Posted on Leave a comment

休暇ストレスの対処法

一般的に休暇については
2つの意見があります。
1つ目は、休暇は喜びと幸せの時間であるという意見です。
パーティーやイベント、
家族の集まりなどが目白押しで楽しいというものです。

2つ目は、
休暇はとてもストレスが溜まるという意見です。
普段の仕事や学校の予定に加え、
沢山のパーティーやイベント、家族の集まりがで、
休暇の予定を管理するのに
ストレスを感じてしまうというものです。
また、長い作業リストがあり、
買い物や料理など休暇のための準備に追われます。

休暇がこのストレスレベルを作り出すと、
体はストレス反応を引き起こします。
体はストレスをコントロールするように作られています。
しかし、ストレスは悪いものだけでなく、
良いストレスはというものもあります。
良いストレスは運動や学習、成長を促しますが、
ほとんどのストレスは悪いものです。
悪いストレスは体を攻撃モードにします。
このようなストレスを受けると、
体はアドレナリン、コルチゾールといった
ストレスホルモンを分泌します。
同時に、重要なビタミンやミネラルも
使い果たしてしまいます。

脳は、ストレスに対処するための蓄えを構築しています。
しかしながら、これらの蓄えは、
日々使い果たされてしまっています。
毒素やストレス、精神的、感情的障害に日々さらされ、
ただ単に現代の環境の中で暮らすというだけでも、
脳に十分なパワーの蓄えがなければ、
ちょっとしたストレス要因にも
耐えられなくなってしまうでしょう。

 

残念なことに、現代の環境では、
十分な蓄えをしておくことは難しいのです。
なぜなら、体がストレスに対処するのに役立つ
ビタミンB群などのような
必要なビタミンやミネラルを
絶えず消耗しているのです。
長年栄養が不足した状態が続くと、
体は疲弊し、脳は霧がかかったような状態となり、
イライラしはじめます。
そしてさらに悪いことに、
慢性的な健康障害を引き起こしてしまうのです。
こうしたことにより、
脳はストレスから逃れ、
何よりも必要な休息をとらせようとするのです。

これらの継続的、感情的、精神的、
肉体的ストレスに対応するために、
体が必要とする全ての栄養素を取り換え、
強化することが間違いなく重要です。
脳はこれらの栄養素を必要としており、
それがなければ慢性的な欠乏状態となってしまいます。

慢性的なストレスに対処するのに必要な栄養素:

オメガ3脂肪酸
ビタミンB群
ギャバ
L-タウリン
マグネシウム
カルシウム

これらの栄養素は、
ほとんど「ネオパック」に含まれています。
良質のマルチビタミン、ミネラルは健康の基本であり、
脳の健康を改善します。
これらの全ての栄養素と、
慢性的なストレスに対処し、
脳の健康を改善してくれるカギとなる栄養素が
ネオセルプラス(脳細胞のためのサプリメント)には含まれています。
慢性的なストレスに対処するには、
「ネオパック」と「ネオセルプラス」を
毎日摂取しましょう。

ホリデーシーズン中は、
「ネオセルプラス」を余分に摂取することも可能です。
そうすることで気分を高め、
楽しい休暇を過ごすことができることでしょう。

この時期を乗り切るためのさらなるコツをお伝えします:

  1. イベントによっては、参加を断ることも大切です。休む時間が必要であれば、予定をキャンセルして休みましょう。
  1. 深呼吸をしましょう。深呼吸はストレス反応を和らげるとても簡単な方法です。少し立ち止まって、3回深呼吸をしてみましょう。息を吸って吐く動作に集中してみましょう。体の攻撃反応を鎮めてくれます。
  1. たくさんの水を飲みましょう。ホリデーシーズンは、食べ過ぎや飲み過ぎになりがちです。また、屋外の気温が低いので、水を飲まなくなりがちです。水は食欲を抑え、毒素を排出し、エネルギーを高めてくれます。
  1. ほどほどにしましょう。シンプルな休暇を目標にしましょう。
  1. 楽しみましょう。あまりにも忙しくしていると、瞬間瞬間その時をただ楽しむことを忘れてしまいます。時々立ち止まり、ゆっくりと家族や友人の笑顔を見て、笑い、その喜びを楽しみましょう。

皆様がこれまでの中で
一番のホリデーシーズンと
新年を迎えられるようお祈りいたします。

Posted on Leave a comment

水銀〜静かに健康を脅かす毒

必須脂肪酸オメガ3はマグロに含まれていますが、
高級なお寿司に使われるクロマグロには
特に高濃度の水銀も含まれています。

水銀のように毒性のある重金属は、
体に深刻な影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

有害な重金属が鉱山や発電所から毎日排出されているため、
空気中には水銀が含まれていますが、
食べ物にも含まれているのです。

海の食物連鎖には
非常に毒性の高いメチル水銀として取り込まれていて、
小さい魚を大きな魚が食べて行くことで
濃縮され蓄積されていきます。

クロマグロなどの捕食性で長く生きる魚は、
特に水銀を多く溜め込んでいます。
しかし、こうした空気や魚からのみ
水銀が私たちの体内に入るわけではありません。

歯の詰め物として使われるアマルガムの50%は水銀ですので、
食べ物を噛むたびに水銀が口の中へと溶けていきます。
水銀は免疫機能にダメージを与えたり、
胎児の中枢神経を傷つけるリスクがあることが分かっています。

またアルツハイマーや自閉症などの重篤な症状と関連があり、
こうした症状のある患者の体内には
高濃度の水銀が検出されます。

水銀が引き起こす症状は
アルツハイマーなどのように顕著なものだけではありません。

なぜなら、水銀が体にどういう影響を与えているかは
自分では分からないからです。
神経細胞を壊し、心臓、骨、脳に
障害を与える可能性があります。

また、ものの名前を忘れたり
注意力が散漫になるなどの症状が起きることもあります。
水銀の影響は段々に出てくる場合があるのです。
体がしびれたり、痛んだり、
また徐々に精神的におかしくなっていく場合もあります。
残念ですが、
ほとんどの医師はこうした症状が
水銀と関係しているとは思っていません。
それ以外にも、重金属は慢性の炎症ももたらすため
病気を引き起こし加齢を早め、寿命を短くします。

最近行われた研究で
3000人のフィンランド人男性を調べたところ、
重金属と心臓病に関連性があることが分かりました。
とくに水銀と心臓病は関係があり、
魚を多く食べる人は体内に水銀が多く蓄積し、
心臓病のリスクが最も高くなっています。
このことは、その他の研究でも証明されています。
ノルウェーで捕鯨に携わる男性は
魚をたんぱく源としていますが、
こうした人たちの体内には水銀が多く、
血圧が高く動脈硬化が進行しています。
こうして水銀は、心臓病をもたらすのです。
現代の主流となっている医学では
コレステロール値を心臓病と関連付けていますが、
科学的には以前から炎症が
心臓病の隠れた原因であるということが分かっています。
水銀により心血管系に炎症が起きるために、
多くの人が命を奪われているのです。
一般の医師たちは、重金属は肝臓と腎臓により
体内から除去されるとしていますが、
実際とはかけ離れています。
重金属は何年も体内に残り蓄積されていくのです。

体内の水銀を減らすためのヒントをご紹介します。

1. サメ、メカジキ、サワラ、甘鯛などの魚は、
水銀が多いので避けましょう

2. サケ、タラ、ニシン、ライトツナ、エビ、牡蠣、
ハマグリ、ムール貝、イカ、ホタテ貝など
水銀の少ない種類のものを食べる場合も、
週に350gくらいまでにしましょう

3. 淡水魚のバスは比較的高い濃度の水銀が含まれているので、
月に170gまでにしましょう。

4. 魚を食べるときはいつも緑黄色野菜などと一緒に食べましょう。
海草、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、
アスパラガスなどは水銀の排出を助けてくれます。

5. 水銀は、果物や野菜の繊維質に吸着されやすいものですが、
中でもイチゴは一番水銀を排出すると言われています。

体内の水銀の影響を無くすためには、
解毒が大切です。

ネオクレンズは、
摂取前と摂取後の血液検査により
水銀の排出に有効であることが証明されています。
90日間の解毒を行うだけで、
長年体内に溜めて来た水銀を排出することができます。


90日間の解毒プログラムを実践した方々の結果はこちら

健康を維持するために、
その後も毎年1度は解毒をすることをお勧めします。

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら


クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ


サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メールpost@questgrp.jp