Posted on Leave a comment

心に与える運動の効果とは?

みなさんは、日ごろから運動をされていますか?

運動が神経学的に見ても患者の体に良いということは、1950年代の初頭から観察されており科学的な知見となっています。運動することで痛みが減り、記憶力が上がり、気分の落ち込みが減るなど良い変化をもたらし、さらに知能が上がることも分かっています。

そしてより最近の研究では、運動をすると神経細胞が増え、相互接続が強まり、脳をダメージから守ることにより、脳を最高の状態で働くよう促すことが分かりました。

運動することで、実際に病んでいたり、ダメージを受けた神経を延長させるので、アルツハイマーやパーキンソン病のある人、脊髄または脳に障害のある人、そして鬱の人には大きなメリットがあります。

動物実験では、運動すると神経細胞が神経栄養素として知られるたんぱく質を放出します。そのうちのひとつは脳由来神経栄養因子(BDNF)と呼ばれ、神経系の健康を増進する多くのその他の化学物質を分泌するきっかけとなるものです。

実験室ではBDNF を単に加えただけで、それらは成長し、枝をのばし、早く成長します。BDNF は学習において、また神経の病気の悪化を遅らせたり神経の修復をして学びの能力を高めるなど、脳の機能に直接的に良い変化をもたらします。

 

日々に摂る食品が健康的なものならば、より良い運動の成果が得られると考えられます。良い食事に適度な定期的な運動が伴えば、最高の収穫があるのです。

運動はお金と違って、どこかに貯めておくことはできません。世界的なアスリートであっても、2週間運動をしなかったらそれまでのレベルを維持することはできません。

健康への最高の投資のひとつとして、これからの人生で出来る限り定期的に適度な運動をしましょう。

 

無料オンラインセミナーのご案内

合格12月15日 22:00 – 23:00

「脳力を高めて健康に美しく幸せに生きるコツ」

今後のオンラインセミナーの予定

2017年2月:アルツハイマーを予防し、改善する方法

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

12月1日よりキャンペーンが始まりました。
詳細は以下よりどうぞ。

dec2016-promo

 

 

 

 

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.