 他の必須栄養素

が大切なのです。

あなたの脳の燃料はグルコースです。

あなたの脳が最高の状態で働くためには、
食生活で多くの良い糖質(炭水化物)を
確実にとらなければいけません。

糖質は食生活の「悪者」であるかのように
仕立てられてきましたが、
それは真実ではありません。

重要なのは、
良い糖質と悪い糖質の違い
を知ることです。

悪い糖質とは、

  • 精製された(白い)小麦粉
  • 精製された穀物
  • 砂糖

です。

良い糖質は、
野菜や果物といった
植物由来の食べ物です。

あなたの食生活に、

野菜や果物を多く取り入れるようにしてください。

良い糖質が不足すると、
すぐに思考に霧がかかったような
ブレインフォッグといわれる状態や、
記憶力の悪さを引き起こします。

また、燃え尽きたように感じや、
午後はつねに昼寝が必要な状態の原因にもなります。

糖質に加えて、
脳は
ビタミン
ビネラル
そして特に脂質を必要としています。

脂質は悪い評判を与えられているもう一つの栄養素です。

しかし、正しい種類の脂質は
あなたを太らせないだけではなく、
脳と体のバランスを助ける
ということを忘れてはいけません。

十分なオメガ3とオメガ6脂肪酸がなければ、
あなたはうつ病の兆候や、
よりひどいブレインフォッグを経験し始めるでしょう。

脳の健康に最適な食品を以下に紹介します

アボカド

オレイン酸が豊富。
オレイン酸はミエリンと呼ばれる
脳の絶縁性の層を構築するのを助けます。
十分なミエリンがないと、
あなたの脳は、情報の処理が遅くなるでしょう。 

紫色のブドウ

紫色のブドウに含まれる
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールは、
血管とコレステロール値を健康に保つことで、
循環障害の予防に役立ちます。

タマゴ

ビタミンB群のすばらしい供給源です。
ミトコンドリアと脳を守るコリンを増やすことにより、
脳細胞のエネルギーの産生を助けます。

レンズ豆、豆類

学習するのに重要なミネラルである、
鉄のすばらしい供給源です。
鉄は、脳に酸素を配達する赤血球が
健康に形成するのを助けます。
また、鉄はドーパミンの生成にも使われます。
ドーパミンは、行動や気分の鍵となる脳の神経伝達物質です。

フラックスシード(亜麻仁)

健康なニューロンの構築や、
脳の環境の調節に必要な、
脳に健康な脂質がとても豊富に含まれています。
フラックスシードの最大限の恩恵を受けるために、
フラックスシードのスプラウトを見つけましょう。
二番目に最適な選択は、
フラックスシードミールや粉末のフラックスです。
サラダに振りかけるか、
スムージーに入れて飲むといいでしょう。
ご自身のフラックスシードを発芽させる場合は、
一晩水に浸し、その後、
健康的なサラダのドレッシングに加えるといいでしょう。
適量は、1日に大さじ1〜2杯です。

ゴマ

記憶力と脳の発達に重要なミネラルである
亜鉛が含まれています。
亜鉛は、脳の防御システムの一部であり、
脳の微量金属の健康なバランスを保つ手助けをします。

ほうれん草

ちょうど一握りのほうれん草が、
あなたの脳に驚くほどの効果をもたらします!
ほうれん草は、葉酸のすばらしい供給源です。
葉酸はプラーク形成を防ぐことによって
健康な脳の循環を維持します。
また、全ての思考や学習に必要な
神経伝達物質の形成も助けます。
さらに、葉酸はニューロンのDNAを
ダメージから保護するのに役立ちます。

その他の脳のためのすばらしい食物には、

  • 野生の鮭
  • ブルーベリー
  • 生のナッツ(特にアーモンドとくるみ)
  • トマト
  • ブロッコリー
  • 緑茶
  • りんご

があります。

そして、「ネオセルプラス」
脳のための優れた栄養です。
毎日摂取するようにしましょう。

食生活に、
健康的に脳のための食品を多くとり入れるのに加えて、
脳にダメージを与える食品は排除するようにしましょう。

人工甘味料や着色料などは、
適切な脳の機能を妨げ、
気分や集中力を変え、
発作やガンに関連があることが分かってきました。

加工食品を避け、
自然のものを多く食事に取り入れましょう。
そうすれば、心の明瞭さ、記憶力、気分、
そしてあなたのエネルギーが
より良いものになることを経験できるでしょう!

Posted on Leave a comment

大腸がんを予防する食事法

大腸がんの発生率は国によって大きな差があり、
他の国より発生率が10~20倍高い国もあります。
大腸がんの発生には遺伝もある程度関係していますが、
専門家はこの発生率の違いの90%は
食生活で説明できるとしています。
大腸がんは恐ろしい病気ですが、
その危険性は自分でコントロールできるのです。

リンパ節に転移しているステージⅢの大腸がん患者1,009人について
5年4ヶ月追跡調査した結果、
主に加工食品やファストフードなどを食べていた人は、
健康的な食事(果物、野菜、全粒の穀類、魚、鶏肉など)をしていた人に比べ、
再発率が3.25倍高いことが明らかになりました
(米国医師会雑誌 Vol297, No.7 2007年8月15日 掲載の論文より)。

大腸がんのリスクを減らす食事は、
全ての病気のリスクを減らす食事法にもなります。
その方法はとても簡単で、
添加物の入った加工食品を避け、
果物と野菜をたくさん食べることです。

その要点を以下にまとめてみました。

注意したいこと


● 赤身肉を摂り過ぎると大腸がんになる可能性が高くなります。
赤身肉の摂取は1日100g 程度(調理前の重量)までにしましょう

● 加工された肉(ベーコン、ソーセージ、サラミや保存処理された肉)は
避けましょう。
世界がん研究基金は、
「加工された肉は、大腸がんになる可能性を上げるという強力な証拠がある」
という結論に達しました。

● 砂糖と塩漬け製品の摂り過ぎは避けましょう

● お酒はほどほどにしましょう

お勧め食品


● 有機栽培の果物や野菜

特にリンゴ、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、グレープフルーツは
抗酸化物、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています

● 全粒の穀物・・・食物繊維が豊富に含まれています

● 鮭、ニシン、さば、ヒラメなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている魚

● タマネギ、ニンニク、長ネギ

● ブロッコリー、ケール、カラシナなどの緑色の葉物野菜

● ウコン、ショウガ

● 緑茶


食物繊維は、
大腸がんを予防するために最も重要な栄養素の一つです。
胆汁酸塩と結合し大腸内の不要な物質を取り除きますが、
これが行われず便がいつまでも滞ると、
がんを引き起こす物質に変化します。
また、大腸においては有益な腸内細菌の成長を促し、
発がん物質の活性化を妨げます。
さらに、食物繊維は腸内で自然に発酵して
短鎖脂肪酸と呼ばれる物質に変化しますが、
これには腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制したり、
大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進するなど
健康を維持するための様々な機能があります。

残念なことに、多くの人々は繊維を十分摂取していませんし、
加工食品に添加された人工の食物繊維(例:ポリデキストロース)など、
体にあまりよくないものを摂っている場合もあります。
繊維質は上記のリストにある自然の食品から摂るようにしてください。
また、クエストグループの「でるミックス」を定期的に摂取して、
食物繊維を十分に補給するよう、心がけましょう。

また、体内の炎症を抑えるオメガ3脂肪酸も
大腸がんのリスクを減らしてくれます。
卵黄、ナッツ類、ベリー類、上記のお勧め食品で挙げた魚、
フラックスシードオイルなどを食事に取り入れ、
十分な量のオメガ3脂肪酸を摂取していきましょう。
クエストグループの「ネオパック」は、
500mgのオメガ3必須脂肪酸を含んでいます。

ネオクレンズ」は、
がんの原因となりうる体内に蓄積されている毒物を除去するのを助けます。
また自然のがん予防食品として知られるブロッコリースプラウトも含んでいます。
ブロッコリースプラウトとスルフォラファン
(SGS、ブロッコリーに含まれるファイトケミカルの一種)は、
がんを予防するという700以上の研究結果が出ています。
スルフォラファンは解毒酵素で、
消費後最低でも72時間、体内の抗酸化力を高める効果があります。
さらに、スルフォラファンは、
他の抗酸化物質である、ビタミンC、E、ベータカロチンなどより活性化させます。

ネオガード」は、その他数種の抗酸化物質を含み、
細胞を修復し、がんを防ぎます。
ターメリックは、肝臓のデトックスや消化促進、
免疫力向上を助けるパワーがあると言われています。

自分自身の健康を保つことは難しいと感じている方もいるかもしれませんが、
自分でコントロールできることはたくさんあります。
正しい食事、運動、水をたくさん飲むこと、
そして、時々外に出て気分転換をするなどして、
リラックスする時間をもちましょう。
そうすることで、あなたの大腸がんのリスクはかなり低くなるでしょう。

Posted on Leave a comment

40代を襲い始めた認知症

イギリスのボーンマス大学の研究者によって行われ、
国際的な脳神経外科雑誌に掲載された研究によると、
認知症などの神経学的脳疾患が
若い人に起こる例が増えてきていることが分かりました。
こうした深刻な疾患が、若い世代にまで「流行している」と
言わざるを得ないレベルに達しているということは
環境要因について問題にすべき段階まで来ています。
この研究のリーダーは、

「このような短期間に増加しているということは、
単なる老化ではなく、環境要因が
大きな役割を果たしている’静かな流行’であり、
現代の生活には神経疾患などの罹患率を上げる
環境汚染があると思われます。」

と言っています。

死亡率は2倍以上に

研究では、1989年から2010年までの
欧米21か国における神経学的脳疾患の比率を比較検討しました。
その結果、2010年の認知症発症の平均年齢は、
1989年時より10年早まっていることが分かりました。
さらに、55歳から74歳の神経疾患による死亡者は急激に増加し、
75歳以上では約2倍以上になっていました。
これらの変化は21か国の全ての国で見られましたが、
アメリカが最悪でした。
アメリカでは74歳以上の男性の神経疾患の死亡者は
1989年から2010年で3倍に、女性は約5倍に増えています。
現在アメリカの高齢の女性は、
ガンよりも脳疾患で亡くなっている人の方が多いのです。
これは史上初めてのことです。

研究者の分析によると、
これは他の疾患の治療成績が改善されたために
神経疾患による死亡率が相対的に上がっているのではなく、
他の要因があることが明らかになっています。
重要なのは、長寿がゆえに
高齢者がかかりやすい病気になったのではなく、
かつてないほどに高齢者は神経疾患にかかっているということです。
原因は、これまでに起きた環境の変化に違いありません。
とくに人間を取り巻くここ20年間の環境の変化には、
石油化学製品が身近にあふれ、航空輸送が増加し、
自動車が4倍に増え、殺虫剤がまき散らされ、
電子磁場が変わって来ている、などがあります。

ワクチンとの関係は?

ワクチンに含まれる水銀は、
早期認知症の発症率の増加に関与している可能性があるでしょうか?
2001年までは、水銀を含むチメロサールという
防腐剤が多くの子ども用のワクチンに使われていました。
現在でも、これはインフルエンザの予防接種など
大人用のワクチンに使われています。

2010年にアルツハイマー病雑誌
the Journal of Alzheimer’s Diseaseに掲載された調査で、
細胞、動物、人間に対する水銀の影響について
それまでに行われた100件の研究が調査されました。
その結果、長い間水銀にさらされることは、
アルツハイマー病に見られる混乱、記憶、認知機能障害などと
同様の変化をもたらすことが分かりました。

研究者のリチャード・デス氏は、

「水銀は、明らかに神経学的問題に関与しており、
その発生率は水銀量の増加に比例して増加しているため、
この2つは大いに関係があると思われます。」

と言っています。

もう一つのワクチンの一般的な成分であるアルミニウムも、
認知症に関連があります。
2009年に
疫学研究雑誌the American Journal of Epidemiologyに掲載された研究では、
高濃度のアルミニウムを含む飲料水を飲んでいる人々も
高い認知症のリスクがあることが分かりました。
また、臨床試験でも、アルミニウムは
脳の損傷に直接的に関連していることがわかっています。

重金属の毒性

アルミニウム、水銀共に環境内に広く存在します。
石炭を使う火力発電所は、
水銀汚染の一番の原因であり魚の水銀汚染の主要な原因です。
歯科で使うアマルガムもまた、
人間の体に水銀がたまる主な要因です。
またアルミニウムは、
制汗剤、缶詰めなどの食品容器や
アルミ製の鍋などの調理器具等に使われています。

重金属の毒性は、化学物質の毒性と同様、
現代の最も差し迫った健康問題です。
ネオクレンズ」に含まれているクロレラなどの天然成分が、
ここで非常に役に立ちます。
これらの成分は、重金属と結合し安全に体外に排出します。
水銀の大部分は便として排出されるため、
体全体の水銀の排出には特に重要です。
一旦、腸の水銀汚染が少なくなると、
体の他の組織の水銀が速やかに腸内に移動し、
そこでさらにクロレラが水銀を取り除くために働きます。

クエストグループの「ネオクレンズ」は、

毒素を体内から減らしたい
病気を防ぎたい
体の栄養状態をより良くしたい

といった願いのいずれにも強い助けになります。

オーガニックおよび非遺伝子組替の原料を使用し、
特にクロレラは、「ネオクレンズ」に含まれる
他のすばらしい解毒成分と一緒に解毒のために優れた働きをします。

Posted on Leave a comment

40年来の喘息やアレルギー症状が改善し、いつも元気いっぱいでいられます。

東京都在住 太田みほ子様

私は小さいときからかなり不健康でした。
3歳から喘息で、風邪も引きやすく、
幼稚園は半分くらいしか行っていません。
アレルギー性鼻炎、目や喉の痒み、
今でいう花粉症もひどくてティッシュを手放したことなく、
鼻が詰まって、いつも頭がボ〜ッとしている感じでした。

便秘もひどく、3日に一度出ればいいほうで、
下手をすると一週間に1〜2回の排便。
便が硬くなってしまって、お恥ずかしい話ですが、
ひどいときは指でかきだしていました。
また、切れ痔でしょっちゅう出血もしていました。

物心がついた頃には、
喘息の発作が起きるのは風邪を引いているときが多いとわかって、
風邪を引かないために、予防として
毎日のように風邪薬を飲んでいました。
また、ステロイドの吸入薬も発作が起きれば、
医師の指示の規定量をはるかに超えて使用。

今考えるとなんと恐ろしいことをしていたか!
膀胱炎にもよくなっていて、
生理は出血量が半端ではなく、ナプキンは2枚重ね。
高校時代には、なんと脇毛の一本一本の周囲に、
黄色い膿みのような塊がついていて、
爪で剥がそうと思ってもとれず、
まるでツララのようになっていたこともありました。

そして、22歳のとき、卵巣嚢腫になりました。
摘出した嚢腫は2,300gありました。
産婦人科の医師が「子どもを産んだのと同じですね」と…。
実際、私は2,400gで生まれています(笑)。
なぜ、これほどまでにひどい身体だったのか?
その原因は3歳のときに虫垂炎になったことです。
熱が出て、泣き続けている私を母が
一週間あちこちの病院を回ったけれど、
こんなに小さい子どもが盲腸になるわけがないと、
お医者さんが気づかず、腹膜炎を起こしてしまったからです。
母は、救急病院で
「あと一日手術が遅れていたら、死んでいましたよ」
と言われたそうです。

術後、膿を出すために傷口にチューブを入れていました。
そのとき、抗生物質を大量に投与されて、
今考えると常在菌や腸内細菌が
ほとんど死んでしまったのだと思います。
そのため、免疫力が落ちてしまい、
喘息、便秘、アレルギー症状などが次々と起きました。
脇毛の周囲の黄色のツララも卵巣嚢腫も
アレルギー性鼻炎も
身体が毒素を一生懸命出してくれていたのでしょう。
身体はなんと健気なことか。

それが、病気の両親のために始めた
クエスト社のサプリメントを自分も飲んでいたら、
思いがけず、喘息が治ってしまい、
同時に、便秘やアレルギー、花粉症もなくなりました!
そのほか病気とは言えませんが、
胸やけ、胃痙攣、サメ肌、巻き爪、フケ症、脂性の手足、
毛深さ、ひどい冷え症、口内炎、ヘルペスなど、
普段あまり意識していなかった
体の不調や不具合も次々と治っていました。
特に、喘息は発作が怖くて、
常にステロイドの吸入器を持ち歩いていて、
旅行などで忘れると取りに帰るほどでした。

それがクエスト社の理想健康セットで、
40年手放せなかった吸入器を捨てられたとき、
「栄養って、凄い!!」と心の底から感動しました。
そして、9年間愛用していましたが、
「もう十分健康になったし、サプリがなくても大丈夫!」
と摂取しなくなりました。

そして、7年後、美容師さんに
「髪の毛の前のほうが薄くなってきていますよ」
と言われました。
髪の毛は多いほうだったので、ショックでした。
また、同じ頃に、ホチキスを爪で取ろうとすると、
爪が割れるようになったのです。
「あれ?これって、もしかして栄養不足かも!」
と感じました。

一人暮らしで外食が多かったり、
同じ食材ばかりの料理でパターン化していたからです。
そこで、7年ぶりにクエスト社の理想健康セットを購入しました。
私は昔のひどい便秘だった頃とは違って、
サプリをやめても1日に3〜5回排便していました。
それもちゃんとした形の物が出ていました。
それなのに、理想健康セットを再開した翌日、
すごい量の便が一息で快感を伴ってど〜んと出たとき、
「栄養って、凄すぎる!」
と再び感動しました。

そして、一週間も経つと、
ホチキスの針を爪で取っても、
割れなくなり、強くなりました。
美容師さんからも前髪のことを言われなくなり、
抜け毛も減りました。
7年間、クエスト社のサプリをやめていたからこそ、
栄養で健康度がいかにアップするかがよくわかりました。
特に食材が限られる一人暮らしの方には、
クエスト社の理想健康セットはおすすめです!

Posted on Leave a comment

小麦若葉の効能とは?

多くの代替医療の健康専門家は、
小麦若葉が健康な体を保つために非常に有益であることを信じています。
小麦若葉の効能はたくさんありますが、その一部を以下に示します。

  • 肝臓と血液を解毒し、環境汚染物質を化学的に中和する
  • 抗炎症化合物の酵素SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)が、放射線の有害な影響を減らす
  • 赤血球の数を増やす;血液、臓器、消化管を浄化する;代謝を促す
  • 甲状腺を刺激する
  • 血液の過度の酸化を減らし、消化性潰瘍、潰瘍性大腸炎、便秘、下痢や他の胃腸の不調を和らげる
  • クロロフィルの高い含有量が血液に酸素を送るのを助ける

当社の高品質穀物の草は、
主要な医学雑誌で発表される多くの研究で、
科学者たちが使用している
北東カンザスの豊かな氷河土壌で生育しています。
そして、栄養価のピークを守って収穫されます。
小麦若葉や大麦若葉のような若い草は、
どの野菜にも存在するビタミンやミネラルが多く含まれている他、
さらなる栄養素も含まれています。
「母なる自然の多重性」とも言える、
ホールフードの栄養素の長所を発見してください。

小麦若葉は小麦の草ですが、
若い植物でありグルテンは含まれておりません。
そして、驚異的な解毒の特性をもつ
ネオクレンズ」のすばらしい成分のひとつです。

Posted on Leave a comment

毒に囲まれた子どもたち 解毒で慢性疾患から回復するには

子どもたちは私たちの未来です。
しかし、子どもたちがどんどん病んでいっている
という現実を私たちは目にしています。

統計によると状況はかなり深刻です。
子どもは健康なものだという考えは
もう過去のものです。
あなたの周囲にも、
深刻な病気の子どもが何人かいるのではないでしょうか。
生き生きと元気そうな子どももいますが、
ほとんどの子どもたちは
深刻な健康問題がいずれ出てくる可能性のある道をたどっています。

実際に「健康」とは言えない子どもが
ほとんどであることにお気づきでしょうか。
重度のアレルギー、自閉症、がん、喘息、糖尿病、
学習障害、自己免疫疾患と
診断される子どもは毎年増加し続けています。

幼児も影響を受けています。
以前より皮膚の問題、
胃食道逆流症や呼吸の問題が増えています。
科学や医学の分野が進歩すれば
より健康的になるはずですが、
残念ながらそうではありません。

現在では、こうした慢性的な症状がある子どもが
55%に上ります。
このままだと、2025年までに
子どもの80%になることが予測されます。
現在あなたの周囲にいなくても、
近い将来皆さんの子ども、または姪、甥、孫などが、
こうした慢性的な症状に悩まされることも考えられるということです。

こうした変化の中でより気になることの1つは、
神経精神医学的疾患、つまり、うつ病、不安症、
双極性障害、小児急性発症精神神経症候群(PANS)です。
以前はこうした症状のある幼児はほとんど見ませんでしたが、
今では、こうした病気で服薬中の小学生は珍しくありません。

こうした病気に使う薬は、
子どもが長期使用したときの影響について
分かっていません。
5、6歳の頃に慢性疾患の診断を受けて
投薬を受け始めたら、
いつ薬を止められるかわからない上に、
子どもの発育していく過程に
どう影響するかについて分かっていないのです。

そのため、この連鎖を止める方法を
理解するための教育が非常に重要です。
まず私たちは
「子どもたちにしていること」を止める必要があります。
これは、私たちが環境にかけている負荷とも関係しており、
環境汚染をどうしたら止められるかを知る必要があります。
子どもたちの病気を治す方法は、
薬品漬けの生活に向かわせることではありません。

病気は遺伝の問題だと非難される場合があります。
しかし、私たちの遺伝子は
ここ数十年で変わってはいませんので、
子どもも大人も病気になっている理由は別にあります。

変わったのは私たちの環境です。
病気は、環境と私たちの遺伝子構成との相互作用です。
例えて言えば、私たちの遺伝子を銃とすると、
引金を引かなければ何の問題もありませんが、
環境が引き金を引いて病気になるのです。

子どもを病気にしているのは、環境由来の毒です。
私たちの子どもたちは毒にまみれています。
毒性のあるものによって重すぎる負荷を与えられると、
腸の問題を引き起こします。
腸の問題は全身に及び、酸化ストレス、炎症となり、
免疫系のバランスを崩し、
慢性的な感染症を引き起こすもとになります。

子どもにより、重度の喘息、自閉症、
潰瘍性大腸炎とそれぞれ異なる症状かもしれませんが、
それはすべて最初に毒の過剰摂取をすることで始まります。
子どもたちは特に毒に対して脆弱なのです。

子どもの肝臓は発達途上のため、
効率的に毒素を排出することができません。
体重で考えると、子どもは大人に比べて、
より多くの水を飲み、より食べ物を食べ、
より多くの呼吸をするので、
子どもたちはより多くの毒素にさらされていることになります。
さらに、大人のように効率的に毒素を排出することができません。

また、他の面でも脆弱です。
幼児は生まれたときは、腸に漏れがあるため、
より毒素、特に重金属を吸収しやすい状態です。
また脳にも問題があり、
血液脳関門は出生時には完全に形成されていません。
これは小児期にようやく完成します。

子どもたちは、
親や祖父母の世代よりも毒にさらされています。
最近の統計によると、
臍帯血には2万種類の化学物質が含まれています。
子どもたちは、生まれる前にすでに毒まみれなのです。

慢性的な病気の子どもを回復させるための最初の鍵は、
毒を減らすことです。
つまり、どこから毒が入ってくるかを理解することです。

まず、飲んでいる水と食べている物をチェックします。
米と米を使った製品はヒ素を含んでいること※
魚は水銀含有量が高い場合があることは
多くの方がご存知だと思いますが、
多くの人々は、加工されたチーズの多くが
アルミニウムで加工されていることに気づいていません。
チーズが原因でアルミニウムを
多く体内に入れているかもしれません。
だから、重金属を取り込む原因はいくつもあり、
また様々な種類の重金属があることに注意してください。
子どもにとって問題を起こしやすい重金属は、
4種類で、最も最悪なのが
水銀、次が鉛、ヒ素、アルミニウム
という順番になっています

※コメに含まれる無機ヒ素は、
玄米の外側についている糠(ぬか)の部分に
多く含まれています。
そのため、玄米を白米に加工したり、
コメを研いだりすることでぬかを落とすと、
コメに含まれる無機ヒ素の濃度が低くなることが分かっています。
出展:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_as/qa.html#4

次に、重金属が体内に入るその他の経路を調べてみましょう。
多くの人々は、現在、
子どもたちにしているワクチンのほとんどに
アルミニウムが入っていることを認識していません。
また、ワクチンの中には依然として
水銀を含むチメロサールが含まれています。
私たちはこの問題についても認識する必要があります。

あなたの子どもに入る毒を減らすために
あなたは何ができるでしょう。
毒を減らす方法を学ばなければなりません。
次に挙げることを参考にして頂ければ幸いです。

ホールフード

食べ物全体を食べることで、
加工食品に使用する5,000種類以上の
化学物質を体内に入れずにすみます。
また、緑のほうれん草、黄色かぼちゃ、
白い大根など、様々な色の野菜を摂ることが重要です。
様々な色のものを食べることで、
子どもたちが必要とする栄養素を
すべて摂取できるようになります。
また生の野菜をたくさん食べてください。
それらは消化管から毒素を掃除する繊維の供給源となるだけでなく、
細胞から自然に毒を排除するための栄養素を提供します。

きれいな水

水は解毒のために不可欠です。
しかし、きれいな水であることが大切です。
子どもたちに毎日十分に良い水を飲むように勧めてください。

家庭内の化学物質

家庭では、まず掃除に使っている洗剤等に含まれる
化学物質をチェックしてください。
他には、おもちゃや服が問題です。
しかし、大気汚染のような個人では
どうすることもできないものがありますので、
子どももネオクレンズを摂って健康を守ってあげましょう。

「ネオクレンズ」

「ネオクレンズ」は、
自然なキレート作用と解毒の効果がある有機成分のブレンドです。
このフォーミュラは、一般的な環境由来の重金属、
および放射線汚染に対し、
体の自然で健康な解毒プロセスを促しながら、
抗酸化効果と免疫防御機能を強化するように作られています。
「ネオクレンズ」の成分に含まれる有機栽培された植物は、
自然に解毒を促す植物栄養素です。
解毒や体の保護のために毎日摂れる安全な製品です。

また、毒素が除去されると、
体はより多くの栄養素を吸収しやすくなります。
栄養が足りてくると、
体の自然の防御機構や解毒機能は向上します。
ネオクレンズを使用した方の血液を検査した結果、
使用前と使用後では、血液中の毒素が大きく減っていました。

体を動かすことは大切です 

子どもは、子どもらしく遊ばせましょう。
走り回ったり、ジャンプしたり、
ダンスやスポーツのクラブに参加したり、
できるだけアクティブに運動させることは、
リンパ系の循環および水の循環を刺激するので重要です。
座ってばかりいる生活様式の人は、
リンパ系に多くの液体と毒素を閉じ込める傾向があります。

「ネオセルプラス」

脳は、健康、幸福、活力の基本です。
また、常に毒素による攻撃を受けています。
脳が最適に機能するためには、
健康で活き活きしたより賢い細胞を作り、
修復し、複製するために
必要な栄養素をすべて提供する必要があります。
そうすることであなたの子どもの脳の機能を
改善することができます。
「ネオセルプラス」には、脳や神経の状態を修復し、
脳がより高いレベルで機能するのを
助ける強力な成分が含まれています。

子どもたちは、私たちの情熱と意欲のもととなる存在です。
私たちがこうした情報を
世界に発信して皆様がより健康になるようにと
活動をしている理由です。
問題を抱えたお子様の解決策を
日々探しているご両親やご家族様に、
私たちの情報が助けとなることを願っています。

Posted on Leave a comment

クロレラと水銀

Cleanse Detox

クロレラは何に効くの?

クロレラは、単細胞生物の淡水藻類です。
クロレラは、しばしばその広い健康上の利点から、
ほぼパーフェクトフードとみなされています。

最近の研究で、
妊娠中のメチル水銀の胎児への移行に対する
クロレラの効果について調査されました。
妊娠中のマウスにクロレラパウダーが0%、
または10%入った餌とメチル水銀が入った飲み水を与えました。

各母親マウスから、
生まれて24時間以内の2匹の新生児がランダムに選択され、
血液、脳、肝臓や腎臓内の水銀が調べられました。
また、母親マウスの水銀も調べられました。
この研究から分かったことは以下の通りです。

「クロレラパウダーを摂取したグループの
母親マウスと胎児の、血液と脳の水銀量は、著しく低かった。
得られた結果から、継続的なクロレラパウダーの摂取が、
メチル水銀の胎児への移行を抑えること、
そして、母親のメチル水銀の脳への蓄積を
効果的に抑えることが明らかになった。」

メチル水銀は、
広く産業で使われている神経毒化合物です。
魚に蓄積するため、妊婦の魚の摂取に対しては、
幅広く警告が出されています。
メチル水銀は、胎児や発達中の乳児の、
集中力の持続時間、言語、視覚的・空間的能力、
記憶力や調整に悪影響を及ぼす可能性があります。
毎年、推定60,000人の子ども達が、
胎内でのメチル水銀の暴露によって、
生まれつき神経学的問題の危険性があります。

デトックスする必要はあるか?

重金属の毒性は、化学物質の毒性同様、
現代の最も緊急性の高い健康被害の一つになっています。
あなたがそれを認めていようとなかろうと、
あなたの体は化学物質と重金属に毎日襲われています。
水銀の主な暴露原因は以下の2つです。

  • シーフード(魚介類)
  • 歯科の詰め物(水銀のアマルガム、銀色の詰め物としてよく知られている)

平均で1人あたり8個のアマルガムを持っています。
これは、1日最大120μgの水銀を吸収できる量です。
ちなみに、日々の魚やシーフードからの水銀の吸収は、
推定2.3μgであり、その他全ての食べ物、空気、
水からの水銀は1日0.3μgです。
4個、もしくはそれ以上の
アマルガムが入っている成人は、
アマルガムが原因で水銀に関連する
健康問題という重大な危険を冒しています。
子ども達は、わずか2個のアマルガムで
健康問題の原因になります。

水銀や他の重金属が体に蓄積すること、
そして年齢とともにその量が
増加することを頭で理解することは重要です。
また、そのような生物濃縮が、先に述べたように、
妊婦で発育中の胎児に、直接脅威を与えています。

かつてはデトックスすることが
今日の世界では「流行」でしたが、
定期的にデトックスすることは
多かれ少なかれ必要となっています。
妊娠を計画しているのなら特にです。
ほとんどの人にとって、症状に苦しむ前に、
積極的に自分の体から重金属を除去することは賢明です。
もしすでに症状があるのであれば(下記参照)、
体から金属を除去することが、
症状の解決につながるかもしれません。

クロレラの有効性は、昨年の研究で示されました。
その研究では、クロレラとメチル水銀を
一緒に与えられたマウスは、
クロレラを与えられなかったマウスに比べ、
尿や糞便でメチル水銀を2倍排出しました。

水銀の毒性のサインや症

水銀や他の重金属は、
長い時間をかけて体内に蓄積するので、
寿司好きや歯の詰め物とは関連していないような、
慢性症状を引き起こす可能性があります。
水銀は特に中枢神経系にダメージを与え、
中枢神経系の水銀が、精神的、神経学的、
免疫学的な問題を引き起こすことを研究が明らかにしました。
蓄積された水銀の症状と毒性のいくつかを紹介します。

  • 疲労
  • 関節痛
  • うつ
  • イライラ
  • 消化困難
  • 血糖の異常
  • ニューロンの変性
  • 中枢神経系のダメージ
  • 腎臓のダメージ

NEOCLEANSE INTRO

NEOCLEANSE INTROクロレラの使い方

ネオクレンズ」のクロレラは
1日に数回とるべきです。
私は、低用量からスタートし、
時間をかけて増やしていくことをお勧めします。
食事と一緒に摂取すると、
吐き気を軽減することができます。
軽い下痢が起こることがあるかもしれません。
より詳しい情報を知りたい方は、
ギブソン医師のスーパー解毒マニュアルをご覧ください。

クロレラにはたくさんの健康効果があります。
クロレラが予防、または軽減できる
40異常の異なる健康状態の証拠が
示された研究のリストがあります。
緑色の藻であるクロレラと関連する
健康効果の例をいくつか紹介します。

  • 神経組織の修復
  • エネルギー量の増加
  • 血糖の正常化
  • 免疫システムの強化
  • 血圧の正常化
  • 体内の毒性金属の除去
  • 健康なpH値の促進


注意事項

重金属の解毒は、短距離走ではなく
マラソンのようなものであることを理解することは重要です。
早く終わらせようとは思ってはいけません。
たとえ、自分が健康であると信じていても、
好転反応が出やすいので、
解毒のプロセスはゆっくり行うほうがいいでしょう。
ネオクレンズの増量は、正確に指示に従うようにしてください。


あなたの最も重要なゴール:暴露原因を除去する

最初のゴールは、沈みかかった船の穴をふさぐことです。
あなたは、食べるシーフードや
アマルガム(もしくは両方)といった、
水銀暴露の原因を取り除かなければいけません。
もし、あなたが元凶に晒され続けられていたら、
主要な解毒任務に着手することは、
あまり意味がありません。
残念ながら、現在、ほとんどの魚や
シーフードが汚染されていて、
中には汚染がひどいのもあります。
魚を避けることは比較的簡単ですが、
アマルガムを除去することは、
より難解で費用もかかるし、
厳重な注意を払って行うべきです。

ネオクレンズ」は使用が簡単なサプリメントです。
全てあなたのために働きます。
ネオクレンズ」のクロレラは、
確実に体が効果的に使える高品質のものです。
90日間のデトックスの説明書の指示に慎重に従ってください。

ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。
http://www.neocleanse.net/jp/

Posted on Leave a comment

脳のダメージを引き起こす鉛の毒性

鉛の毒性は、
神経学的な問題や慢性の健康問題の
最も一般的な原因のひとつです。
この重金属からあなたの体を守り、
鉛の毒性の危険を減らす方法を知りましょう!

 

鉛はどこから来るのか?

鉛は、地球の地殻内に含まれていますが、
自然暴露は非常に低いです。
しかし、製造業が盛んになったため、
私たちの鉛への暴露は危険なレベルに達しています。
古代ローマ人は鉛製の配管を使い、
人々を死に至らしめ人口を減少させた最初の例です。
残念ながら、中国の農業と製造業のずさんな安全管理が、
世間一般の人の鉛の量を危険なレベルにしています。
多くの中国産の食品や製品が汚染されているのです。

 

大人にとって、鉛の毒性の最大のリスクは職場での暴露です。
以下の現場やこれらの産業で働いている人は、
環境からの鉛汚染の非常に高い危険にさらされています

  • 精錬、溶接
  • バッテリーの製造とリサイクル
  • パイプの切断
  • 特定の鉱業
  • 建設
  • ラジエーターの修理
  • ガラスの製造

 

また、これらの産業で働く人は、
鉛ダストを職場から家に持ち込む可能性があることに
注意しなければいけません。

有鉛ガソリンの使用は、
1978年から欧米諸国では禁止されていますが、
発展途上国ではまだ広く使われています。
また、大気汚染物質の高濃度の鉛は、
水道の鉛の濃度が高い原因になっています。
しかも、古い公共水道は、よく鉛の配管が使われています。

 

他の鉛被ばくの可能性がある日常の原因には以下のものがあります

  • 中国製のおもちゃ、陶器、食品
  • ハンダ付けの綴じ目に鉛を含む貯蔵缶(1991年に禁止されたが、発展途上国では未だに使われている)
  • 鉛入りの塗料(鉛入りの塗料は現在禁止されているが、まだ古い家屋のいたるところに見られる)
  • 特定の台所用品
  • 近くの工業原料由来の鉛を含む土壌
  • 屋根の材料
  • 古い、または海外の子供達のおもちゃの一部のブランド
  • 一部の化粧品(特に、コール)
  • 住宅の改修(古い鉛入りの製品から)

 

鉛はどのように体に影響を及ぼすか?

鉛は、人間にとって非常に有毒であり、
私たちの脳、肝臓、腎臓の機能を妨げ、
しばしば永久的なダメージを引き起こします。

長期間の低濃度の鉛暴露はずっと一般的であり、
慢性毒性の原因になります。

 

鉛の慢性毒性の影響には以下のものがあります

  • 生殖能力の低下(男性の精子の数の減少、女性の流産の増加)
  • 慢性疲労
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 発達障害、学習の遅れ
  • 関節痛、筋肉痛
  • 記憶や気分の問題
  • 頭痛

 

鉛は活性酸素種の高い産生を引き起こします。
これが、体の抗酸化剤を作る能力を低下させ、
多くの臓器の永久的な細胞ダメージの原因になります。

また、鉛には、多くの組織に浸潤して、
ゆっくり時間をかけて蓄積する不思議な能力があります。
一度血流に入ると、鉛は赤血球に素早く結合します。
そして、腎臓や骨髄、脳、肝臓に輸送されます。
これらの組織では、鉛の半減期は数十年です。
一部の鉛は、尿や胆汁中に排泄されるかもしれませんが、
骨代謝の回転が高い場合(例えば、更年期や妊娠中)は、
鉛は血流中に再度放出されます。

子供達は特に鉛の毒性が高いことに
注意しなければいけません。
子供達の若い発育過程の脳は、
特に被害を受けやすいです。
長期の鉛の暴露の副作用は、
3歳児やそれ以下の子供達には最も深刻です。

 

私たちに何ができるか?

鉛の毒性を減らす最初のステップは、
暴露を減らすことです。
鉛製品を扱う仕事をしたり、
鉛が含まれている原料を処分したりするときに、
適切な防護衣料を身につけることは重要です。

 

重度の鉛の毒性の場合は、
医師は鉛の尿中排泄を増やす解毒療法を勧めるべきです。
ネオクレンズ」は、体から鉛のような毒素を除去する

最良の方法の一つであることが知られています。

ネオクレンズ」には、
鉛を放出させ、結合し、
体から排泄するのを助ける植物抽出物が使われています。

 

栄養素も、鉛の毒性を減らすのに
重要な役割を果たしています。
ビタミンC、鉄、カルシウムが不足した食生活は、
鉛の吸収の増加と関連しています。

 

一方で、食物繊維が豊富な食生活は、
鉛の吸収を防ぐ可能性があります。
以上のことより、適度な脂肪摂取と、
たくさんのビタミンC、カルシウム、食物繊維が、
あなたを助けるでしょう。
ブロッコリーや海藻、ニンニク、パセリやコリアンダーなどの
解毒を助ける食物も食べましょう。

 

浄水器を通した水を飲むことは、
鉛の毒性の危険性を減らすのに重要です。
まず、浄化されていない水には、
古い配管や汚染された水由来の鉛が含まれている可能性があります。

 

また、フッ素は子供達の鉛の吸収を増加させます。
子供達には、フッ素が含まれていない
純水を飲ませるように注意してください。
歯磨き粉や他の歯科製品のフッ素も避けましょう。

ネオクレンズ」は、体内に入り込んでいる鉛の除去を助ける、
すべて天然成分で作られた解毒剤です。
ネオクレンズ」は、鉛と結合し、体から除去するのを助けます。
また、毎日摂取される鉛を、体内に吸収しないように、
身を守ります。

私たちの臨床試験では、
水銀やアルミニウムなどの他の有害な重金属同様、
鉛の量も、すべての被験者で減少しました。
ネオクレンズ」の90日間デトックスプログラムの購入者は、
驚くことに血中の鉛の量が60%も減りました。
全ての被験者は、
血液検査の数値で多くの他の毒素も大幅に減少しました。

 

ネオクレンズ」の90日間デトックスプログラムの
詳細な結果についてはこちらをご確認ください。
http://www.neocleanse.net/archives/category/testimonials-2?lang=ja

また、こうした身の回りにある毒素をもっと知りたい、
デトックスの方法を知りたい方は、
ぜひ、こちらのオンラインセミナーをご覧ください。

 

Posted on Leave a comment

【動画】解毒への3つの簡単なステップ

こんな悩み、ありませんか?

● 気分が優れない
● 膨張感がある
● 気力がない
● 便秘
● 鬱
● 痛み、消化器官の問題、頭痛、関節炎、認知症、喘息など慢性の症状
● ついつい暴飲暴食をしてしまう
● クリスマス、年末年始に暴飲暴食をした

このような症状で困っていませんか?

これらの症状というのは、
実は体内に蓄積している毒素が原因となることが多々あります。

鉛、カドミウム、水銀などの重金属は、
人間の健康に悪影響を与えます。
これらの重金属は、一旦土壌、空気、水などに入ると
持続性があるため、深刻な問題を引き起こします。
またいくつかのガンになるリスクを上げる可能性があります。

長期間の毒素にさらされることで起こる一般的な疾患は、
パーキンソン病、リウマチ、アルツハイマー病、
多発性硬化症、うつ病、心血管疾患と腎不全です。
毒素があふれている現代人の私たちは皆解毒が必要です。

解毒をすると、以下のような健康上の利点があります。

◎活力が沸く
◎腸の働きが活発になる
◎免疫力が上がる
◎気分が向上する
◎慢性の症状が改善する

このオンラインセミナーで、
ドクター・ギブソンが、身体をきれいにして、
解毒して、健全にする3つの簡単なステップをお知らせします。

2022年、体を浄化して、真の健康状態を得て、
最高の年にしましょう。

Posted on Leave a comment

解毒効果を上げる5つの秘訣

解毒効果を上げる5つの秘訣(マキャナ・ゴードン)

20世紀前半に活躍した
アメリカ人医師ティルデン博士は、
「病気といわれるものや死は、
全て体と血液に毒の蓄積が進んで起きるものである」

と述べています。

しかし、私たちがどんなに体に毒を入れたくなくても、
昔はなかった加工食品、
汚染された空気や水、
そして化粧品やシャンプーなどから
体に入ってきて溜まっていきます。
ボディローションや香水の成分についてよく調べてみたら、
恐ろしいものばかりだということが分かるでしょう。
ほかにはストレスも毒の元となりますが、
祖父母の時代と比べたら
よりストレスの多い社会に生きているのも事実です。

私たちの体にはもともと解毒機能が備わっていますが、
それを更に効果的にするための5つの秘訣をご紹介します。
出来るだけ日々の生活に取り入れて
本来の解毒機能を活性化しましょう。

 

1.深呼吸をしましょう


あなたの肺は代表的な解毒器官のひとつですが、
どう働いているかご存知ですか?
息を吸うたびに体の毒素を捉え、
吐くときに出しています。
深い呼吸をするエクササイズを数分するだけで
体の毒素排出に役立ちます。
きれいな空気を吸うときに
臓器のひとつひとつに入ってくる様子を
思い浮かべてみてください。
深呼吸をするときは
できるだけ空気のきれいな場所で行いましょう。
大気が汚染された都会を離れ、
新鮮できれいな空気を深く吸って、
毒素をより効率的に吐き出すようにしましょう。

2.皮膚からの解毒を促しましょう     


次に大きな解毒器官は皮膚です。
解毒機能を働かせるとき、皮膚は汗をかきます。
サウナには湿式と乾式がありますが、
どちらも汗をかくことが大切です。
また運動で汗をかくことは
一番簡単な皮膚からの解毒であり、
汗から毒が出せると同時にカロリーを消費できます。

3.肝臓と腸を元気に


肝臓と腸も大切な解毒器官です。
肝臓はちゃんと働けば脂肪を燃焼させる器官ですが、
毒で一杯になるとその能力は低下します。
これは腸も同じです。
本来は1日2−3回排便があることが正常なのですが
多くの人はそう思っていません。
クエストグループの腸内クレンジングプログラムであるでるもんねは、
腸をきれいにすると同時に
肝臓の解毒のために作られています。
でるもんねを1年に1~2回行うとこうした臓器を綺麗に保てます。

4.お風呂は大切です


「お風呂に入る時間もないほど忙しい」
と言う人は多いですが、
そのための時間を作ると
解毒にとても大きな効果があります。
解毒のためのお風呂にするには、
バスタブに自分に合った温度のお湯を入れて
エプソムソルト(*注)を手のひら2杯ほど溶かします。
エプソムソルトは解毒を助け、
多くの人に足りないミネラルであるマグネシウムが主成分です。

注:エプソムソルトは、硫酸マグネシウムの入浴剤です。
温泉の成分として含まれているもので、温浴効果が高まります。

5.十分な量の水を飲みましょう


水分補給は大切です。
どのくらいの量を飲むべきかには
色々な意見がありますが、
多くの人の場合、2リットルは必要だと思います。
水は重要ですので
季節や体格に応じて出来るだけ飲むことが大切です。
お水はちゃんと飲んでいるという方も、
解毒のためにはおそらくより多くの水が大切です。
適量摂れているかどうかは尿の色で判断でき、
やや黄色または透明でしたら
足りていると考えて良いでしょう。
もし濃い黄色やオレンジ色に近い場合は、
もっとお水を飲む必要があります。
しかし、ビタミンのサプリメントを摂ることで
尿の色が変わる場合もありますので
その点はお気をつけください。
とくにビタミンB群を摂ると、
クエストグループのスーパーBプラスのような
自然のビタミンの場合でも尿は黄色くなります。

以上の5つを生活に取り入れ、
毎日しっかりと栄養を摂ることが大切です。
ホールフードを食べ、
ネオパックのような総合栄養剤をとともに
ネオクレンズも毎日摂って下さい
また年に1度はネオクレンズを解毒プログラム実施し、
体内に溜まった毒を出しましょう。

ホールフーズについては、こちらをお読みください。