Posted on Leave a comment

毒に囲まれた子どもたち~解毒で慢性疾患から回復するには

子どもたちは私たちの未来です。
しかし、子どもたちがどんどん病んでいっている
という現実を私たちは目にしています。

統計によると状況はかなり深刻です。
子どもは健康なものだという考えは
もう過去のものです。
あなたの周囲にも、
深刻な病気の子どもが何人かいるのではないでしょうか。
生き生きと元気そうな子どももいますが、
ほとんどの子どもたちは
深刻な健康問題がいずれ出てくる可能性のある道をたどっています。

実際に「健康」とは言えない子どもが
ほとんどであることにお気づきでしょうか。
重度のアレルギー、自閉症、がん、喘息、糖尿病、
学習障害、自己免疫疾患と
診断される子どもは毎年増加し続けています。

幼児も影響を受けています。
以前より皮膚の問題、
胃食道逆流症や呼吸の問題が増えています。
科学や医学の分野が進歩すれば
より健康的になるはずですが、
残念ながらそうではありません。

現在では、こうした慢性的な症状がある子どもが
55%に上ります。
このままだと、2025年までに
子どもの80%になることが予測されます。
現在あなたの周囲にいなくても、
近い将来皆さんの子ども、または姪、甥、孫などが、
こうした慢性的な症状に悩まされることも考えられるということです。

こうした変化の中でより気になることの1つは、
神経精神医学的疾患、つまり、うつ病、不安症、
双極性障害、小児急性発症精神神経症候群(PANS)です。
以前はこうした症状のある幼児はほとんど見ませんでしたが、
今では、こうした病気で服薬中の小学生は珍しくありません。

こうした病気に使う薬は、
子どもが長期使用したときの影響について
分かっていません。
5、6歳の頃に慢性疾患の診断を受けて
投薬を受け始めたら、
いつ薬を止められるかわからない上に、
子どもの発育していく過程に
どう影響するかについて分かっていないのです。

そのため、この連鎖を止める方法を
理解するための教育が非常に重要です。
まず私たちは
「子どもたちにしていること」を止める必要があります。
これは、私たちが環境にかけている負荷とも関係しており、
環境汚染をどうしたら止められるかを知る必要があります。
子どもたちの病気を治す方法は、
薬品漬けの生活に向かわせることではありません。

病気は遺伝の問題だと非難される場合があります。
しかし、私たちの遺伝子は
ここ数十年で変わってはいませんので、
子どもも大人も病気になっている理由は別にあります。

変わったのは私たちの環境です。
病気は、環境と私たちの遺伝子構成との相互作用です。
例えて言えば、私たちの遺伝子を銃とすると、
引金を引かなければ何の問題もありませんが、
環境が引き金を引いて病気になるのです。

子どもを病気にしているのは、環境由来の毒です。
私たちの子どもたちは毒にまみれています。
毒性のあるものによって重すぎる負荷を与えられると、
腸の問題を引き起こします。
腸の問題は全身に及び、酸化ストレス、炎症となり、
免疫系のバランスを崩し、
慢性的な感染症を引き起こすもとになります。

子どもにより、重度の喘息、自閉症、
潰瘍性大腸炎とそれぞれ異なる症状かもしれませんが、
それはすべて最初に毒の過剰摂取をすることで始まります。
子どもたちは特に毒に対して脆弱なのです。

子どもの肝臓は発達途上のため、
効率的に毒素を排出することができません。
体重で考えると、子どもは大人に比べて、
より多くの水を飲み、より食べ物を食べ、
より多くの呼吸をするので、
子どもたちはより多くの毒素にさらされていることになります。
さらに、大人のように効率的に毒素を排出することができません。

また、他の面でも脆弱です。
幼児は生まれたときは、腸に漏れがあるため、
より毒素、特に重金属を吸収しやすい状態です。
また脳にも問題があり、
血液脳関門は出生時には完全に形成されていません。
これは小児期にようやく完成します。

子どもたちは、
親や祖父母の世代よりも毒にさらされています。
最近の統計によると、
臍帯血には2万種類の化学物質が含まれています。
子どもたちは、生まれる前にすでに毒まみれなのです。

慢性的な病気の子どもを回復させるための最初の鍵は、
毒を減らすことです。
つまり、どこから毒が入ってくるかを理解することです。

まず、飲んでいる水と食べている物をチェックします。
米と米を使った製品はヒ素を含んでいること※
魚は水銀含有量が高い場合があることは
多くの方がご存知だと思いますが、
多くの人々は、加工されたチーズの多くが
アルミニウムで加工されていることに気づいていません。
チーズが原因でアルミニウムを
多く体内に入れているかもしれません。
だから、重金属を取り込む原因はいくつもあり、
また様々な種類の重金属があることに注意してください。
子どもにとって問題を起こしやすい重金属は、
4種類で、最も最悪なのが
水銀、次が鉛、ヒ素、アルミニウム
という順番になっています

※コメに含まれる無機ヒ素は、
玄米の外側についている糠(ぬか)の部分に
多く含まれています。
そのため、玄米を白米に加工したり、
コメを研いだりすることでぬかを落とすと、
コメに含まれる無機ヒ素の濃度が低くなることが分かっています。
出展:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_as/qa.html#4

次に、重金属が体内に入るその他の経路を調べてみましょう。
多くの人々は、現在、
子どもたちにしているワクチンのほとんどに
アルミニウムが入っていることを認識していません。
また、ワクチンの中には依然として
水銀を含むチメロサールが含まれています。
私たちはこの問題についても認識する必要があります。

あなたの子どもに入る毒を減らすために
あなたは何ができるでしょう。
毒を減らす方法を学ばなければなりません。
次に挙げることを参考にして頂ければ幸いです。

ホールフード

食べ物全体を食べることで、
加工食品に使用する5,000種類以上の
化学物質を体内に入れずにすみます。
また、緑のほうれん草、黄色かぼちゃ、
白い大根など、様々な色の野菜を摂ることが重要です。
様々な色のものを食べることで、
子どもたちが必要とする栄養素を
すべて摂取できるようになります。
また生の野菜をたくさん食べてください。
それらは消化管から毒素を掃除する繊維の供給源となるだけでなく、
細胞から自然に毒を排除するための栄養素を提供します。

きれいな水

水は解毒のために不可欠です。
しかし、きれいな水であることが大切です。
子どもたちに毎日十分に良い水を飲むように勧めてください。

家庭内の化学物質

家庭では、まず掃除に使っている洗剤等に含まれる
化学物質をチェックしてください。
他には、おもちゃや服が問題です。
しかし、大気汚染のような個人では
どうすることもできないものがありますので、
子どももネオクレンズを摂って健康を守ってあげましょう。

「ネオクレンズ」

「ネオクレンズ」は、
自然なキレート作用と解毒の効果がある有機成分のブレンドです。
このフォーミュラは、一般的な環境由来の重金属、
および放射線汚染に対し、
体の自然で健康な解毒プロセスを促しながら、
抗酸化効果と免疫防御機能を強化するように作られています。
「ネオクレンズ」の成分に含まれる有機栽培された植物は、
自然に解毒を促す植物栄養素です。
解毒や体の保護のために毎日摂れる安全な製品です。

また、毒素が除去されると、
体はより多くの栄養素を吸収しやすくなります。
栄養が足りてくると、
体の自然の防御機構や解毒機能は向上します。
ネオクレンズを使用した方の血液を検査した結果、
使用前と使用後では、血液中の毒素が大きく減っていました。

体を動かすことは大切です 

子どもは、子どもらしく遊ばせましょう。
走り回ったり、ジャンプしたり、
ダンスやスポーツのクラブに参加したり、
できるだけアクティブに運動させることは、
リンパ系の循環および水の循環を刺激するので重要です。
座ってばかりいる生活様式の人は、
リンパ系に多くの液体と毒素を閉じ込める傾向があります。

「ネオセルプラス」

脳は、健康、幸福、活力の基本です。
また、常に毒素による攻撃を受けています。
脳が最適に機能するためには、
健康で活き活きしたより賢い細胞を作り、
修復し、複製するために
必要な栄養素をすべて提供する必要があります。
そうすることであなたの子どもの脳の機能を
改善することができます。
「ネオセルプラス」には、脳や神経の状態を修復し、
脳がより高いレベルで機能するのを
助ける強力な成分が含まれています。

子どもたちは、私たちの情熱と意欲のもととなる存在です。
私たちがこうした情報を
世界に発信して皆様がより健康になるようにと
活動をしている理由です。
問題を抱えたお子様の解決策を
日々探しているご両親やご家族様に、
私たちの情報が助けとなることを願っています。

Posted on Leave a comment

40年来の喘息やアレルギー症状が改善し、いつも元気いっぱいでいられます。

東京都在住 太田みほ子様

私は小さいときからかなり不健康でした。
3歳から喘息で、風邪も引きやすく、
幼稚園は半分くらいしか行っていません。
アレルギー性鼻炎、目や喉の痒み、
今でいう花粉症もひどくてティッシュを手放したことなく、
鼻が詰まって、いつも頭がボ〜ッとしている感じでした。

便秘もひどく、3日に一度出ればいいほうで、
下手をすると一週間に1〜2回の排便。
便が硬くなってしまって、お恥ずかしい話ですが、
ひどいときは指でかきだしていました。
また、切れ痔でしょっちゅう出血もしていました。

物心がついた頃には、
喘息の発作が起きるのは風邪を引いているときが多いとわかって、
風邪を引かないために、予防として
毎日のように風邪薬を飲んでいました。
また、ステロイドの吸入薬も発作が起きれば、
医師の指示の規定量をはるかに超えて使用。

今考えるとなんと恐ろしいことをしていたか!
膀胱炎にもよくなっていて、
生理は出血量が半端ではなく、ナプキンは2枚重ね。
高校時代には、なんと脇毛の一本一本の周囲に、
黄色い膿みのような塊がついていて、
爪で剥がそうと思ってもとれず、
まるでツララのようになっていたこともありました。

そして、22歳のとき、卵巣嚢腫になりました。
摘出した嚢腫は2,300gありました。
産婦人科の医師が「子どもを産んだのと同じですね」と…。
実際、私は2,400gで生まれています(笑)。
なぜ、これほどまでにひどい身体だったのか?
その原因は3歳のときに虫垂炎になったことです。
熱が出て、泣き続けている私を母が
一週間あちこちの病院を回ったけれど、
こんなに小さい子どもが盲腸になるわけがないと、
お医者さんが気づかず、腹膜炎を起こしてしまったからです。
母は、救急病院で
「あと一日手術が遅れていたら、死んでいましたよ」
と言われたそうです。

術後、膿を出すために傷口にチューブを入れていました。
そのとき、抗生物質を大量に投与されて、
今考えると常在菌や腸内細菌が
ほとんど死んでしまったのだと思います。
そのため、免疫力が落ちてしまい、
喘息、便秘、アレルギー症状などが次々と起きました。
脇毛の周囲の黄色のツララも卵巣嚢腫も
アレルギー性鼻炎も
身体が毒素を一生懸命出してくれていたのでしょう。
身体はなんと健気なことか。

それが、病気の両親のために始めた
クエスト社のサプリメントを自分も飲んでいたら、
思いがけず、喘息が治ってしまい、
同時に、便秘やアレルギー、花粉症もなくなりました!
そのほか病気とは言えませんが、
胸やけ、胃痙攣、サメ肌、巻き爪、フケ症、脂性の手足、
毛深さ、ひどい冷え症、口内炎、ヘルペスなど、
普段あまり意識していなかった
体の不調や不具合も次々と治っていました。
特に、喘息は発作が怖くて、
常にステロイドの吸入器を持ち歩いていて、
旅行などで忘れると取りに帰るほどでした。

それがクエスト社の理想健康セットで、
40年手放せなかった吸入器を捨てられたとき、
「栄養って、凄い!!」と心の底から感動しました。
そして、9年間愛用していましたが、
「もう十分健康になったし、サプリがなくても大丈夫!」
と摂取しなくなりました。

そして、7年後、美容師さんに
「髪の毛の前のほうが薄くなってきていますよ」
と言われました。
髪の毛は多いほうだったので、ショックでした。
また、同じ頃に、ホチキスを爪で取ろうとすると、
爪が割れるようになったのです。
「あれ?これって、もしかして栄養不足かも!」
と感じました。

一人暮らしで外食が多かったり、
同じ食材ばかりの料理でパターン化していたからです。
そこで、7年ぶりにクエスト社の理想健康セットを購入しました。
私は昔のひどい便秘だった頃とは違って、
サプリをやめても1日に3〜5回排便していました。
それもちゃんとした形の物が出ていました。
それなのに、理想健康セットを再開した翌日、
すごい量の便が一息で快感を伴ってど〜んと出たとき、
「栄養って、凄すぎる!」
と再び感動しました。

そして、一週間も経つと、
ホチキスの針を爪で取っても、
割れなくなり、強くなりました。
美容師さんからも前髪のことを言われなくなり、
抜け毛も減りました。
7年間、クエスト社のサプリをやめていたからこそ、
栄養で健康度がいかにアップするかがよくわかりました。
特に食材が限られる一人暮らしの方には、
クエスト社の理想健康セットはおすすめです!

Posted on Leave a comment

免疫システム101

免疫システムは感染症やけが、
病気から身体を守るために
細胞を保護、修復、維持します。


その重要な機能を維持し、燃料を供給し、制御し、
必要に応じてその活動を強化するうえで
栄養素が必要となります。
医学における非常に古い事実の一つとして、
栄養失調、および一つ以上のビタミンもしくは
必須ミネラルの欠乏が
免疫機能の低下を招くことが挙げられます。
例えば、ビタミンCの欠乏による壊血病のように、
長期にわたる重度の欠乏は致命的となります。
私たちの知るところでも、
必要な栄養素のリストは常に増え続けています。
最低でも
一日当たりの摂取ビタミンの推奨量を摂ることが、
最も大切な免疫システムの機能にとって必須であり、
最適な機能を保つ上で、
現在推奨されている量のビタミンを
摂取することが必要なのです。 

私たちは生涯を通して
病原体に取り囲まれています。
それなのになぜ常に
誰もが具合が悪くないのでしょうか。
細菌とウイルスの存在は
病気とイコールではないのです。
深刻な病や体調不良の
本当の原因は何なのでしょうか。
   

ほとんどの微生物は害ではありません。
多くの微生物は私たちと共生関係にあります。
しかしながら、病原体は日和見主義的で
バランスが崩れると増殖します。
身体が弱ると増殖し、重い病気を発症するのです。
「身体と免疫システムを強化する」基本であり
最善の方法が
完全に無視されてしまうことがとても多いのです。
病気や深刻な疾病は
不健康な選択と関連していることもあるのです。 

複雑な免疫防御システムは、
私たちの周りや中に常在する
潜在的な病原微生物のバランスをとります。
また、細胞の損傷の修復を手助けします。
強力な免疫システムにより、
環境汚染物質や食べ物に含まれる毒素を全て除去し、
炎症に対処します。
皮膚や粘膜のような物理的障壁が
身体への侵入を阻止します。
次に、生化学的機序が素早く
危険分子や過剰な状態を特定し破壊して、
その脅威を取り除きます。
免疫細胞は、
特定の抗原を認識するとその抗体を形成し、
将来的同定、および中和を行います。 

栄養素がなければ、
いかなる免疫細胞や防御作用も働きません。
これは魔法ではないのです。
つまり完璧に機能させるだけの
十分な栄養素を有すること、
でなければその免疫システムが
欠乏に直接働きかけることで軽減させます。
この事実が新型コロナウイルス感染症に関連する
ニュースやほとんどの政府の対応において
言及されることはまずありません。
政府やメディアは
十分な栄養、運動、日光、戸外での活動、
睡眠を推奨します。
さらにビタミンC、D、A、E、亜鉛、
プロバイオティクス食品を勧めます。
また、砂糖やジャンクフード、
そしてストレスを少なくするよう提唱しています。
しかし一旦大流行が起きてしまえば、
このことに関して何も触れられなくなり、
人々はもう遅すぎると思うかもしれません。
決して遅すぎることはないのです。
身体は良い栄養に対し素早く反応します。
今日から健康的な選択を行うことができるのです。 
 

ハーブ、抽出エキス、
オイルと栄養素-免疫栄養素と
免疫を活性化させるハーブ、抽出エキス、
オイル、そして天然の抗菌性ハーブ、
抽出エキス、オイルの
それぞれの役割の違いを理解することが大切です。
同時に、複数の種類が
クロスオーバーするケースもあります。
また、例えば免疫作用を刺激するのに
特に有効なとても強力なハーブもあります。
しかしながら、免疫力が低下した弱った宿主では
そのハーブに対する反応も弱いものとなります。
常に免疫システムや脳、
そして身体を優先的に強化することが望ましいのです。
このようにあらゆるハーブや抽出エキス、
そして精油もより良い効果を保証する
活発な反応を刺激することができるのです。  

免疫システムは全身の
神経、臓器、組織、細胞、
そして生化学物質の複合体です。
この免疫システムは外からの侵入者や
損傷、毒素、そして異常細胞を
認識しなければなりません。
ガン細胞や突然変異は日々対処されています。
ウイルスや細菌、寄生虫、
かび、アレルゲン物質、損傷、
そして毒素も同様です。
身体の健康な細胞から
それらを見分けることができるのです。 

自己免疫疾患は、外部からの侵入者ではなく、
身体が機能不全をおこし、
その組織を攻撃することで引き起こされます。
自己免疫反応は、
身体に入る異質な化学物質や重金属により、
ほぼ常に引き起こされています。
中毒はゆっくりと緩やかな過程で進行し、
年月をかけて環境や仕事、
食べ物に含まれる毒素、
薬剤の過剰服用への暴露に繋がります。
これは決して最適な食事やストレス、
有害物質への暴露によるものではなく、
むしろ遺伝的要因をもつ人によく見られます。 

アレルギーは、ほとんどの人が
耐性を持つ環境に存在する物質に対して
個別に免疫システムが反応して引き起こされます。 

免疫反応は先天免疫と
獲得免疫の2つのカテゴリーに分類されます。 

(1)先天免疫は、
 主に病原体への即時的かつ
 非特異的反応にかかわっています。 

(2) 適応免疫(別名獲得免疫)は、
 最初に母乳から、
 その後子供の時の社会生活を通して作られます。
 私たちが新しい動物や花粉、
 細菌などに接することで、病原体を認識し、
 記憶する免疫細胞の生成を刺激します。
 獲得免疫は特定の病原体に対して
 複合的かつ集中的に反応します。
 最初の接触後、獲得免疫反応が作られるのに
 数日から数週間を要します。
 さらに、そこに関与した免疫細胞は
 その接触を「記憶」し、次に同じ、
 もしくは類似する病原体に対して素早く反応します。
 一種類の細菌もしくはウイルスへの接触であっても、
 類似する数千の病原体から守ることができるのです。  

免疫機能活性における重要な特徴 

増殖は、免疫反応規模の拡大です。
免疫システムは継続的に化学伝達物質や細胞、
そしてタンパク質を生成しています。
損傷や外部からの侵入者に接触した場合には、
それに応じて生成を大きく増加させます。 

炎症は、通常の免疫反応の主な特徴です。
免疫細胞や化学伝達物質、
さらに抗体が損傷部または感染部に集まると
炎症が発生します。
しかしながら慢性炎症は、
身体のある問題の治癒、
または消散が不可能であることを指し示します。
それにより、組織の損傷や慢性的な疾患が進行します。
炎症は大抵悪いこととみなされ、
薬で抑えられます。
(もし生き延びるために緊急的な治療が必要でなければ)
身体自身が修復し、
守るために必要とする栄養素を与えることの方が
より良い治療となるものと思われます。   

呼吸(酸化)バースト-免疫細胞は
侵入する微生物を取り込んで破壊し、
さらに殺滅させるのを手助けする
活性酸素種(ROS)の濃縮バーストを産出します。
炎症と同様に呼吸バーストは、
通常の免疫反応の一部です。
毒素および弱体化した宿主は、
組織を損傷させるROSに長期持続的に暴露され、
慢性的な疾患を引き起こします。
抗酸化物質は
この活動のバランスをとるのに役立ちます。 

物的・生化学的障壁-防御の第一線は、
細菌やウイルス、かび、寄生虫、
花粉、ほこり、有害化学物質に対して
物的・化学的障壁を形成する身体の外部、
および内部表面(皮膚および粘膜)から構成されます。 

例えば、鉄は上皮組織の分化と成長に必須です。
ビタミンAと亜鉛は、
皮膚と粘膜細胞を構造的かつ
機能的に完全なものとするうえで極めて重要です。
腸内システムは、ビタミンD、A、B6、B12と
葉酸によって維持されています。
ビタミンCやEといった食物性抗酸化物質は、
フリーラジカルによる損傷から細胞膜を保護します。
抗酸化物質は濃度のバランスを保ち、
損傷から細胞を保護し、
細胞シグナル伝達の維持に欠かせません。 

物理的障壁は、汗や唾液、粘液、胆汁、
胃酸といった体液を化学物質に対して
十分な量を生成します。
さらにこれらの体液には、
微生物の増殖を抑制し破壊する抗菌物質や
酸、酵素が含まれています。
ビタミンDは気道内の抗菌生物ペプチドを刺激し、
感染症から肺を守ります。
新型コロナウイルス感染症や
SARSのようなほとんどの肺感染症を防ぎます。
また消化管や腎臓内のたんぱく質を刺激し、
角膜上皮バリアを強化します。 

消化管は、物理的・生化学的障壁となる
上皮細胞をもつ重要な防衛線です。
免疫細胞や腸内細菌と協力して病原菌を撃退し、
細胞への直接の接触を制限します。
多くの微生物糞が病原菌を抑制、
または殺滅するバクテリオシンのような
多数の複合体を生成します。
ですから、納豆やキムチ、漬物を食べ、
プロバイオティクスサプリメントを摂りましょう。 

重要な免疫栄養素-総じて、
強固な免疫システムの形成には
結局のところ健康と栄養が必要ということなのです。
ここで私が述べる基本的な免疫栄養素は
必要とされる唯一のものではありません。
これはそのシステムを最適化させるうえで
最も直接的に関与するというだけなのです。
重要な順に示します。
これらは最も欠乏しがちなものであると同時に、
摂取することで最も影響を与えるものでもあります。
ビタミンC、D3、K2、A、E(セレン)、
亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、
銅、B6、B9、B12、オメガ3。
これらは可能な限り
食べ物から摂ることが望ましいです。
免疫反応のあらゆる段階において、
これらの微量栄養素の存在が必要なのです。 

免疫栄養の最適化が
感染症の撃退よりもずっと大切なのです。
ガンを抑制し、筋肉や骨を維持し、
老化を遅らせるなどします。
身体の中のあらゆる組織や細胞を
修復、および維持するシステムなのです。
これがなければ私たちは死んでしまいます。
寿命が短くなります。
弱まれば生産性の低い生活となります。
幸せ脳と組み合わされれば、
100年は強く健康でいられます。 

重要な免疫栄養素について学びたい場合は、
それぞれの栄養素に関する記事を掲載した
私のブログをご覧ください。 

ネオソース製品
ネオパック
ネオガードプラス
ネオセルプラス
でるサポート

にはこの重要な栄養素が含まれています。