Posted on Leave a comment

免疫力を高め、病気を防ぐ、3つのステップ

冬にインフルエンザや風邪などにかからない方法は
と尋ねると、多くの人が以下の3つの回答をします。

①インフルエンザの予防接種をする
②公共の場でマスクをする
③頻繁に手を洗う

正解は?

①インフルエンザの予防接種は効果がありません。
効果があるどころか体をダメージします。

②マスクをする、③手を洗うというのはよい回答ですが、
風邪やインフルエンザへの最善の防御法は先のリストにはありません。

私たちは自分の体を防御する驚異的な能力をもっています。
免疫システムは、毎日身体に侵入する、
数百万というバクテリア、微生物、ウイルス、寄生虫などを
体から守っているのです。
これらの侵入については、
ほとんどの場合意識していないものです。
毎回、何かを食べる、飲む、触る、吸い込むことにより、
私たちはこれらが体内に侵入するという危険に犯されるのです。
あなたが意識しなくても、体はこれらが体内に侵入しても、
しっかりと未然に防いでくれているのです。

私たちの免疫システムの仕事は、
これらの侵入者(物)から体を守ることです。
免疫システムは、
特に以下の3つのことをして体を守ってくれます。

①体に入ってきたバクテリアやウイルスなどから
体を守るよう、バリアを張る。
外側のバリアは、皮膚や粘膜です。

②バクテリアやウイルスなどが体内に侵入してしまった場合、
免疫システムはそれらを認識し、
体内で増殖する前に除去する。
これは、腸内でおこります。
私たちの免疫物質の80%以上が腸内でつくられているのです。

③バクテリアやウイルスが体内で増殖し、
問題を起こし始めると免疫システムは防御に入り、
それらと戦う物質を送りだします。

私たちは以下の時に病気になります


・皮膚や粘膜が乾燥し、弱くなった時
・体が疲れて、あなたを守る免疫システムも疲れている時
・体が免疫システムを再生できる栄養素が不足している時
・腸内の悪玉菌が、善玉菌より多くなった時

体に免疫システムを作るのに必要な必須栄養素が揃った時に、
体は最高の武器を持つことができるのです。
これは、軍隊に例えると分かりやすいかも知れません。
また十分な睡眠を取った時に、
最高の状態で外敵と戦うことができるようになります。

しかし、もしあなたがジャンクフードばかり食べていたとしたら、
あなたの軍隊はまるでパチンコで戦うようなものです。
さらに睡眠不足の時には、あなたの軍隊は非常に弱くなり、
水が足りないとあなたの軍隊は枯渇してしまいます。

以下の3つのステップが、
あなたの体内を守る最高の軍隊に必要となります。

①ホールフーズを食べる(できるだけ自然の状態の食べ物)
②サプリメントで栄養を補強する
③消化システムを健全にする

①ホールフーズ


ホールフーズとは、
新鮮な果物、野菜、低脂肪のたんぱく質、タネ類、豆類です。
これらの食べ物は、免疫システムをサポートし、
体が健全に機能するための必須栄養素を含んでいます。
加工食品を食べると、あなたの免疫システムは低下します。
詳しくはこちらをご覧ください

免疫システムを破壊する以下のものを避けましょう。

・白砂糖
・精製された小麦粉
・ソーダ類
・揚げ物
・人工の成分入りの食べ物
(特に、人工着色料、調味料、香料、甘味料など)

いくつかの食物やスパイスには免疫力を向上させるものがあります。
ブログ中にあるスーパーフードスパイスについての記事をご覧下さい。
さらに免疫力を向上させるスープのレシピもありますので、
ぜひこの冬に作ってみてください。

②サプリメント


近代の生活においてエネルギーレベルが適切で、
しかも健全でいられる食生活をすることは
ほぼ不可能となっています。
過去100年間で慢性のストレス、喫煙、処方箋の使用、
環境的汚染などが増えたことにより、
私たちにはもっとたくさんの栄養素が必要となっています。
しかし、食べ物に含まれている栄養は減っています。
ですから、適切な栄養素を摂取するには
サプリメントで補う必要があるのです。

ネオパックにはよりよい健康状態を得るのに必須です。
外敵から体を守り、
免疫力を高めるためにもネオパックを毎日摂取しましょう。

ネオガードは、最高品質の抗酸化剤フォーミュラです。
抗酸化剤は、炎症などと戦う能力を高め、
あなたの細胞を活性酸素による
細胞のダメージから体を守ってくれます。

ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE,
緑茶エキス、ターメリック、ビルベリーが配合されています。

ネオクレンズはとても安全な解毒用サプリメントです。
ネオクレンズは免疫システムを
阻害する毒素を除去するお手伝いをします。

③消化システムを健全にする


免疫物質の80%以上は、腸内で生成されています。
悪い細菌や病原菌などの侵入者を
ここで防御して体内に入らないようにガードします。
消化システムは主に酸性であるため、
多くの侵入物は唾液や胃液で分解されます。
しかし、ある侵入物は
これらの防御ラインを通過してしまうこともあるのです。

あなたの腸内には、
バクテリア、イーストなどの何兆個という
生物が生息しています。
つまり、私たちの体内には、
細胞の10倍以上もの生物が生息していることになります。

ある生物は、腸に良く働き、
あるものは悪い影響を与えます。
私たちが吸っている空気、水、食べ物などには、
悪玉菌もたくさん存在します。
健康によい食べ物を食べ、腸内の働きをサポートしていると、
善玉菌が体内で自然に育っていきます。

善玉菌が最低でも85%あると、
体内の良いバランスが保たれます。
善玉菌が足りず、悪玉菌が15%以上増えると、
腸内でダメージが起こり始めます。
悪玉菌が増えることで、病気になり、
風邪やインフルエンザにもかなりやすくなります。
また、せっかく良い栄養を補給しても、
しっかりと消化器官がこれらを吸収できなくなってしまうのです。
免疫力の低下、そして、栄養を補給できないということが、
体全体に悪い影響を与えてしまうのです。

私たちの身の回りあるたくさんの物質が、
善玉菌を殺してしまいます。

それらは、

・水道水に含まれている、塩素やフッ化ナトリウム
・抗生物質、殺菌用の石鹸
・公害
・アルコール飲料
・薬品
・ストレス

などです。

これらを100%避けることは不可能ですが、
できるだけ避け、腸内の善玉菌を失わないようにしましょう。

体が善玉菌をしっかりと作れるようにするには?

・味噌、納豆などの発酵食品をしっかりと食べ、健康的な食事をすること
・抗生物質の摂取を必要最低限にすること
・ストレスを管理すること
・「でるサポート」を毎日摂取すること

でるサポート

でるサポート」に含まれる
10種類のプロバイオティクス
(体に良い働きをする生菌とそれを含む食品)は
消化器官に働き、2種類のプレバイオテックは
腸内フローラを改善します。善玉菌を増やすことで、
悪玉菌の勢力を弱め腸内細菌のバランスを良くし、
腸内環境を健康に保ちます。
免疫システムを強化し、
ビタミンやミネラルの消化吸収も改善します。

免疫力を高める、その他の方法


①太陽光線は、ビタミンDを生成するのを助ける。
1日20分は日光を浴びましょう。

②十分な睡眠を取ると、
体が外敵と十分戦うことができるようになります。
1日7~8時間の睡眠が必要です。

③運動は免疫システムを刺激します。
1日30分は体を動かしましょう。

④水は、皮膚や粘膜に必要な水分を補給します。
1日2リットルの水を飲みましょう。

ご家族や友達もこの風邪と
インフルエンザの時期に元気でいられるよう、
上記の簡単なステップをぜひシェアしてください。
病気にならないよう、家族や大切な人を守りましょう。

お子さんには、

ネオガードチュアブル
おなかサポート

がありますのでこちらもお忘れなく!

Posted on Leave a comment

腸内環境をきれいにしよう!

腸は免疫システムの要 

消化器官は体内の中で、
あまり重要視されていないシステムのひとつです。
しかし、腸は食べ物から栄養を吸収し、その栄養を体中に届ける働きを持つ大切な器官です。
消化系酵素や酸、ホルモン、バクテリアを作り、それらの成分が協力し合って、食べ物を細かくし、
栄養素として体が吸収しやすい形に変えてくれているのです。 

つまり、体全体の健康は、腸に大きく依存しているということです。
体が不健康であれば、もちろん腸も不健康ですし、腸が不健康なら体も不健康になってしまうのです。
腸が体全体の免疫システムをコントロールしていると言っても過言ではないでしょう。
事実、慢性的な疾患は、腸の健康が大いに関わっていると言われています。 

腸管神経系は第2の脳 

「直感に従う」という言葉を聞いたことがありますか?
その言葉には、意外な真実が隠されています。
この言葉にあるように、腸(内臓)は私たちが思っている以上に、いろいろなことを察知しているのです。
言うなれば、第2の脳なのです。
消化器官の内部には、「腸管神経系」と呼ばれる、1億以上のニューロン(神経細胞)があり、
その数は脳と同じ「腸管神経系」は、スムーズな消化を促しつつ、体全体のさまざまな機能に影響を与えているのです。 

善玉菌と悪玉菌 

腸内には数兆に及ぶバクテリアなどの細菌が住んでいます。
一説には細胞の10倍以上の細菌が体内にいると言われています。
腸内フローラ(細菌などの微生物)には良いもの(善玉菌)と悪いもの(悪玉菌)があります。
そして残念なことに悪玉菌を避けることはできません。
悪玉菌は私たちの身近にある空気や水、食べ物など、すべてのものに含まれているのです。
一方、善玉菌は、健康的な食生活を送る限り、体内で自然に生まれてきます。 

体内では、悪玉菌を抑えるために、少なくとも善玉菌85%以上のバランスを保つ必要があります。
善玉菌が不足し、悪玉菌が15%以上になると、腸や大腸にダメージが出てきます。
悪玉菌の暴走により、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなってしまいます。
しかも、消化の過程で得られるはずの栄養素も吸収しにくくなります。
その結果、栄養の吸収効率が低下し、免疫システムも弱まって、体全体の健康が害されていくのです。 

善玉菌が減る理由 

善玉菌は、実にたくさんの物質によって殺されてしまいます。
なかでも問題なのが、塩素とフッ化ナトリウム。
この2つの物質は水道水に含まれる成分です。
そのほかにも抗生物質や抗菌石鹸、環境汚染、お酒、経口避妊薬などの薬、さらにはストレスが善玉菌と腸の細胞を傷つけてしまいます。
これらの物質やストレスを減らすことはもちろん可能ですが、100%取り除くことはできません。
だからこそ、善玉菌を「育てる」ことが大切なのです。

その方法とは: 

・発酵食品を含む健康的な食生活にする 

・どうしても必要な場合以外は、処方された抗生物質を使用しない 

・濾過された水を飲む 

・ストレスを上手に管理する 

・「でるサポート」を毎日摂取する 

でるサポート」 

フローラの健康的なバランスを取り戻す最初のステップは、お菓子などの甘い食べ物をやめること!
砂糖や加工食品をやめることで、善玉菌が強化され、健康に害を及ぼす悪いバクテリアに対する抵抗力を取り戻します。 

でも油断は禁物。低糖ダイエットの場合でも善玉フローラに悪影響を及ぼすものがあり、それが抗生物質や塩素を含んだ水、抗菌石鹸、環境汚染などです。
これらが複合的に作用することで、腸内の善玉菌が弱ってしまうことがあるのです。 

でるサポート」は腸内の善玉菌をサポートする製品。
毎日の最優先事項として、「でるサポート」を摂りましょう。
免疫システムを強化していくことが、減量への大切なステップにもなるのです。 

 とても大事な食物繊維 

ほとんどの人は、消化器系の健康を維持するために十分な量の食物繊維を摂取できていません。
現代の食生活では、食物繊維がほとんど失われています。
食物繊維の摂取量が少ないと、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。 
食物繊維の推奨摂取量は、1日あたり20〜27gです。 
現在、日本の成人の1日あたりの平均摂取量は14.2gに留まっているとの報告もあります。 

毎日、食物繊維たっぷりの食事をすることで便秘が改善されるのはもちろん、体重管理も容易になり、さらには心臓病やガン、糖尿病、胆石、腎結石も防げるようになっていきます。 

豆やベリー、発芽穀物、ブロッコリー、あらゆる緑黄色野菜、ビーツ、ケール、ホウレンソウ、白カブの葉などには、食物繊維がたくさん含まれています。 

でるミックス」には、
1日あたりの摂取量を満たす食物繊維が含まれており、腸内に残った宿便 などもきれいに出してくれます。
古い便は、体が排出しなければならない毒素の源です。 
腸内で古い便が排出されれば、肝臓やその他の臓器に溜まった毒素を排出するための準備が整います。 
これが、完全なデトックスの第一歩です。 
次のステップは、ネオクレンズによる解毒です。 

あなたの消化器官をきれいにしながら、大切にいたわると、健康状態が大いに好転します。
それにより、より早く減量もできるようになり、あなたは、生涯、目標体重を維持することができます。
そして、活力がみなぎり、肌もよみがえるなど、嬉しいことづくめです! 


手軽にできる新しい大腸デトックスプログラム
「腸の健康セット」のご紹介。 

商品番号3040 

腸の健康セット(でるサポートとでるミックスのセット) 

価格 85ドル 【単品購入より15ドルお得です】 

img


商品番号3340  

腸の健康セット 3セット 

価格240ドル 【1セット購入より15ドルお得です】 

img


Posted on Leave a comment

プロバイオティクスっていったい何だろう?

プロバイオティクスって何?
定期的に摂取してもいいの?

プロバイオティクスは人間の腸内に生息し、
食物を消化するために必要な、生きている微生物、
つまりバクテリアです。
また、それらは“善玉菌”と呼ばれています。

誰でも胃腸内に善玉菌を持っていますが、
ほとんどの人にとって、
その量は十分ではありません。
大腸は、少なくとも85%のプロバイオティクス(善玉菌)がいれば、
15%の悪玉菌がいても、
健康を保つことができます。
しかし、ほとんどの人が、
この善玉菌と悪玉菌のバランスが逆になっているのです。

私たちは、日々の食生活を通して
プロバイオティクスを摂取することができますが、
ほとんどの人が十分に摂ることができていないのが現状です。
プロバイオティクスは100%自然食品です。
そして、どの年齢層にも安全で、
毎日摂ってもまったく副作用がありません。
世界保健機関は、プロバイオティクスを健康に有益であると認めています。

それでは、あなたがプロバイオティクスのサプリメントを必要としているか、
どうしたら分かるのでしょうか?
もし、以下のような症状に一つでも当てはまる場合、
プロバイオティック製品を摂ることによって、
症状の緩和のみならず、症状に改善がみられるかもしれません。

  • ガスが溜まりやすく、お腹のはり、胃のむかつきがある
  • 過敏性腸症候群
  • 便秘がちである
  • 子供がよく下痢をする
  • 旅行時によく下痢をする
  • 乳糖不耐症
  • 胃食道逆流性疾患
  • 免疫機能が弱い(風邪やインフルエンザのような症状になりやすい)
  • イースト菌感染症
  • クローン病(炎症性腸疾患)
  • 潰瘍性大腸炎
  • アトピー性皮膚炎{せい ひふえん}

とても長いリストですが、
いかに沢山の病気や疾患が、
消化不良と便秘に関連しているかに驚かされます。
あなたがこれから摂ろうと考えているビタミンやサプリメントの中で、
高品質で変質しにくいプロバイオティクス製品は
あなたの買い物リストのトップに入るべきでしょう。

immune-system

“善玉菌”は、通常人間の消化管に生息しています。
そこで、それらの善い腸内細菌が食物の消化を助けており、
実際そこでビタミン類も生成しています。
しかも、善玉菌無しでは、免疫機能がうまく働かず、
感染症への耐性を下げるという証拠さえあるのです。
善玉菌はヨーグルトや乳酸菌牛乳などの発酵乳製品、
また味噌汁、ナチュラルピクルスや、
ザワークラウト(塩漬け発酵{しおづけ はっこう}キャベツ)などに
自然に発生します。
しかし、それらの食物に含まれる善玉菌の量は、
体によい効果をもたらすほど十分ではありません。

日本でプロバイオティクサプリメントを
お近くの薬局で手に入れることはできます。
しかし、日本の薬局で売られている製品は、
たった一種の乳酸菌しか含んでいません。
乳酸菌はミルクの副産物で、胃で消化を助けますが、
乳酸菌の効果はそれだけなのです。
プロバイオティクスの効果を得るには、
他の種類の善玉菌を腸のすみずみまで送り込まないといけません。

でるもんね」は6種の乳酸菌と、
4種のビヒダス菌を含んでいます。
それらの善玉菌は胃酸の中でも生き残り、
腸の奥まで届くように作られています。
そこで、特に子供に多い
急性下痢の予防と症状の緩和に効果を発揮します。
ビヒダス菌は{えんしょう せい だいちょうえん}、
炎症性腸疾患や潰瘍性大腸炎の予防または治療に役立ちます。
また、ビヒダス菌は{えんしょう せい だいちょうえん}、、
尿路感染症や、興味深いことに、
子供のアトピー性皮膚炎を緩和するために使われてきました。

病気や疾患の治療には必ず医療専門家に相談されることをお勧めします。
しかし、体に処方薬をとり入れる前に、
私たちは皆、安全で自然な製品により
健康を維持できるということを忘れてはなりません。
プロバイオティクスは毎日摂っても安全な食品です。
プロバイオティクスが欠乏すると、
多くの重大な健康問題を引き起こします。

でるサポート」は
市販されている最高品質のプロバイオティック製品です。
フリーズドライ抽出により保護され、
保存されたナチュラルバクテリアは、
頑丈で変質を防ぐコーティングを施された錠剤に加工されます。
我々の特別な製造技術が、それを可能にしました。
10種のプロバイオティクスに加え、大麦の葉、
オート麦にミネラルを天然の消化酵素として含みます。

消化管に生息する乳酸菌とビヒダス菌は
善玉菌の健康的なバランスを保ち、消化器系の健康を保証します。
このバランスが崩れると、アレルギー、ホルモン異常、
クローン病や胃腸障害など、様々な健康問題が引き起こされます。

 

Posted on Leave a comment

あなたの腸内健康を脅かす3つの最悪な食物とは?

あなたの健康、そして腹脂肪・内臓脂肪は、
腸内に生息する100兆個以上ものバクテリア(細菌)の影響を
大きく受けていることをご存知ですか?

これらの健康なバクテリア【善玉菌】は
私たちの健康の多くの局面をコントロールしています。

しかし、よくあるダイエットドリンクや
食べ物に含まれている人口甘味料などは、
善玉菌を消してしまい、
それによって悪いバクテリア【悪玉菌】が
あなたの体を不安定にさせていくのです。

世の中にはあなたの腸内環境や免疫システムに
深刻なダメージを与える食べ物がたくさんあり、
それらはあなたの全体的な健康を破壊していきながら、
脂肪燃焼をも減速させていきます。

以下では、特に気をつけたい
「3つの最悪な食べ物」をご紹介しましょう!

 

1.砂糖

砂糖は、減量やインスリンレベルを安定させるためには、
食するにふさわしくないということを
皆さんもよくご存知のことと思います。
実際、大量の砂糖の摂取は
インスリン抗体性や2型糖尿病を引き起こすことがあります。

しかし、多くの人たちは、
砂糖が腸内環境を破壊する
悪玉菌の肥料になっているということに気がついていません。

砂糖はスナックやシリアル、デザートをはじめ、
ジュース、ソーダ、お茶などの飲み物に含まれており、
私たちが砂糖を食する度に、
腸内の伝染性のある病原菌をより活発に増殖させ、
それらは小腸を通って体全体に広まり
健康に大惨事をもたらします。

もしあなたが
最高の健康と理想的な体づくりを目標としているのであれば、
できるだけ砂糖の摂取量を減らしましょう。

 

2. 加工・パッケージ食品(袋や箱に入っている食品)

加工・パッケージ食品は通常、
袋や箱詰めになっていて、長い成分表がついています。
これらには悪玉菌を繁殖させる数多くの化学物質や
食品添加物が含まれており、
それらは腸内環境を破壊し、
胃腸に毒素・毒物を溜めてしまいます。
そして、その毒素・毒物は体中へと広がってしまうのです。

加工食品の代わりに、自然で加工されていない、
無添加のホールフーズを食べましょう。
これをすることで、胃腸内の善玉菌のバランスが整えられ、
より健康になります。

ホールフーズは一般的なスーパーや
小売店の野菜・果物、肉・魚売り場で購入できます。
より自然に近いもの、
又は自然の形のままの食材がホールフードなのです。

また、野菜にスプレーされる農薬や、
家畜に投与されるホルモン剤や抗生物質は、
私たちの腸内のバクテリア(細菌)に悪影響を及ぼしますので、
出来る限りオーガニック(有機栽培されたもの)食品を
選ぶことをお勧めします。

 

3.炭酸飲料水

炭酸飲料水は砂糖もしくは
人口甘味料が大量に含まれており、
これらはいずれも善玉菌を破壊してしまいます。
さらにもっと悪いのは、
リン酸と人口着色料が含まれていることです。
これらは腸内を酸性にして、善玉菌を殺してしまうのです。

炭酸飲料水の代わりに水を飲みましょう。
健康な腸内環境を創り出すために、
1日2リットルの水を飲むことをお勧めします。

そして、「でるサポート」や「おなかサポート」などの
プロバイオティックスを毎日摂り、
胃腸内での悪玉菌の繁殖を抑えて、
あなたの健康と減量の目標を達成させるために
非常に重要な善玉菌を増やし、
腸内の細菌バランスを整えましょう。

 

腸内環境を整えるのに
最適なセットのお得なキャンペーンはこちらからどうぞ

 

Posted on Leave a comment

免疫システムの80%以上は○○にあり!!

あなたの免疫システムの80%以上は、あなたの腸内にあります!!

Why You Need to Detox

腸には、細菌や酵母を含む、
何兆個もの生物がいっぱい生息しています。
これは実に体内の細胞の10倍以上にもなります。
腸内のフローラ(生物)の一部は良いもので、
一部は悪いものです。
残念ながら、悪いフローラは避けることができません。

なぜなら、腸内フローラは呼吸する空気の中、
摂取する水や食べ物の中、いたるところにあるからです。

でも、良いフローラは、
消化器官をサポートする健康な食生活をとる限り、
自然に体内で栽培されていきます。

悪玉菌を寄せ付けないポイントは、
腸内の善玉菌を少なくとも85%くらいを維持すること
です。

悪玉菌が15%以上になると、
胃腸が傷つき始めます。
悪玉菌の暴動は、
免疫力を低下させ、
まん延する風邪やインフルエンザ、
胃腸炎などにかかるリスクを高めます。
また、悪玉菌が増えていると、
必要不可欠な栄養素を体内に取り入れることが難しくなっていきます。
弱まった免疫システムと、
栄養素の吸収不足(いずれも消化管の不健康が原因)は、
健康に悪影響を与えます。

1善玉菌を増やす方法

• 味噌や納豆などの発酵食品を食べ、 健康的な食事をする
• 抗生物質の摂取を必要最低限にする
• 浄水器を通した水を飲む
• ストレスを管理する
• 「でるサポート」を毎日摂取する

 

 

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ