Quest Group クエストグループ

アンチエイジングのための食事~糖化を防ぐ(2)

AGEs の生成には、タンパク質と糖質が関与していますが、糖質の過剰摂取が問題の本当の原因です。先週に引き続き、今週はAGEs  を減らすのに役立ついくつかのヒントをお伝えします。

1.糖質、特に砂糖の摂取を減らしましょう。

アメリカ栄養士会とアメリカ糖尿病学会は、砂糖の摂取がアルツハイマー病などの変性疾患の主要な原因の1つであるとしています。

2.生の野菜や果物を食べましょう。

調理する場合は、煮たり、蒸したりしましょう。水は糖がタンパク質と結合するのを防ぐため、生の果物や野菜を食べたり、

水を使って調理したり、蒸すことでAGEs の生成を防いでくれます。

3.きつね色に焼けた加工食品の摂取は、少なめにしましょう。

食品メーカーは、味を良くし、美味しく見えるように糖を酸化させてきつね色に仕上げる技術を持っています。こうした技術は、加工食品に含まれるAG E s を増加させます。

4.肉は低温でゆっくり調理しましょう。

揚げたり、オーブンなど高温での調理は、AGEsがより多く生成されます。

5.異性化糖(ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖など)が含まれているものは避けるようにしましょう。

商品を購入する際は、上記が含まれていないか、成分表示をしっかりと確認しましょう。

6.水を飲みましょう。

清涼飲料水、スポーツドリンクが糖の過剰摂取の大きな原因である場合が多いようです。飲み物を水に切り替えることで、糖の過剰摂取を減らすだけでなく、健康にも良い影響をもたらします。

7.「ネオガード」を摂りましょう。

「ネオガード」に含まれている高質の抗酸化物質は、酸化とAGEsによるダメージを軽減します。

8.「ネオパック」「ネオセル」を摂りましょう。

これらに含まれているビタミンB6は、タンパク質と糖が結合する初期の段階で合成を阻害する作用を持ったビタミンであることが、臨床的に示されています。AGEs がどんなに健康に有害であることを知らない方も多いと思います。食品メーカーは、これまで何十年も、製品の風味を高めて売るために美味しそうな色に焼けた食べ物を提供してきました。そこにAGEsが含まれていても、私たち消費者に知らせることは決してありません。

Brain Essential Set

 

(ネオセルとネオパックがセットになった、脳の必須栄養素セット)

老化を遅らせ、様々な病気のリスクを減らすためにも、これら8つのヒントを参考にされることをお勧めします。「ネオガード」やその他の栄養補強を活用して酸化ダメージを減らし、いつまでも健康で若々しくお過ごし下さい。

なお、AGEs(終末糖化産物)に関する日本語での詳しい説明は、こちらをご参考ください。 http://www.age-sokutei.jp/

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.