Quest Group クエストグループ

Blog

  • 夏に向けて「腸と体の大掃除」を始めましょう!


    これからの夏に向けて「腸と体の大掃除」を始めましょう! これからやってくる夏を目の前に、 きつい汗臭や体臭、 ぽっこりお腹や体の線が気になる…… そんな方にお勧めしたいのが、腸内クレンジングでるもんねです。   現代では、鬱(うつ)、ガン、アトピー、アレルギー、 それに次々と聞きなれない難病や、 治療法のない健康問題が次々と現れています。 そのような症状とは無縁でも、 「なんとなく疲れやすい」 「元気が出ない」 「体が重い」 等という方も少なからずいらっしゃることでしょう。   そのような諸々の症状の改善策のひとつが、 体内に長年溜まった毒素や腸内の宿便を安全に、 効果的に出すこと―― 「腸と体の大掃除」です。   腸を大掃除すれば、 血液がきれいになり、 肝臓、腎臓、皮膚など、体内の臓器が健全に活動し、 自然治癒力も大幅に向上。 そして、栄養も吸収しやすくなり、 心も体も軽くさわやかになり、 エネルギーとやる気がみなぎってきます。   宿便を排出することでの減量や、 新陳代謝やエネルギー代謝が上がることで、 効率的なダイエットにつながることも。   今までも愛用者の方々から、 「長年苦しんだ便秘が解消」 「お腹の張りと痛みが改善」 「むくみが取れて、減量にも成功」 「お肌のつやが良くなり、若返りました」 「代謝がよくなり、やる気も出て、活発になりました」 等、たくさんの歓びの声を頂戴しています。   あなたもナチュラルな「腸と体の大掃除」で、 清々しく、元気で活動的な夏をむかえませんか?   今回、夏が来る前に、 腸内クレンジング「でるもんね」3ヵ月コースでのお買い求めに お得なキャンペーンをご用意しました!   5月限定で、でるもんね3ヵ月コースをお買い上げの場合に限り、 でるサポート($45相当)を1本無料でプレゼントいたします!   でるサポートは最高級の善玉菌補強食品。 これに含まれるプロバイオティクス (体に良い働きをする生菌とそれを含む食品)は、 分解と消化吸収、解毒効果を高め、腸内環境を整えてくれます。   […]

    Read More
  • 大腸がんを予防する食事法


    大腸がんの発生率は国によって大きな差があり、 他の国より発生率が10~20倍高い国もあります。 大腸がんの発生には遺伝もある程度関係していますが、 専門家はこの発生率の違いの90%は 食生活で説明できるとしています。 大腸がんは恐ろしい病気ですが、 その危険性は自分でコントロールできるのです。   リンパ節に転移しているステージⅢの大腸がん患者1,009人について 5年4ヶ月追跡調査した結果、 主に加工食品やファストフードなどを食べていた人は、 健康的な食事(果物、野菜、全粒の穀類、魚、鶏肉など)をしていた人に比べ、 再発率が3.25倍高いことが明らかになりました (米国医師会雑誌 Vol297, No.7 2007年8月15日 掲載の論文より)。   大腸がんのリスクを減らす食事は、 全ての病気のリスクを減らす食事法にもなります。 その方法はとても簡単で、 添加物の入った加工食品を避け、 果物と野菜をたくさん食べることです。   その要点を以下にまとめてみました。     注意したいこと ● 赤身肉を摂り過ぎると大腸がんになる可能性が高くなります。 赤身肉の摂取は1日100g 程度(調理前の重量)までにしましょう ● 加工された肉(ベーコン、ソーセージ、サラミや保存処理された肉)は 避けましょう。 世界がん研究基金は、 「加工された肉は、大腸がんになる可能性を上げるという強力な証拠がある」 という結論に達しました。 ● 砂糖と塩漬け製品の摂り過ぎは避けましょう ● お酒はほどほどにしましょう     お勧め食品 ● 有機栽培の果物や野菜 特にリンゴ、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、グレープフルーツは 抗酸化物、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています ● 全粒の穀物・・・食物繊維が豊富に含まれています ● 鮭、ニシン、さば、ヒラメなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている魚 ● タマネギ、ニンニク、長ネギ […]

    Read More
  • 電子機器の使い過ぎは 子どもの脳の発達にダメージを与えます


    電子機器の使い過ぎは 子どもの脳の発達にダメージを与えます By: Dr. Robert Gibson     スマホやタブレット、 パソコンを長時間使う「デジタル中毒」は、 子どもや青少年の脳の発達に影響し ダメージを与えるということが 神経画像を用いた研究により分かっています。     使用時間を制限した方が良いことを 多くの親は知っていますが、 こうした文化を受け入れることが そんなに悪いことなのかと疑問を抱いたり、 もう現実を変えるのは 難しいので仕方がないと考えています。   しかし、私がこれからお伝えすることについて 考えてみてください。 最初は子どもとの軋轢が生じるかもしれませんが、 神経障害を起こす可能性があるという真実を盾に 成長過程にある子どもの脳を守ってください。     デジタル中毒は、 脳の成長 構造 機能 に変化を与えることが明らかになっています。   この変化とは 人間関係を維持する能力 注意力 判断力 管理能力 学習 認知 などを司る脳の領域に起こります。     現代の子どもたちは、 スマホ、タブレット、ゲーム機といった電子機器を 1日7時間以上使っていると言われています。   中毒になっていなくても、 画面を見ている時間の長さが問題であり、 脳にダメージを与えます。   医者として私は、 神経システムの興奮、 […]

    Read More
  • ネオセルプラスほどしっかり効果が出るものは珍しい!!


    ネオセルを使用した方より、 嬉しいお声をいただきました。   知人に誘われドクター・ギブソンの 脳の健康についてのセミナーに参加しました。話を聞くうちに、 「私の物忘れや疲れると思考力が低下することに効果がありそう・・・!」 と思ったのが飲み始めたきっかけでした。    飲み始めて2日目に 何年ぶりかに悪夢をみたことで、 何か脳に変化が起きている! と感じ、 その後は期待していた効果も実感しだしました。   私の仕事に凄く大事な、 「気づき」や「インスピレーション」が 増えたのが一番嬉しい効果です。   ふとした瞬間にふっと起こる頻度が 確実に増えていてとても嬉しいです。     感動したので師匠と仕事仲間と 主人とクライアントさんにも紹介して・・・ みんなすぐに効果を感じているようです。   凄いですね!   以前、薬剤師として仕事をしていて いろいろとサプリを扱った経験があるのですが、 これくらいしっかり効果が出るものは珍しいと思います。   さすがドクターが診療のために開発した商品だと思いました。   キセキさんの紹介しているものなので、 間違いはないだろうなと思っていたのですが、 本当に紹介して下さって感謝しています。     クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 こちらにドクターギブソンより 【子どもの脳をよくする方法】 を書いていただきました。 ぜひ、ご一読ください。 また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。 ご希望の方はこちらからどうぞ   無料オンラインセミナーのご案内 2017年4月13日 諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法 2017年6月:テロメアとエピジネティクス     […]

    Read More
  • アトピーや、花粉症などのアレルギー症状の改善にも関係する●●とは?


    おなかサポートチュアブル 噛めておいしい、ラムネタイプの プロバイオティクス(善玉菌)(90粒入り) でるサポートを水なしで 食べられるラムネタイプにしました。   さわやかなアップル味。 乳児から年配の方まで、 手軽においしくプロバイオティクスを補給していただくことができます。   おなかサポートチュアブル に含まれている乳酸菌やビフィズス菌など10種類の善玉菌は、 腸内環境を整え、 食べ物の消化吸収を助けるため、 便秘・下痢などの胃腸のトラブルや皮膚のトラブルに効果があり、 免疫力を向上させ、 アトピーや、花粉症などのアレルギー症状の改善にも関係すると言われています。   また、妊娠中、授乳中の女性がプロバイオティクスを摂ることで、 お子さんにアレルギーが減るという研究結果が出ています。   プロバイオティクスって何? おなかサポートチュアブルの プロバイオティクスはどこが特別なの? プロバイオティクスは、 日本語では“ 善玉菌”と呼ばれ、 人間の腸内に生息し、 食物を消化するために必要な、 生きている微生物やバクテリアのことで、 ビタミン類も生成しています。 善玉菌の代表格が、 ビフィズス菌やラクトバチルス菌などの乳酸菌です。   腸内では善玉菌と、 大腸菌やブドウ球菌など、 健康に有害な働きをする悪玉菌が戦っていて、 そのバランスが、私たちの健康状態を左右している と言われています。 善玉菌が不足すると免疫機能がうまく働かなくなり、 さまざまな症状を引き起こします。 そこで登場したのが“プロバイオティクス”による予防医学の考え方です。 体内の善玉菌を増やして 腸内細菌のバランスを保ち、病気になりにくい体を作りましょう。   善玉菌は ヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品や 発酵食品に含まれています。 味噌、ぬか漬けなどに含まれている植物性乳酸菌は、 特に酸に強く、生きて腸まで届くので、 効果の高いプロバイオティクス食品です。 しかし、食品に含まれる善玉菌を、 体に良い効果をもたらすのに十分な量を摂るのは難しく、 実際は善玉菌が不足している人がほとんどです。   […]

    Read More
  • 諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法


    自閉症スペクトラム障害は、 自閉症 アスパルガー症候群 学習障害 発達障害 ADD(注意欠陥障害) ADHD(注意欠如多動性障害) などを含みます。   日本の人口あたりの子どもの自閉症罹患率が、 アメリカの数を超えてしまいました。 これは非常に深刻な問題です。 もしあなたのお子さんが、 脳の障害と診断されたとしても希望があります。 適切な栄養素、勇気づけ、テクニックがあれば、 脳には驚異的に改善する能力があるのです。   ドクター・ギブソンのオンラインセミナーでは、 どんな毒素がこれらの症状を引き起このか、 そして、どのように予防することができるかなどを 学ぶことができます。 妊娠中、あるいはこれから妊娠したい方にも 参考になる情報がいっぱいです。 どのように自分とあなたのお子さんを助けることができるかを 学ぶことができます。 大人も脳の障害で苦労している人が増えています。 できるだけ若いうちから予防をしておくことが、 問題解決の鍵となります。   このセミナーは完全予約制です。 受講ご希望の方は、今すぐこちらからお申込みください。 4月13日(木) 午後10~11時 お申し込みはこちらから http://gowoa.me/i/snH7 ドクター・ギブソンは、 自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など さまざまな神経の問題がある子どもを 肉体的、精神的、感情面でも改善へと導いてきました。 そのほんの一例をご紹介します。   参加者の中から抽選で「ネオセルプラス」1本をプレゼントします   クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 こちらにドクターギブソンより 【子どもの脳をよくする方法】 を書いていただきました。 ぜひ、ご一読ください。 また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。 ご希望の方はこちらからどうぞ   無料オンラインセミナーのご案内 2017年4月13日 諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法 […]

    Read More
  • 解毒効果を上げる5つの秘訣


    解毒効果を上げる5つの秘訣(マキャナ・ゴードン)   20世紀前半に活躍した アメリカ人医師ティルデン博士は、 「病気といわれるものや死は、 全て体と血液に毒の蓄積が進んで起きるものである」 と述べています。     しかし、私たちがどんなに体に毒を入れたくなくても、 昔はなかった加工食品、 汚染された空気や水、 そして化粧品やシャンプーなどから 体に入ってきて溜まっていきます。 ボディローションや香水の成分についてよく調べてみたら、 恐ろしいものばかりだということが分かるでしょう。 ほかにはストレスも毒の元となりますが、 祖父母の時代と比べたら よりストレスの多い社会に生きているのも事実です。     私たちの体にはもともと解毒機能が備わっていますが、 それを更に効果的にするための5つの秘訣をご紹介します。 出来るだけ日々の生活に取り入れて 本来の解毒機能を活性化しましょう。     1.深呼吸をしましょう あなたの肺は代表的な解毒器官のひとつですが、 どう働いているかご存知ですか? 息を吸うたびに体の毒素を捉え、 吐くときに出しています。 深い呼吸をするエクササイズを数分するだけで 体の毒素排出に役立ちます。 きれいな空気を吸うときに 臓器のひとつひとつに入ってくる様子を 思い浮かべてみてください。 深呼吸をするときは できるだけ空気のきれいな場所で行いましょう。 大気が汚染された都会を離れ、 新鮮できれいな空気を深く吸って、 毒素をより効率的に吐き出すようにしましょう。               2.皮膚からの解毒を促しましょう      次に大きな解毒器官は皮膚です。 解毒機能を働かせるとき、皮膚は汗をかきます。 サウナには湿式と乾式がありますが、 どちらも汗をかくことが大切です。 また運動で汗をかくことは […]

    Read More
  • 3/23 あなたのDNAを放射能から守る方法


    あなたのDNAを放射能から守る方法   このセミナーでは、 私の長年の研究と臨床試験に基づいて見出した、 ◆あなたを家族を放射能汚染や有害物質から守る方法 ◆ダメージを受けた細胞を修復する方法 をお話しします。 主な内容は以下の通りです。   •放射能汚染や有害物質が原因となる、遺伝子の突然変異からあなたと家族を守る、最新の科学とは? •微量の放射能が、どのようにDNAに影響を与えるか? •放射能が最も危険な目に遭うのは、発育中の子どもの体と脳である。その理由は? •体内から放射能汚染物質を除去する方法 •あなたと家族を被爆から防御する方法 •食べ物に含まれる汚染物質が体内に侵入しないようにブロックする方法 •毒素でダメージしたDNAがガン細胞を作る •既にダメージしている細胞を修復し、守るのに、何をどのように食べたらよいか? •子どもたちがより健康に成長できるために、環境から放射能汚染物質を取り除く方法     あなたもぜひ大切な方と このオンラインセミナーに参加して、 放射能汚染から体を守り、 健康で幸せな人生を送りましょう!   こちらは ご自宅にいながら、 皆さん、無料で参加いただけます。 ご希望の方は事前登録が必要ですので、 こちらからお申込みください。         クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 こちらに 【子どもの脳をよくする方法】 を寄稿させていただきました。 ぜひ、ご一読ください。 また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。 ご希望の方はこちらからどうぞ   無料オンラインセミナーのご案内 2017年3月23日 あなたのDNAを放射能から守る方法 2017年4月13日 諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法 2017年6月:テロメアとエピジネティクス     サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ 問い合わせフォーム 0120-676-601 […]

    Read More
  • うつ病から脱して新しい人生を歩み始めましょう


    うつ病には様々な病態がありますが、 近代の国家が直面している、 最も深刻でコストのかかる問題の一つになっています。 うつ病の経済的影響は、 欠勤、生産性の低下、自殺、様々な身体症状、医療費の負担など、 毎年数千億円にも達します。 社員が一人うつ病になると、 その影響は他の労働者まで広がり、 会社全体の雰囲気や仕事の効率を低下させてしまいます。 うつ病は、会社の発展を阻害する大きな障害となっているのです。 うつ病は心の病ではなく、 脳に機能不全が起きている状態で、 実は自然な方法で治療が可能なのです。 もしあなたの周りにうつ病によって ひどく苦しんでいる人がいるのであれば、 以下にご紹介する方法をぜひお試しください。 うつ病から脱して新しい人生を歩むことができるようになるでしょう。   うつ傾向とは 人間は本来、 健康に過ごせるだけの力が備わっているものです。 体調に問題を感じることなく、 人生で出会う様々な問題にも落ち着いて対処し、 仕事をして余暇の時間も楽しめるだけのエネルギーがあれば 理想的だと思いませんか。 もし病的な気持ちの落ち込みがあれば、 うつ傾向があることを疑い、 この文章を最後までお読み頂けたら、 そこから回復する何らかのお手伝いができると思います。   うつ病の反応とは うつ病とは、 実際に脳で生理的な変化が起きている状態です。 うつ病になると、神経伝達物質の放出を引き起こし、 セロトニンやドーパミンのような幸福感を司る脳内物質を減少させます。 健康な人でも、 突然の悲劇が原因でうつ病のような気分になることがあります。 このような心の痛みは、 神経ペプチドと呼ばれる脳内物質によって引き起こされます。 私たちが抱く様々な感情には、 それに対応する特定の神経ペプチドがあり、 これらの脳内物質はそれぞれ特異的な細胞の反応を引き起こします。 たとえば悲しい感情を抱くと、 胸が締め付けられたり、呼吸が苦しくなったり、 涙が出るなどといった体の反応が起きることは皆さんも経験されていることでしょう。 こうして脳内物質が放出され続けると、 細胞がこの物質にある種の中毒になるために、 特定の反応が引き起こされ悪循環が生まれます。 中毒になった細胞の細胞分裂により、 うつの脳内物質に対する 神経受容体(アンテナ)が増えていきます。 脳細胞の形や機能が実際に変わってしまうのです。 そうすると、うつ状態が悪化し 物理的にも幸せを感じることができなくなります。 このため、うつ病の治療には […]

    Read More
  • 離乳食からホールフードを取り入れましょう


    離乳食からホールフードを取り入れましょう   小さいときからホールフードを食べ、 それが美味しいと思えるのは 子どもの健康にとってとても大切なことです。 新生児の最高の栄養は母乳ですが、 6ヶ月くらいになって離乳食を始める時に 栄養が十分なホールフードを取り入れれば、 子どもが好んで食べるようにするようになります。 このとき大事なことは、 砂糖などの甘いものや 人工的な食べ物は2歳までは食べさせないことです。 そうすれば自然な食べ物への嗜好が形成され、 砂糖やその他の危険な食品添加物の中毒になることが避けられます。 離乳食はいつ始めたら良いでしょう 子どもはそれぞれ異なった発達をします。 子どもをよく観察していれば、 始める時期が分かります。 月齢で判断せず、 母乳を飲んでいたら 1歳くらいまでは離乳食は必要ないか、 子どもも興味を示さないでしょう。 でも、もっと早い時期から 離乳食を始めた方が良い子どももいます。 一般的には4ヶ月から8ヶ月の間に様子を見て始めることが多いようです。      離乳食開始のサイン 1 スプーンを口に入れても押し出さなくなった 赤ちゃんは、固形物を口に入れると 窒息を恐れて吐き出すのが普通です。 4−6ヶ月でこれがなくなってきたら、離乳食が食べられます。   2 満腹になったことが自分でわかるようになった 母乳やミルクを飲んでいても 満腹を感じて自分から止められるようになったら、 離乳食を開始できます。   3 首が据わってお座りが出来るようになった 4 出生児の体重の2倍になった 5 食べ物に興味が出て、注意を向けるようになった 赤ちゃんはものを口に入れることが好きですが、 これは食べ物を欲しているということではありません。     最初の離乳食として一番良いもの 赤ちゃんが最初に食べる離乳食は、 月齢に合った食材から始めることをお勧めします。 次に挙げるような食べ物は、 健康的で消化が良く、 またビタミン、ミネラル、脂肪 その他の成長に必要な栄養素が十分に含まれています。 卵黄 母乳の成分に似ています コリン、コレステロール その他の脳の発達に良い栄養 […]

    Read More