Posted on Leave a comment

便秘解消を助ける4つの簡単な方法

健康のためには、
できるだけ早く体内の老廃物を取り除くことが重要です。
老廃物が体内に長く存在すればするほど、
私たちの体は汚染していきます。

便秘は大きな問題ですが、
大きな声で話題することではありません。
そのため、何百万人の人がひそかに苦しんでいます。
ここでは、安全にかつ自然に便秘を解消するための、
簡単な方法をお教えします。

1)便秘の一番の原因は水分不足です

半数以上の人が水分不足といえるでしょう。
毎日少なくても2リットル以上の水を飲むことが、
便秘解消には大切です。
水は、毒素の除去や肝臓、腎臓、腸のサポート、
そして便を柔らかく保つのを助けてくれます。

2)便秘の原因で次に多いのは繊維不足です

毎日少なくても25〜30グラムの食物繊維をとらなければいけません。
十分な量の繊維をとるには、毎日5盛りの果物と野菜をとりましょう。
繊維質を多く含む食べ物には、りんご、梨、セロリ、キュウリ、
ベリー類、ほうれん草があります。
また、リンゴやベリー類、キャベツ、ブロッコリー、
生のナッツには自然にお通じを促す作用があります。
また、毎日の食生活に良質の繊維質を簡単に加えることのできる
でるミックスを摂るのもお勧めです。

3)もう一つの便秘の原因はマグネシウム不足です。

マグネシウムが不足すると、便が硬くなるのです。
マグネシウムを多く含む食材には、
亜麻、ごま、ヒマワリやかぼちゃの種、生のナッツ、
枝豆、豆類、バナナ、ほうれん草などがあります。
また、便を柔らかくするために、
眠る前に500mgのマグネシウムを摂取するのもいいでしょう。
その際は、クエン酸マグネシウムがお勧めです。
通常の便通があるまで続けてみてください。
マグネシウムは体に必須のミネラルであり、毎日使用しても安全です。

4)発酵食品を多く食べましょう。

もしくは、プロバイオティクスを定期的に摂取するようにしましょう。
適量の善玉菌を摂取することは、定期的なお通じに役立ちます。
食生活に味噌やヨーグルトなどの発酵食品をたくさん取り入れていきましょう。
また、でるサポート
毎日十分な量のプロバイオティクスを摂取することができ、
お通じの改善に大変お勧めです。

最後に、私たちは毎日慌ただしく生活していますが、
毎日のお通じのためには、ゆっくり時間をとることが重要です。
排泄する時間を取ってください。
リラックスして自然に過ごすことで、体も動き出します


サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

Posted on Leave a comment

大腸がんを予防する食事法

大腸がんの発生率は国によって大きな差があり、
他の国より発生率が10~20倍高い国もあります。
大腸がんの発生には遺伝もある程度関係していますが、
専門家はこの発生率の違いの90%は
食生活で説明できるとしています。
大腸がんは恐ろしい病気ですが、
その危険性は自分でコントロールできるのです。

リンパ節に転移しているステージⅢの大腸がん患者1,009人について
5年4ヶ月追跡調査した結果、
主に加工食品やファストフードなどを食べていた人は、
健康的な食事(果物、野菜、全粒の穀類、魚、鶏肉など)をしていた人に比べ、
再発率が3.25倍高いことが明らかになりました
(米国医師会雑誌 Vol297, No.7 2007年8月15日 掲載の論文より)。

大腸がんのリスクを減らす食事は、
全ての病気のリスクを減らす食事法にもなります。
その方法はとても簡単で、
添加物の入った加工食品を避け、
果物と野菜をたくさん食べることです。

その要点を以下にまとめてみました。

注意したいこと


● 赤身肉を摂り過ぎると大腸がんになる可能性が高くなります。
赤身肉の摂取は1日100g 程度(調理前の重量)までにしましょう

● 加工された肉(ベーコン、ソーセージ、サラミや保存処理された肉)は
避けましょう。
世界がん研究基金は、
「加工された肉は、大腸がんになる可能性を上げるという強力な証拠がある」
という結論に達しました。

● 砂糖と塩漬け製品の摂り過ぎは避けましょう

● お酒はほどほどにしましょう

お勧め食品


● 有機栽培の果物や野菜

特にリンゴ、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、グレープフルーツは
抗酸化物、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています

● 全粒の穀物・・・食物繊維が豊富に含まれています

● 鮭、ニシン、さば、ヒラメなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている魚

● タマネギ、ニンニク、長ネギ

● ブロッコリー、ケール、カラシナなどの緑色の葉物野菜

● ウコン、ショウガ

● 緑茶


食物繊維は、
大腸がんを予防するために最も重要な栄養素の一つです。
胆汁酸塩と結合し大腸内の不要な物質を取り除きますが、
これが行われず便がいつまでも滞ると、
がんを引き起こす物質に変化します。
また、大腸においては有益な腸内細菌の成長を促し、
発がん物質の活性化を妨げます。
さらに、食物繊維は腸内で自然に発酵して
短鎖脂肪酸と呼ばれる物質に変化しますが、
これには腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制したり、
大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進するなど
健康を維持するための様々な機能があります。

残念なことに、多くの人々は繊維を十分摂取していませんし、
加工食品に添加された人工の食物繊維(例:ポリデキストロース)など、
体にあまりよくないものを摂っている場合もあります。
繊維質は上記のリストにある自然の食品から摂るようにしてください。
また、クエストグループの「でるミックス」を定期的に摂取して、
食物繊維を十分に補給するよう、心がけましょう。

また、体内の炎症を抑えるオメガ3脂肪酸も
大腸がんのリスクを減らしてくれます。
卵黄、ナッツ類、ベリー類、上記のお勧め食品で挙げた魚、
フラックスシードオイルなどを食事に取り入れ、
十分な量のオメガ3脂肪酸を摂取していきましょう。
クエストグループの「ネオパック」は、
500mgのオメガ3必須脂肪酸を含んでいます。

ネオクレンズ」は、
がんの原因となりうる体内に蓄積されている毒物を除去するのを助けます。
また自然のがん予防食品として知られるブロッコリースプラウトも含んでいます。
ブロッコリースプラウトとスルフォラファン
(SGS、ブロッコリーに含まれるファイトケミカルの一種)は、
がんを予防するという700以上の研究結果が出ています。
スルフォラファンは解毒酵素で、
消費後最低でも72時間、体内の抗酸化力を高める効果があります。
さらに、スルフォラファンは、
他の抗酸化物質である、ビタミンC、E、ベータカロチンなどより活性化させます。

ネオガード」は、その他数種の抗酸化物質を含み、
細胞を修復し、がんを防ぎます。
ターメリックは、肝臓のデトックスや消化促進、
免疫力向上を助けるパワーがあると言われています。

自分自身の健康を保つことは難しいと感じている方もいるかもしれませんが、
自分でコントロールできることはたくさんあります。
正しい食事、運動、水をたくさん飲むこと、
そして、時々外に出て気分転換をするなどして、
リラックスする時間をもちましょう。
そうすることで、あなたの大腸がんのリスクはかなり低くなるでしょう。

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

Posted on Leave a comment

大腸がん:恐ろしいサイレントキラー

医学の父と呼ばれるヒポクラテスが、
2000年前に「あらゆる病気は、腸内から始まる」と言っています。

多くの人々が、日本女性の死因のトップが
大腸がんであることを聞いてショックを受けることと思います。

この種類のがんは、
サイレントキラーとも言われていて
自覚症状がないまま静かに進行していきます。
気づいた頃には、がんは進行している場合がほとんどです。
悪化して末期の大腸がんになって初めて、
痛みやさまざまな症状が出てくるのが特徴です。

日本では、2003年に大腸がんが
女性の死因ナンバーワンになって以来、
現在もトップを維持しています。
しかし、恐れることはありません。
大腸がんは予防できる病気なのです。
以下に、大腸がんを予防する4つの重要なステップを紹介します。

1)腸内をクリーニングしましょう
毎日排泄されず、宿便が蓄積していくと、
腸内で腐敗し、有毒な環境をつくります。
これはガンが育ち始める最適の状態です。
当社の腸クレンジング「でるもんね」は、
腸を完全に浄化するプログラムであり、
宿便を取り除くのを助けてくれます。
また、消化器官の腸内フローラ(腸内細菌叢)を
正常で健康なものにしてくれます。

2)毎日十分な量の食物繊維を摂取する
食物繊維の毎日の推奨摂取量は20〜27gですが、
近年の成人の平均摂取量はかなり少なく14.2gです。
食物繊維をしっかり摂取するには、
少なくても果物2カップと野菜5カップを
毎日摂り続けることがベストです。
もしこれらを十分に摂れないときは
でるミックス」を活用しましょう。
でるミックス」には質のよい食物繊維が含まれており、
腸内をキレイに保つのを助けてくれます。

3)毎日十分な量の抗酸化物を摂りましょう
カラフルな色の果物や野菜は、
生きた抗酸化物であり、
免疫機能を活性化させ、ガンを予防します。
ベリー類やトマト、ブロッコリー、カリフラワー、
オレンジやリンゴなど積極的に食べるようにしましょう。
また、ネオガードを毎日飲んで、抗酸化物を補強していきましょう。

4)毎日しっかり排泄しましょう
理想は1日3回の排泄です。
便秘の一番の原因は水分不足です。
十分な量の水を飲むことは、便秘の解消に有効です。
その他、簡単に便秘を解消する4つの方法を、
クエストグループのブログに載せていますので、是非お読みください。
⇒便秘解消を助ける4つの簡単な方法

5)健全なマイクロバイオーム(微生物叢)の環境を維持しましょう
ドクター・ギブソンの別の記事では、
マイクロバイオームは、健康維持や病気を防ぐ役目があります。
食べ物から十分な善玉菌を補給することもできますが、
もし発酵食品をあまり食べていない場合は、
高品質のプロバイオティクスを摂取する必要があります。
そうすることで、
あなたが十分な善玉菌を補給することができるようになります。
⇒腸から始まる脳の健康

私たちは、大腸がんという恐ろしい病気から女性を守る手伝いをし、
大腸がんで多くの方が命をなくしているという現状を変えることが可能です。
残念なことに、多くの女性が大腸がんの予防法を知りません。
クエストグループでは、
ブログやフェイスブックに大腸がんの予防法について紹介してきました。
ぜひあなたのご家族、親戚、お友達、お知り合いの女性たちに、
上記の大腸ガン予防のステップをシェアしてください。


サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

Posted on Leave a comment

女性を大腸がんから守る3ステップとは?

日本女性の死因のトップが大腸がんであることを聞いて、
私たちはショックでした。
日本では、
2003年に大腸がんが女性の死因ナンバーワンになって以来、
現在もトップを維持しています。
しかし、恐れることはありません!
大腸がんは予防できる病気なのです。

 

大腸がんの予防の最初のステップは、
腸内をクリーニングすることです。
毎日排泄されず、宿便が蓄積していくと、
腸内で腐敗し、有毒な環境をつくります。
これは癌(がん)が育ち始める最適の状態です。
当社の腸クレンジングでるもんねは、
腸内を浄化するプログラムです。
腸内の宿便を取り除き、
腸が正常に機能するのを助けてくれます。

次のステップは、
毎日十分な量の食物繊維を摂取することです。
食物繊維をしっかり摂取するには、
少なくても2サービングの果物と
5サービング(※)の野菜を毎日摂り続けることが
ベストです。
もし、十分に摂れないときは、
でるミックスを活用しましょう。
でるミックスの高質の食物繊維は
腸内をキレイに保つのを助けてくれます。

 

3番目のステップは、
毎日しっかり排泄しているかを確認することです。
理想は1日3回の排泄です。
十分な量の水を飲むことは便秘解消にも有効です。

 

ぜひ、あなたも
女性を大腸がんから守る活動(キャンペーン)にご参加ください!
上記でご紹介したこれらの簡単な3ステップを、
あなたのお母さんや、ご姉妹、叔母さんやお友達にシェアしてください。
そうすることで、現状を好転させることができるのです!!

 

(※)
果物1サービングとは
リンゴやオレンジ、梨などは1個、
その他は1/2カップを目安に。

野菜1サービングとは
葉物野菜なら1カップ、その他の野菜は1/2カップを目安に。

大腸がんの予防に、
ぜひ、こちらのキャンペーンをご利用ください!!


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

大腸がんを予防する食事の秘訣

大腸がんの発生率には、世界中で大きな差があります。いくつかの国では、他の国の10〜20倍高い発生率です。遺伝もある程度、大腸がんの発生に関係していますが、これらの発生率の違いの90%は、多くの専門家は食生活で説明できると信じています。大腸がんは恐ろしい病気ですが、そのリスクを自分でコントロールする力を持てるという良いニュースを紹介します。

 

リンパ節にも転移しているステージⅢの大腸がん患者1009人における5.3年間の研究では、不健康な食事が、がんの再発を325%増加させることが明らかになりました。

 

大腸がんのリスクを減らすベストな食べ方は、全ての病気のリスクを減らす方法と同じであることは驚くことではありませんし、それはとてもシンプルです。添加物の入った加工食品を避け、果物と野菜をたくさん食べることです。

 

食べない、または制限したほうが良い食品

  • 肉は約85グラムまでに制限するといいでしょう。
  • 加工された肉(ベーコン、ソーセージ、サラミや保存処理された肉)は避けましょう。
  • 過度の砂糖と塩漬け製品は避けましょう。
  • アルコールの摂取はほどほどにしましょう。

 

増やしたほうがいい食品

  • 有機栽培の果物や野菜、特にリンゴ、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、グレープフルーツは抗酸化物、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
  • 全粒の穀物。食物繊維が豊富に含まれています。
  • 冷水魚(鮭、ニシン、さば、ヒラメなど)。オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
  • タマネギ、ニンニク、ニラ
  • ブロッコリー、ケール、カラシナなどの深緑色の野菜
  • ウコン、ショウガ
  • 緑茶

 

本物の食物由来の繊維は、大腸がんを予防するために最も重要な栄養素の一つです。繊維質は胆汁酸と結合し、大腸内の不要な物質を取り除きます。取り除かれずにいると、それはがんを引き起こす化合物に変化します。また繊維は、大腸において有用な腸内細菌の成長を促し、発がん物質の活性化を妨げます。さらに、食物繊維は腸内で自然に発酵して、短鎖脂肪酸と呼ばれる物質に変化します。この短鎖脂肪酸は、腸内細胞にとても有益な効果を持っています。

 

残念なことに、多くの人々は繊維の必要摂取量がとれていませんし、しばしば質の悪い繊維質を摂っていることもあります。加工食品に添加された食物繊維は、体にあまりよくありません。上記のリストにあるような自然の食品から繊維を摂るようにしてください。また、十分な量の食物繊維を確実に摂取するために、定期的に「でるミックス」を摂ることをお勧めします。

 

また、体内の炎症を抑えるオメガ3脂肪酸も、大腸がんのリスクを大いに減らしてくれます。卵黄、ナッツ、シード、ベリー類、冷水魚やフラックスシードを食事に取り込んで、十分な量のオメガ3脂肪酸を摂取していきましょう。「ネオパック」にも、オメガ3脂肪酸が500mg含まれています。

Eat To Lower Colon Cancer

ネオクレンズ」は、がんを促進する体内の毒素の除去を助けます。また、自然のがん予防剤であるブロッコリースプラウトを含まれています。ブロッコリースプラウトとスルフォラファン(SGS)のがん予防作用は、現在までに700以上の調査研究の対象になっています。SGSは、摂取して少なくとも72時間、継続的に抗酸化作用を引き起こす解毒酵素です。また、SGSはビタミンC、Eやベータカロチンなどの他の抗酸化剤の活性型への再生を促進します。

 

ネオガード」は、細胞を修復し、がんを予防するのを助けるいくつかの抗酸化剤が含まれています。「ネオガード」に含まれるウコンの有効成分は、クルクミンと呼ばれる抽出化合物です。クルクミンは、その抗炎症作用及び抗酸化作用により、いろいろなタイプのがん(乳がん、肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がんなど)の予防を助けることが、研究で明らかになっています。クルクミンが、慢性疾患における細胞内の情報伝達を阻害することにより、がんの発生を抑えます。

 

私たちは漠然と、健康はコントロールできないような感じの恐れをもっていますが、そんなことはありません。私たちが健康をコントロールできる領域はたくさんありますし、大腸がんもその一つであることを是非知ってください。正しい食事、運動、水をたくさん飲む、そして新鮮な空気をたくさん吸って、リラックスする時間をもちましょう。そうすることで、体ががんを予防するのを助けることができるのです。

 

「ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja