Posted on Leave a comment

ホリデーシーズン

クリスマスと年末年始の休暇は、
誰にとっても楽しい時期です。
たくさんのパーティや家族と一緒に過ごす時間は、
忙しくも楽しい時間です。

祝うのに加えて、
私はこのシーズンのご馳走や特別な食べ物の恵みを、
全ていただいてしまう傾向があります。
それはとても楽しいのですが、
次の日に私の胃は
「昨夜何を食べたの?」
と尋ねてくるのです。 

通常胃は、
休日のご馳走を夜に消化できるのですが、
消化が長引けば、
胃は過剰の胃酸を作り、
痛みを伴う消化器系の病気や、
酸逆流症と呼ばれるGERD(胃食道逆流症)を引き起こします。 

胃酸が問題だと思っている人たちは、
制酸剤や酸を中和する液体を飲みます。
しかし、酸は問題ではありません。

実際、胃から酸を減らしたり取り除いたりすると、
体はもっと酸を生産し、
食道括約筋を緩ませ続け、
胃酸が胃から食道に上がるのを許可します。
ですので、制酸剤は役に立つように見えますが、
ただの一時的な痛みからの解消であり、
その後問題を悪化させてしまいます。 

シンプルで長期的な解決策は
プロバイオティクスです。
豪華で量が多い食事の時でさえ、
食べたものを簡単に消化する、
健康な酸のバランスを作る、
友好的な細菌を胃に届けるのです。
本当にシンプルです。

毎日の「でるサポート」、
お子様には「おなかサポートチュアブル」で、
このシーズンの消化器官を守っていきましょう。 

あなた(とあなたの胃)が
素晴らしく楽しいホリデーシーズンを過ごすことを祈って! 

Leave a Reply

Your email address will not be published.