Posted on Leave a comment

毒に囲まれた子どもたち 解毒で慢性疾患から回復するには

子どもたちは私たちの未来です。
しかし、子どもたちがどんどん病んでいっている
という現実を私たちは目にしています。

統計によると状況はかなり深刻です。
子どもは健康なものだという考えは
もう過去のものです。
あなたの周囲にも、
深刻な病気の子どもが何人かいるのではないでしょうか。
生き生きと元気そうな子どももいますが、
ほとんどの子どもたちは
深刻な健康問題がいずれ出てくる可能性のある道をたどっています。

実際に「健康」とは言えない子どもが
ほとんどであることにお気づきでしょうか。
重度のアレルギー、自閉症、がん、喘息、糖尿病、
学習障害、自己免疫疾患と
診断される子どもは毎年増加し続けています。

幼児も影響を受けています。
以前より皮膚の問題、
胃食道逆流症や呼吸の問題が増えています。
科学や医学の分野が進歩すれば
より健康的になるはずですが、
残念ながらそうではありません。

現在では、こうした慢性的な症状がある子どもが
55%に上ります。
このままだと、2025年までに
子どもの80%になることが予測されます。
現在あなたの周囲にいなくても、
近い将来皆さんの子ども、または姪、甥、孫などが、
こうした慢性的な症状に悩まされることも考えられるということです。

こうした変化の中でより気になることの1つは、
神経精神医学的疾患、つまり、うつ病、不安症、
双極性障害、小児急性発症精神神経症候群(PANS)です。
以前はこうした症状のある幼児はほとんど見ませんでしたが、
今では、こうした病気で服薬中の小学生は珍しくありません。

こうした病気に使う薬は、
子どもが長期使用したときの影響について
分かっていません。
5、6歳の頃に慢性疾患の診断を受けて
投薬を受け始めたら、
いつ薬を止められるかわからない上に、
子どもの発育していく過程に
どう影響するかについて分かっていないのです。

そのため、この連鎖を止める方法を
理解するための教育が非常に重要です。
まず私たちは
「子どもたちにしていること」を止める必要があります。
これは、私たちが環境にかけている負荷とも関係しており、
環境汚染をどうしたら止められるかを知る必要があります。
子どもたちの病気を治す方法は、
薬品漬けの生活に向かわせることではありません。

病気は遺伝の問題だと非難される場合があります。
しかし、私たちの遺伝子は
ここ数十年で変わってはいませんので、
子どもも大人も病気になっている理由は別にあります。

変わったのは私たちの環境です。
病気は、環境と私たちの遺伝子構成との相互作用です。
例えて言えば、私たちの遺伝子を銃とすると、
引金を引かなければ何の問題もありませんが、
環境が引き金を引いて病気になるのです。

子どもを病気にしているのは、環境由来の毒です。
私たちの子どもたちは毒にまみれています。
毒性のあるものによって重すぎる負荷を与えられると、
腸の問題を引き起こします。
腸の問題は全身に及び、酸化ストレス、炎症となり、
免疫系のバランスを崩し、
慢性的な感染症を引き起こすもとになります。

子どもにより、重度の喘息、自閉症、
潰瘍性大腸炎とそれぞれ異なる症状かもしれませんが、
それはすべて最初に毒の過剰摂取をすることで始まります。
子どもたちは特に毒に対して脆弱なのです。

子どもの肝臓は発達途上のため、
効率的に毒素を排出することができません。
体重で考えると、子どもは大人に比べて、
より多くの水を飲み、より食べ物を食べ、
より多くの呼吸をするので、
子どもたちはより多くの毒素にさらされていることになります。
さらに、大人のように効率的に毒素を排出することができません。

また、他の面でも脆弱です。
幼児は生まれたときは、腸に漏れがあるため、
より毒素、特に重金属を吸収しやすい状態です。
また脳にも問題があり、
血液脳関門は出生時には完全に形成されていません。
これは小児期にようやく完成します。

子どもたちは、
親や祖父母の世代よりも毒にさらされています。
最近の統計によると、
臍帯血には2万種類の化学物質が含まれています。
子どもたちは、生まれる前にすでに毒まみれなのです。

慢性的な病気の子どもを回復させるための最初の鍵は、
毒を減らすことです。
つまり、どこから毒が入ってくるかを理解することです。

まず、飲んでいる水と食べている物をチェックします。
米と米を使った製品はヒ素を含んでいること※
魚は水銀含有量が高い場合があることは
多くの方がご存知だと思いますが、
多くの人々は、加工されたチーズの多くが
アルミニウムで加工されていることに気づいていません。
チーズが原因でアルミニウムを
多く体内に入れているかもしれません。
だから、重金属を取り込む原因はいくつもあり、
また様々な種類の重金属があることに注意してください。
子どもにとって問題を起こしやすい重金属は、
4種類で、最も最悪なのが
水銀、次が鉛、ヒ素、アルミニウム
という順番になっています

※コメに含まれる無機ヒ素は、
玄米の外側についている糠(ぬか)の部分に
多く含まれています。
そのため、玄米を白米に加工したり、
コメを研いだりすることでぬかを落とすと、
コメに含まれる無機ヒ素の濃度が低くなることが分かっています。
出展:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_as/qa.html#4

次に、重金属が体内に入るその他の経路を調べてみましょう。
多くの人々は、現在、
子どもたちにしているワクチンのほとんどに
アルミニウムが入っていることを認識していません。
また、ワクチンの中には依然として
水銀を含むチメロサールが含まれています。
私たちはこの問題についても認識する必要があります。

あなたの子どもに入る毒を減らすために
あなたは何ができるでしょう。
毒を減らす方法を学ばなければなりません。
次に挙げることを参考にして頂ければ幸いです。

ホールフード
食べ物全体を食べることで、
加工食品に使用する5,000種類以上の
化学物質を体内に入れずにすみます。
また、緑のほうれん草、黄色かぼちゃ、
白い大根など、様々な色の野菜を摂ることが重要です。
様々な色のものを食べることで、
子どもたちが必要とする栄養素を
すべて摂取できるようになります。
また生の野菜をたくさん食べてください。
それらは消化管から毒素を掃除する繊維の供給源となるだけでなく、
細胞から自然に毒を排除するための栄養素を提供します。

きれいな水
水は解毒のために不可欠です。
しかし、きれいな水であることが大切です。
子どもたちに毎日十分に良い水を飲むように勧めてください。

家庭内の化学物質
家庭では、まず掃除に使っている洗剤等に含まれる
化学物質をチェックしてください。
他には、おもちゃや服が問題です。
しかし、大気汚染のような個人では
どうすることもできないものがありますので、
子どももネオクレンズを摂って健康を守ってあげましょう。

「ネオクレンズ」
「ネオクレンズ」は、
自然なキレート作用と解毒の効果がある有機成分のブレンドです。
このフォーミュラは、一般的な環境由来の重金属、
および放射線汚染に対し、
体の自然で健康な解毒プロセスを促しながら、
抗酸化効果と免疫防御機能を強化するように作られています。
「ネオクレンズ」の成分に含まれる有機栽培された植物は、
自然に解毒を促す植物栄養素です。
解毒や体の保護のために毎日摂れる安全な製品です。

また、毒素が除去されると、
体はより多くの栄養素を吸収しやすくなります。
栄養が足りてくると、
体の自然の防御機構や解毒機能は向上します。
ネオクレンズを使用した方の血液を検査した結果、
使用前と使用後では、血液中の毒素が大きく減っていました。

体を動かすことは大切です 
子どもは、子どもらしく遊ばせましょう。
走り回ったり、ジャンプしたり、
ダンスやスポーツのクラブに参加したり、
できるだけアクティブに運動させることは、
リンパ系の循環および水の循環を刺激するので重要です。
座ってばかりいる生活様式の人は、
リンパ系に多くの液体と毒素を閉じ込める傾向があります。

「ネオセルプラス」
脳は、健康、幸福、活力の基本です。
また、常に毒素による攻撃を受けています。
脳が最適に機能するためには、
健康で活き活きしたより賢い細胞を作り、
修復し、複製するために
必要な栄養素をすべて提供する必要があります。
そうすることであなたの子どもの脳の機能を
改善することができます。
「ネオセルプラス」には、脳や神経の状態を修復し、
脳がより高いレベルで機能するのを
助ける強力な成分が含まれています。

子どもたちは、私たちの情熱と意欲のもととなる存在です。
私たちがこうした情報を
世界に発信して皆様がより健康になるようにと
活動をしている理由です。
問題を抱えたお子様の解決策を
日々探しているご両親やご家族様に、
私たちの情報が助けとなることを願っています。

Posted on Leave a comment

自閉症のためのブロッコリースプラウト

過去5年間、ブロッコリースプラウトで発見された
化合物のスルフォラファン(SGS)が
自閉症の症状を緩和することが、
多くの研究で示されています。

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、
現在、既知の従来の治療法がない状態と考えられています。
罹患率が68人の子供に1人と推定されているアメリカでは、
安全で、手頃な価格で、
かつ効果的な治療を積極的に探す家族が増えています。

全ての天然成分のASDの治療における
潜在的な価値を見直してみると、
SGSはおそらく最も有望な候補です。

2014年に「スルフォラファン(SGS)による
自閉症スペクトラム障害(ASD)の治療」というタイトルで、
雑誌
The Proceedings of the National Academy of Sciences USAに
掲載された画期的な研究では、
ブロッコリースプラウトエキスが
明らかにASDの少年と男性の行動を改善させました。
SGSは、その生理的効果がよく特徴付けられており、
ASDの症状に理想的であるため選ばれたのです。

ギブソン医師は
「自閉症の症状におけるSGSの有益な効果は、
遺伝子発現に影響を及ぼしたり、
特定の悪い腸内細菌を阻害したり、
有害な環境物質の解毒を促進するSGSの能力に関連している」
と、言っています。
これらの要因は全て、自閉症に関与しています。

ネオクレンズには、
SGSが最高量含有するブロッコリースプラウトの品種
(Brassica oleraca var. italica)が含まれています。
そして、ネオクレンズのブロッコリースプラウトは、
利用可能な最高品質のSGSを5000ppm含むように
標準化されています。
ネオクレンズ1回分と
同じ量のSGSを摂取するためには、
約500グラムのブロッコリーを食べる必要があるでしょう。
クエストグループのオーガニックのブロッコリースプラウトは、
空気中や水の環境毒素がない
制御された環境で生育しています。

また、ネオクレンズには
クロレラ、スピルリナ、小麦若葉などのスーパーフードも
入っています。
ネオクレンズは解毒だけでなく、
細胞の保護や重金属蓄積の予防にも優れています!

SGSは遺伝子発現と消化管の健康を改善する 

SGSは、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、
芽キャベツ、キャベツ、カリフラワー、
西洋ワサビ、ルッコラなどの
アブラナ科の野菜に見られる有機硫黄化合物です。
中でも、含有量が一番多いのが
ブロッコリースプラウトです。

SGSは抗菌性があります。
また、がん幹細胞を殺し、腫瘍の成長を遅くします。
その他、高血圧、腎機能、消化管の健康、
がんなど、多くの病気に関与している、
DNAのメチル化を正常化する働きがあります。

SGSは細菌にも同様に影響を及ぼします。
例えば、ブロッコリースプラウトは、
胃潰瘍の原因と考えられている
悪玉菌のヘリコバクター・ピロリ菌を
抑制することが明らかになっています。
興味深いことに、ヘリコバクター・ピロリ菌は
自閉症にも関与しています。

自閉症の子供たちは、
胃腸の問題に苦しんでいる傾向があることは
広く知られています。
最悪の胃腸問題を経験している子が、
たいてい深刻な自閉症を患っています。

ある研究では、研究者たちが、
20人の健康な子どもたちと20人の自閉症の子どもたちの
大便中の腸内細菌叢を解析しました。
その結果、2つのグループには明らかな違いが見られました。
具体的には、自閉症の子どもたちは、
健康な子どもたちのレベルに比べて、
良い腸内細菌叢のレベルが低かったのです。

簡単に言うと、
ヘリコバクター・ピロリ菌(悪玉菌)は、
リーキーガットを引き起こし、
発話障害や 言語発達遅滞に関連する遺伝子に
影響を及ぼします。
ブロッコリースプラウトや
他のアブラナ科の野菜由来のSGSは、
善玉菌と悪玉菌の割合や腸内細菌叢を改善するのに役立ちます。

※リーキーガット…… 腸管壁浸漏症候群

消化管を癒すことが自閉症の治療の鍵となるかもしれない 

ブロッコリースプラウトは確かに有益ですが、
食事の問題に戻ると、
自閉症の子どもを持つ両親は、
ギブソン医師の必須プロトコル
実行することを考えたほうがいいでしょう。
妊娠を計画している女性も、
全ての有害な暴露を避けるとともに、
消化管の健康に細かく注意を払うことで、
自閉症の子どもを持つ可能性を減らすことができます。
詳細は、「子供の病気の予防は妊娠期から始めよう」をお読みください。

自閉症の子どもを持つ母親の大半が、
異常な腸内細菌叢を持つことが
調査で明らかになりました。
赤ちゃんは出産時に母親の腸内細菌叢を受け継ぐため、
母親の腸内細菌叢は重要です。
正常な腸内細菌叢を生後約20日間で確立することが、
赤ちゃんの免疫システムの成熟に
重要な役割を果たしています。
「でるサポート」のサプリメントは、
あなたの自然な腸内細菌叢を高めるのに役立つでしょう。

消化管を癒す最良の方法は、
受胎の前に、全ての加工食品、
砂糖、抗生物質(抗菌石鹸を含む)を避けることです。
これらは、酵母や真菌を成長させ、
リーキーガットを引き起こします。
その後も、妊娠中や出産後の抗生物質の使用を控えること、
そして授乳することによって持続していきます。

消化管を癒し、
健康な善玉菌のバランスを達成するために、
より新鮮な野菜、
特に緑色の野菜を食べるようにしてください。
ネオクレンズにはいくつかの植物栄養素が
豊富な緑の野菜が含まれています。

ネオクレンズは間接的に
腸内細菌叢のバランスを改善することができますが、
ギブソン医師は、
プロバイオティクスを毎日摂取することを推奨しています。
「でるサポート」は、
大人のための10種類のプロバイオティクスが入った
すばらしいサプリメントです。
子どもには、消化管の健康を改善するために、
でるサポートと同じプロバイオティクスが入った
チュアブルタイプのサプリメント「おなかサポート」がオススメです。

Posted on Leave a comment

【動画】自然療法で自閉症を改善していく上で、親としてできること、心がけるとよい点

30年前は、1万人に一人が自閉症と診断されていました。
現在は、88人に一人が自閉症と診断されています。
さらに注目すべきなのは、6人に一人の子どもが、
脳の障害、あるいは、
学習障害と診断されているという事実です。

それでは、どんなことが、
これらの病気や障害の原因となるのでしょうか?

毒物: さまざまな研究において、
脳の障害は、特に母親の子宮、
その他の器官に毒物が過度に蓄積されていることが
原因であると証明されています。

腸内のバクテリア:
その他の重要な要因としては、腸内の細菌があります。
脳の障害がある子どもは、腸内環境に問題があります。
腸内環境は、食べ物、環境、薬などに
含まれている毒物の影響で悪化します。

栄養: 現代の加工食品が多い食生活では、
脳の修復と体に必要となる主要な栄養素が欠落してしまいます。

あなたのお子さんが、
たとえ、自閉症、ADD(注意欠陥障害)、
アスペルガー症候群、学習障害など
脳の障害脳の障害があると診断されたとしても、
希望があります。
子どもは適切な栄養と治療を与え、
勇気づけてあげることで驚異的に
改善できる能力を持っているのです。

脳の障害や学習障害があるお子さんをお持ちの親御さんは、
お子さんが最も健康で幸せになるよう、
最大限のことをしたいと願っていることでしょう。

ドクター・ギブソンは、
今まで非常に多くの自閉症、ADD(注意欠陥障害)、
アスペルガー症候群、学習障害など
脳の障害を持つ子どもや大人の治療にあたり、
多くの患者たちの心身の状態が
非常に向上するのを手伝ってきました。

今回のセミナーでは、ドクター・ギブソンより、
発達障害の子どもたちだけはでなく、
健康な子どもたちが脳力を高め、
健康で最高の能力を発揮する方法も学ぶことができます。

さらに、子どもが自立し、エネルギーを高め、
自己の言動をしっかり管理できるようにする方法を学びます。
また、子どもたちをテクノロジーから切り離し、
他人や家族と再度交流させる方法についてもお話します。

Posted on Leave a comment

ネオセルとネオクレンズは息子に自信と安心をくれました

(名古屋市 檜山知佐様)

広汎発達障害のある息子は、
この春、小学校を卒業し、中学生になりました。

卒業式の翌日、スタジオで記念写真を撮りましたが、
こうした記念写真を撮るのは11年ぶりのことです。
なぜなら、息子はじっとして
写真を撮られることに耐えられなかったからです。

息子は小学校一年生のとき、
二次障害から学校不適応になりました。
「死にたい!」
と言い続ける息子を前に、
当時の私は先が見えず不安でいっぱいでした。

それでも「息子をなんとかしなくては」
と、私がまず取り組んだのは、
食生活を改善することでした。

発達障害の治療は、薬によるものが主流ですが、
の強い薬を使い続けたくなかった私は、
発達障害の改善に効果のあるサプリメントがないかと探しました。

いろいろなサプリメントを試しながら二年近くが過ぎたころ、
ようやく「ネオセル」に出会えたとき
「これだ!」
とうれしくなったのを覚えています。

息子がネオセルを飲み始めて三カ月目。
一年間飲み続けた薬を完全にやめることができました。
学校での息子は、特別支援級でサポートを受けていましたが、
薬をやめた後の方が、飲んでいた時よりも気持ちが安定し、
心身の成長に加速がついたように感じました。

その後、
学年が上がるにつれて順調にできることが増えていった息子は、
5年生の後半には
支援級にいることが不自然に感じられるほどになったので、
6年生から普通級に戻ることにしました。

普通級での生活になじめるか、
親としては少し心配したものの、
修学旅行をはじめ、その他の行事もすべて、
ほかの子どもたちと変わりなくこなしていく息子の様子を見て、
見えない部分でも確実に成長していたことを感じました。

なかでもよかったことは、
息子に友だちができたことです。
このことは本人にとって、大きな自信となりました。

ところで息子は、普段からあまり病気をしません。
たとえなったとしても、症状が軽く回復が早いのです。

発達障害の子は、少し体調が悪いと極端に集中力が下がり、
気力に直接影響します。
そのため、毎日、いかに良い健康状態を保つかが、
重要になってきます。

ネオセル」、「ネオクレンズ」、
そして二種類の「チュアブル」が、
自分の体にとって必要だということを、
息子は実感としてわかるのでしょう。

私がサプリメントを用意し忘れても、
自分から気付いて毎日欠かさず飲んでいます。
そのおかげもあるのか、
6年生の一年間は一日も欠席することなく登校できました。

今年の1月、
卒業式を二カ月後に控えた息子がとつぜん、
「卒業記念に写真を撮りに行きたい」と言いだしました。

以前は嫌だったことを自分から希望したことに少し驚きましたが、
もちろんすぐに予約を入れました。

かつて二次障害に陥った息子が、
こうして自信や積極を持ち、
健康を維持できるようになったのは、
ネオセル」に出会えたおかげだと思っています。

よい製品をつくっていただき、
本当にどうもありがとうございます。

*液体タイプの「ネオセル」は、「ネオセルプラス」カプセル状になって、
さらにパワフルな6つの成分がプラスされ、より効果的になりました。

 

 


脳に必要な栄養素を補給し、
解毒をして、脳力を最大限発揮し、
元気いっぱい素敵な夏をお過ごしください!


無料オンラインセミナーのご案内

◆2017年8月24日(水)22:00~23:00

医師が教える、健康長寿7つの秘訣
~100歳以上で、介護なしで若々しく生きるには?~

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらにドクターギブソンより
放射能でDNAが変化すると起きること
を書いていただきました。
ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行
年間1,000円で購読が可能です。

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法

自閉症スペクトラム障害は、
自閉症
アスパルガー症候群
学習障害
発達障害
ADD(注意欠陥障害)
ADHD(注意欠如多動性障害)

などを含みます。

 

日本の人口あたりの子どもの自閉症罹患率が、
アメリカの数を超えてしまいました。
これは非常に深刻な問題です。
もしあなたのお子さんが、
脳の障害と診断されたとしても希望があります。
適切な栄養素、勇気づけ、テクニックがあれば、
脳には驚異的に改善する能力があるのです。

 

ドクター・ギブソンのオンラインセミナーでは、
どんな毒素がこれらの症状を引き起このか、
そして、どのように予防することができるかなどを
学ぶことができます。
妊娠中、あるいはこれから妊娠したい方にも
参考になる情報がいっぱいです。
どのように自分とあなたのお子さんを助けることができるかを
学ぶことができます。
大人も脳の障害で苦労している人が増えています。
できるだけ若いうちから予防をしておくことが、
問題解決の鍵となります。

 

このセミナーは完全予約制です。
受講ご希望の方は、今すぐこちらからお申込みください。

4月13日(木) 午後1011

お申し込みはこちらから
http://gowoa.me/i/snH7

ドクター・ギブソンは、
自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など
さまざまな神経の問題がある子どもを
肉体的、精神的、感情面でも改善へと導いてきました。
そのほんの一例をご紹介します。

 

参加者の中から抽選で「ネオセルプラス」1本をプレゼントします

 


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらにドクターギブソンより
【子どもの脳をよくする方法】
を書いていただきました。
ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行
年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

無料オンラインセミナーのご案内


2017年4月13日

諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法


2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

春の子どもの健康スペシャル

春の子どもの健康スペシャル

3月1日~4月30日
「子供の健康必須プラスセット」

番号:3095P
価格:$125【通常価格$130】

もれなくおなかサポートチュアブルをもう1本プレゼント
「子供の健康必須プラスセット」には、
子供の健康を向上させ、
脳の生産性を高め、
消化器系を修復して、
食事から最も多くの栄養素を得るための
3つの強力な製品が含まれています。

 

また、免疫系を強化し、
ストレスや環境毒素による
損傷を修復するのに役立ちます。
このセットは、
クエストグループメディカルアドバイザー・ロバートギブソン博士が、
お子様の健康を改善するための
3つの重要事項に対処するために推奨されています。

 

各製品の紹介


【ネオガードチュアブル】
子どもたちがさらされている危険なものが原因となり、
体内ではフリーラジカル(活性酸素)による
損傷が起こっています。
それらは、加工食品、ストレス、環境毒素などです。
この損傷は、体内で不健康な細胞の産生を誘発します。
「ネオガードチュアブル」は抗酸化物が豊富で、
子どものフリーラジカルによる損傷を修復し予防します。
他にも、ビルベリー、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、
当社独自の海藻ブレンドなどの強力な成分が、
子どもの健康をつねに守ります。

 

【ネオセルプラス】
脳は、つねに毒素の攻撃を受けています。
脳を最適に機能させるためには、
健康でエネルギーにあふれた賢い細胞を修復し、
産生するための必須栄養素を
全て補給しなければいけません。
また、子どもの脳の機能は改善することができるのです。
「ネオセルプラス」は強力な成分を含み、
脳と神経系を修復し、
脳が高いレベルで働くのを助けてくれます。
その効果は、子どもの活力や学力の結果に現れてくるでしょう。
【おなかサポートチュアブル】
消化器系は、健康にはとても重要なのですが、
見過ごされがちです。
消化器系は、素晴らしい栄養分の全てが吸収される場所であり、
免疫物質の8割が作られる場所でもあります。
健康な腸内細菌は、
ばい菌が侵入してきたときの最初の防御ラインになります。
「おなかサポートチュアブル」には
12種類のプロバイオティクスが含まれ、
子どもの消化器内で健康な腸内細菌を元気にします。
また、数種類のプロバイオティクスを摂取することは、
幅広く防御するためにも重要です。

 

子どもたちは、
学校や公共の場で
常に病気や毒素や汚染物質にさらされています。
子どもたちの体を解毒し、守っていきましょう。
体を修復し、ひどい病気にかからないようにしてあげましょう。
そして、子どもたちが、
より幸せに、より健康になるようにサポートしていきましょう。

 

子供さんやお孫さんに、健康を贈りましょう。

 

:ネオセルプラスおよび、ネオガードチュアブルは、
一本が平均的な子供の約2ヶ月分の量となります。
おなかサポート一本は約1ヶ月分です。
今回のセットは、
すべての製品が約2ヶ月分になるように
無料のおなかサポートを追加しました。

番号:3095P
価格:$125【通常価格$130】

もれなくおなかサポートチュアブルをもう1本プレゼント

 

キャンペーンページはこちら

 

メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

 

 


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

最新号が発行されました。

定期購読をお申込みいただいている方には

お手元へ発送が完了しております。

オンラインで読むことも可能です。

こちらからご覧いただけます。

「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行

年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

自閉症スペクトラム障害の症状が改善したカギはコレ

 自閉症のためのブロッコリースプラウト

 過去5年間、
ブロッコリースプラウトに発見された化合物のスルフォラファン(SGS)が
自閉症の症状を緩和することが、多くの研究で示されています。

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、
現在、治療法がない状態と考えられています。
罹患率が68人の子供に1人と推定されているアメリカでは、
安全で、手頃な価格で、
かつ効果的な治療を積極的に探す家族が増えています。

 

全ての天然成分のASDの治療における潜在的な価値を見直してみると、
スルフォラファンはおそらく最も有望な候補です。

 

2014年に
「スルフォラファン(SGS)による自閉症スペクトラム障害(ASD)の治療」
というタイトルで、
雑誌The Proceedings of the National Academy of Sciences USA
に掲載された画期的な研究では、
ブロッコリースプラウトエキスが
明らかに自閉症スペクトラム障害(ASD)の少年と男性の行動を改善させました。
スルフォラファンは、
その生理的効果がよく特徴付けられており、
自閉症スペクトラム障害の症状に理想的であるため選ばれたのです。

 

ギブソン医師は
「自閉症の症状におけるスルフォラファンの有益な効果は、
遺伝子発現に影響を及ぼしたり、
特定の悪い腸内細菌を阻害したり、
有害な環境物質の解毒を促進するスルフォラファンの能力に関連している」
と、言っています。
これらの要因は全て、自閉症に関与しています。

 

ネオクレンズには、スルフォラファンが最高量含有するブロッコリースプラウトの品種
(Brassica oleraca var. italica)が含まれています。
そして、ネオクレンズのブロッコリースプラウトは、
利用可能な最高品質のSGSを5000ppm含むように標準化されています。
ネオクレンズ1回分と同じ量のスルフォラファンを摂取するためには、
約500グラムのブロッコリーを食べる必要があるでしょう。
クエストグループのオーガニックのブロッコリースプラウトは、
空気中や水の環境毒素がない制御された環境で生育しています。

 

また、ネオクレンズには
クロレラ
スピルリナ
小麦若葉
などのスーパーフードも入っています。
ネオクレンズは解毒だけでなく、
細胞の保護や重金属蓄積の予防にも優れているのです!

 

 

スルフォラファンは遺伝子発現と消化管の健康を改善する


スルフォラファンは、
ブロッコリー
ブロッコリースプラウト
芽キャベツ
キャベツ
カリフラワー
西洋ワサビ
ルッコラ
などのアブラナ科の野菜に見られる有機硫黄化合物です。
中でも、含有量が一番多いのがブロッコリースプラウトです。
スルフォラファンには抗菌性があります。
また、がん幹細胞を殺し、腫瘍の成長を遅くします。
その他、高血圧、腎機能、消化管の健康、がんなど、
多くの病気に関与している、DNAのメチル化を正常化する働きがあります。

 

スルフォラファンは細菌にも同様に影響を及ぼします。
例えば、ブロッコリースプラウトは、
胃潰瘍の原因と考えられている悪玉菌のヘリコバクター・ピロリ菌を
抑制することが明らかになっています。
興味深いことに、ヘリコバクター・ピロリ菌は自閉症にも関与しています。

 

自閉症の子供たちは、
胃腸の問題に苦しんでいる傾向があることは広く知られています。
最悪の胃腸問題を経験している子が、
たいてい深刻な自閉症を患っています。

 

 

ある研究では、研究者たちが、
20人の健康な子どもたちと20人の自閉症の子どもたちの
大便中の腸内細菌叢を解析しました。
その結果、2つのグループには明らかな違いが見られました。
具体的には、自閉症の子どもたちは、
健康な子どもたちのレベルに比べて、
腸内細菌叢のレベルが低かったのです。

 

 

簡単に言うと、
ヘリコバクター・ピロリ菌(悪玉菌)は、
リーキーガット(腸管壁浸漏症候群)を引き起こし、
発話障害や
言語発達遅滞に関連する遺伝子に影響を及ぼします。
ブロッコリースプラウトや他のアブラナ科の野菜由来のスルフォラファンは、
善玉菌と悪玉菌の割合や腸内細菌叢を改善するのに役立ちます。

 

 

消化管を癒すことが自閉症の治療の鍵となるかもしれない


ブロッコリースプラウトは確かに有益ですが、
食事の問題に戻ると、
自閉症の子どもを持つ両親は、
ギブソン医師の必須プロトコルを実行することを考えたほうがいいでしょう。
妊娠を計画している女性も、
全ての有害な暴露を避けるとともに、
消化管の健康に細かく注意を払うことで、
自閉症の子どもを持つ可能性を減らすことができます。
詳細は、
「妊娠中の栄養摂取について:赤ちゃんの健康な遺伝子のために」
をお読みください。

 

自閉症の子どもを持つ母親の大半が、
異常な腸内細菌叢を持つことが調査で明らかになりました。
赤ちゃんは出産時に母親の腸内細菌叢を受け継ぐため、
母親の腸内細菌叢は重要です。
正常な腸内細菌叢を生後約20日間で確立することが、
赤ちゃんの免疫システムの成熟に重要な役割を果たしています。
「でるサポート」は、
あなたの自然な腸内細菌叢を高めるのに役立つでしょう。

 

 

消化管を癒す最良の方法は、
受胎の前に、
全ての加工食品
砂糖
抗生物質(抗菌石鹸を含む)
を避けることです。
これらは、酵母や真菌を成長させ、リーキーガットを引き起こします。
その後も、妊娠中や出産後の抗生物質の使用を控えること、
そして授乳することによって持続していきます。

 

 

消化管を癒し、
健康な善玉菌のバランスを達成するために、
より新鮮な野菜、特に緑色の野菜を食べるようにしてください。
ネオクレンズには
いくつかの植物栄養素が豊富な緑の野菜が含まれています。

 

 

ネオクレンズは間接的に腸内細菌叢のバランスを改善することができますが、
ギブソン医師は、
プロバイオティクスを毎日摂取することを推奨しています。
「でるサポート」は、
大人のための10種類のプロバイオティクスが入ったすばらしいサプリメントです。
子どもには、消化管の健康を改善するために、
でるサポートと同じプロバイオティクスが入った
チュアブルタイプのサプリメント「おなかサポート」がオススメです。

 

 

 

 

 

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

自閉症と注意欠陥障害(ADD)

ADD/ADHD(注意欠陥障害/注意欠陥多動性障害)、自閉症/アスペルガー症候群、失読症、トゥレット症候群や他の神経行動障害の子どもをもつ両親は、子どもたちを救おうと何年もの時間を費やします。悲しいことに、彼らは医者に「あなたのお子様のためにできることは何もありません」と言われてしまいます。また、薬の服用が唯一の治療の選択肢だとよく言われます。しかし、薬はとても危険であり、重大な副作用をもたらします。私は、皆さんがご存知ない病気の診断方法や治療の選択肢についてお伝えしたいと思っています。また、これらの症状で困っている子どもたちを、助ける手立てがあるということを知ってほしいのです。

神経科学の新しい発見により、上記の疾患をもつ子どもたちを助けることができる方法があることが明らかになりました。私の長年の経験からも、どんな脳の問題に直面していても、子どもたちは皆回復する可能性があることが分かっています。アメリカ合衆国では、子どもたちの神経行動障害が非常に流行しています。日本でも、これらの病気の子どもたちの数が、ものすごい速さで増加しています。その中で、「ギブソン医師の必須プロトコル」と「ネオセルプラス」は、わずかな期間での改善と希望をもたらしてくれています。そして、この改善が、子どもたちの成長に伴って、継続的な回復へとつながっていくのです。

 

何がこれらの脳の病気を引き起こすのか?

神経科学の調査から、神経行動障害の原因は一つではないことが明らかになりました。通常、複数の要因が集まって、様々な程度の損傷につながる「病気の嵐」を作りだします。症状の深刻度は、一つの要因ではなく、どれだけの要因があるかで決まるのです。神経行動障害の主な原因は、神経毒素物質として分類されており、これらの大半は、人工のもので回避可能です。神経毒素物質の中でも、特に医薬品と予防接種は、単体でもっとも有害なグループです。薬とワクチンに対するパニックと、人々の不信感を回避するために、これらの神経毒性は長い間、一般の人には隠されていました。遺憾ながら、その沈黙のために子どもたちが今高い代償を払っているのです。

子どもがワクチンや医薬品のダメージを受けやすくなる他の要因は以下のとおりです。

  • 妊娠中の母の食事と健康状態
  • 遺伝的要因
  • 環境毒素
  • 神経コミュニケーションにダメージを与える出生時の外傷
  • 新生児期、及び乳児期の食事

栄養上の要因としては、栄養不足と食事に含まれる毒素の両方があります。ほとんどが、過去に理論づけられていた、厳密な遺伝子の問題ではありません。そして、神経行動障害の子どもたちは、みんな栄養と消化器系に大きな問題を抱えています。

もし、あなたかあなたの子どもの誰かに病気の兆候があったり、小さくても予防接種の副作用があるときは、予防接種や神経毒素物質を避けることは最も重要です。ダメージは予防接種を打つごとに指数関数的に大きくなり、重大な神経の損傷につながります。

autism

私の治療と他のプログラムはどこが違うのか?

既存の治療プログラムの問題点は、脳の神経生理学の一つの要素にのみ焦点を当てていることです。たとえ、その要素が必要だとしても、それは、相乗的に脳組織や腸を癒し、脳が適切に機能するように再プログラムするといった、総合的な治療のうちの、たった一つの要素でしかありません。

 

ネオセルプラス」は、治療の最も重要な構成要素ですが、その他に必須栄養素、食事、解毒そしてカイロプラクティックを組み合わせなくてはいけません。私たちは、このように自閉症や機能切断症候群を治療しています。

 

神経行動障害に関連する見た目の兆候の多くは、機能切断症候群の結果です。右脳と左脳は通常お互い通信していない状態で、一般的に、脳の半分は反対側より処理速度がかなり遅いので、正確に脳の反対側と情報を比較したり、共有することができません。これにより、脳の強いほうの側が引き継がなければならなく、脳の弱い側と接続しないようにし始めます。

 

この脳の両側の調整の減少が、切断症候群の子どもたちを生み出しています。彼らは感覚や体から切り離されているのです。また社会的にも感情的にも切り離されています。ですから、これらの子どもたちの症状を改善するには、脳の両側の通信障害を修正する必要があります。

 

神経行動障害の子どもに何をしたらいいか?

私の統合プログラムは、薬物や危険な手順、心理療法に依存していません。誰1人同じ子どもがいないように、治療計画も一人ひとり違います。私は、患者には、私の基本健康プランである「ギブソン医師の必須プロトコル」から始めます。この必須プロトコルに加えて、解毒と「おなかサポートチュアブル」や「でるサポート」のようなプロバイオティクスを補充することにより、消化器系のバランスを回復する必要があります。もし溜まっている毒素が多い場合は、必要に応じて解毒を追加します。そして、栄養バランスの良い食事をとり、健康の基礎を確実にするため「ネオパック」、「ネオガードチュアブル」を摂っていきましょう。

 

ネオセルプラス」を用いた必須プロトコルは、確実に、健康と脳の修復の良い基盤になるでしょう。「ネオセルプラス」は、より効果的に脳細胞を修復し、神経伝達物質の量を補充することができます。正確にこのプロトコルに従って続けることが、大きく回復する確率を上げることになります。私たちは、患者がどのくらい回復するか限界は定めません。

 

私は、それぞれの子どもが最大の身体的、精神的、社会的、そして学術的なポテンシャルに達することができるように、できるだけ多くの子どもたちを助けたいと思っています。あなたも、今日にでも開始すれば、それだけ、子どもの新たな可能性を広げることができます。早く始めれば始めるほど、治療はより効果的になるでしょう。

 

「ネオセルプラス」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.net/jp/neocellplus/

「ギブソン医師の必須プロトコル」の詳細はこちらからどうぞ。http://ameblo.jp/drgibson/