Quest Group クエストグループ

アンチエイジングのための運動

誰もが、
運動は体に良いと思っていることでしょう。
体重を維持し、
代謝を上げ、
骨の健康にも良く、
不安やうつといった
精神的な症状にも助けとなります。
長生きのためにも大切で、
美しく年を取ることにも寄与します。

すべての細胞にあるミトコンドリアは
発電所のようなもので、
代謝機能を司るエネルギーを生み出します。
アメリカ生理学雑誌American Journal of Physiologyに
発表された研究によると、
人間は老いていくと
ミトコンドリアが顕著に減っていきます。
しかし運動は、
細胞を刺激して新しいミトコンドリアを生み出します。
これは、ミトコンドリアが
年齢とともに減っていく過程を
逆戻りさせていくことができるということです。
そして加齢の過程を止めて行くのです。

ミトコンドリアの動きを活発にすることは、
とても重要です。
なぜなら、代謝の副産物として生まれる
害のあるフリーラジカルは、
化学物質や汚染物質などの
毒と同じように体の防御機能を侵し、
細胞や組織に害となります。
それによりミトコンドリアが
機能を失うという直接的な影響を受けます。
長期的にはミトコンドリアに
無視できないダメージを与え、
次のような状態へとつながります。

・ 炭水化物、脂肪をエネルギーに変える能力の低下
・ インシュリン抵抗性が生じるため、糖尿病、高血圧につながる
・ 運動能力の低下
・ 体重増加
・ 老化の速度が上がる

運動をすることで、
脳を含む体中のミトコンドリアが増加し、
加齢とともに起きやすい脳機能の低下を予防できます。
また、運動は脳に新しい細胞を生み出し、
神経伝達機能を上げ排毒を促す循環を向上させるので、
様々な脳の機能を強化します。

Anti Aging Excercise
どんな運動も健康には良いのですが、
アンチエイジングに関して言えば、
特に良いのが、
高強度インターバルトレーニング(HIIT)です。

時間の短い無酸素運動と、
負荷の低い回復時間を交互に繰り返すトレーニング方法で、
成長ホルモンの分泌を促し、
加齢により起きやすい筋肉の減少を予防します。
成長ホルモンを増やすと、
より健康により強固な体になります。
30歳から成長ホルモンは急激に減少していき、
これが加齢を促進します。
よって成長ホルモンと
ミトコンドリアを維持することはとても重要です。

高強度インターバルトレーニングは、次のように行います。

1 3分間準備運動をして、心拍数を上げます。
2 30秒間、階段や急な坂を駆け上がる、
ハイ・ニー・ジャンプ
(その場でジャンプしながらひざを高く上げる)をする、
などの負荷の高い動きをします。
3 心拍数が90になるまで休む。
4 2の運動を再度行い、休む。これをあと7セット行う。

以上の運動は、
全部通しても20分程度しかかかりませんが、
アンチエイジングにはとても効果的です。
これを週に3回行うだけで十分です。
理想は上のように1回8セット行うことですが、
もし体調によっては2−3セットから始め、
段々に増やして8セット行うようにしましょう。

普段行っている運動にこれをプラスすることで、
筋肉量を増やし、
骨密度を上げるだけではなく
ミトコンドリアの働きを向上させ
成長ホルモンを増やすでしょう。
体力がつき、
肌の老化を余り感じないかもしれません。
また加齢が原因となる怪我や問題が減り、
脳の機能が向上するなど
良い変化が起こることでしょう。
寿命が延び、また生活の質が向上することで、
健康で長生きという理想的な生活を手にすることでしょう。

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.