Posted on Leave a comment

ADHD治療薬の危険性

アメリカでは、注意欠陥多動性障害(ADHD)であると
診断される子どもたちがとても多く、
ADHDの処方薬であるリタリン(Ritalin)*や
その他の薬を使用しています。

*日本では、ADHDの治療薬としてリタリンが一般的に使われていましたが、
乱用によって幻覚妄想などをひきおこすため2007年より
ADHDへのリタリンの処方は認可されていません。
現在はリタリンの成分をゆっくり体内で放出する薬(コンサータ)が、
小児用ADHDの治療薬として使われています。

しかし、最近発表された研究で、リタリンなどの処方薬は、
効果があったとしても、一時的でしかないということがわかりました。
3年以上薬を使用したADHDの子供たちの行動に、
有益な効果は全く見られませんでした。
むしろストレスが高まり、学習、記憶力、食欲に
大きな問題がある子どもが見られ、
成長過程の脳にダメージを与えていたことがわかりました。

ADHDの深刻なケースには、処方薬が必要かもしれませんが、
まずは、ADHDの子供たちを肉体的にも知的にも
危険にさらす心配のない、簡単で、安全で、
自然な方法を試すことをお勧めします。
次にそのいくつかをご紹介します。

◆オメガ3◆

ADHDの子供たちの多くは、
オメガ3を十分に摂取していないことが多くの調査で分かっています。
魚、肝油、フラックスオイル(亜麻油)は、
体に必要な2種類のオメガ3を含んでいます。

◆自然のアミノ酸

アミノ酸は、ADHDに
とても効果的であると栄養学的に証明されています。

*日本の食品に添加されている「調味料(アミノ酸)」は、化学合成されたものです。

アミノ酸の含まれている食品
赤身肉、卵、昆布、チーズ、トマト、ナッツなど。
新鮮な生魚、カニ、ウニには、特に多くのアミノ酸が含まれています。

ネオガードチュアブルは、
子供たちが必要としている自然の栄養素を、
簡単に摂取することができます。
多くの抗酸化物質が含まれている野菜、果物から抽出した
ビタミンAを始めとする栄養素、
ローズヒップとアセロラベリーから取ったビタミンCなど、
ネオガードチュアブルには、
子供たちが食べものからは十分とれない、
身体が必要としている栄養素が含まれています。
ネオガードチュアブルは、副作用もなく、自然で安全な方法です。
もちろん無害で中毒になることもありません。
そして、ADHDの処方薬と違って、
安心して、長い間続けられる方法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.