Posted on Leave a comment

子供のアレルギーには 善玉菌(プロバイオティクス)を!

ある新たな研究によって、妊娠中の女性や新生児がプロバイオティクスを摂取することにより、幼児期のアレルギーが予防される可能性があることが明らかになりました。(注1)

両親のどちらか、または兄や姉がアレルギー体質である場合、生まれたすべての乳幼児にアレルギーを発症する危険性があります。統計では、その場合、2歳までに35%の子供たちがアトピー性皮膚炎を発症しています。

妊娠している女性グループは、出産予定日の数週間前から毎日プロバイオティクスのサプリメントを摂り、生まれた後6ヶ月間は、母乳の場合は母親、ミルクの場合は乳児が直接プロバイオティクスを摂りました。

すると、プロバイオティクスを与えられた子供たちは、アトピー性皮膚炎を発症する割合が50%も低かったという結果がでました。

なぜプロバイオティクスがアレルギーを防ぐのかは、はっきり分かっていませんが、世界中でアレルギー性疾患が増加しているのは、無菌環境が広がっているせいではないかという仮説があります。

それは、乳幼児が早い時期に細菌類にさらされると、免疫システムが感染症と戦うモードとなり、害のない物質へ過剰反応する傾向はなくなるのですが、現代は清潔で無菌環境が増えているため、本来害のない物質に過剰に反応してしまうというものです。

この調査の結果は、腸内に生息するプロバイオティクスは、免疫システムがアレルギー反応を起こさないために重要な役割をしているのではないかということを示唆しています。

プロバイオティクスは、ヨーグルトや発酵食品に含まれています。発酵食品には味噌、しょうゆ、お酢、みりん、漬物、チーズ、納豆、甘酒などがありますが、様々な種類のプロバイオティクスを摂取するには、ビフィズス菌を始め多くのプロバイオティクスを含む「でるサポート」をお勧めします。

(注1:アレルギーと臨床免疫学に関する雑誌であるJournal of Allergy & Clinical Immunology 109巻 1号 pp 119-121での報告による)

motherdaughter final size

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

ライフスタイルをも変える、健康のための減量

世の中には数えきれないほどたくさんのダイエット方法がありますが、さまざまなダイエット方法の中で、「スーパースレンダー8プログラム」(SS8)は最も健康的な減量プログラムです。

このプランでは、体と心が劇的に変化していきます。体重を落とすだけでなく、肌の状態を向上させ、生涯にわたって食事のあり方、運動、健康全体についての考え方、ライフスタイルそのものを変化させてくれるのです。

《なぜ、ダイエットが必要か?》
太りすぎによる健康リスクには、どんなものがあるのでしょうか?  実は、太りすぎというのは、密かにあなたを死に至らしめているのです。標準体重を少し上回る程度でも、寿命が短くなると言われています。

太り過ぎによる健康リスクには以下のものが含まれます:

  • 高血圧
  • 高コレステロール・高中性脂肪
  • 2型糖尿病
  • 冠動脈性心疾患
  • 脳卒中
  • 胆嚢疾患
  • 骨関節炎
  • 睡眠時無呼吸症候群・呼吸器系疾患
  • がん(子宮内膜がん、乳がん、結腸がんなど)
  • 性的能力・性欲の減退

上記は、肥満によって生じるといわれている60種以上の疾患のほんの一例で、ライフスタイルに影響を与え、私たちの寿命を縮める危険性があります。

残念なことに多くの人々は、肥満がもたらす危険性に全く気づいていないのです。その危険性をなくすのが、SS8ダイエットプログラムなのです。

⇒「スーパースレンダー8プログラム」(SS8)についての詳細はこちらへ。

measure-girl-web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

増加する子どもの糖尿病…予防はまず食事から

増加する子供の糖尿病について…

アメリカでは、30年前まで2型糖尿病(※)は高齢者の病気でした。しかし、今日では12歳以下の子供たちまでに広がり、この10年で150%も増加し、非常に憂慮すべき状況になっています。

糖尿病がこんなにも子供たちに広がってしまった原因は何でしょうか。その答えはいたって簡単で、アメリカの食生活にあります。砂糖や飽和脂肪、防腐剤などを使用した加工食品を食べ過ぎているので、肥満児が増大しているからです。

(※2型糖尿病は不健康な食生活や運動不足が原因で発症します。また腎不全、肝疾患、失明、心臓病、免疫機能の低下、肺疾患などにつながり、早死を招くおそれがあります。)

《糖尿病と肥満》

糖尿病と肥満との関連には充分な裏付けがあり、今や常識となっていますが、幼児から青少年までに肥満が蔓延しているのは、何が原因なのでしょうか。

皆さんお気づきかと思いますが、「ジャンクフード」――これが子供たちを変えてしまうのです。ジャンクフードとは、砂糖、人工甘味料、飽和脂肪、過剰な塩分、防腐剤などを入れて加工された食品です。ジャンクフードは、普通にスーパーで売られ、大手のファーストフード店(アメリカンスタイルのファーストフード店)などで提供されているので、いつでも簡単に手に入る環境にあるのです。

もし、アメリカの子供達と同じ食生活をすれば、2型糖尿病は間違いなく日本でも蔓延し始めることになるでしょう。

《過食と栄養補強》

アメリカの子供たちは、加工食品をたくさん食べますが、新鮮な食品やホールフードは充分に食べていません。

ネズミに油脂や砂糖、塩を使用しているジャンクフードを与え続けると、コカインよりも強い中毒(依存症)になることが実験で証明されています。

ジャンクフードには非常に強い習慣性があり、体は栄養分が枯渇した状態になります。こうなると、ジャンクフードが益々食べたくなり、健康に必要な栄養を摂ることは難しくなります。

ホールフードとは?

ホールフードとは、加工されていない、精製されていない(例:全粒粉を使ったパンなど)食べ物、または、最小限の加工や精製をされた食べ物のことで、果物、野菜、豆、ナッツ、ハーブ、スパイス類、魚、肉、卵、ナチュラルチーズなどのことを指します。

つまり、昔、人間が狩りをしたり、魚釣りをしたり、木の実を集めて食べ物を得ていた頃の食べ物だと考えると分かりやすいと思います。でも、今でもそういう食べ物はよく見ればまだあるのです。

ホールフードは、栄養たっぷりで、加工食品のようにカロリーは多くはありません。ホールフードを食べると、体重のコントロールがしやすく、また様々な病気を避けられるのです。そこに質の良いサプリメントを補強したら、最高の栄養、食物繊維、自然の酵素が摂れて、体全体の健康が急激に増進されるでしょう。

子供たちをジャンクフードやファーストフード漬けにしないように心がけましょう。そして、できる限り小さいときから、食生活の重要性やジャンクフードとホールフードの違いをしっかりと教えてあげて下さい。

 

skide

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

今日からできる「認知症」予防とは?

今や「認知症」は世界中で大きな問題になりつつあります。特に日本は、高齢者の割合が世界で最も高く、65歳以上の高齢者の約9%以上が認知症患者であると言われており、この率は年々増加しています。

そのため、将来的な長期介護の必要性や、多額の医療コストが懸念されており、これは大きな社会問題となっています。

ですが、認知症は防ぐことが出来る病気です!

まずは是非、クエスト・グループのメディカルアドバイザーである脳神経科医・自然治癒医師のロバート・ギブソン医師の「プロトコル」(下記)を実践してみてください。

また、ドクター・ギブソンのブログやフェイスブックの記事も参考にしてください。

認知症予防には、バランスの良い栄養補強と食生活が非常に大切ですが、数ある栄養素の中でも特に「ビタミンB12」は脳機能のために重要な役割を果たす栄養素です。しかし、年齢を重ねるにつれて、B12の吸収は減少していき、60歳以上の高齢者では不足しているのが一般的です。

体内のビタミンB12の量を増加させることが、アルツハイマー病や認知症の減少につながります。ベジタリアンの方は、食生活で不足しがちなB12の補給が特に重要となります。

ビタミンB12は以下の食品に多く含まれています。これらを日々の食生活に取り入れてみましょう。

イワシ
サーモン
マグロ、
ホタテ
エビ
牛肉

当社の「ネオセル」には脳の機能に最適なビタミンB12量が豊富に含まれています。当製品に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。

*********************************

【ロバート・ギブソン医師の必須プロトコル】

※全ての健康状態を改善させるための基本のステップ※

1) 食事に含まれる毒素やジャンクフードを全て取り除く。パッケージされている食品や、加工食品は避ける。特に、炭酸飲料、揚げ物、人工甘味料、人工着色料、香料は摂らないようにすること。

2) 十分な量の水を飲むこと。少なくても1日2リットルは飲む。

3) 環境から受ける毒や、医薬品の毒を避ける。

4) 「でるもんね」の腸クレンジングプログラムによる解毒や、ホールフードを食べることにより、胃腸の消化器機能を整える。その後、「でるサポート」や「おなかサポートチュアブル」などのプロバイオティクスを補充する。

5) 過剰の毒素がある場合は、必要に応じて解毒を追加。

6) 栄養バランスのとれた食事、そして健康の良い基礎を確実につくるために「ネオパック」を摂る。

7) 脳細胞の修復と神経伝達物質の補充を効果的に始めるために「ネオセル」を摂る。

8) 定期的な運動やストレッチは全身の血液の循環や、酸素の供給、臓器や細胞に栄養素や神経伝達物質の輸送に必要。

9) 脳内でどのような化学物質が作られ、体内に放出されるかは考え方次第で変わる。毎日ポジティブ思考を実践すること。

Senior Women Dementia Article

Posted on Leave a comment

『ネオセル』が新ボトルになって登場!

この度、当社の人気商品「ネオセル」が従来のボトル(960mL)から、半分のサイズ(480mL)に生まれ変わりました。新ボトルは、軽くて注ぎやすく、冷蔵庫や戸棚などにも保管しやすくなりました。

<新しいサイズ(480mL)の「ネオセル」の価格>
商品番号:2035 「ネオセル」1本 $50
商品番号:2235 「ネオセル」2本 $89(単品よりも11%お得)
商品番号:4435 「ネオセル」4本 $160(20%お得)
商品番号:6635 「ネオセル」6本  $200(33%お得)

※今後、960mLのボトルは製造いたしませんので、従来のボトル(1本)をご注文いただいた方には、新ボトルを2本お送りしています。どうぞご了承ください。

「ネオセル」開発者の脳神経科医・自然治癒医師であるドクター・ギブソンは、脳細胞を修復し、あらゆる症状を改善するために、最低でも90日間の摂取を勧めています。また、脳の機能を高め、体全体をより健全に保つためには、継続して摂取することをお勧めしています。

気分向上、ストレス解消、エネルギー上昇、記憶力・集中力アップ、脳の機能改善など、健全な心身をつくるために「ネオセル」を毎日欠かさず摂取しましょう。

脳が元気だと、体も元気に!脳が若返れば体も若返る!「ネオセル」で脳に必要な栄養素を補給し、体全体をよりパワフルに、健康にしましょう!

NeoCell 32 to 16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on Leave a comment

「ネオガードチュアブル」ってどんなもの?

4月になりました!
日本では新年度のスタートですね。 新社会人やご入学を迎えた皆様、おめでとうございます!

新しいことや生活が始まるこの季節……ご自身とご家族の健康状態を見直して、よりイキイキと元気に楽しく生活できるよう、健康と生活スタイルのゴールを設定してみるのも良いアイデアですね。

今日は、そんな健康ライフのお供に最適で、子供たちのみならずご家族皆さんで愛用していただける当社の人気製品「ネオガードチュアブル」についてご紹介させていただきます。

****************

クエスト・グループの「ネオガードチュアブル」は、「栄養のラムネ」との異名を持つ、子供にも大人にもペットにも大好評の画期的な栄養補強食品です。病気の原因となる活性酸素の害から身体を守るための抗酸化物を豊富に含む「ネオガードチュアブル」は、私たちの命を守る強い味方です。

自然のビタミン、ミネラル、ハーブなどの栄養素の効率の良い組み合わせによって最高の相乗効果がもたらされ、健康維持に役立ち、免疫力アップにも大きく貢献します。

ブルーベリーエキス、野菜ブレンド、ローズヒップ、16種の海草類など全て自然の食べ物からできており、甘味料・合成着色料・防腐剤・でん粉類などを一切含みません。

いつでもポリポリ食べれる、自然のオレンジ味のおいしいキャンデータイプ。お子さんだけでなく、錠剤・カプセルタイプの栄養補強食品を飲み込めない方、手軽に栄養補強をしたい方、年配の方にも最適です。乳幼児には、つぶして離乳食に混ぜて与えることもできます。

勉強や仕事中に机の上に常備し、ポリポリとおやつ代わりに食べるのにも最高の一品。虫歯や病気知らずで、賢くて性格も良い、”健康優良児”をつくり出すと評判の「ネオガードチュアブル」、ぜひお試しください!

chewable-4+1-promo

【キャンペーン期間:4月30日まで】