Quest Group クエストグループ

Archive for December, 2017

  • クロレラ:体の毒素を食べてしまうパーフェクトに近い食べ物


    数々の研究により、クロレラが40以上の症状を予防または緩和に役立つ能力がある証拠が得られました。以下がそのうちの6つです。 高血圧 貧血 糖尿病 急性ストレス 線維筋痛症 肝臓がん   クロレラは世界で最も多く研究されている藻のひとつです。また、健康への効果が驚異的な範囲に及ぶことより、しばしば「ほぼ完璧な食品」と呼ばれます。毒素に結合し、体の外に運ぶことにより体を解毒する能力がよく知られていますが、クロレラはさらに多くのすばらしい性質を持っています。   クロレラの健康上の効用のすばらしい点 クロレラは「すばらしい栄養分」という説明そのものです。この緑の藻に関連した健康上の効用の例を、いくつか以下に示します。 体から有毒な金属を除去する 神経組織を修復する エネルギーを増加させる 免疫系を強化する 血糖値を正常にする 腸のpH値を健康にする。(これは、善玉菌の増殖を助けます。) 消化を改善する   クロレラが予防または治癒する可能性のある6つの健康状態 クロレラはたくさんの健康状態について調べられてきました。そして今もなお研究は続けられています。以下は、クロレラが特に効果がある、6つの一般的な健康問題や病気です。   解毒 いくつかの解毒サプリメントは単純に細胞や組織から毒素を放出する一方、クロレラは、特に有毒な金属に結合し、それらを全身から外に出すのが巧みです。クロレラに含まれるクロロフィルもまた、重金属の解毒を助けます。 インスリン抵抗性–クロレラにはフルクトースにより誘発されたインスリン感受性を改善する能力があることを研究者は発見しました。過剰のフルクトースの摂取は、インスリン抵抗性と2型糖尿病の原因になります。動物実験で、ラットに4週間フルクトースが豊富な餌を与えたあと、5日間1日3回クロレラを与えました。その結果、上昇したブドウ糖とインスリンの値は正常に戻りました。 糖尿病-クロレラは、1型糖尿病のラットのインスリン感受性とブドウ糖の取り込みを改善することが分かりました。著者らは、クロレラの血糖降下の影響は、肝臓とヒラメ筋でのブドウ糖の取り込みが改善するためであることを示唆しています。 高血圧−二重盲検プラセボ対照研究の結果より、クロレラは明らかに血圧の正常高値と境界域高血圧を下げる可能性が示唆されています。 妊婦の貧血、蛋白尿、浮腫−妊娠により生じる高血圧と貧血は一般的なものですが、危険なことがあります。これらの状態の初期の原因のひとつは、女性の栄養状態です。クロレラの、葉酸、ビタミンB12、鉄の高い含有量が、これらの2つの状態を改善するのに役立つことが研究で明らかになりました。(著者は次のようにまとめています。「クロレラのサプリメントは、妊婦のための葉酸、ビタミンB12、鉄の自然な供給源として役に立つだろう。」) 線維筋痛症(リウマチ)– 個々の結果は様々ですが、もし線維筋痛症に苦しむならば、クロレラを検討する価値はあります。クロレラにより、線維筋痛症と診断された患者の疼痛の強さが22%下がりました。 肝臓がん−もうひとつの研究で、クロレラがラットの肝臓がん細胞の細胞死(アポトーシス)を引き起こすことが発見され、クロレラが肝臓がんの予防に有用である可能性が示唆されました。   クロレラ−強力な解毒剤 重金属の毒性は、現代、化学物質の毒性と同様、最も差し迫った健康被害のひとつになっています。クロレラが非常に役に立つところです。有害な重金属と結合し、体から安全に排泄するクロレラの能力は、十分に確立されています。水銀の大半は、大便を介して除去されるため、特に全身の水銀除去に重要です。一度、水銀の負担が腸から少なくなると、すぐに他の組織の水銀が、クロレラが除去作業をする場所である腸内に移動してきます。 浄化反応(好転反応)が起こることがありますので、注意してください。体が解毒し始めると、まず多少の吐き気や軽い下痢を経験するかもしれません。これらの症状があまりにも大変な場合は、最初は少量から始めて、その後ゆっくりと容量を増やすほうがいいかもしれません。体が毒素を浄化したときには、浄化反応は消えはじめます。   クロレラの効果を決定する重要な詳細 クロレラの解毒能力の鍵は、その膜の中にあります。しかし、クロレラの繊維状の細胞壁は実際には人間には消化できません。このようなわけで、ほとんどのクロレラ製品はクロレラを消化しやすくする事実を記載するため、「破壊された細胞壁」と言う言葉を使用します。 クエストグループのクロレラは、オーガニックで、かつ非遺伝子組替えの認証を受けています。体内で利用をより可能にするため、細胞壁を壊しています。生のホールフードを維持するために低温で加工され、私たちのGMP認定の工場で生産されています。 クロレラは間違いなく食品ですが、そのすばらしい健康への効果の鍵を開けるためには適切に加工する必要があります。毒素の負担を減らしたい、特定の健康問題を予防したい、または、ただ単に全体の栄養状態を強化したいといったいずれの場合も、クロレラを健康的な食事に追加すればいいでしょう。クロレラは、「ネオクレンズ」のすばらしい原材料のひとつです。         これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら     クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 12月に新刊が出ました。           […]

    Read More
  • 年末年始を楽しく健康に過ごすコツ


    年末年始は、 クリスマスパーティー、忘年会、お正月、新年会と いろいろな行事で何かと忙しい時期です。 外食も多いことと思いますが、 どうしても暴飲暴食をしがちです。 楽しく過ごしたいところですが、 どうしても健康管理がおろそかになりがちですね。   年末年始は、 いろいろな行事で飲んだり食べたりする機会も多く、 健康管理がおろそかになりがちです。 この時期を楽しく、健康的に過ごすコツをご紹介します。 ぜひ参考になさってください。   1. お水を十分に飲みましょう これはアルコール類をたくさん摂取する時は 特に重要です。 それは、アルコールを摂取すると頻尿となり、 体内の水分が不足しがちになるためです。 アルコール類の飲み物を一杯飲むごとに、 コップ1杯半程度のお水を飲むようにしましょう。   2. 十分に睡眠をとりましょう 十分な休養をとることは健康維持のために欠かせません。   3. パーティーや会合前に何かを食べて行きましょう 赤味の肉、魚、またセロリ、りんご、豆類、キャベツ、 ほうれん草などの 繊維の多い食べ物を摂ってから参加しましょう。 そうすれば、砂糖がたくさん入った物などを あまり欲しなくなります。   4. 食べ過ぎに注意しましょう 食べる量を決めておき 自分で制限することが重要です。   5.  ヘルシーな食べ物を持参しましょう パーティに行くときは、 シンプルな生野菜の盛り合わせ、 果物などの健康的な食べ物を持って行きましょう。   6. 肝臓を大切にしましょう この時期は特に柑橘系の果物を たくさん食べましょう。 過剰なアルコール、脂肪、砂糖などを 消化するのを手伝ってくれます。 天然の抗酸化ビタミン剤「ネオガード」も 積極的に摂取しましょう。 抗酸化ビタミンは、肝臓の働きを向上させ、解毒するのを助けます。   7. 脳をサポートして、気分を向上させましょう アルコールと砂糖は脳にダメージを与えます。 脳に必須の栄養素が入っている 「ネオセルプラス」で栄養補強することは大切です。 […]

    Read More
  • 年末年始のお休みと配達について


    年末年始のお休みと配達について ★年末年始は、日本サポートセンター、 日本通運、日本税関の業務がお休みとなり、 平常よりご注文から配達まで時間がかかりますので、 余裕を持ってお早めにご注文手続きをお願いします。 12月がお誕生月の方は12月28日(木)までに ご注文手続きをお願いします。 お誕生日月のポイントが2倍になる 「バースディクラブ」のご登録はお済みでしょうか? まだの方はぜひこの機会にどうぞ! 年末年始休暇12月29日(金)から1月8日(月)まで サポートセンターとユーザーグループは お休みさせていただきます。 この間はWEBショップ FAXのご注文は受け付けておりますが、 製品の発送は1月9日(火)からになります。 尚、FAXとクレジットカード以外のご注文の受注処理、 銀行振込の入金確認については 休暇明けの営業日からとなります。 年末年始の配達について 1)12月22日(金)までのご注文は 平常通り7~10日でお届けできます。 年内発送をご希望の方は 22日(金)までにお振込の完了をお願いします。 2)12月23日(土)~1月8日(月)の間の ご注文についての製品の発送は、1月9日(火)から開始します。  

    Read More
  • 免疫力を高め、病気を防ぐ、3つのステップ


    冬にインフルエンザや風邪などにかからない方法は と尋ねると、多くの人が以下の3つの回答をします。   ①インフルエンザの予防接種をする ②公共の場でマスクをする ③頻繁に手を洗う   正解は? ①インフルエンザの予防接種は効果がありません。 効果があるどころか体をダメージします。 ②マスクをする、③手を洗うというのはよい回答ですが、 風邪やインフルエンザへの最善の防御法は先のリストにはありません。     私たちは自分の体を防御する驚異的な能力をもっています。 免疫システムは、毎日身体に侵入する、 数百万というバクテリア、微生物、ウイルス、寄生虫などを 体から守っているのです。 これらの侵入については、 ほとんどの場合意識していないものです。 毎回、何かを食べる、飲む、触る、吸い込むことにより、 私たちはこれらが体内に侵入するという危険に犯されるのです。 あなたが意識しなくても、体はこれらが体内に侵入しても、 しっかりと未然に防いでくれているのです。   私たちの免疫システムの仕事は、 これらの侵入者(物)から体を守ることです。 免疫システムは、 特に以下の3つのことをして体を守ってくれます。   ①体に入ってきたバクテリアやウイルスなどから 体を守るよう、バリアを張る。 外側のバリアは、皮膚や粘膜です。 ②バクテリアやウイルスなどが体内に侵入してしまった場合、 免疫システムはそれらを認識し、 体内で増殖する前に除去する。 これは、腸内でおこります。 私たちの免疫物質の80%以上が腸内でつくられているのです。 ③バクテリアやウイルスが体内で増殖し、 問題を起こし始めると免疫システムは防御に入り、 それらと戦う物質を送りだします。   私たちは以下の時に病気になります。 ・皮膚や粘膜が乾燥し、弱くなった時 ・体が疲れて、あなたを守る免疫システムも疲れている時 ・体が免疫システムを再生できる栄養素が不足している時 ・腸内の悪玉菌が、善玉菌より多くなった時   体に免疫システムを作るのに必要な必須栄養素が揃った時に、 体は最高の武器を持つことができるのです。 これは、軍隊に例えると分かりやすいかも知れません。 また十分な睡眠を取った時に、 最高の状態で外敵と戦うことができるようになります。   しかし、もしあなたがジャンクフードばかり食べていたとしたら、 […]

    Read More
  • 12/14 脳をより賢く、強く、幸せにする5つのステップ ~2018年を最高の年にする秘訣~


    いよいよ今年も師走となりましたが、 あなたは来年の目標をもう設定していますか?   毎年年の初めに新しい目標を掲げても、 どれくらいその目標を達成するために 行動を継続できているでしょうか?   また皆さんが掲げる新年への目標は、 多くの場合、必ずしもあなたの健康状態を 良好にするものでないことも多いのでは・・・?   しかし、ドクター・ギブソンの オンラインセミナーを受講すると あなたの健康状態が 長期的に改善する方法を学ぶことができます。   2018年が、 あなたとって最高の年になったら 素晴らしいですよね? より健康で、賢く、幸せになれるとしたら? では、その最善の方法は?   それは、脳を最善の状態にすることです。   アメリカの脳神経科医/自然療法医師である ドクター・ギブソンは、 今まで非常に多くの人々の脳の状態を 改善するよう導いてきました。   健康で幸せな人生を送るには、 脳を健康にし、強化することが鍵なのです。   このオンラインセミナーは、以下のような方を対象にしています。 より健康になりたい もっと賢くなって、仕事や勉強ができるようになりたい もっと幸せになりたい 記憶力を改善したい ブレインフォグを減少させたい 記憶力を向上させたい このオンラインセミナーでは、 ドクター・ギブソンがあなたの脳を 最高のコンディションにする 5つのステップを伝授します。   あなたもこのオンラインセミナーに参加して、 2018年を最高の年にしませんか? 簡単で、誰でも実践できる5つのステップを実践し、 あなたの脳を健康にし、 最高のパフォーマンスができるようにしましょう。   セミナー受講後、新年まで約2週間あります。 しっかり今年のうちから新しい習慣を実践し、 新年を最高の状態で迎えましょう。   では、あなたの素晴らしい新年を前祝しましょう。 […]

    Read More
  • インフルエンザワクチン 健康への重大なリスクを知っていますか ?


    インフルエンザワクチンは、 毎年妊婦や子どもも打つよう奨励されていますが、 皆さんはワクチンとはどういうものかをご存知ですか?   すべての薬について、 そもそも「効くのかどうか」や 「安全なのか」という疑問があるのは当然ですが、 最初の「効くか」という質問については、 実はインフルエンザワクチンには インフルエンザを予防する効果はありません。 驚くべきことに、本当にないのです。 実際に、ワクチンで インフルエンザが予防されたということが 証明された科学的研究は1つもありません。   毎年シーズンの終わりにおいて、 ワクチンの有効性は58%以下であると聞いています。 その数字は何を 意味しているのかご存知でしょうか。 報告されているこの「有効性」の割合は、 その年を通じて使用されている インフルエンザ「抗原」が、 最も流行しているインフルエンザ感染症の種類と 一致しているかどうかという割合です。 ワクチンを推進する側は、 ワクチンが実際に患者に免疫力を与えるかどうかを テストすることさえしません。 実際、2014年に行われた有名な コクランレビュー*では、 インフルエンザのワクチン接種により 「インフルエンザによる 欠勤や入院日数において改善がない」 と述べています。   注:*コクランレビュー 1992年にイギリスの国民保健サービス (NHS) により、 根拠に基づく医療政策と実践、 またその定量的な評価の一環として始まり、 現在は国際NPOとして 治療と予防に関する医療情報を検証している。 http://www.cochrane.org/ja/evidence    インフルエンザワクチンは 実際にインフルエンザを予防するのでしょうか? 米国食品医薬品局(FDA)の ウイルス検査担当責任者であり、 ウイルス学者のアンソニー・モリス博士は、 インフルエンザウイルスについて 以下のように述べました。   「これまでに開発されたインフルエンザワクチンが、 インフルエンザの攻撃を 予防または緩和するのに効果的であるという […]

    Read More