Posted on Leave a comment

アトピー性皮膚炎の自然で安全な治療方法

アトピー性皮膚炎と乾癬(かんせん)、
この2つは非常によくみられる皮膚病であり、
次にあげるような様々な外的刺激や
環境が引き金になると言われています。 

*乾癬とは・・赤みを伴って、カサカサした薄皮がはがれていく慢性の皮膚病。 

  • 洗濯用洗剤 
  • 石鹸 
  • 家庭や職場での化学物質 
  • 香水 
  • ペットの毛やフケ 
  • 金属類(アクセサリー類に使われるニッケルなど) 

アトピー性皮膚炎は食品アレルギーが
原因とされる場合が多く、
乾癬はほとんどが外からの刺激に関係すると言われ、
異なる病気なのですが、
治療法にはたくさんの共通点があります。 

・どうすれば効果的に、
 あまり費用をかけずに治療できるのでしょうか? 

アトピー性皮膚炎では、最初にかゆみが出始め、
そこをかき始めることで発疹が現れます。
つまり、かかないようにする必要があります。 

☆かゆみの対処

傷がないことを確かめた上で、
塩水(温水に塩を溶かす)をガーゼに含ませて、
かゆい所にあてます。
*高品質の自然塩を使いましょう。 

☆肌の潤いが大切

皮膚がいつも潤っているようにしましょう。

 

☆内側から

高品質のオメガ3を摂取することで、
皮膚を内側から潤わせることができます。
魚は、フラックスオイル(亜麻仁油)同様
オメガ3をたくさん含んでいます。
それにγ(ガンマ)リノール酸を少し加えるとより効果的です。
γリノール酸は月見草油に含まれ、
アトピー性皮膚炎にとても効果があると言われています。

 

☆刺激の強い石鹸は避ける

刺激の強い石鹸は止め、
特に冬など、肌の潤いを取ってしまわないように、
肌に優しい石鹸を使い、
熱い湯ぶねにつかるのはなるべく控えましょう。 

☆胃腸をいたわる

あまり知られていませんが、
肌の健康は胃腸の健康と強く結びついています。
緑黄色野菜を食べ、「でるサポート」のような
高品質のプロバイオティクス(善玉菌)をとり、
消化器官の健康を保ちましょう。 

ネオガードチュアブルは、
子供の栄養補給にとても有効です。
チュアブルをとり、
アトピー性皮膚炎が好転した方が沢山います。

 

☆食生活

食品アレルギーは、
アトピー性皮膚炎に大変影響します。
アメリカで一番多いアレルゲンは小麦ですが、
厳密に言うと、グルテンです。
検査で小麦がアレルゲンだと分かった方は、
できるだけ小麦とグルテンを含む
穀物を避けることをお勧めします。 

☆日光浴をする

日光にあたることによって生まれるビタミンDは、
特に乾癬に効果的といわれています。
(日光の効果についての情報はこちらをご覧下さい) 

・なぜ現代医学の対処法は
 うまくいかないのでしょうか?

アトピー性皮膚炎、乾癬の治療薬として、
ステロイド剤があります。
ステロイド剤は、最初は効果をあげますが、
ほとんどの人に耐性ができて効果がなくなっていきます。
また、ステロイド剤が皮膚へと吸収されると、
副腎系に大きな問題を起こす可能性があります。
できるだけ薬に頼らず、自然な方法を試してください。
自然な方法を続けることで、
やがて効果が現れることをきっとお分かりいただけるでしょう。

Posted on Leave a comment

アトピーや、花粉症などのアレルギー症状の改善にも関係する●●とは?

おなかサポートチュアブル

噛めておいしい、ラムネタイプの
プロバイオティクス(善玉菌)(90粒入り)

でるサポートを水なしで
食べられるラムネタイプにしました。

 

さわやかなアップル味。
乳児から年配の方まで、
手軽においしくプロバイオティクスを補給していただくことができます。

 

おなかサポートチュアブル
に含まれている乳酸菌やビフィズス菌など10種類の善玉菌は、
腸内環境を整え、
食べ物の消化吸収を助けるため、
便秘・下痢などの胃腸のトラブルや皮膚のトラブルに効果があり、
免疫力を向上させ、
アトピーや、花粉症などのアレルギー症状の改善にも関係すると言われています。

 

また、妊娠中、授乳中の女性がプロバイオティクスを摂ることで、
お子さんにアレルギーが減るという研究結果が出ています。

 

プロバイオティクスって何?

おなかサポートチュアブル
プロバイオティクスはどこが特別なの?

プロバイオティクスは、
日本語では“ 善玉菌”と呼ばれ、
人間の腸内に生息し、
食物を消化するために必要な、
生きている微生物やバクテリアのことで、
ビタミン類も生成しています。
善玉菌の代表格が、
ビフィズス菌やラクトバチルス菌などの乳酸菌です。

 

腸内では善玉菌と、
大腸菌やブドウ球菌など、
健康に有害な働きをする悪玉菌が戦っていて、
そのバランスが、私たちの健康状態を左右している
と言われています。
善玉菌が不足すると免疫機能がうまく働かなくなり、
さまざまな症状を引き起こします。
そこで登場したのが“プロバイオティクス”による予防医学の考え方です。
体内の善玉菌を増やして
腸内細菌のバランスを保ち、病気になりにくい体を作りましょう。

 

善玉菌は
ヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品や
発酵食品に含まれています。
味噌、ぬか漬けなどに含まれている植物性乳酸菌は、
特に酸に強く、生きて腸まで届くので、
効果の高いプロバイオティクス食品です。
しかし、食品に含まれる善玉菌を、
体に良い効果をもたらすのに十分な量を摂るのは難しく、
実際は善玉菌が不足している人がほとんどです。

 

最近では
日本でも薬局などでプロバイオティクス製品を
いくつも扱っていますが、
含まれている乳酸菌の種類があまり多くありません。
プロバイオティクスの効果を得るには、
様々な種類の善玉菌を、
腸のすみずみまで送り込む必要があるのです。

 

おなかサポートチュアブルのプロバイオティクスは、
長時間生き残るよう安定化させる
フリーズドライ製法で作られています。
また、胃酸を自然に中和するために、
イオン化した植物由来の成分をブレンドしています。
この特別なブレンドにより、
おなかサポートチュアブルの善玉菌は、
胃酸の中でも生き残り、腸の奥まで届くのです。

 

ご家族の毎日の食事にプラスして、
おなかサポートチュアブル
たくさんの種類の善玉菌をしっかり補給することをおすすめします

 

今なら春のキャンペーンで、
このおなかサポートチュアブルをお得に手に入れることができます。

 

ぜひ、キャンペーンをご利用くださいね。


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらにドクターギブソンより
【子どもの脳をよくする方法】
を書いていただきました。
ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行
年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

無料オンラインセミナーのご案内


2017年4月13日

諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法


2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ