Quest Group クエストグループ

なぜ私たちには栄養補強が必要なの?【1】

最近はサプリメントによる栄養補強も一般的になってきましたが、どうして私たちには栄養補強が大切であるかご存知ですか?

そもそも畑で野菜が育つとき、野菜は土から栄養を吸収するので、土の栄養はどんどん減っていき、それを何度も繰り返すと、野菜には全く栄養が含まれなくなってしまいます。農家は、生産量を維持するためにも肥料を足していきますが、不足した栄養のすべてを肥料で補給できるわけではありません。

現代の農業では、野菜は生産量を上げ、栽培期間を短くし、さらに作物が病気などにならないために必死に工夫しますが、残念ながら栄養価を上げることはあまり重視されていません。

今の野菜には昔のような栄養価がないという報告は、いくつも上げられています。

・ 2001年の米国と英国の政府調査で、野菜と果物の栄養価について1940年と1991年を比べると、75%低下している。(補完医療雑誌において発表)

・ 2003年、カナダの調査で、50年前の野菜や果物の栄養価を現在と比べると、非常に低下していることが発表された。たとえば、ジャガイモのビタミンAは、ゼロになり、ビタミンCと鉄は57%、カルシウムは28%減っている。キャベツ、レタス、ほうれん草、トマトなどの野菜の平均的なミネラルの含有量は400mgから50mgへと減少した。

・ 2004年、米国栄養学会が食品成分表(米国農務省作成)の43の野菜について1950年と1999年のデータを比較したところ、タンパク質、カルシウム、リン、鉄、リボフラボン、ビタミンCの6つの栄養素が顕著に低下していた。

・ 英国のフードマガジンは、英国の食品成分表に記載されたすべての食べ物について1940年から2002年の変化を分析したところ、カルシウムと鉄が急激に減っていた。

残念なことに、こういうことが起きた主な原因はわかっていません。もちろん様々な理由が考えられますが、今現在、消費者が選んで食べているものは、栄養がなくなっている食べ物であるという事実を受け止めなければなりませんね……。

(このお話は明日に続きます)

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.