Posted on Leave a comment

離乳食からホールフードを取り入れましょう

小さいときからホールフードを食べ、
それが美味しいと思えるのは
子どもの健康にとってとても大切なことです。
新生児の最高の栄養は母乳ですが、
6ヶ月くらいになって離乳食を始める時に
栄養が十分なホールフードを取り入れれば、
子どもが好んで食べるようにするようになります。

このとき大事なことは、
砂糖などの甘いものや
人工的な食べ物は2歳までは食べさせないことです。
そうすれば自然な食べ物への嗜好が形成され、
砂糖やその他の危険な食品添加物の中毒になることが避けられます。

離乳食はいつ始めたら良いでしょう

子どもはそれぞれ異なった発達をします。
子どもをよく観察していれば、
始める時期が分かります。
月齢で判断せず、
母乳を飲んでいたら
1歳くらいまでは離乳食は必要ないか、
子どもも興味を示さないでしょう。
でも、もっと早い時期から
離乳食を始めた方が良い子どももいます。
一般的には4ヶ月から8ヶ月の間に様子を見て始めることが多いようです。

離乳食開始のサイン

1 スプーンを口に入れても押し出さなくなった

赤ちゃんは、固形物を口に入れると
窒息を恐れて吐き出すのが普通です。
4−6ヶ月でこれがなくなってきたら、離乳食が食べられます。

2 満腹になったことが自分でわかるようになった

母乳やミルクを飲んでいても
満腹を感じて自分から止められるようになったら、
離乳食を開始できます。

3 首が据わってお座りが出来るようになった

4 出生児の体重の2倍になった

5 食べ物に興味が出て、注意を向けるようになった

赤ちゃんはものを口に入れることが好きですが、
これは食べ物を欲しているということではありません。

最初の離乳食として一番良いもの

赤ちゃんが最初に食べる離乳食は、
月齢に合った食材から始めることをお勧めします。
次に挙げるような食べ物は、
健康的で消化が良く、
またビタミン、ミネラル、脂肪
その他の成長に必要な栄養素が十分に含まれています。

卵黄

母乳の成分に似ています
コリン、コレステロール
その他の脳の発達に良い栄養

アボカド

理想的な離乳食
香りが良くなめらかで果肉がクリーミーです
ビタミンB1、B2、ナイアシン、カリウム、マグネシウムが
同じ量の他の果物や野菜よりも多く含まれます
脳に良い良質な脂肪も多く含まれています

サツマイモ

消化が良く、ミネラルが豊富に含まれます

4日ルール

新しい食材を食べさせ始めたら4日間は続けましょう。
赤ちゃんには消化し吸収する時間が必要です。
新しく食べ始めた食材の消化が悪い場合は、
30日待ってもう一度食べさせてみて下さい。

避けて欲しい食材

砂糖、穀類(麦などを使ったシリアル)、乳製品、加工されたスナック

シリアルを食べさせることから離乳食を始めないのは、
赤ちゃんは1歳になるまで穀類を消化するために必要な
膵臓アミラーゼを分泌することができないためです。
2歳まで分泌できない子もいます。
ではいつから穀類を食べさせても良いのでしょうか。
臼歯が生え始めたら良いでしょう。
赤ちゃんの消化システムは未熟で、
そのため母乳の栄養が直接栄養となる訳ですが
早期に穀類を食べさせると
未消化のまま体内に入ってしまうこともあり得ます。
その場合炎症が起きたり、
そのほかの健康問題が生じることがあります。

自分で食べさせましょう

スプーンを使うことについてはよく考えましょう。
成長したら、
小さく切った食べ物を食器に入れて
手で食べさせた方が手先が器用になり、
目と手の協応が発達します。
最初は口に入れられない方が多いかもしれませんが、
目的は自分で新しい味の食べ物を味わうことです。

自分で判断させましょう

赤ちゃんは、満腹かどうか自分で分かります。
自分から飢えようとは思っていません。
健康な赤ちゃんは自分が必要な量だけ食べます。
もうお腹いっぱいという様子の赤ちゃんに
「もう一口食べて」
と言うのは止めましょう。
親が多く食べさせようとして、
自分で判断して食べるという成長過程を無視しないようにしましょう。
また赤ちゃんは日々違う食べ方をしますので、
よく赤ちゃんの様子を見てあげることが大切です。

ベビーフードは自分で作れます

ベビーフードをあらかじめ調理して
冷凍しておくと便利ですが、
親の食事を柔らかくして上げれば簡単です。
簡単につぶせる果物には以下のようなものがあります

・ バナナ
・ メロン
・ 洋梨・・・柔らかい種類を選びましょう
・ いちじく・・・皮などを取ってから上げます
・ 桃・・・皮を剥いて切ってからつぶします
・ マンゴー・・・繊維の多い部分は取ってから切ります
・ プラム
・ ブルーベリー・・・半分に切ってからつぶします
・ いちご・・・1歳以降
・ キウイ・・・1歳以降
・ パパイヤ
・ アボカド
・ ぶどう・・・小さく切ってからつぶします

野菜は赤ちゃんの健康のためにとても大切です。
つぶして上げるのに適した野菜をご紹介します。
皮と種を取ってからつぶしてあげて下さい。

• さつまいも
• ズッキーニ
• 人参
• カブ
• ナス
• かぼちゃ
• カリフラワー

たんぱく質は筋肉や骨の発達に大切です。
柔らかくて栄養豊富なものを挙げました。
たんぱく質は質の高いものを選びましょう。

• 魚、卵、鶏肉

その他


ベビーフードの味を薄める場合、
4−6ヶ月から1歳までは母乳を少量加えましょう。
赤ちゃんにとって慣れた味が入っているので
離乳食へと移行しやすくなり、栄養も加わります。


脳の発達のために、
良い油をベビーフードに足しましょう。
ココナツオイルやアボカドオイル、
質の良いバターなどがお勧めです。

3 
十分な栄養を子どもに与えるには、
七色の食物が大切です。
色が栄養を供給します。
人参の赤、ブロッコリーの緑、さつまいもの黄色など、
様々な色の野菜を食べさせましょう。

以上のように、
加工された市販のベビーフードは
使わないようにして離乳食をあげましょう。
お子さんが2歳になるまでは
ホールフードの野菜や果物をつぶしたりして上げ、
砂糖や穀類を避ければ太り過ぎや
食べ物アレルギーを避けられ
健康的な食べ物で満足できる人生が送れます。
お子さんのいらっしゃる方にご参考になれば幸いです。
もし身近にこれから母親になる人がいたらお知らせください。
より幸せでより健康な子どもに育つことでしょう。

ホールフード、子ども、健康についてのより詳しい情報は、
クエストグループのブログFacebookページをご参考ください。

Posted on Leave a comment

子どもの脳を良くする方法

これまで、母親が健康であることが
健康な子どもを産む秘訣だと言われてきましたが、
妊娠前、妊娠中、そして出産後も
脳に栄養を与えることが
子どもへの素晴らしい贈り物となります。

それが健康な脳で人生を始める最高の方法です。

新生児時期を過ぎた私たちは、
人生の最後の日まで
脳に栄養を与えることが
活力に満ちた人生を送るためにするべきことです。

これは特に若い成長中の脳に言えることで、
微妙なバランスで成り立つ子どもの脳の組織は
ファーストフードや脳に必要な栄養が欠けることで
簡単に損なわれてしまいます。

今回は、子どもの脳を良くする方法をお伝えしましょう。

現代は、化学物質が充満し
私たちは毎日毒にさらされていることを
認識しなければなりません。

ファーストフードやジャンクフードを摂っていたら
さらに深刻な問題になります。

こうした食べ物に含まれる化学物質は
成長過程にある脳に
強いマイナスの影響を与えます。

たとえばある子どもの患者は、
赤い着色料に強く反応し
少量でも摂ると
体中に赤い発疹が出ました。

ピザの上に乗っている
赤いサラミソーセージを一口食べるだけで
顔と首にじんましんが出ました。

もしも赤く色が着いたアメを1袋食べたら
生命の危険があるでしょう。

このように表面に出る、
見て分かる症状があれば
家族全員で食事を変えざるを得ません。

自分はこうした反応は起こさないから
幸運だと思う前に、
よく考えてみて下さい。

合成着色料を摂った人は
全員ダメージを受けていますが、
私の患者はそれが皮膚の表面に現れるので幸運でした。

それが目に見えたから
ご両親は変えなければいけないことに気づいたのです。

本当のダメージは
脳と神経に一番顕著に現れます。

合成着色料は神経毒なので
摂るたびに少しずつ影響を受け、
アルミニウムのように脳に蓄積されていき、
どこに溜まったとしても脳の機能を脅かします。

脳が果たす役割同様、
症状は多岐にわたります。

子どもでは、
成長遅延、問題行動、免疫力の低下、学習障害
などとして現れます。

食べ物の化学物質の影響で問題行動をしたり、
物事がうまく行かないことで
叱られたり見下される子どもがたくさんいます。

深刻な問題ですが、
原因が食べ物であることを知っていたら
改善が可能なのです。

治療は簡単です。

まず合成着色料の入ったものを摂らないことです。

次に甘味料、保存料、化学合成された添加物を避けます。

食事ごとに一つ一つ見直して行けば
思ったより簡単にできます。

今現在家にある冷凍食品などの
調理済みの食品は直ちに処分しましょう。

知らぬ間に体をむしばむこうした化学物質が
子どもにはADDや自閉症を起こし、
大人には認知症やアルツハイマー病を引き起こして行きます。

ジャンクフードを一口食べる度に脳細胞が壊れて行き、
突然変異遺伝子が生まれ、
新たな病気を引き起こし人生を破壊すると思って下さい。

有毒な化学物質を摂るのを止めても、
すでに体内に入ってしまったものを
脳から取り除くのは難しいものです。

取り除きたいと思ったときは
専門家の助けが必要ですが、
それがないと危険です。

しかしネオクレンズは、
脳に潜む除去の難しい毒素でさえも
安全に取り除けるよう作られています。

ネオクレンズを使い、
私の解毒のための
ガイドライン(ドクター・ギブソンの解毒プロトコル)
活用することでアルミニウム、水銀、放射性物質を
安全に組織から放出し、
捉えて体外へ排出します。

これを実行することで、
自閉症の子どもでもアルツハイマー病の大人でも
ゆっくりと改善して行きます。

健康な脳ならば
より能力が高まり機能が向上するでしょう。

食事を改善して
毒のないものにし
解毒をしたら、
機能を高めるために必要な栄養で脳を修復する番です。

どのお子さんも、
全員が脳の機能を高めることができます。

行動が改善し、
精神面、学習面、記憶力、思考力、テスト結果などが変わってきます。

また、集中力が高まり
身体的能力も向上するので
私のクリニックでは
プロスポーツ選手にネオセルプラスを処方しています。

ネオセルプラスを摂りながら、
食事は有機栽培されたホールフードを基本として
手作りすることを始めましょう。

脳のための栄養が豊富な食物を食べましょう。

たとえば、
養殖ではない鮭、
放し飼いの鶏肉や卵、
ナッツ、アボカド、ココナツオイル、
ブルーベリー、緑色の葉野菜、
納豆、漬け物、キムチ、ザワークラウト
などの発酵食品を食べましょう。

あなたのお子さんの脳を最高の状態で発達させ
機能させるにはこうした重要な栄養が必要なのです。

お子さんの能力発揮を手助けするために
ネオセルプラスを与え
ネオクレンズで脳を解毒しましょう。

発達の遅れがある場合と同じように
改善の可能性があります。

私の息子のタッカーは、
ワクチンで脳に障害が出たため
大変な経験をしました。

まだ小さく、
私は父親として彼の将来が奪われてしまったのを見るのは
耐えられませんでした。

このことが
脳の独自の治療法を編み出す大きなきっかけでした。

ネオセルプラス
その他の自然療法で、
彼は言葉の遅れや学習障害から回復しただけではなく、
それ以上の成長を見せました。

同級生を追い抜き、
飛び級をして18歳で大学を卒業しました。

タッカーは聡明なだけでなく
思いやりのある青年です。

大学を卒業した現在、
昔の私のように日本に住み
ボランティアをしています。

そして同時にアルバイトをし、
こうした経験から多くのことを学んでいます。

もし日本のどこかで息子に会ったら、
日本語上達のために話しかけてください。

息子も皆さんにお会いするのが嬉しく、
何かのお役に立てることを喜びとしています。

私は彼の父親であることが誇りに思い、
息子に健康な人生を取り戻せた奇跡を
こうして日本の皆さんにお知らせできる幸せを噛み締めています。

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

Posted on Leave a comment

電子機器の使い過ぎは 子どもの脳の発達にダメージを与えます

電子機器の使い過ぎは
子どもの脳の発達にダメージを与えます

By: Dr. Robert Gibson

スマホやタブレット、
パソコンを長時間使う「デジタル中毒」は、
子どもや青少年の脳の発達に影響し
ダメージを与えるということが
神経画像を用いた研究により分かっています。

使用時間を制限した方が良いことを
多くの親は知っていますが、
こうした文化を受け入れることが
そんなに悪いことなのかと疑問を抱いたり、
もう現実を変えるのは
難しいので仕方がないと考えています。

しかし、私がこれからお伝えすることについて
考えてみてください。

最初は子どもとの軋轢が生じるかもしれませんが、
神経障害を起こす可能性があるという真実を盾に
成長過程にある子どもの脳を守ってください。

デジタル中毒は、
脳の成長
構造
機能
に変化を与えることが明らかになっています。

この変化とは
人間関係を維持する能力
注意力
判断力
管理能力
学習
認知
などを司る脳の領域に起こります。

現代の子どもたちは、
スマホ、タブレット、ゲーム機といった電子機器を
1日7時間以上使っていると言われています。

中毒になっていなくても、
画面を見ている時間の長さが問題であり、
脳にダメージを与えます。

医者として私は、
神経システムの興奮、
感覚への過度の負荷のため
疲れが取れる
質の良い睡眠が取れていないお子さんを多数診てきました。

こうした子どもたちは気分が優れず、
衝動的で注意力散漫になっていきます。

その他の症状には、
怒りや問題行動、
学習や発達の遅れまで様々なものがあります。

もしこうした状況が続けば、
アレルギーや免疫システムが
虚弱になるなどの肉体的な症状も出てきます。

デジタル中毒により、
脳の灰白質の萎縮が起きるという研究があります。

灰白質とは、
中枢神経系の中で
神経細胞(ニューロン)の細胞体が集まった組織であり、
萎縮とは脳組織が縮み、失われることです。

最も影響を受けるのは前頭葉ですが、
ここは優先順位を決め、
計画を立て、
衝動を抑えるといった
重要な実行機能を司る場所です。

大脳基底核の主要な構成要素である
線条体の損傷も見られますが、
ここは欲求が満たされたときに
快の感覚を与える報酬系と呼ばれる神経系を含み、
またマナーや反社会的な行動をコントロールします。

社会に深く関係し、
私たち皆が考えなければいけないのは、
脳の「島」という領域へのダメージです。

島とは前頭葉、側頭葉、頭頂葉、基底核に囲まれた領域で、
他者への思いやり、共感、体の動きやサインを
読み取る能力を司りますが、
ここを損傷されると
暴力や反社会的行動に直接的に関係し、
人間関係を深めることができなくなる場合があります。

現代社会の仕組みは
精神的に安定した大人が支えているものですが、
それは脳のこの部分が司っています。

私たち大人は、
将来を託す子どもたちに何をしているのでしょう。

さらに、脳の白質の統合性を失うということが
画像診断により明らかになっています。

白質の損傷は、
脳内のネットワーク機能を失うことを意味します。

脳内ネットワークの破壊は、
右脳と左脳の接続性の障害と関係します。

また認知を司る上部脳と
感情や直感を司る下部脳のネットワークも失われます。

白質は脳から体へ、
また体から脳へと情報などを伝える働きをします。

ここに障害があれば、
たとえば体の抹消で捉えた「痛い」という
感覚情報が大脳皮質に伝わらなくなり、
また大脳皮質が指令する運動情報が
筋に伝わらなくなれば麻痺が起こります。

脳は体の全てを司っていることを忘れないでください。

脳が機能不全になったとき全てが危険にさらされます。

脳表面の皮質が薄くなっていることに
焦点をあてた研究者もいます。

これは認知行動に障害を起こします。

衝動的行為の抑制と
情報を能率よく処理する能力に問題が起きます。

また電子機器を使うことで
ドーパミンの出方に問題が起こることが、
デジタル中毒のひとつの原因です。

スマホやゲームに接しないと離脱症状が出たり、
ドーパミン機能の障害が起こることがあります。

脳が変化しドーパミン受容体が減少するという、
まさに麻薬中毒患者と似たことが観察されます。

電子機器の使い過ぎは
脳の発達、構造、機能を損ないます。

ダメージの多くは前頭葉に起きますが、
ここは出生時から思春期まで最も傷付きやすい場所です。

前頭葉の健康は、
感情的な落ち着き、学業、仕事、人間関係など、
人生のあらゆる大切な部分に関わっています。

今回お送りした情報が
子どもたちの電子機器に触れる時間を減らし、
脳を守る助けになれば幸いです。


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらにドクターギブソンより
【子どもの脳をよくする方法】
を書いていただきました。
ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行
年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

Posted on Leave a comment

諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法

自閉症スペクトラム障害は、
自閉症
アスパルガー症候群
学習障害
発達障害
ADD(注意欠陥障害)
ADHD(注意欠如多動性障害)

などを含みます。

 

日本の人口あたりの子どもの自閉症罹患率が、
アメリカの数を超えてしまいました。
これは非常に深刻な問題です。
もしあなたのお子さんが、
脳の障害と診断されたとしても希望があります。
適切な栄養素、勇気づけ、テクニックがあれば、
脳には驚異的に改善する能力があるのです。

 

ドクター・ギブソンのオンラインセミナーでは、
どんな毒素がこれらの症状を引き起このか、
そして、どのように予防することができるかなどを
学ぶことができます。
妊娠中、あるいはこれから妊娠したい方にも
参考になる情報がいっぱいです。
どのように自分とあなたのお子さんを助けることができるかを
学ぶことができます。
大人も脳の障害で苦労している人が増えています。
できるだけ若いうちから予防をしておくことが、
問題解決の鍵となります。

 

このセミナーは完全予約制です。
受講ご希望の方は、今すぐこちらからお申込みください。

4月13日(木) 午後1011

お申し込みはこちらから
http://gowoa.me/i/snH7

ドクター・ギブソンは、
自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など
さまざまな神経の問題がある子どもを
肉体的、精神的、感情面でも改善へと導いてきました。
そのほんの一例をご紹介します。

 

参加者の中から抽選で「ネオセルプラス」1本をプレゼントします

 


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらにドクターギブソンより
【子どもの脳をよくする方法】
を書いていただきました。
ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行
年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

無料オンラインセミナーのご案内


2017年4月13日

諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法


2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

春の子どもの健康スペシャル

春の子どもの健康スペシャル

3月1日~4月30日
「子供の健康必須プラスセット」

番号:3095P
価格:$125【通常価格$130】

もれなくおなかサポートチュアブルをもう1本プレゼント
「子供の健康必須プラスセット」には、
子供の健康を向上させ、
脳の生産性を高め、
消化器系を修復して、
食事から最も多くの栄養素を得るための
3つの強力な製品が含まれています。

 

また、免疫系を強化し、
ストレスや環境毒素による
損傷を修復するのに役立ちます。
このセットは、
クエストグループメディカルアドバイザー・ロバートギブソン博士が、
お子様の健康を改善するための
3つの重要事項に対処するために推奨されています。

 

各製品の紹介


【ネオガードチュアブル】
子どもたちがさらされている危険なものが原因となり、
体内ではフリーラジカル(活性酸素)による
損傷が起こっています。
それらは、加工食品、ストレス、環境毒素などです。
この損傷は、体内で不健康な細胞の産生を誘発します。
「ネオガードチュアブル」は抗酸化物が豊富で、
子どものフリーラジカルによる損傷を修復し予防します。
他にも、ビルベリー、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、
当社独自の海藻ブレンドなどの強力な成分が、
子どもの健康をつねに守ります。

 

【ネオセルプラス】
脳は、つねに毒素の攻撃を受けています。
脳を最適に機能させるためには、
健康でエネルギーにあふれた賢い細胞を修復し、
産生するための必須栄養素を
全て補給しなければいけません。
また、子どもの脳の機能は改善することができるのです。
「ネオセルプラス」は強力な成分を含み、
脳と神経系を修復し、
脳が高いレベルで働くのを助けてくれます。
その効果は、子どもの活力や学力の結果に現れてくるでしょう。
【おなかサポートチュアブル】
消化器系は、健康にはとても重要なのですが、
見過ごされがちです。
消化器系は、素晴らしい栄養分の全てが吸収される場所であり、
免疫物質の8割が作られる場所でもあります。
健康な腸内細菌は、
ばい菌が侵入してきたときの最初の防御ラインになります。
「おなかサポートチュアブル」には
12種類のプロバイオティクスが含まれ、
子どもの消化器内で健康な腸内細菌を元気にします。
また、数種類のプロバイオティクスを摂取することは、
幅広く防御するためにも重要です。

 

子どもたちは、
学校や公共の場で
常に病気や毒素や汚染物質にさらされています。
子どもたちの体を解毒し、守っていきましょう。
体を修復し、ひどい病気にかからないようにしてあげましょう。
そして、子どもたちが、
より幸せに、より健康になるようにサポートしていきましょう。

 

子供さんやお孫さんに、健康を贈りましょう。

 

:ネオセルプラスおよび、ネオガードチュアブルは、
一本が平均的な子供の約2ヶ月分の量となります。
おなかサポート一本は約1ヶ月分です。
今回のセットは、
すべての製品が約2ヶ月分になるように
無料のおなかサポートを追加しました。

番号:3095P
価格:$125【通常価格$130】

もれなくおなかサポートチュアブルをもう1本プレゼント

 

キャンペーンページはこちら

 

メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

 

 


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

最新号が発行されました。

定期購読をお申込みいただいている方には

お手元へ発送が完了しております。

オンラインで読むことも可能です。

こちらからご覧いただけます。

「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行

年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年4月:自閉症を克服するには?

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

『ネオガードチュアブル』特別キャンペーンスタート!!

『ネオガードチュアブル』特別キャンペーンスタート!!

2月28日までの期間限定で、
『ネオガードチュアブル4本セット』をご注文いただくと、
1本プラスして合計5本をお送りいたします。

クエスト・グループのネオガードチュアブルは、
「栄養のラムネ」との異名を持つ、
子供にも大人にもペットにも大好評の画期的な栄養補強食品です。

病気の原因となる活性酸素の害から
身体を守るための抗酸化物を豊富に含む
ネオガードチュアブルは、
私たちの命を守る強い味方です。

自然のビタミン、ミネラル、ハーブなどの栄養素の
効率の良い組み合わせによって
最高の相乗効果がもたらされ、
健康維持に役立ち、
免疫力アップにも大きく貢献します。

ブルーベリーエキス、野菜ブレンド、ローズヒップ、16種の海草類など
全て自然の食べ物からできており、
甘味料・合成着色料・防腐剤・でん粉類などを一切含みません。

いつでもポリポリ食べれる、
自然のオレンジ味のおいしいキャンデータイプ。
お子さんだけでなく、
錠剤・カプセルタイプの栄養補強食品を飲み込めない方、
手軽に栄養補強をしたい方、
年配の方にも最適です。
乳幼児には、つぶして離乳食に混ぜて与えることもできます。

勉強や仕事中に机の上に常備し、
ポリポリとおやつ代わりに食べるのにも最高の一品。
虫歯や病気知らずで、
賢くて性格も良い、
”健康優良児”をつくり出すと評判の
ネオガードチュアブル、ぜひお試しください!

商品番号:4028P
ネオガードチュアブル/4本セット【価格:$175】
キャンペーン詳細とお求めは、こちらからどうぞ。
【キャンペーン期間:2月28日まで】