Quest Group クエストグループ

脳の機能に有益なプロバイオティクス

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究者たちは、革新的な医師たちが、長い間疑問に思っていたことを解明しました。脳が腸に消化を刺激するシグナルを送っていることは、これまでに確立されていました。食べることを考えただけで、このシグナルは伝わります。しかし、今回のUCLAによる新しい研究では、この腸と脳のつながりが双方向であること、そして、脳と胃腸(GI)システムが密接に関連していることを示しました。そう、一つのシステムとしか見られないくらい密接だったのです。

UCLAの研究は、18〜55歳の女性を対象にして行われました。プロバイオティクスを摂取した人たちは、摂取しなかった人たちに比べ、脳内の連結が増加し、ストレス刺激に対して穏やかに反応することが、脳のスキャンによって示されました。ハーバード医学大学大学院による似たような研究や、世界中の他の主要大学がこれらの事実を確認しています。

これは何を意味するのでしょうか?
簡単に言えば、食べたものや脳の健康に基づいて、ストレスに対する耐性が増加し、ストレス下の状況でもよりよく対処できるようになるということです。

Brain and colon

プロバイオティクスは、良質なヨーグルトやケフィア、味噌汁などの食品に含まれています。また、クエストグループでは、「でるサポート」と「おなかサポートチュアブル」の2つのすぐれたプロバイオティクス製品があります。どちらも、有益な菌を完全に網羅する10種類のプロバイオティクスを含んでいます。

よりよい健康、知力、記憶力、そして病気の予防のために、脳を改善していきましょう。プロバイオティクスを加えることは、そのすばらしい第一歩になります。

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.