Posted on Leave a comment

認知症の兆候と症状

あなた自身または愛する人のために見るべきもの 

認知症は、私たちみんなが知る必要のある病気です。
認知症は、異なる形で現れ、最も一般的なものは、
アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、
レビー小体認知症、血管性認知症です。 
  

初期の症状を知ることで、
適切な対応を素早く取ることを助けることができます。 

以下の徴候と症状が出ている場合は、
あなたはすでに主要な病気が進行しています。
そういうわけで、私は、そもそも病気が起こるのを防ぐために、
いつもあなたを危険にさらすものを知るように勧めています。
しかし、「私には決して起こらない」と
信じている頑固な人が大抵います。
そんな人のために、ここに初期の証拠をあげます。
あなたにも起こる可能性があることを忘れないでください! 

 
1.嗅覚の低下

これは、記憶障害に気づく10年も前から出る可能性があります。 

 
2. 食欲の変化

この問題の一部は、嗅覚の喪失に関連しています。
食べ物の香りや味の大部分は舌ではなく、
鼻や嗅覚で感じます。
認知症は、食べ物の好みを変え、
これらは嗅覚が減少した場合でさえ、
まだ味わうことができます(通常、甘い、塩辛い、または酸っぱい)。
そのほかの食べ物は、
味気なくなるかつまらなくなるかもしれません。
もし、甘いものや糖質を食べ過ぎ始めた場合、
特に砂糖を欲しがるのは脳に有害です。 

 
3. 記憶の問題 

しばしば、認知症患者は古い記憶は覚えていますが、
短期記憶を覚えるのが難しいです。
時々彼らは、同じストーリーを繰り返すか、
鍵を置いた場所を繰り返し忘れます。 

 
4. 集中力の低下 

彼らは会話の流れを途中で忘れたり、
話していたことを忘れたりするかもしれません。
指示に従うことや、複雑な仕事をするのが困難です。 

5. 判断能力、編成能力、計画能力の低下

予約の時間と日にちが、
混乱したり切り替わったりします。
彼らは、時間管理が難しかったり、
混乱したり、雑然としていたりします。   

 
6. 行動と気分の変化 

感情、短気、無関心、または
社会的に厄介な行動を制御する能力が低下し始めるのは、
すべて認知症の兆候である可能性があります。  
 

 
7. 人格の変化

先ほどのものととても似ていますが、
患者はとても親切で思いやりのある人から、
怒ったり、引きこもったり、
非協力的になるかもしれません。
また、不安になったり、
落ち込んだりするかもしれません。

 
 
8. 会話やコミュニケーションが困難になる 

彼らは、正しい言葉を見つけることや、
名前をつけたり、
文章を完成させたりすることに問題がでるかもしれません。 

 
9. 迷子になる 

頻繁に放浪したり道に迷ったりします。
慣れない環境が困難です。 

10.数字、財務、またはお金を持つのが難しい

購入品の代金を支払う際に正しい金額を払ったり、
見分けたりするのが困難です。
請求書の支払いや、記録をつけることや、
正常な財務が間違いだらけになるかもしれません。 

 
11.  レビー小体認知症の人は、
幻覚をみたり、アンバランスになったり、
頻繁に倒れたり、睡眠障害になったりするかもしれません。
 
  

これらの兆候や症状が気になるなら、
あなたは何をするべきでしょうか?
いっそのこと、あなたは完全にこれらを予防したくありませんか? 

  

あなた、もしくはあなたの愛する人が、
通常の機能からこれらの変化を経験していたら、
あなたはすぐに行動を起こすべきです。
昔はこれらの兆候や症状は
「初期の危険因子」とみなされました。
しかし、現在私たちは、
これらの危険因子が適切に処置されない場合は、
永続的になる可能性のある、
重大な神経変性変化を示すことを知っています。
これは、時間(大抵、何ヶ月あるいは何年か)とともに、
だんだん悪化する症状を含みます。 

脳のためのどんな治療にも、
以下の重要な部分が含まれます:

ギブソン医師の必須プロトコル、解毒、
ネオセルプラス、ネオクレンズ。
これらは、必須のステップです。
一部の患者には、さらに追加の治療が必要な場合があります。 

 
医師が認知症を見落とす原因となるその他の状態には、
うつ、せん妄、ビタミンB12欠乏症、
甲状腺疾患、感染や血管疾患が含まれます。 

  

患者は以下からの恩恵も受けるでしょう

  • 毒素のスクリーニングテスト−血液サンプルを採取して、神経毒性レベルか治療可能な問題がある人かどうかを評価します。早期発見と、治療することで、現れた認知症の兆候と症状のいくつかをなくすことができるでしょう。http://www.questgrp.net/jp/pod/ 
  • 詳細な病歴と家族歴の聴取 もし、患者を良く知る人が医師と話したり、問題が何であるかを手紙で説明できたりすると、役に立ちます。 
  •  「精神状態に関する検査」または、「認識力テスト」といった認知能力のテスト 
  •  脳の物理的構造を調べるMRIスキャンやCT 

 一部の人にとっては、
なぜ記憶や行動、気分が変わるのか知ることは
安堵になります。
もし彼らが脳の修復のために
ガイドラインに厳密に従うならば、
助けがあることを知ることは、
さらに励みにもなります。 
  

また診断も家族のためになり、
状況を理解し、将来のために計画をたてることができます。
これは、介護や資金管理、
そして法的な問題に関しての決断を含みます。 

Leave a Reply

Your email address will not be published.