Quest Group クエストグループ

役立つ健康情報

  • 今年の夏は水着姿に自信あり 即効ダイエットの8つの秘訣


    いよいよ夏本番! これから、肌の露出度が増え、 プールや海で水着を着る機会も多くなります。 さて、あなたは、 水着を着る自信ありますか? 「ダイエットを頑張っているけど、 あともう少し痩せたい」 「ダイエットをしようと思いつつ、 ついつい忙しくて先延ばしに・・・」 などという方への朗報です。 今日は、すぐに数キロ落とせる、 とっておきの8つの秘訣をお届けします。 最も重要なのは、 食べる物や飲む物を上手にコントロールすることです。 1. 高カロリーの飲料を避ける フルーツジュース、ソーダ、 エナジードリンク、コーヒー飲料、 お茶など砂糖入りのものを避けましょう。 これらはお腹はいっぱいになりませんが、 カロリーが高く、 体内で早く脂肪に変わってしまいます。 多くの人の体重増加の第一の原因は、 砂糖入りの高カロリーの飲料を飲んでいることです。 2. 加工食品やファストフードを避ける これらの食べ物は非常にカロリーが高く、 さらに、体に悪い影響を及ぼす たくさんの化学物が含まれています。 これらの化学物は、ホルモンバランスを乱し、 体重増加の原因となります。 3. 良質の脂肪を摂る 良質の脂肪は体重増加の原因となるとは限りません。 次にあげる良質の脂肪は、 むしろ減量を助けてくれる食べ物です。 ナッツ類、アボカド、オリーブオイル、ココナツオイル、バター 4. 食物繊維はダイエットの味方 食物繊維を豊富に含む食品は、 大腸をきれいにして、 食べ物に含まれる栄養を糖分に変えるのを遅くします。 食物繊維を多く含む食品は、 りんご、なし、セロリ、キウリ、 ブロッコリー、緑黄色野菜などです。 5. アクティブになる 1日たった30分だけでも、 体を動かしましょう。 体力を強化する運動と 有酸素運動を交互に行うと、 もっとも効率よく脂肪を燃焼してくれます。 6. 飢餓状態にならない 最低でも1日3回食べましょう。 […]

    Read More
  • 子どもにデトックスは必要か?


    ホリスティック栄養士マキャナのヘルシー・リビング もし数十年前に、 「子どもには解毒が必要?」 と質問をされていたら、 私は 「子どもたちは毒素が蓄積する時間があまり長くないため キレイなので、解毒は不要」 と答えていたでしょう。 しかし、最近、私たちが目にする有害な化学物質のレポート、 その多くはFDA(米国食品医薬品局)による検査を受けていません。 これらの化学物質はどこにでも存在し、 毎日、食べたり、飲んだり、呼吸したり、 使用する全てのものに入っています。 今日の子どもたちは100年前に比べ、 間違いなく多くの化学物質の害を受けています。 子どもの病気、糖尿病や精神病の例が増えているのも 不思議ではないのです。 子どもたちに溜まった毒性は、 以下のいずれかの症状で出てくることがあります。 便秘、大量の発汗、頭痛、発疹、歯茎からの出血、 筋肉や関節の痛み、呼吸困難、集中力と記憶の問題、 原因不明の感情の落ち込みなど。 私たちは子どもたちから この化学物質を取り除きたいと思っていますが、 子どもの解毒には体に優しいアプローチが必要です。 以下に挙げるのは、子どもたちの解毒に 素晴らしい効果がある5つの方法です。   1.親がコントロールできるところはコントロールする 私たちは空気中の汚染や環境要因をコントロールすることはできませんが、 コントロールできる有害物質については、 一切使用しないようにしましょう。 例)箱やパックに入った加工食品、 精製した穀物や砂糖、殺菌した乳製品、水素化した油や揚げ物など   2.カラフルな食事をとる 可能な限り子どもたちに以下のものを食べさせましょう 生の野菜 生のフルーツ 玄米/発芽した全粒穀物 蒸した野菜 水1リットル(ろ過したもの) 野菜ジュースまたはグリーンスムージー   3.食事に栄養を補強する 私たちの食べ物の質は100年前に比べて良くありません。 以前は、土壌も今より豊かでした。 そこで、子どもたちも高品質のマルチビタミンを摂ることが重要です。 私は「ネオガードチュアブル」と 「おなかサポートチュアブル」を毎日摂ることを強く勧めます (私の子どもたちはこれらの製品が大好きで、 毎日摂取しているので、 彼らはほとんど風邪やインフルエンザにかかりません)。 自然のカラフルな色の食べ物を多く含んだ食事に、 サプリメントを加えることで、 […]

    Read More
  • ホールフーズ VS 加工食品?


    食品添加物がもたらす健康へのリスク   現代は、生産技術や流通システムの進歩により、 100年前にはなかった便利なものが 多数手に入るようになり、 非常に便利な世の中になっています。   食べ物に関して言えば、 農業の効率化で生産高が増え、 加工食品が生まれて、 包装技術も進んだので、 腐らせることもなく、 世界中に輸出することもできるようになりました。   しかし、食べ物の大量生産が始まるにつれ、 大きな問題が生まれるようになりました。 それは、大量の添加物が使われた加工食品が 想像以上に大きな健康被害をもたらしているということです。   加工肉(コンビーフ、ソーセージ、ベーコン、ハムなど)は 結腸直腸ガンのリスクを高めるという説があり、 このガンは、アメリカで2番目に多い死亡原因となっていて、 毎年57,000人が亡くなっています。   保存料、着色料、着香料の入った加工食品は、 様々なタイプのガンと関係があるとも言われています。   トランスファット(脂肪酸)注1は、 心臓病を引き起こし、免疫機能に悪影響を与え、 体に炎症を起こしやすくなるため、 ガンとの関連が指摘されています。   また、着色料は、甲状腺腫瘍、膀胱ガン、 副腎と腎臓のガンなど、 数限りない問題を起こすという説も有名です。   ホールフーズとは?   ホールフーズとは、 加工されていない、 精製されていない(例:全粒粉を使ったパンなど)食べ物、 または、加工や精製がされていたとしても 最小限の食べ物のことで、 果物、野菜、豆、ナッツ、ハーブ、スパイス類、 魚、肉、卵、ナチュラルチーズなどのことを指します。   つまり、その昔、人間が狩りをしたり、 魚釣りをしたり、 木の実を集めて食べ物を得ていた頃の 食べ物だと考えると分かりやすいと思います。 でも、よく見ると、今でもそういう食べ物はあるのです。   ホールフーズは、 栄養たっぷりで、 加工食品のようにカロリーは多くはありません。 […]

    Read More
  • 日本女性の死因No.1は大腸がんである


    私たちは皆便秘を経験したことがあるはずです。 しかし、もし便秘が日常的だったり、 または便が小さかったり、 細かったり、 緩かったり、 硬かったりするならば、 あなたの腸は あなたに何かを伝えようとしているのかもしれません。 お腹が緊張している状態は正常ではありません。 不十分な食生活や水分摂取が、 硬い便になって表れているのです。   腸は体のクレンジング器官の一つです。 良好な健康のためには不可欠なものです。 腸の最も重要な仕事は、 便を取り除くことです。 食べかすと毒素を、体から取り除くのです。 少なくても1日1回はお通じがあることが重要です。 健康な人は1日2〜3回お通じがあるでしょう。   もしお通じが1日1回もないならば、 あなたの体には宿便が溜まっています。 腸は体から毒素や老廃物を 取り除いてくれる主要な臓器なので、 便を腸内で腐食させることは、 全体的な健康にとって、 最も大きな脅威の一つになります。 慢性の便秘は、万病のもとです。 腸内の宿便が長く留まるほど、 毒性も増していきます。 腸内に宿便が留まると、 それらは腐敗し始めます。 そして、それらの毒素を 腸が再吸収してしまうでしょう。 また、この有毒な環境はガンが作られる最適の場所です。 古い宿便が腸内にある場合、 体は腸から得る必要がある全ての物質の 吸収も止めてしまいます。 腸は、ナトリウムやさまざまな塩を吸収し、 カリウムを排出しています。 また、300〜1000種類の腸内細菌の住処であり、 ビタミンKやビオチンを作り出す場でもあります。 腸の健康は、 体が必要な栄養素を得るのに不可欠なのです。   大腸がんを予防する最初のステップは、 腸をクレンジングすることです。 宿便が溜まり、毎日排泄されずにいると、 腐敗して有毒な環境を作り出します。 これはガンが形成されるのに最適の状態です。 でるもんねプログラムは 完全に腸をクレンジングしてくれます。 全ての宿便や老廃物を排泄します。 腸クレンジングと解毒は、 多くの人々が本来もつ […]

    Read More
  • クロレラ:体の毒素を食べてしまうパーフェクトに近い食べ物


    数々の研究により、 クロレラが40以上の症状を予防 または緩和に役立つ能力がある証拠が得られました。 以下がそのうちの6つです。 高血圧 貧血 糖尿病 急性ストレス 線維筋痛症 肝臓がん   クロレラは世界で最も多く研究されている藻のひとつです。 また、健康への効果が驚異的な範囲に及ぶことより、 しばしば「ほぼ完璧な食品」と呼ばれます。 毒素に結合し、体の外に運ぶことにより 体を解毒する能力がよく知られていますが、 クロレラはさらに多くのすばらしい性質を持っています。   クロレラの健康上の効用のすばらしい点 クロレラは「すばらしい栄養分」という説明そのものです。 この緑の藻に関連した健康上の効用の例を、いくつか以下に示します。 体から有毒な金属を除去する 神経組織を修復する エネルギーを増加させる 免疫系を強化する 血糖値を正常にする 腸のpH値を健康にする。(これは、善玉菌の増殖を助けます。) 消化を改善する   クロレラが予防または治癒する可能性のある6つの健康状態 クロレラはたくさんの健康状態について調べられてきました。 そして今もなお研究は続けられています。 以下は、クロレラが特に効果がある、6つの一般的な健康問題や病気です。   解毒 いくつかの解毒サプリメントは単純に細胞や組織から毒素を放出する一方、クロレラは、特に有毒な金属に結合し、それらを全身から外に出すのが巧みです。クロレラに含まれるクロロフィルもまた、重金属の解毒を助けます。 インスリン抵抗性–クロレラにはフルクトースにより誘発されたインスリン感受性を改善する能力があることを研究者は発見しました。過剰のフルクトースの摂取は、インスリン抵抗性と2型糖尿病の原因になります。動物実験で、ラットに4週間フルクトースが豊富な餌を与えたあと、5日間1日3回クロレラを与えました。その結果、上昇したブドウ糖とインスリンの値は正常に戻りました。 糖尿病-クロレラは、1型糖尿病のラットのインスリン感受性とブドウ糖の取り込みを改善することが分かりました。著者らは、クロレラの血糖降下の影響は、肝臓とヒラメ筋でのブドウ糖の取り込みが改善するためであることを示唆しています。 高血圧−二重盲検プラセボ対照研究の結果より、クロレラは明らかに血圧の正常高値と境界域高血圧を下げる可能性が示唆されています。 妊婦の貧血、蛋白尿、浮腫−妊娠により生じる高血圧と貧血は一般的なものですが、危険なことがあります。これらの状態の初期の原因のひとつは、女性の栄養状態です。クロレラの、葉酸、ビタミンB12、鉄の高い含有量が、これらの2つの状態を改善するのに役立つことが研究で明らかになりました。(著者は次のようにまとめています。「クロレラのサプリメントは、妊婦のための葉酸、ビタミンB12、鉄の自然な供給源として役に立つだろう。」) 線維筋痛症(リウマチ)– 個々の結果は様々ですが、もし線維筋痛症に苦しむならば、クロレラを検討する価値はあります。クロレラにより、線維筋痛症と診断された患者の疼痛の強さが22%下がりました。 肝臓がん−もうひとつの研究で、クロレラがラットの肝臓がん細胞の細胞死(アポトーシス)を引き起こすことが発見され、クロレラが肝臓がんの予防に有用である可能性が示唆されました。   クロレラ−強力な解毒剤 重金属の毒性は、現代、化学物質の毒性と同様、 最も差し迫った健康被害のひとつになっています。 クロレラが非常に役に立つところです。 有害な重金属と結合し、体から安全に排泄するクロレラの能力は、 十分に確立されています。 水銀の大半は、大便を介して除去されるため、 特に全身の水銀除去に重要です。 一度、水銀の負担が腸から少なくなると、 すぐに他の組織の水銀が、 クロレラが除去作業をする場所である腸内に移動してきます。 浄化反応(好転反応)が起こることがありますので、 […]

    Read More
  • 重金属と必須ミネラルの関係


    重金属と必須ミネラルの関係   誰もが、カドミウム、鉛、水銀などの重金属にさらされています。 こうした毒素は環境に広く存在し、深刻な問題となっています。 カドミウム、鉛、水銀だけでなく、アルミニウム、ヒ素なども 体に害となる主な重金属です。 ベリリウム、ビスマス、臭素も同様に私たちにとっては毒物です。 これらの多くは、数世紀前まではごく少量で、 比較的安全な量だけ環境に存在していました。 しかし、工業化と科学技術の発達によりもたらされた産業は、 環境への悪影響なしに成立しませんでした。 地中からこうした金属を掘り出し、 家庭で使う製品に用い、 また食物を入れる容器に使うことで、 人々は毒物にさらされることになったのです。   こうした毒となる金属は空気、水、土を汚染し、 食物連鎖にも影響を与えています。 重金属が問題を起こす原因は、 体の機能のために必要なミネラルと 毒物である重金属が体内で置き換わるためです。 毒素の濃度が高いと、 健康と長寿のために細胞が必要とするミネラルの吸収を阻害してしまいます。   カドミウム カドミウムに慢性的に触れることは、健康に害を及ぼします。 カドミウムは土や海水に含まれ、 食べ物、飲み水を汚染していることもあります。 煙草の煙を吸うことで吸収されますが、 肌からも吸収されることがあります。 赤血球と結びついて体中に周り、肝臓と腎臓で濃縮されます。 ゆっくり排出されますが20−30年もの間、 体に残ることがあります。 カドミウムは、亜鉛で置き換えることができます。 亜鉛は必須ミネラルで、免疫システムをサポートし、 たんぱく質を合成し、脳の健康と生殖機能に関する役割がありますが、 カドミウムは酵素、とくに亜鉛、銅、セレンなどを含む 酵素の機能を阻害します。 これは高血圧を招き、腎臓、肝臓にダメージを与えます。   鉛 鉛は、含まれていることを知らずに触れたり 口に入れることで健康被害がよく報告される毒物の一つです。 鉛が含まれたペンキ、鉛で塗装された缶、 鉛を使った焼き物に保存した食べ物、 鉛で汚染された水などが環境中に見られます。 また、鉛は肌からも吸収されます。 化粧品に入っていることもあり、 子どもの場合吸収率は大人の8倍になります。 鉛の入った塗料片やホコリを吸い込むことが、 子どもの体内汚染の主な原因です。 鉛はカルシウムと置き換わるので、 吸収された鉛は骨にたまり、何十年もとどまります。 体からその分カルシウムが減るので、 カルシウムが果たすべき大切な役割が十分に果たせなくなります。 […]

    Read More
  • 健康でキレイな肌をつくる食べ物とは?


    食卓に何を乗せるかは、 肌に塗る事より大事です   「食べた物はすべて体の内側、 つまり健康に影響するだけではなく、 体の表面にも関係しています。 健康的な物を食べるようになれば、 肌も良くなっていくでしょう」 とニューヨーク大学医学センターの栄養士は言っています。 この言葉の逆をしてみたらどうなるでしょう。 そうです。 何を食べているかに関心を払わなければ、 皮膚に問題が出てくるということです。 1回の食事に栄養が足りなくても、 すぐ肌が悪化することはありませんが、 肌に必要な栄養素が足りない「肌の飢餓状態」が続けば、 それはだんだと肌に現れてきます。 さらに専門家は、 健康な肌のために必要な食べ物を摂らないでいると、 もっと深刻な問題が出てくると言っています。 慢性の皮膚病の中には、 食べ物に関係が深い症状もあるということを、 化粧品会社の共同経営者でもある 生化学者のエレーン・リンカー博士は述べています。 健康な肌をつくる食べ物とは? 皮膚のためには、バランスの取れた食事が一番必要です。 その中でも、重要なものをご紹介しましょう。 ・ 低脂肪ヨーグルト ・ 銀ダラ ・ 鮭 ・ うなぎ ・ ほたるイカ ・ レバー(鶏、豚、牛) ・ さつまいも ・ にんじん ・ ほうれん草、からし菜、春菊、小松菜、アーティチョーク ・ ピーマン、唐辛子 ・ 豆類(黒豆、小豆、インゲン豆) このリストを見て何かお気づきになりませんか? 銀ダラ、鮭、イカといった魚介類、 にんじん、さつまいもなどの根菜、 ほうれん草などの緑黄色野菜、豆類など、 伝統的な日本食に使う食材がたくさん含まれています。 日本食は、実は体だけでなく、お肌にも大変良いものなのです。 低脂肪ヨーグルトにはビタミンAのほかに、 腸の健康だけでなく肌にも良い「生きている」細菌 プロバイオティクスであるアシドフィルス菌も多く含まれています。 消化を正常に保つのに役立ち、 生きている細菌や酵素は健康な肌にも反映されます。 「でるサポート」でプロバイオティクスを補給しましょう。 お料理の際には、 エクストラバージン・オリーブオイルのような 質の良い油をお使いください。 オリーブオイルは、 サラダのドレッシングなどにもお勧めです。 […]

    Read More
  • 毒に囲まれた子どもたち 解毒で慢性疾患から回復するには


    子どもたちは私たちの未来です。 しかし、子どもたちがどんどん病んでいっている という現実を私たちは目にしています。 統計によると状況はかなり深刻です。 子どもは健康なものだという考えは もう過去のものです。 あなたの周囲にも、 深刻な病気の子どもが何人かいるのではないでしょうか。 生き生きと元気そうな子どももいますが、 ほとんどの子どもたちは 深刻な健康問題がいずれ出てくる可能性のある道をたどっています。 実際に「健康」とは言えない子どもが ほとんどであることにお気づきでしょうか。 重度のアレルギー、自閉症、がん、喘息、糖尿病、 学習障害、自己免疫疾患と 診断される子どもは毎年増加し続けています。 幼児も影響を受けています。 以前より皮膚の問題、 胃食道逆流症や呼吸の問題が増えています。 科学や医学の分野が進歩すれば より健康的になるはずですが、 残念ながらそうではありません。 現在では、こうした慢性的な症状がある子どもが 55%に上ります。 このままだと、2025年までに 子どもの80%になることが予測されます。 現在あなたの周囲にいなくても、 近い将来皆さんの子ども、または姪、甥、孫などが、 こうした慢性的な症状に悩まされることも考えられるということです。 こうした変化の中でより気になることの1つは、 神経精神医学的疾患、つまり、うつ病、不安症、 双極性障害、小児急性発症精神神経症候群(PANS)です。 以前はこうした症状のある幼児はほとんど見ませんでしたが、 今では、こうした病気で服薬中の小学生は珍しくありません。 こうした病気に使う薬は、 子どもが長期使用したときの影響について 分かっていません。 5、6歳の頃に慢性疾患の診断を受けて 投薬を受け始めたら、 いつ薬を止められるかわからない上に、 子どもの発育していく過程に どう影響するかについて分かっていないのです。 そのため、この連鎖を止める方法を 理解するための教育が非常に重要です。 まず私たちは 「子どもたちにしていること」を止める必要があります。 これは、私たちが環境にかけている負荷とも関係しており、 環境汚染をどうしたら止められるかを知る必要があります。 子どもたちの病気を治す方法は、 薬品漬けの生活に向かわせることではありません。 病気は遺伝の問題だと非難される場合があります。 しかし、私たちの遺伝子は ここ数十年で変わってはいませんので、 子どもも大人も病気になっている理由は別にあります。 変わったのは私たちの環境です。 […]

    Read More
  • カリウムの役割とは?−健康に必須なミネラル


    カリウムは必須ミネラルであり、 人体に存在する主要な電解質です。 電解質の調整、神経機能、筋肉の制御、 血圧において重要な役割を果たしています。 カリウムは、体の全ての細胞内に存在し、 その量は腎臓によって制御されています。 主に、カリウムは 体の水とミネラルのバランスを調整する働きがあります。   カリウムは、体の正常血圧を維持するために、 ナトリウムと一緒に働きます。 研究により、食事中のカリウムの量を増やすと、 体内からのナトリウム排泄量を増加して 高血圧を予防する効果が示唆されています。 また、多量のカリウム摂取も心疾患による 死亡リスクの減少に関連しています。   カリウムが低い状態の兆候は以下のとおりです: 高血圧 脱力感、疲労感、または腕や足の筋肉のけいれん うずき、または痺れ 吐き気、または嘔吐 腹部のけいれんや、膨満感 便秘 動悸(鼓動が不規則に感じる) 大量の排尿、またはつねに喉が乾いている感じ 低血圧   また、カリウム不足は、 うつ、精神病、錯乱、混乱、幻覚などの 精神状態を引き起こす可能性があります。 「ネオパック」は 1日分のカリウムが含まれています。 食生活でも十分な量を摂取するのはいいことです。 カリウムのよい供給源は以下のとおりです。   1) アボカド 2) デーツ(ナツメヤシ) 3) イチジク 4) トマト 5) バナナ 6) 葉野菜 7) 豆類 8) 肉 9) 魚   油や砂糖、油脂などの、 高く精製されたものは避けるようにしましょう。 それらは、カリウムが不足しているだけでなく、 体からカリウムを取り除くきます。   電解質のバランスをとり、 カリウムを適切な量を摂取するための良い方法は、 4オンス(約120ml)の無糖のトマトジュースか ニンジンジュースで一日を始めることです。 […]

    Read More
  • 健康に欠かせない必須ミネラルとは? 


    ミネラルは自然界に元々ある無機質ですが、 私たちの体が健康に働くための全ての段階や その代謝過程において必要なものであり、 特に骨、歯、髪、血液、神経、皮膚の成長と再生にきわめて重要です。 これらの無機質を体が利用するためには、 植物によって使用可能な形態に変換される必要があるので、 ミネラルの供給源がとても重要になってきます。   そしてビタミン同様、ミネラルは単独では働かず、 他のミネラルと一緒に摂ることが必要です。 したがって、精製されていないホールフード (精製や加工がされていない、できるだけ自然の状態に近い食べ物)と 「ネオパック」、 「ネオガード」、 「ネオセルプラス」 を組み合わせて摂るのがいいでしょう。   必須ミネラルとは・・・ カルシウム、ヨウ素、鉄、マグネシウム、亜鉛、 セレニウム、銅、マンガン、クロム、モリブデン、カリウム、ホウ素が、 必須ミネラルと呼ばれています。 「ネオパック」には、鉄を除く全ての必須ミネラルが含まれています。   なぜ必須ミネラルと呼ばれるのでしょう これらのミネラルは、 体内のビタミン、酵素、そしてホルモンの産生に重要なため、 必須ミネラルと呼ばれています。 また適切な血液循環、体液の調節、神経伝達、筋肉の収縮、 エネルギーの産生などを助けます。 必須ミネラルは、お互いが他の栄養素と相乗的に働くので、 どのミネラルが欠乏しても、病気になる可能性があるのです。 必須ミネラルは、果物、野菜、肉、ナッツ、豆類、卵などに含まれています。 しかし、現在、農産物を成長させる土壌のほとんどは 栄養となるミネラルが大きく減っています。 そのため食物中の必須ミネラルの量は、 育った土地の土壌に含まれるミネラルの量や農法によって、 大きく異なっています。 ミネラルは、調理や加工の過程で、 失われてしまいがちなので、 ミネラルを摂取する最適な方法は、 生の野菜や果物に重点を置いてホールフードを摂ることです。 しかし、私たちのほとんどは理想的な食生活ができていないのが現状です。 「ネオパック」のようなミネラルが 十分に含まれたサプリメントを毎日摂ることで、 健康に必要なミネラルを確実に摂取できます。 次に、健康や生活の質を改善する主なミネラルについて説明します。   カルシウム: カルシウムは、食生活を見直す上で最も重要なミネラルです。 マグネシウム、ビタミンD、リンと共に骨を強化しますが、 代謝機能に必須なため、 足りなくなると骨への供給を止めるだけではなく、 骨からカルシウムを奪うことで 体は血液中のカルシウム量を一定に保とうとします。 カルシウムの豊富な食べ物 […]

    Read More