Quest Group クエストグループ

日本が直面しているアルツハイマー病の大流行

日本では、460万人以上の認知症患者がいます。そして、この数字は、人口の高齢化に伴い、大幅に上昇すると予測されています。世界的には、少なくとも4400万人が認知症であり、対処しなければいけない世界的な健康危機を作りだしています。

 

アルツハイマー病とは何か?

アルツハイマー病は、重度な記憶障害と最終的に死をもたらす、慢性型の認知症です。多くは適切なケアで20年は生きることができますが、アルツハイマー病の平均寿命は約8年です。

 

アルツハイマー病の危険因子

アルツハイマー病の危険因子には、遺伝的なもの、環境的なもの、そして食事の要因があります。特定の疾患もまた、リスクを高めます。例えば、糖尿病の人はアルツハイマー病のリスクが最大65%も上がります。

 

主な食事の危険要因は、多くの加工食品に含まれるトランス脂肪酸(ラベルにはマーガリン、ショートニングなど半硬化油として記載)です。また、加工食品に含まれる神経毒素も食事からの要因です。ビタミンB6や葉酸、ビタミンB12が不足してもアルツハイマー病のリスクは増加しますが、加工食品は、ビタミンやミネラルも不足しています。

 

主な環境要因には、喫煙、肥満、フッ化物やアルミニウム、水銀の暴露があります。

dementia

アルツハイマー病を防ぐ方法

幸運なことに、アルツハイマー病の発症の可能性を減らす方法があります。以下に示す、簡単な生活習慣の変化が、60代を過ぎても、あなたの脳が最適に働く状態を維持することを助けてくれます、

  • 野菜、特に緑色の栄養価が高い野菜を食べましょう。
  • 砂糖を避けましょう。
  • 「ネオパック」に含まれているような、高品質のオメガ3のサプリメントを十分に摂る。魚のほとんどは、オメガ3は豊富ですが、水銀に汚染されているので魚そのものを多く摂るのは避けたほうがいいでしょう。
  • 水銀を避けて、体内から水銀を取り除きましょう。歯の治療で使用されるアマルガムの詰め物は、取り除くまでは、どんなに健康でも、水銀の主要な汚染源になります。「ネオクレンズ」で体内の水銀をクレンジングしましょう。
  • 制汗剤、調理器具などからの、アルミニウムの摂取を避けましょう。体内に蓄積したアルミニウムを「ネオクレンズ」で除去しましょう。
  • 高濃度のビタミンBと脳の必須栄養素を含んでいる「ネオセルプラス」で脳の栄養を改善しましょう。
  • 1週間に3〜5回は運動しましょう。20〜60代を対象にしたある研究によると、運動をしない人たちは、アルツハイマー病の発症の可能性が約4倍に上がります。
  • 水銀とアルミニウムが両方含まれているインフルエンザの予防接種はやめましょう。
  • 野生のブルーベリーには、アントシアニンや抗酸化物の含有量が高く、アルツハイマー病や他の神経疾患を防ぐことが知られています。これと同じ抗酸化物が「ネオガード」と「ネオガードチュアブル」にも含まれています。ちなみに、「ネオセルプラス」にはブルーベリーが入っています。
  • 日々、挑戦する気持ちを持ちましょう。旅行したり、楽器の演奏を習ったり、クロスワードパズルを解いたりするなどの、精神的な刺激は、アルツハイマー病のリスクの低下と関連しています。

 

「ネオセルプラス」http://www.questgrp.net/jp/neocellplus/

「ネオガード」と「ネオガードチュアブル」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.net/jp/our-products/

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.