Posted on Leave a comment

ビタミンD3:生命、健康、脳、そして免疫に欠かせない栄養素

あなたの脳は、ビタミンD3なしでは機能しません。
免疫システムもそうです。
あなたの免疫システムは、
ただ感染に対して闘うだけでなく、
はるかに多くのことをしていることを、
覚えておいてください。

免疫システムは、
癌の予防、傷の修復、環境の監視、
他の免疫システムとの通信、細胞活動の調節、
プロバイオティクスの調節を行っているのです。
この記事では、
ウィルスや細菌、真菌などから体を守る、
ビタミンD3の不可欠や役割について紹介します。

 

ビタミンD3は、ビタミンCに次いで、
あらゆるタイプの病気や
感染の予防や治療に優先される栄養素です。
病気を予防するのに役立つだけではなく、
地球上の命に関わるような病気に対する、
強力な治療法の一つでもあります。
そして、もちろん
新型コロナウィルス(CV19)のような
弱い感染症も予防し、闘ってくれます。 

ビタミンCとDは、
どちらも個々で強力な栄養素ですが、
組み合わせると、
それらの強さは倍増することを忘れてはいけません。
そして、これらのパワーは、
追加の免疫栄養素により、さらに増加します。
ビタミンC、D3、亜鉛、ビタミンA、E、
そしてK2は主要な免疫サポート栄養素です。

これらの栄養素は全て、
病気の予防と体の修復に重要な役割を果たしますが、
健康な習慣を全て実践すると、
さらにより効果的に機能します。

健康な習慣とは、

運動
十分な睡眠、

オーガニックのホールフーズ
ポジティブなメンタル

などです。

これらのシンプルな習慣は、
とても強力であり、
体はいつも症状が出る前に
病気に対する闘いに勝利するでしょう。

これらの栄養素及び健康習慣を
一斉にとってください。
そうするとあなたの免疫力は最強になります。
1つか2つ欠けるだけで、
免疫力は大幅に弱くなる可能性があるのです。

 

さて、ビタミンDの欠乏が、
鬱や統合失調症などの
精神状態に関係していることを、
科学は長いこと知っていました。
特にビタミンD3の低下が、
脳の発達障害に見られます。
幼小児期のビタミンD欠乏症は、
神経の分化、軸索の接続性、ドーパミン、
そして脳の構造や機能に影響を及ぼします。
またビタミンDの欠乏は、
ほとんどの慢性疾患、自己免疫疾患、
うつやアルツハイマー病にもみられます。
脳疾患や精神疾患の
ビタミンDの低下に対する効果的な治療は、
患者の長期の医療効果と生活の質を改善する、
簡単で費用対効果の良い治療法です。 

また、体内のビタミンD量は、
病気の深刻度を予測します。
集中治療を必要とする人々は
ビタミンD量が不足していました。
ビタミンD受容体は、
B細胞とT細胞に高く発現しており、
先天性免疫応答と
適応免疫応答を調節する役割を示しています。
ビタミンDの低レベルは、
冬の急性の呼吸器感染症のリスクを増やし、
逆に、ビタミンDの補給によって
リスクは軽減されます。 

コロナウィルスはどうでしょう?
過去20年の何百もの研究により、
SARSコロナウィルス-1、
SARSコロナウィルス-2(CV19:新型コロナウィルス)、
MERSコロナウィルスや
他の全てのコロナウィルスの感染を阻止する、
すばらしい能力があることが示されています。
新型コロナウィルス感染症(Covid-19)患者に
接する医師など、
日々多くのウィルスに晒されている人でさえ、
ビタミンD量が正常ならば、感染は無きに等しいです。
最低限の摂取でも、感染はほとんど稀でした。
検査で陽性となった稀な人は、
ほとんどもしくは全く症状がありませんでした
(言い換えれば、彼らは病気ではなかった)。
同様の奇跡の結果が、
病気の患者に
ビタミンD、C、亜鉛で治療した時も見られました。
唯一の医療介入が薬品ではなく
自然なものの時、死亡者は0でした。 

死亡した少数の人は、
抗ウィルス薬を投与され、
その薬に対する副作用で亡くなりました。
一般に抗ウィルス薬は、
長期的な肺のダメージを引き起こし、
時には死に至ります。
考えるまでもありません。
ビタミンCとD3をとりましょう。 

外に出て定期的に少し日光を浴びると、
気分が良くなります。
その理由は、
天然のビタミンDが体内で産生されるからです。
ビタミンDは鬱を予防、治療します。
肌に日光が当たると、
ビタミンDの完全なタイプの生成が促されます。
日光が最も多い州に住む人々は、
がんや鬱、自殺、炎症性の腸の病気の発症率が
最も低いのです。
定期的に日光を浴びることは、
より使用可能なビタミンD3を
とることと同等であることを覚えておいてください。
だから、しっかり外出するようにしましょう。 

毎日のスケジュールで
日光を浴びる時間を取るのが簡単ではない時は、
サプリメントでビタミンDを毎日補給してください。
また、ビタミンDのプロセスの供給源である、
たくさんの良質なコレステロールの元を、
確実に摂取していきましょう。
冷水魚(ニジマスな鮎など)、
放し飼いの鶏卵、
牧草で育てられた牛や豚、
アボカド、
オーガニックバター
などを食べましょう。
魚や卵にはビタミンD3が含まれています。
他のヘルシーな脂肪とコレステロールは、
肉体がビタミンD3を作る時に使われます。

 

もし定期的に日光を浴び、
望む量に達するまでサプリメントを摂取していたら、
一般的にビタミンD3量の
検査をすることは不必要です。
少なくても毎日15〜20分、
顔や腕に日光を浴びるようにしてください。
寒すぎる場合や曇りの時は、
もしくは、インドアでの仕事に従事する人は、
サプリメントが違いを生むでしょう。
また、今はビタミンDが
豊富な食品をとるのにいい時期です。
もっとサーモン、ニシン、イワシ、マグロ、
タラ肝油など脂肪の多い魚や、
卵黄なキノコなどの食品を食べましょう。 

キーポイント

ビタミンDは、
現在のワクチンや薬よりも、
リスクなしでコロナウィルスの感染を
予防、治療します。 

ビタミンDシグナル伝達の障害は、
脳の発達に悪影響を及ぼします。 

ビタミンDは、
気持ちよさを感じる神経伝達物質である
ドーパミンの増加と密接に関連しています。 

低レベルのビタミンDは、
さまざまな精神状態、
特にうつ病や脳疾患に関連しています。

 

ビタミンDは、
自閉症、アルツハイマー病、うつ病、
その他の脳や精神の問題の治療に重要です。 

ビタミンDレベルは病気の重症度を予測します。

 

ビタミンDは、自己免疫疾患、
炎症性腸疾患であるクローン病に、
プラスの効果をもたらします。 

ビタミンDは腸内細菌の組成を調節し、
有益な菌株を増やします。 

ビタミンDは、
健康な骨とカルシウムとリン酸塩の
代謝を調節するために不可欠です。  

ビタミンDレベルが高いほど、
あらゆる種類の癌のリスクが低くなります。 

Posted on Leave a comment

免疫システム101

免疫システムは感染症やけが、
病気から身体を守るために
細胞を保護、修復、維持します。


その重要な機能を維持し、燃料を供給し、制御し、
必要に応じてその活動を強化するうえで
栄養素が必要となります。
医学における非常に古い事実の一つとして、
栄養失調、および一つ以上のビタミンもしくは
必須ミネラルの欠乏が
免疫機能の低下を招くことが挙げられます。
例えば、ビタミンCの欠乏による壊血病のように、
長期にわたる重度の欠乏は致命的となります。
私たちの知るところでも、
必要な栄養素のリストは常に増え続けています。
最低でも
一日当たりの摂取ビタミンの推奨量を摂ることが、
最も大切な免疫システムの機能にとって必須であり、
最適な機能を保つ上で、
現在推奨されている量のビタミンを
摂取することが必要なのです。 

私たちは生涯を通して
病原体に取り囲まれています。
それなのになぜ常に
誰もが具合が悪くないのでしょうか。
細菌とウイルスの存在は
病気とイコールではないのです。
深刻な病や体調不良の
本当の原因は何なのでしょうか。
   

ほとんどの微生物は害ではありません。
多くの微生物は私たちと共生関係にあります。
しかしながら、病原体は日和見主義的で
バランスが崩れると増殖します。
身体が弱ると増殖し、重い病気を発症するのです。
「身体と免疫システムを強化する」基本であり
最善の方法が
完全に無視されてしまうことがとても多いのです。
病気や深刻な疾病は
不健康な選択と関連していることもあるのです。 

複雑な免疫防御システムは、
私たちの周りや中に常在する
潜在的な病原微生物のバランスをとります。
また、細胞の損傷の修復を手助けします。
強力な免疫システムにより、
環境汚染物質や食べ物に含まれる毒素を全て除去し、
炎症に対処します。
皮膚や粘膜のような物理的障壁が
身体への侵入を阻止します。
次に、生化学的機序が素早く
危険分子や過剰な状態を特定し破壊して、
その脅威を取り除きます。
免疫細胞は、
特定の抗原を認識するとその抗体を形成し、
将来的同定、および中和を行います。 

栄養素がなければ、
いかなる免疫細胞や防御作用も働きません。
これは魔法ではないのです。
つまり完璧に機能させるだけの
十分な栄養素を有すること、
でなければその免疫システムが
欠乏に直接働きかけることで軽減させます。
この事実が新型コロナウイルス感染症に関連する
ニュースやほとんどの政府の対応において
言及されることはまずありません。
政府やメディアは
十分な栄養、運動、日光、戸外での活動、
睡眠を推奨します。
さらにビタミンC、D、A、E、亜鉛、
プロバイオティクス食品を勧めます。
また、砂糖やジャンクフード、
そしてストレスを少なくするよう提唱しています。
しかし一旦大流行が起きてしまえば、
このことに関して何も触れられなくなり、
人々はもう遅すぎると思うかもしれません。
決して遅すぎることはないのです。
身体は良い栄養に対し素早く反応します。
今日から健康的な選択を行うことができるのです。 
 

ハーブ、抽出エキス、
オイルと栄養素-免疫栄養素と
免疫を活性化させるハーブ、抽出エキス、
オイル、そして天然の抗菌性ハーブ、
抽出エキス、オイルの
それぞれの役割の違いを理解することが大切です。
同時に、複数の種類が
クロスオーバーするケースもあります。
また、例えば免疫作用を刺激するのに
特に有効なとても強力なハーブもあります。
しかしながら、免疫力が低下した弱った宿主では
そのハーブに対する反応も弱いものとなります。
常に免疫システムや脳、
そして身体を優先的に強化することが望ましいのです。
このようにあらゆるハーブや抽出エキス、
そして精油もより良い効果を保証する
活発な反応を刺激することができるのです。  

免疫システムは全身の
神経、臓器、組織、細胞、
そして生化学物質の複合体です。
この免疫システムは外からの侵入者や
損傷、毒素、そして異常細胞を
認識しなければなりません。
ガン細胞や突然変異は日々対処されています。
ウイルスや細菌、寄生虫、
かび、アレルゲン物質、損傷、
そして毒素も同様です。
身体の健康な細胞から
それらを見分けることができるのです。 

自己免疫疾患は、外部からの侵入者ではなく、
身体が機能不全をおこし、
その組織を攻撃することで引き起こされます。
自己免疫反応は、
身体に入る異質な化学物質や重金属により、
ほぼ常に引き起こされています。
中毒はゆっくりと緩やかな過程で進行し、
年月をかけて環境や仕事、
食べ物に含まれる毒素、
薬剤の過剰服用への暴露に繋がります。
これは決して最適な食事やストレス、
有害物質への暴露によるものではなく、
むしろ遺伝的要因をもつ人によく見られます。 

アレルギーは、ほとんどの人が
耐性を持つ環境に存在する物質に対して
個別に免疫システムが反応して引き起こされます。 

免疫反応は先天免疫と
獲得免疫の2つのカテゴリーに分類されます。 

(1)先天免疫は、
 主に病原体への即時的かつ
 非特異的反応にかかわっています。 

(2) 適応免疫(別名獲得免疫)は、
 最初に母乳から、
 その後子供の時の社会生活を通して作られます。
 私たちが新しい動物や花粉、
 細菌などに接することで、病原体を認識し、
 記憶する免疫細胞の生成を刺激します。
 獲得免疫は特定の病原体に対して
 複合的かつ集中的に反応します。
 最初の接触後、獲得免疫反応が作られるのに
 数日から数週間を要します。
 さらに、そこに関与した免疫細胞は
 その接触を「記憶」し、次に同じ、
 もしくは類似する病原体に対して素早く反応します。
 一種類の細菌もしくはウイルスへの接触であっても、
 類似する数千の病原体から守ることができるのです。  

免疫機能活性における重要な特徴 

増殖は、免疫反応規模の拡大です。
免疫システムは継続的に化学伝達物質や細胞、
そしてタンパク質を生成しています。
損傷や外部からの侵入者に接触した場合には、
それに応じて生成を大きく増加させます。 

炎症は、通常の免疫反応の主な特徴です。
免疫細胞や化学伝達物質、
さらに抗体が損傷部または感染部に集まると
炎症が発生します。
しかしながら慢性炎症は、
身体のある問題の治癒、
または消散が不可能であることを指し示します。
それにより、組織の損傷や慢性的な疾患が進行します。
炎症は大抵悪いこととみなされ、
薬で抑えられます。
(もし生き延びるために緊急的な治療が必要でなければ)
身体自身が修復し、
守るために必要とする栄養素を与えることの方が
より良い治療となるものと思われます。   

呼吸(酸化)バースト-免疫細胞は
侵入する微生物を取り込んで破壊し、
さらに殺滅させるのを手助けする
活性酸素種(ROS)の濃縮バーストを産出します。
炎症と同様に呼吸バーストは、
通常の免疫反応の一部です。
毒素および弱体化した宿主は、
組織を損傷させるROSに長期持続的に暴露され、
慢性的な疾患を引き起こします。
抗酸化物質は
この活動のバランスをとるのに役立ちます。 

物的・生化学的障壁-防御の第一線は、
細菌やウイルス、かび、寄生虫、
花粉、ほこり、有害化学物質に対して
物的・化学的障壁を形成する身体の外部、
および内部表面(皮膚および粘膜)から構成されます。 

例えば、鉄は上皮組織の分化と成長に必須です。
ビタミンAと亜鉛は、
皮膚と粘膜細胞を構造的かつ
機能的に完全なものとするうえで極めて重要です。
腸内システムは、ビタミンD、A、B6、B12と
葉酸によって維持されています。
ビタミンCやEといった食物性抗酸化物質は、
フリーラジカルによる損傷から細胞膜を保護します。
抗酸化物質は濃度のバランスを保ち、
損傷から細胞を保護し、
細胞シグナル伝達の維持に欠かせません。 

物理的障壁は、汗や唾液、粘液、胆汁、
胃酸といった体液を化学物質に対して
十分な量を生成します。
さらにこれらの体液には、
微生物の増殖を抑制し破壊する抗菌物質や
酸、酵素が含まれています。
ビタミンDは気道内の抗菌生物ペプチドを刺激し、
感染症から肺を守ります。
新型コロナウイルス感染症や
SARSのようなほとんどの肺感染症を防ぎます。
また消化管や腎臓内のたんぱく質を刺激し、
角膜上皮バリアを強化します。 

消化管は、物理的・生化学的障壁となる
上皮細胞をもつ重要な防衛線です。
免疫細胞や腸内細菌と協力して病原菌を撃退し、
細胞への直接の接触を制限します。
多くの微生物糞が病原菌を抑制、
または殺滅するバクテリオシンのような
多数の複合体を生成します。
ですから、納豆やキムチ、漬物を食べ、
プロバイオティクスサプリメントを摂りましょう。 

重要な免疫栄養素-総じて、
強固な免疫システムの形成には
結局のところ健康と栄養が必要ということなのです。
ここで私が述べる基本的な免疫栄養素は
必要とされる唯一のものではありません。
これはそのシステムを最適化させるうえで
最も直接的に関与するというだけなのです。
重要な順に示します。
これらは最も欠乏しがちなものであると同時に、
摂取することで最も影響を与えるものでもあります。
ビタミンC、D3、K2、A、E(セレン)、
亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、
銅、B6、B9、B12、オメガ3。
これらは可能な限り
食べ物から摂ることが望ましいです。
免疫反応のあらゆる段階において、
これらの微量栄養素の存在が必要なのです。 

免疫栄養の最適化が
感染症の撃退よりもずっと大切なのです。
ガンを抑制し、筋肉や骨を維持し、
老化を遅らせるなどします。
身体の中のあらゆる組織や細胞を
修復、および維持するシステムなのです。
これがなければ私たちは死んでしまいます。
寿命が短くなります。
弱まれば生産性の低い生活となります。
幸せ脳と組み合わされれば、
100年は強く健康でいられます。 

重要な免疫栄養素について学びたい場合は、
それぞれの栄養素に関する記事を掲載した
私のブログをご覧ください。 

ネオソース製品
ネオパック
ネオガードプラス
ネオセルプラス
でるサポート

にはこの重要な栄養素が含まれています。 

Posted on Leave a comment

亜鉛は免疫を高める

亜鉛サプリメントを摂取するその他の理由 

亜鉛サプリメントは必要でしょうか? 
亜鉛は、体の最も重要な働きのいくつかを担う
必要なミネラルであり、原動力にもなります。
亜鉛は、タンパク質やDNAの合成、
細胞分裂、200以上の酵素の機能に関与しており、
免疫システムにも必要不可欠なミネラルです。 

亜鉛は何を行なっているか? 

以下に、亜鉛が体内で果たす
最も重要な役割のいくつかを紹介します。 

・免疫システムを強力に保つ

亜鉛は、免疫機能の「門番」と言えます。
体の免疫寛容と防御システム間の信号伝達において、
主要な役割を担っています。
これは、戦車を持ち込んだり警備員を呼んだりするときに、
合図を出す役のようなものです。
亜鉛には、抗酸化作用もあります。
また、抗原に対する体の防御手段である
T細胞の発達に必要不可欠です。
研究では、亜鉛サプリメントが
いくつかの免疫機能不全を緩和することが、
明らかになっています。 

・治癒をサポート

亜鉛は、粘膜と皮膚組織細胞の機能をサポートします。
細胞膜の修復から酸化ストレスの管理、
組織の生成、瘢痕の形成まで、
創傷治癒のあらゆる段階に関与しています。 

・ある種の亜鉛は風邪の期間を短くする

ある研究では、
ライノウィルスが鼻腔でグルコン酸亜鉛に遭遇すると、
その亜鉛がウィルスを打ち負かし、
増殖を防ぐことが示唆されています。
亜鉛は、風邪やインフルエンザの日数を減らすことができるのです。 

どのくらいの亜鉛が必要か? 

亜鉛は見つけるのは簡単ですが、
入手するのは難しいミネラルです。
あなたの体には、亜鉛を蓄えたり、
作ったりする方法がないので、
毎日十分な量の亜鉛を、
食事から摂取する必要があります。
男性は1日あたり11mg、
女性は8mgの亜鉛を必要とします。 

牡蠣は、亜鉛が非常に多い食べ物です。
ただし、毎日牡蠣を食べない限り、
食事に亜鉛を追加する必要があります。
亜鉛は多くの食品に含まれています。
特に肉は、この必須ミネラルの最も便利な供給源です。 

以下は、亜鉛が多く含まれている食品のリストです。 

牡蠣:3.5オンス(約100g)につき74mg 

牛肉:3オンス(約85g)につき7mg 

カニ:3オンス(約85g)につき6.5mg 

ベイクドビーンズ:1カップ(237ml)につき5.8mg 

レンズ豆:1カップ(237ml)につき3mg 

鶏肉(もも肉):3オンス(約85g)につき2.4mg 

かぼちゃの種:1オンス(約28g)につき2.2mg 

黒豆:1カップ(237ml)につき2mg 

ヨーグルト:8オンス(約226g)につき1.7mg 

カシュー:1オンス(約28g)につき、1.6mg 

スイスチーズ:1オンス(約28g)につき、1.2mg 

牡蠣は、自然界のスーパー亜鉛サプリメントです。
1つの牡蠣(100g)には、
男性の1日の必要量の6倍以上、
女性の推奨量の9倍が含まれています。
牡蠣が大好きで、
1日に1つ楽しむことができるのなら、
亜鉛はそれで十分摂取できます。 

そうでない人たちは、
亜鉛が十分に摂取できていることを確認するために、
想像力を働かせる必要があります。
食品に十分な量の亜鉛が含まれていると
ラベルに記載されていても、
あなたの体は、思い通りに吸収できないかもしれません。
亜鉛の吸収は、食べ物がどのように調理されるか、
そしてあなたが一緒に何を食べるかによって決まります。 

亜鉛を摂取するための、最良な方法は何か? 

まず、亜鉛と銅は吸収を競合します。
体は、これら両方のミネラルが豊富に含まれている食品から、
ほんの一部しかミネラルを吸収しません。
皮肉なことに、
亜鉛を含むほとんどの食品には銅も含まれています。 

豆やレンズ豆は亜鉛が多く含まれていますが、
亜鉛に結合するフィチン酸塩も含まれています。 
フィチン酸塩と結合すると、
亜鉛は体に吸収されなくなります。
亜鉛をすべて下水に流すようなものです。
十分な亜鉛を得るには、
クラッカーなどの発酵されてない穀物と一緒に食べるのは
避けた方がいいでしょう。
パンを食べる場合は、
発芽した穀物を含むパンがお勧めです。 

また、調理する前に、
豆やレンズ豆を数時間浸すのもいいでしょう。
これにより、亜鉛はフィチン酸塩から放出され、
より吸収されやすくなります。
菜食主義者は、大事をとって、
肉を食べる人よりも50%多く亜鉛を摂取して、
毎日の必要量を確実に満たすようにする必要があります。 

亜鉛サプリメントのタイプ 

亜鉛の1日の推奨摂取量に確実に達したい場合は、
亜鉛のサプリメントを利用するのが最も安全です。
亜鉛の表示には、硫酸亜鉛、グルコン酸亜鉛、
酢酸亜鉛、オロチン酸亜鉛があります。
これらはすべて等しく生物学的に利用可能であり、
吸収性や忍容性がある(副作用がない)ことが研究で分かっています。 

亜鉛サプリメントの取り方 

吸収を最大にするには、
食事の少なくとも1時間前に
亜鉛を摂取するようにしてください。
もしその後、パンやシリアルを食べる可能性がある場合は、
もっと早く摂取する方がいいでしょう。
パンやシリアルに含まれる
厄介なフィチン酸塩により、
亜鉛が利用できなくなる可能性があります。
とはいえ、空腹時に亜鉛を摂取すると、
胃の調子が悪くなる人もいます。
その場合は、食事と一緒に摂取しても大丈夫です。 

また、アルコールは、亜鉛を吸収する能力を低下させます。
ワインやカクテルなど晩酌が好きな方は、
夜はサプリメントを飲まないでください。 

適切な亜鉛サプリメントを摂ることで、
あなたの体には、
システムを強力に保つために必要なすべてが揃います。
クエスト社のサプリメントでは、
亜鉛は「ネオパック」と「ネオガード」に含まれています。
あなたの免疫システムを高めるために、
どちらも一緒に摂ることをお勧めします。