Quest Group クエストグループ

Blog

  • 免疫力を上げる食べ物とは?


    免疫力を上げるこれらの食べ物を 風邪やインフルエンザの時期にたくさん食べましょう。   柑橘系 ビタミンCが豊富に配合されています。 ビタミンCは、免疫システムを100%機能させる、 ナンバーワンの食べ物であることをご存知でしたか? ビタミンCは、白血球の生成を増やし、炎症と戦うのに鍵となります。   緑茶 フラボノイドという抗酸化剤の一種を非常に多く含んでいます。 また、EGCGというパワフルな抗酸化剤も含んでいます。 アミノ酸「Lテアニン」のよい源ともなっており、 これは、リンパ球の一種であるT細胞が、 ばい菌などと戦う物質を生成するのを助けます。   にんにく 自然の抗生物質と抗ウイルス剤。 にんにくは、新鮮なものを細かくくだいて使用するのが 最善の方法である。   玉ねぎ ビタミンCを豊富に配合。 善玉菌の材料となる、 プレバイオティックを豊富に含んでいる。 デトックスに役立つ硫黄分も豊富に含んでいる。   マッシュルーム(キノコ類) 白血球を生成するのを助け、免疫システムを刺激する。   卵 細胞の粘膜に物質が入り込まないように防ぐ コリンを多く含んでいる。 ほうれん草 ビタミンCが豊富に含まれている。 抗酸化剤とベータカロチンも豊富に含まれており、 免疫システムの中の炎症と戦う細胞を増やすことが証明されている。   緑黄色野菜 これらは栄養素がもっとも多く配合されている食べ物です。 免疫システムに必要な全ての必須栄養素が含まれています。   赤ピーマン ビタミンC, Aなど 健全な免疫システムをサポートする幾つかの栄養素が 豊富に含まれている。   シラントロ(香菜)コリアンダー 葉は、ケルセチンなどの幾つかの抗酸化剤を豊富に含む。 デトックスをするのに素晴らしいハーブ。 ビタミンKなど、ビタミンを豊富に含んでいる。   オレガノ 非常にレベルの高い抗酸化剤と抗菌物質を含む。 伝統的に、消化器官、呼吸器系を良好にし、 […]

    Read More
  • にきび、疲労、頭痛?あなたに足りないミネラルは亜鉛かも?


    たくさんある亜鉛の効果 亜鉛の健康上の利点について考えたとき、 おそらく最初に免疫力の強化を思いつくでしょう。 ネオガードのような亜鉛のサプリメントは、 風邪やインフルエンザの予防や、 実際にかかったときに、私たちの多くが最初に手に取るものであり、 その理由は正しいのです。 亜鉛は、免疫力を高めるのに必要なミネラルです。 しかし、この重要なミネラルの効果は、風邪予防だけにとどまりません。 亜鉛は、あなたの脳にも不可欠なミネラルです。 学習したり、記憶を強化したり、 気分を調節するのを助けるために必要なのです。 その他にも、心臓の健康を高めたり、 糖尿病やガンのリスクを下げたり、 胃腸の機能を助けたり、 リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)を減らしたり、 運動能力を向上させたり、 ホルモンの健康や生殖能力をサポートすることまで明らかになっています。 しかし残念ながら、 ほとんどの人が、この重要な栄養素が十分に摂れていません。 世界保健機構によると、 世界の人口の1/3にあたる約20億人以上が亜鉛不足であると言われています。   亜鉛不足の主な原因の一つは、穀物が豊富な食生活です。   穀物に含まれる亜鉛結合体が亜鉛不足を引き起こす 反論する化学的証拠が出ているのも関わらず、 穀物を基本とした食品が 健康な食生活の基盤として推奨されています。 残念なことに、穀物を基本とした食生活は、 銅やリグナン、フィチン酸を多く含んでいて、 亜鉛の吸収や生物学的利用能を劇的に減らしてしまうのです。 また、穀物を基本とした多くの食品が、 表記上の栄養価を改善するために、 亜鉛が配合されています。 しかし、亜鉛を配合した食品は、血 清中の亜鉛の濃度を上昇させない(体内に吸収されない)ことが 研究で明らかになりました。 配合に使われる亜鉛は無機ミネラルであり、これは吸収が悪いのです。 また、生活習慣の要因や、 あなた自身の健康状態でも、 体内の亜鉛の量が変わってくる可能性があります。   亜鉛不足になる生活習慣を送っていませんか? 砂糖、アルコール、カフェインや、 他の競合するミネラル(カルシウム、鉄、銅などを含む)の過剰摂取は、 全て体内の亜鉛の量を減らすと共に 体内の亜鉛の消費量を増やしてしまいます。 ストレス、感染症、胃酸の低下や特定の医薬品も同様です。 妊婦や授乳中のお母さんは、 亜鉛の量を特に気をつける必要があります。 亜鉛不足は、一般的に妊娠後の体の変化に関連しています。 また、妊娠中の亜鉛不足は流産や出生体重の低下に、 授乳中の亜鉛不足は子どもの発育不良につながるため、 亜鉛が非常に重要なのです。 […]

    Read More
  • 今だからこそ高めておきたい免疫力アップの秘訣


    私たちは自分の体を防御する 驚異的な能力をもっています。 免疫システムは、 毎日身体に侵入する、 数百万というバクテリア、微生物、ウイルス、寄生虫などを 体外に撃墜しているのです。 これらの侵入については、 ほとんどの場合、 私たちは意識していないものです。 毎回、何かを食べる、飲む、触る、吸い込むことにより、 私たちはこれらが体内に侵入するという 危険に犯されるのです。 あなたが意識しなくても、 体はこれらが体内に侵入しても、 しっかりと自動的に防いでくれているのです。 私たちの免疫システムの仕事は、 これらの侵入者(物)から体を守ることです。 免疫システムは、 特に以下の3つのことをして体を守ってくれます。 1) 体に入ってきたバクテリアやウイルスなどから 体を守るよう、バリアを張る。 外側のバリアは、皮膚や粘膜です。 2) もし、バクテリアやウイルスなどが 体内に侵入してしまった場合、 免疫システムはそれらを認識し、 体内で増殖する前に除去する。 これは、腸内でおこります。 私たちの免疫物質の80%以上が 腸内でつくられているのです。 3) バクテリアやウイルスが体内で増殖し、 問題を起こし始めると 免疫システムは防御に入り、 それらと戦う物質を送る。 免疫システム維持するのに、 どのようにサポートしますか? 強力な防御をとりましょう。 ネオガードは、 すばらしい抗酸化物質のフォーミュラです。 抗酸化物質は、 細胞がフリーラジカルの影響を受けるのを防御し、 感染と闘う能力を改善します。 ネオガードはあなたの免疫力を高める スーパーブースターと言えるでしょう。 ビタミンC ビタミンCは、肌に強さを与え、 細菌と接触するどんな傷も治す、 結合組織のコラーゲンを作ることで肌を守ります。 ビタミンCは白血球の産生の増加を助け、 感染と闘う鍵になります。 また、ビタミンCは 体の主要な抗酸化物質である グルタチオンの産生に必要です。 ネオガードには、 ビタミンCが1日の摂取推奨量の 500%含まれています。 […]

    Read More
  • 予防接種は安全で有効か?~絶対に知っておきたい予防接種についての事実


    予防接種とワクチン     この話題については これまで、たくさんの議論が繰り返されてきています。   政府は、予防接種は安全で有効だと言い、 また、その一方では、一部の科学者や親たちが、 予防接種は危険で時には死を招くと言っています。     ・あなたはどちらを信じますか? ・予防接種について事実を知っているでしょうか? ・予防接種に何が入っているか知っていますか? ・子どもに予防接種を受けさせる前に、 あなたはきちんと事実を調べているでしょうか?   もしかしたら、あなたの子どもが 生涯ワクチンの影響を受けたまま 生きていかないとならない状況になるかも知れないのです。   ですから、このオンラインセミナーを受講して しっかりと予防接種について学んでください。   そして、予防接種について 適切な判断ができるようになりましょう。   アメリカの脳神経科医/自然治癒医師であるドクター・ギブソンが、 以下についてお話します。   予防接種についての研究と偽り 予防接種の危険性   多くの人が持っている2つの質問に回答します。   予防接種は効くのか? 安全なのか?   今まで予防接種で、 多くの子どもたちが永久的なダメージを受けています。   そのような子どもたちを どのように改善させるかについての 基本的なステップについてもアドバイスします。   ドクター・ギブソンのオンラインセミナーに登録された方には、 ドクター・ギブソンのワクチン・予防接種基本ガイドをプレゼントいたします。   登録はこちらからどうぞ   無料オンラインセミナーのご案内   11月17日(金)10:00- ワクチンは、安全で有効なのか?  それとも危険で死を招くものなのか?   […]

    Read More
  • スーパーフード界で話題のスピルリナとは?


    スーパーフード界で最も栄養素が満載の、 発電機のようなユニークな淡水植物があります。 この絶賛のスーパーフードは「スピルリナ」です。   スピルリナは、 ダルス、ケルプ、ノリ、昆布、アラメ、ワカメなどの 海藻と構造が似ている淡水性藍藻類の品種です。 しかし、スピルリナは、海藻より簡単に消化でき、 よりすばらしい栄養の生物学的利用能があることが示されています。   スピルリナは、栄養素が高密度に含まれており、 非常に利用可能な豊富なタンパク質のすばらしい供給源です。 スピルリナは、重量の最大70%のタンパク質と、 全ての必須アミノ酸が含まれています。 スピルリナのタンパク質は、 牛乳、卵、牛肉などの最高のタンパク質源に匹敵します。 しかし、スピルリナは、 一般的にこれらのタンパク質より非常に少ない量で使われるため、 通常サプリメントとは考えられますが、 タンパク質の代替品とは考えられません。 それでも、「完全な」タンパク質の最高の消化されやすい供給源なのです。   スピルリナは、以下の重要な植物栄養素も含んでいます。 • カロテノイド • 必須脂肪酸、心臓や関節の健康に役立つγリノレン酸(GLA)も含む • ビタミンB12 • 鉄、マグネシウム、カルシウム、セレン、亜鉛などのミネラル • スルホリピドや抗酸化酵素スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)   スピルリナの深い濃い色には、すばらしい天然色素の配列があります • クロロフィル(葉緑素)の緑 • フィコシアニンの青 • カロテノイドのオレンジ   スピルリナは、 フィコシアニン、βカロテン、ゼアキサンチンのような、 植物色素の最高の供給源のひとつです。 既存するなかで、最もβカロテンが豊富な食品のひとつ。 オレンジ色のカロテン(αカロテン、βカロテン、γカロテン)や 黄色のキサントフィルなどの、10の様々なカロテノイドが含まれている。   スピルリナの全身の健康を促進する、潜在的な効能は以下のとおりです。 • 重金属の解毒をサポートする • 正常な免疫反応を促進する • […]

    Read More
  • 驚きのブロッコリースプラウト


    母なる自然が最良の医師であり、そして食べ物が最良の薬であることは、何度も科学で証明されていますが、ブロッコリー、ましてやブロッコリースプラウトは、自然の最も価値のある健康促進の食べ物のひとつであることが何度も示されています。これらは、以下の健康問題を、予防または癒すことができます。 高血圧 アレルギー 糖尿病 変形性関節症 ガンの予防 胃、腸、皮膚、乳房、腎臓、前立腺、膀胱、その他多くのガンの腫瘍の縮小 スルフォラファン(SGS) 毎年、植物栄養素のガン予防の可能性についての何百もの調査研究が行われています。ブロッコリースプラウトとスルフォラファン(SGS)のガン予防効果は、今までに700以上の調査研究の対象になっています。SGSは摂取後少なくても72時間は継続して抗酸化作用を引き起こす解毒酵素です。また、SGSはビタミンCやE、βカロチンなどの他の抗酸化物の活性体の再生を促進します。ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーの最高100倍のSGSを含んでいます。   多くの病気は、体内に残る毒素が原因です。試験的研究ですが、東京農工大学と日本老化制御研究所の研究者が、ブロッコリースプラウトをちょうど1週間毎日食べた人たちは、善玉コレステロールのHDLが増加する一方、全体のコレステロールの量が減少したことを示しました。また、ブロッコリースプラウトのSGSは、フリーラジカルや重金属の毒で引き起こされる酸化ストレスや細胞破壊の量も減らすようです。   ジョンズホプキンス大学の科学者は、SGSの化学発がん物質や紫外線による損傷から網膜を保護する能力を研究しました。この損傷のプロセスは、目の黄斑変性につながる損傷の種類に類似しています。黄斑変性症は、高齢者の失明の主な原因です。   ブロッコリースプラウトは、どんな既知の食物よりSGSが含まれています。また、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツのような成熟したアブラナ科野菜を食べるときに、ほんの少しマスタードや大根、わさびでスパイスをつけることで、SGSを増やすことができます。ブロッコリーは強力な化合物であるSGSが最も豊富に入っているもののひとつですが、ブロッコリースプラウトはさらに多くのSGSが含まれています。   野菜のスーパースターであるブロッコリー ブロッコリーは頻繁に食べたほうがよい野菜であることは間違いありません。しかし、毎週十分に摂取できないこともあるでしょう。幸いなことに、ブロッコリーやスプラウトを、新鮮なものまたはサプリメントで食べるいずれかで良いというのであれば、とても簡単になります。   「ネオクレンズ」は、SGSが最高量含まれているブロッコリースプラウトの品種が含まれています。このサプリメント1日分に含まれるSGSと同量を摂るためには、500グラムのブロッコリーを食べなければいけません。私たちのオーガニックのブロッコリースプラウトは、空気や水に環境毒素がない制御された環境で生育しています。   「ネオクレンズ」には、クロレラやスピルリナ、小麦若葉などの他のスーパーフードも含まれています。ネオクレンズは、解毒だけでなく、防御や予防に優れたすばらしい製品です。

    Read More
  • 心身の浄化:腸クレンジング『スペースをクリアにする』を、しています^^*


    弊社のサプリメントをご愛用くださっている、 脳活メンタリング トレーナー キセキさんが 「でるもんね」で腸クレンジングをしている様子をブログにアップしてくださいました。 こちらでシェアのご快諾を頂いたので、ご紹介いたします。 キセキです^^*     4−5年ぶり??の腸クレンジングをしています^^*       100%天然のハーブで創られたファイバーや プロバイオティクス(腸内細菌のバランスを調整し、 身体に有益な働きをしてくれる生きた微生物)を摂ることで 宿便を出したり、毒素・老廃物の除去を促し 身体や機能全体をキレイにしてくれる腸のクレンジングです。         私は、今も血糖コントロールをしているので、 食事を抜く断食やファスティングはおこないません。   身体をキレイにしたい方で、 低血糖をお感じの場合は ファスティングや断食は禁物ですよ^^b   (※食事を抜く解毒法は、血糖不安定と栄養欠損を起こす原因となります。 かえって逆効果になり兼ねないので、なさらないことをおすすめします。)         と言うことで、私が愛飲している、 米・クエスト社さんの腸クレンジングは、 食事を抜くことなく、3食いつも通りの食事のままで腸のクレンジングが出来ます^^b       腸と脳はつながっているから、 腸がキレイになると、心理面もクリアになるのです。   ◎わたしの結果としては ・お腹が痩せて(20代の頃のような、お腹まっ平ら!) ・心理面での断捨離もありました^^*   (今年「4月:↑上」と、現在「9月:↓下」。) (あ、ちなみに、このクレンジングを始めたのは8月半ばから。今回は1ヶ月だけです^^*)         ただ、今回の目的は痩せるつもりではなかったのです。 […]

    Read More
  • 慢性炎症の危険性と症状を軽減させるためのヒント


    慢性炎症に注意しましょう =炎症と疾患との関連について=  慢性炎症は、 ガン、および心臓病など多くの疾患の原因であり、 死因にもつながっていますが、 慢性炎症とは何でしょうか。 皆さんはどのように理解していますか。 多くの人々は腫れ、 挫傷などの外から見える炎症のことだけを考えています。 それは急性炎症であり治療する必要があります。 炎症が継続する慢性炎症は、 ガン、心臓病、糖尿病、アルツハイマー病、 さらにはうつ病を含むほとんどの主要な疾患に関係しています。 炎症は体が有害な刺激を受けたときに起こります。 炎症は、あなたの体の毒素、 感染症および傷害に対する防御の第一線で出る症状です。 実際に健康を保つためには、 体内にあるレベルの炎症を起こす必要があるのです。 その起点となりやすいのが腸です。 腸が毒物等を認識したとき腸管を守るために炎症を起こしますが、 腸で起こった炎症が全身へ広がり疾患へとつながる場合があります。 残念なことに、 慢性炎症は実際の機能喪失が どこかで起こるまで症状として現れず、 気がつかないことがよくあります。 これは、慢性炎症は悪性度が低く全身性であり、 しばしば長期間に渡って組織を静かに損傷させるためです。 例えば血管に飛び火すれば動脈硬化が起きやすくなります。 この状態は、病気や状態が現れるまで、 あなたが気づかないうちに何年も続くことがあります。 同様に、脳内の炎症はアルツハイマー病において 役割を演じている可能性があります。 何年もの間、脳は血液脳関門、 つまり一種のセキュリティシステムを内蔵しているために 炎症は及ばないと考えられていました。 しかし、科学者は免疫細胞が弱っている時に 脳にも飛び火することを証明しています。 現代の世界では、私たちの体は 頻繁に高いストレスを感じているため免疫力が落ちると そういったことも起こりうるのです。 慢性の炎症は病気を引き起こすリスクがありますが、 それを減らす生活を選択することができます。 喫煙、肥満、過剰な砂糖消費、 慢性的なストレス、アルコールの過剰投与など、 多くのライフスタイルが 細胞の炎症に関与していることが示されていますが、 幸いこれらは自分で制御することができ、 小さな改善でも炎症を軽減するのに役立ちます。 食事は、健康的な生活を送れるかどうかを 決定する要因の8割程度を占めています。 炎症を起こすようなものを食べていないか チェックすることが大切です。 食物成分が炎症を引き起こしたり、 逆に予防することができることを認識することは重要です。 例えばトランス脂肪および糖 […]

    Read More
  • 腸から始まる脳の健康


    腸内細菌の微生物叢(ビセイブツソウ)*は、 私たちがどのように考え、感じるかを左右する 重要な役割を果たします。 あなたの腸の健康は、 あなたの脳の健康、幸福、 そして長生きできるかどうかを決定します。 腸内細菌が人の健康に影響することは 誰もが知っており、 多くの人々はそれがアレルギー、 消化、免疫機能に影響を与えることも分かっていますが、 私は今回まだ広く理解されていないことについて お知らせしたいと思います。 神経学者でありまた科学者として、 私は長年微生物が 人間の脳にも影響を与えることを観察してきました。 腸と脳とのつながりは強く、 私たちの精神的健康と寿命は、 活気に満ちた多様な微生物叢により決定されています。 *微生物叢 人体に生息する細菌の集まりを意味します。 私たちの体には約100兆個の細菌や その他の微生物が生息しています。 私たちはこの膨大な微生物群に依存して生きています。 微生物叢は私たちを病原菌から守り、 食品をビタミン、酵素、脳の化学物質などの 利用可能な分子に再構成しています。 私はようやくこの話題に 関心が向き始めたことを嬉しく思っています。 この知識が有効に活用できるようになるまでには 長い時間と多くの労力が必要でした。 長い間の研究により、 私たちの微生物叢には 数千種類の細菌がいることが分かりました。 これらの細胞数は 我々の人間の持つ細胞よりも多いのです。 そしてプロバイオティクス(体に有益な細菌、善玉菌)が 適切に混在すると、 不安、自閉症、うつ病、その他の脳の問題の解決に 重要な役割を果たすことが明らかになりました。 自閉症患者と腸内細菌についての関係は、 最初に私の興味を引いたテーマです。 長年、ASD(自閉スペクトラム症)患者は 胃腸の問題にも苦しんでいることを 医師や親も知っていましたが、 それでも腸内微生物と 自閉症との潜在的な関係を調査するまでには 時間がかかりました。 自閉症児の母親から これについて研究をしてくれと 初めて懇願されたのは20年前でした。 研究したところ我々は、 自閉症者の腸内環境の微生物叢が 健康な人と大きく異なることを発見しました。 幼少からのワクチン、抗生物質、悪い食生活、 および合成食品添加物は […]

    Read More
  • 【動画】病気の根本原因「毒素」~潜在的な流行


    ✅ガン ✅糖尿病 ✅自閉症 ✅心臓疾患 ✅アルツハイマー病 ✅甲状腺疾患 ✅うつ   などあらゆる病気や疾患に99%共通している原因があるのをご存知ですか?   ほとんどの病気は、 毒素の過度の蓄積 体内への化学物質の蓄積 が根本的な原因です。   毒素を体内に入れない ため込まないこと で、命を奪う病気や危険な健康問題が起こらなくなります。 そして、病気の心配することがなくなります。 また病気の予防をすることができるのです。   毒素は、私たちの身近な食べ物、空気、寄生虫、ストレスなど 毎日触れているものから来ます。 過剰な毒物は、健康だけでなく、 その他のエリアにも影響しますが、 多くの人が全く無視してしまいがちです。   また、毒素によっては うまく体外へ排出されず、 体内に蓄積されるものもあります。   私のブログでよく話している、重金属などは、 体外へ排出されにくい毒素の代表です。 いくらいい食べ物を食べて、 サプリメントを摂取して・・・と健康に気をつけても、 体内に毒素が溜まっていると、栄養素が吸収できないのです。 どんなにいい食べ物も、 サプリメントも摂取してもあまり意味がないのです。   今回のオンラインセミナーでは ・ 日常私たちはどのように毒素に触れているのか? ・ 実はわたしたちの食べている物にも毒素はふくまれている? ・ 毒素によって、どのような危険が身体に起こるのか? ・ 自分の体内にどれくらい毒素が溜まっているかを調べる方法はあるのか? ・ 毒素をどのように除去できるのか? という点にフォーカスしてお話していきます。   ガン、自己免疫疾患、心臓疾患、糖尿病、 アルツハイマー病や認知症などの神経変性症、 脱毛症、吹き出物、体重増加、うつ、慢性疲労   ここにあげた疾患はほんの一部ですが、 これ以外の疾患、症状にお悩みの方も、 ぜひ、このオンラインセミナーにご参加ください。   […]

    Read More