Quest Group クエストグループ

Archive for September 6th, 2014

  • 不眠症や睡眠障害は、マグネシウム不足が原因


    マグネシウムは、300以上の酵素の調節に関与しています。このミネラルが不足すると、体内の全ての機能に実質的に影響が出ます。マグネシウムは、心臓のリズムの調節し、血圧をコントロールするのを助けます。その他、インスリン感受性を維持し、血糖値を安定に保ったり、動脈硬化を予防したり、骨の形成においても重要な役割を果たします。免疫システムにも不可欠です。また、けいれんした筋肉を弛緩させ、神経の信号を穏やかにするなど、さまざまな働きがあります。 マグネシウムはまた、リラックスや睡眠の能力において鍵となる役割を果たしています。浅い眠りではなく、 深いリフレッシュできる睡眠。マグネシウムが豊富な食生活が、質の高い睡眠時間と夜中の目覚めの回数の減少に関わっていることが分かりました。頻繁に目覚めたり、睡眠時に興奮したり、不眠症は全て慢性のマグネシウム不足による症状です。 私たちは年を取るにつれて、眠りは浅くなり、より休めなくなります。実際、国立睡眠財団の報告によると、55歳以上の67%の人が、不眠症や他の睡眠障害に苦しんでいるとのことです。 元気よく目覚めるには、寝返りをうちながらの居眠りより、深い睡眠が必要であることはご存知でしょう。あなたは筋肉が本当にリラックスし、神経が落ち着き、脳波を休止状態にする、深い睡眠(除波睡眠)に入る必要があります。睡眠薬を使用すると眠くなるかもしれませんが、ほとんどの市販薬は浅い眠りの状態で保つことが、調査で明らかになっています。 適切な睡眠をとっていないと、あなたの健康は大幅に影響を受けます。感染に対して、より脆弱になります。また、リラックスしない筋肉や神経は、慢性的な痛みを生み出します。人の体は、深い睡眠時に最高の修復作業を行っているのです。マックス・プランク精神医学研究所の2002年の研究によると、マグネシウムのサプリメントをとっている患者に、明らかに深い睡眠(除波睡眠)の増加がみられました。さらに、血液検査ではマグネシウムがコルチゾール(覚醒を促すストレスホルモン)の量を効果的に低下させることが示されました。 マグネシウムのよい供給源は、加工していないホールフーズです。加工食品は、ミネラルがほとんど取り除かれてしまいます。そのため、20世紀にはマグネシウムの摂取量は50%になったのです。 マグネシウムが豊富に含まれている食品は、濃い緑色の葉野菜、かぼちゃの種、豆類、アボカド、アーモンド、カシューナッツ、くるみ、野生のエビやサーモン、カレイなどです。 体内のマグネシウム量を維持することで、眠りがよくなり、全体の健康や脳の機能が改善します。マグネシウムが豊富に含まれているネオソース製品のネオパック、ネオセル、ネオバランスも上手に活用ください。

    Read More