Quest Group クエストグループ

Archive for September 13th, 2014

  • クロムと脳機能の関係


    クロムとは、高齢者を含む全ての人の知力の維持に関与しているミネラルです。シンシナティ大学医学部では、20年以上も前からすでに知られているクロムの効果について最近の研究で検証しています。 クロムはインスリンの機能や、通常の代謝の健康に不可欠なミネラルです。そのため、クロムがないと、脳内の健康なグルコース濃度の維持や、効果的なグルコースの代謝が不可能なのです。医療用画像の進歩により、記憶力と認識機能に関与する脳の部位を、クロムが特異的に活性化することも明らかになりました。また、年配の男女に協力してもらい、12週間の試験期間の最初と終わりに評価する画期的な研究が行われました。 全ての参加者は以下のことを評価されました: ・ 細かい運動の制御とその速度 ・ 言葉の記憶力 ・ 情報を学習する能力 記憶力、認知力テストをしている間には、参加者の脳スキャン画像も調べました。以下がそのビフォア(左)&アフター(右)の画像です。 その結果、Krikorian博士によると「クロムを投与された参加者の脳スキャンから、記憶力テストの間、左前頭葉と左の頭頂皮質に大きな脳の活性化が見られた。」とのことです。すなわち、クロムが健康な認知機能を維持に関与する、高齢者の主要な栄養素であることが証明されたのです。 そして、クロムはもちろん「ネオセル」に含まれている優れた脳の栄養素の一つです。

    Read More