Quest Group クエストグループ

体験談

  • 頭痛もむくみも解消!やめてみてわかるクエストサプリメントの凄さに脱帽です。


    (神奈川県  M.H様) 私はクエスト•グループのサプリメントを気にいって 長年飲んでいましたが、 あるとき頼み忘れたまま、しばらくいました。 サプリメントですっかり元気だったのもあります。   それが半年過ぎたあたりから、 生理前に激しい頭痛がするようになりました。 そのため、毎月頭痛によって、 もうすぐ生理が来るんだとわかるほどでした。   それで「ネオバランス」を飲んでみたところ、 いつの間にかなくなり、改めてクエストグループのサプリメントに驚き、 「ネオガード」も足してみたら、目覚めが良くなり、 目覚ましが鳴る前に起きられたりするようになりました。 仕事で一日中座っていることも多い私は、 足もむくんでいましたが、「ネオガード」を足してから なんと足がむくまなくなりました。   やめてみてわかる、「クエストグループ」のサプリメントの良さを つくづく痛感しました。 クエスト•グループの栄養補強は 本当に凄いと思い、また続けていこうと思います。     脳に必要な栄養素を補給し、 解毒をして、脳力を最大限発揮し、 元気いっぱい素敵な夏をお過ごしください! 無料オンラインセミナーのご案内   ◆2017年6月21日(水)22:00~23:00 医師が教える、健康長寿7つの秘訣 ~100歳以上で、介護なしで若々しく生きるには?~ これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら   クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 こちらにドクターギブソンより 【子どもの脳をよくする方法】 を書いていただきました。 ぜひ、ご一読ください。 また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。     サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ 問い合わせフォーム 0120-676-601 03-3969-9070 post@questgrp.jp         […]

    Read More
  • ネオセルプラスほどしっかり効果が出るものは珍しい!!


    ネオセルを使用した方より、 嬉しいお声をいただきました。   知人に誘われドクター・ギブソンの 脳の健康についてのセミナーに参加しました。話を聞くうちに、 「私の物忘れや疲れると思考力が低下することに効果がありそう・・・!」 と思ったのが飲み始めたきっかけでした。    飲み始めて2日目に 何年ぶりかに悪夢をみたことで、 何か脳に変化が起きている! と感じ、 その後は期待していた効果も実感しだしました。   私の仕事に凄く大事な、 「気づき」や「インスピレーション」が 増えたのが一番嬉しい効果です。   ふとした瞬間にふっと起こる頻度が 確実に増えていてとても嬉しいです。     感動したので師匠と仕事仲間と 主人とクライアントさんにも紹介して・・・ みんなすぐに効果を感じているようです。   凄いですね!   以前、薬剤師として仕事をしていて いろいろとサプリを扱った経験があるのですが、 これくらいしっかり効果が出るものは珍しいと思います。   さすがドクターが診療のために開発した商品だと思いました。   キセキさんの紹介しているものなので、 間違いはないだろうなと思っていたのですが、 本当に紹介して下さって感謝しています。     クエストグループが年4回発行している 【ナチュラルヘルスニューズ】 こちらにドクターギブソンより 【子どもの脳をよくする方法】 を書いていただきました。 ぜひ、ご一読ください。 また、「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。 ご希望の方はこちらからどうぞ   無料オンラインセミナーのご案内 2017年4月13日 諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法 2017年6月:テロメアとエピジネティクス     […]

    Read More
  • ナルコレプシー(過眠症)が劇的に改善!!薬いらずになりました。


    ネオセルプラスを飲み、 悩み続けていた症状が劇的に改善したという 嬉しい報告を頂きました。 私はH25年春にナルコレプシー(過眠症)と診断され、 モディオダールという薬を飲むようになりました。 ナルコレプシーは耐え難い眠気に襲われ、 日常生活に支障をきたしてしまう辛い症状です。 私のこの症状は中学生の頃から始まりました。 しかし、病気とは思わず、 30年以上も苦しみ続けて来たのです。 薬を飲むようになり、 眠くないとはこういうことなのか、 と生活が大分楽になり、 1年半前から始めたエクササイズで更に爽快になって、 薬も半分に減っていたのです。 が、「薬など飲みたくない!」 そんな思いから、 薬に代わるものはないかと探していました。 ギブソン先生なら私を何とかしてくださるかもしれない、 そんな思いで参加したセミナー。 そこで出会ったネオセルプラス。 直ぐには購入しませんでしたが、 それ以来気になっていました。 そして、12月に行われた無料オンラインセミナー。 真剣にメモを取りながら視聴しました。 そこに参加していた事で、ネオセルプラスが当たったのです! 感謝致します。 幸運に感謝し、12/23より取り始めました。 目が霞むと嘆いている夫も一緒に始めました。 その日、モディオダールを飲まずに試してみました。 すると、薬を飲んでいる時よりも 頭の中がクリアで眠気が全くありません。 夫も小さい文字も読めると言います。 その日から全く薬を飲んでいません。 画期的です。 認知症の二人の母にも4日間だけ飲んでもらったところ、 それぞれ症状の違う母ですが、 どちらも自発的に意欲的になってきました。 驚きました。 実家の母は編み物をしたいと言い出しました。 そして、どちらの母ももっと飲みたいと言います。 実家の父も飲みたいと言いました。 夫も良さを実感し購入しようと言い出しました。 すっかり飲み終えてからの注文になりました。 届くまでの1週間あまり、 モディオダールも飲まずに過ごしてみましたが、 眠気を感じること無く過ごすことができ、 驚きと嬉しさで一杯です。 注文していたネオセルプラスが届き、 また再開し、快適に過ごしています。 実家へ届けに行くと、父も母も待っていました。 母は、 「これを飲んで元気になるよ」 と素敵な笑顔を見せてくれました。 家族皆で元気に過ごせるために、 […]

    Read More
  • アルミニウムによるダメージを元に戻す方法


    あなたも重金属は有害であることを聞いたことがあるでしょう。 アルミニウムはその中で最悪です。 アルミニウムは内分泌系にダメージを与えて、 広範囲におけるホルモンのアンバランスを起こします。 特に、リンパ系を介して吸収されたときには、 注意が必要です。 また、乳がん、肺がん、前立腺がんに関連しています。 アルミニウムは、 強力な神経毒であり、 認知症やアルツハイマー病への関与が明らかです。 以前の記事でお伝えしましたが、 日本の認知症の発症率は上昇しており、 すでに400万人以上の患者がいます (日本が直面しているアルツハイマー病の大流行はこちらのリンクをご覧ください。) これらは、反応性がとても高い金属であるアルミニウムの、 より直接的なリスクです。 この毒性を考えると、 多くの人々が日常的にアルミニウムを使っているのは、 むしろ衝撃的です。 私たちは、 アルミニウムのフライパンや鍋を使って、 高温で食品を調理しますし、 アルミニウム缶の飲料を飲みます。 また、リンパ系に直接アクセスを可能にする 脇の下にアルミニウム混入デオドラントをつけたり、 制酸剤やアルミニウムが含まれている他の薬(アスピリンなど)を 飲んだりしています。 アルミニウムは一般的な工業汚染物質です。 私たちは歯科用薬剤と ワクチンの保存剤としてアルミニウムを使っていますが、 この2つの医学的適用は、 毒素が私たちの血流に直接入ってくるのを許しています! アルミニウムは事実上どこにでもあります。 そして、最も健康志向が高い、 オーガニック食品や自然製品の消費者でさえ、 体内にその量が上昇している可能性があります。 アルミニウムは解毒するのがとても難しいので、 体内に蓄積されていきます。 これが、 ・免疫不全 ・気分障害 ・骨粗しょう症 ・慢性疲労 ・炎症 ・呼吸器疾患 ・認知症 などの深刻な機能不全の原因になる可能性があるのです。 アルミニウムは、 全身の重要な酵素やたんぱく質の生産を阻害します。 これが、 早期老化 細胞の機能不全 脳の構造が変わることによる行動障害 DNAの変異さえ引き起こす可能性があります。 要するに、もしあなたが最適な健康を望むなら、 […]

    Read More
  • 解毒サプリメント「ネオクレンズ」臨床データ#19


    ケーススタディ #19 (50代女性) この方は、福島にお住まいの55歳の女性です。野菜を多く食べることなど健康管理に気を付けていますが、放射能汚染の地域に住んでいるということをあまり気にしていませんでした。 開始前のテストでは、ウラン、ベリリウム、セシウムなど放射能汚染を示唆する重金属の量がかなり高かく、その他水銀、アルミの量もかなり高レベルでした。彼女の体には、放射能汚染、重金属がかなり蓄積されていました。 30日後には、放射線物質が劇的に減少しました。セシウムとベリウムの量が、30%以上減少したのです。さらに、アルミニウムの量も15%減少しました。 そして、栄養素においては、カルシウムとマグネシウムの量が正常になりました。また、亜鉛とリンの量もかなり増えました。 90日後のテストでも驚異的な結果が出ました。放射性物質が、全て許容範囲となりました。ウランは55%、ベリウムは74%、セシウムは43%も減少したのです。90日間で、重金属の量が大きく減少しました。そればかではなく、全ての栄養素の量が正常になったのです。住んでいる場所、放射線物質や重金属に触れる機会が多いことから、この方は、「ネオクレンズ」を定期的に摂取して、体を守ることが必須です。   被験者: 「ネオクレンズ」開始前の検査結果の数値が高く、プログラムの効果に対する期待値が高まりましたが、朝・昼とサプリメントを飲むだけなので、こんなに簡単で数値が下がるものなのか不安もありました。 30日後の検査結果は、少しですが数値に変化がありましたので、1粒ずつ飲み始めて30日で変化があるならと90日後が楽しみになりました。 サプリメントは、食事の支度を始める時に飲めばよいのでとても簡単でした。 肌の調子は一時期悪くなりました。今考えると毒素が出ていたのかもしれません。 以前にも重金属の解毒のサプリメントを使用したことがあったのですが、想像以上に数値が高く驚きました。 それだけに、90日後に数値がだいぶさがっているのを見たときはとてもうれしくなりました。 栄養素については、意識して野菜を摂ったりということ以外、食生活で特に気配りをしていたわけではないのですが、90日後にはかなり改善されていて 驚きましたし、もっと食事内容に気をつけようと思いました。 どんなに食事に気をつけていても、重金属を摂取しないようにするということは不可能のように思います。でしたら、摂取してしまったものは出来るだけ早く体外に出してしまうしかありません。食事の前に摂るだけで速やかに解毒ができるというのは理想的ではないかと思います。 「ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja

    Read More
  • 「ネオセル」で長年のうつを克服!


    脳に必要な栄養を補給すると、さまざまな心身の問題が改善します。 今日は、「ネオセル」で長年のうつを改善した、埼玉県のY.W.さまの体験談をお届けします。 ********************** 私は、2011年夏にうつ病と診断されました。病院も3つ目で良い先生と出逢いました。朝昼晩に飲む薬と睡眠薬が処方され、薬を飲まないと自分がコントロール出来ず、家事が出来なくなり、入退院を繰り返し、自傷行為は日常茶飯事という毎日を送っていました。 心療内科に掛かる時には、その日の事を日記に書いて持って行くと言う事をしていました。内容は、自分を責める事や主人への不満等! 病院へは、2週間に1度の通院で薬漬けの毎日を送っていました。 そんな時2013年の7月に兄から、「脳に良いサプリがあるから飲んでみたら?」と「ネオセル」が送られて来ました。正直、「こんなもので本当に良くなるのか」と思いながら飲み続け、4本目を飲んで受診した時に先生から、大分良くなっているから、薬も睡眠薬だけにしようと言われ、気づくと日記を書く事が無くなりました。 本当にサプリの効果なのか1週間飲むのを止めてみました。たちまち家事が出来なくなり、怠い日々になってしまいました。それからは毎日飲む事にし、2週間ごとの受診も3週間ごとになり、今でも薬は睡眠薬だけです。 飲み方も朝晩大さじ1づつにしていましたが、朝大さじ2を飲んだりしました。それだと午前中は動けるのですが、午後にはゴロゴロしているようになってしまい、また、朝晩大さじ1を飲むようになりました。私には、この飲み方が合っているようです。「ネオセル」のおかげで今でも、睡眠薬だけで、日記を書く事も無く昼間は外に出られるようになりました。 このような毎日が送れるようになったきっかけをくれた兄に感謝しています。「ネオセル」は飲み続けることで結果が出ます。自分では効果は分かりませんでしたが、心療内科の先生には分かって頂けたようです。 これからも「ネオセル」を飲んで元気に毎日を過ごして行きたいと思っています。お兄ちゃん、本当にありがとう。

    Read More
  • 発作を克服し、妊娠・出産した、レイチェルの体験談


    8月9日に、とっても健康な男児を出産した、ユタ州のレイチェルさん。 しかし、ここまでに至るのに、レイチェルはある深刻な健康問題を克服したのです。レイチェルさんのお母さんとレイチェルがどのようにレイチェルの問題を克服したのか、その感動のストーリーをご紹介します。 ******************* ドクター・ギブソンへ 先生のおかげで、無事に3240グラムの健康でハッピーな男児を出産できたことを心からお礼を申し上げます。 発作の薬を止めることができ、妊娠でき、そして、妊娠中も問題なく過ごせたのも先生が助けてくださったからです。 先生と出会い、先生が助けてくださったことで、私たち家族の人生が劇的に変わりました。言葉では表現し尽くせないほど感謝しています。 レイチェル・ポール 発作を克服し、妊娠、そして無事出産!(ユタ州、レイチェルの母) 2010年11月、19歳だった娘のレイチェルは、何度か気絶し、「発作」と診断されました。当時、大学に通い、仕事もしていましたが、いつ発作が起こるか分からないため、大学も休学し、仕事もやめなければなりませんでした。そして、運転免許も取り上げられました。主治医の薦める神経科医にかかったところ、その先生は発作をとめる薬を処方しただけでした。 最初の薬は、うつ症状や心配性になるという恐ろしい副作用がありました。レイチェルは、その薬を飲み出してから、すべての物事におびえ、心配していました。いつも幸せそうで、社交的でアクティブだった娘は、いつもびくびくして、引きこもりになってしまったのです。そして、1日のうち何時間も自分の部屋に鍵をかけて、閉じこもるようになってしまいました。そこで、私が医者に連絡し、薬を変えてもらいました。 次の薬を服用し始めてから、2週間以内に、レイチェルに酷い反応が出しました。全身に湿疹が出て数日入院しなければなりませんでした。この薬で湿疹が出ると、命が危ぶまれる可能性があるのです。 その後、医者は、レイチェルにさらに別の薬を処方しましたが、その薬で、娘はすっかり無気力になり、そして、吐き気をもよおすようになりました。あんなに明るく、活発だった娘はすっかり別人となり、廃人のようになってしまったのです。 2つ目の薬での湿疹反応以来、私は代替医療での治療についてのリサーチを始めました。そして、発作の原因には、数千という原因があることが分かりました。少しずつ違うことを試し、どれが効果的かを見てみることにしました。ある自然治癒医師をみつけて、診断してもらったところ、その医者は、レイチェルのいくつかのホルモンのバランスが乱れていることを見つけました。 サプリメントを加え、食事を改善することで、娘のホルモンは正常になりました。 その後、30日間の消化システムのクレンジングを行いました。さらに彼女の医者は、食生活での有毒物質をすべて除去するよう、アドバイスしました。娘は、加工食品を一切食べるのをやめて、ホールフーズ(なるべく自然の状態に近い食品)のみを食べるようになりました。これが、彼女の状態を非常に改善するのに役立ちました。発作が少なくなり、気分が向上しました。 彼女の状態が安定し、日常生活を問題なく送れるための薬を見つけるのに、1年ぐらいかかりました。それから、私は、娘が発作の薬を取らなくてもよくなる方法を模索し始めました。 2012年8月、自然治癒医師を探している時に、私の住む町で開業していた、ドクター・ギブソンを見つけました。 ドクター・ギブソンは、まずは「ネオセル」で、レイチェルの脳を修復することから始めました。さらに、レントゲンを撮って、上から3番目の頚椎の位置がずれていることが、発作の原因であることと断定しました。彼女の頚椎がねじれていたのです。 それから、ドクター・ギブソンによるカイロプラクティックの調整、ホールフーズの食事、「ネオパック」と「ネオセル」を摂って、レイチェルは、2012年11月に発作の薬をやめることができたのです。2013年1月の彼女の結婚式の時には、すっかり元気になっていました。 その後、レイチェルは妊娠し、妊娠中も「ネオパック」、「ネオガード」、「でるサポート」を毎日摂ることで、必要な栄養を補い、健康な赤ちゃんを産めるように準備していました。そして嬉しいことに、2014年8月9日に健康で可愛いベビーが誕生したのです。レイチェルは、この2年間、全く発作を起さず、とても健康に生活しています。 この娘の体験から、いくつかの薬の副作用の怖さ、自然療法の様々な方法を駆使することで、改善が難しいとされている「てんかん」をも克服できることを実感しました。ドクター・ギブソンに心から感謝いたします。

    Read More
  • アルツハイマー型認知症が驚くほど改善!


    発売以来大好評で、うつ、自閉症、ストレス、認知症、アルツハイマー病などに劇的な改善をしている方からの嬉しいお知らせが続々と届いている、脳への必須栄養素「ネオセル」。 今日は、京都にお住まいのはなちゃんからのおばあさまの認知症が、短期間で、大きく好転した体験談を、クエスト・グループのニュースレター「ナチュラル ヘルス ニュース」秋号よりご紹介いたします。 **************************** 87歳の祖母はアルツハイマー型認知症を発症し、3年前から孫である私の家で同居していました。 その頃、まだ少し寒い時で、祖母は風邪を引き、咳がひどく喉も腫れていたのでいつもの内科で抗生剤を処方してもらいました。その薬を飲んだよく朝には、少し昔の話を昨日の事のように話だし、2日後、やはり咳がひどく、肺炎が怖いので、内科の主治医が追加で別の2つの薬を処方しました。 すると飲んだ朝方5時・・・私の名前を呼びながら、おむつも自分でとってしまい、歩けないのに、介護用ベットから下りて、ハイテンションで話をはじめました。すぐに私は、「風邪の薬と認知症の薬の兼ね合いだ!!」と思いました。 その後、内科主治医・脳神経外科主治医と話、結果、脳の中枢神経に薬が作用してしまい、医学用語で譫妄(せんもう)いわゆる、徘徊を始めたとの事でした。 その祖母の様子を知った友人が、「ネオセル」をプレゼントしてくれました。朝と夕に、「ネオセル」を大さじ一杯を水で割り、祖母に飲ませました。すると、三日後、祖母は新喜劇のテレビをみて、声を出して笑っていたのです。今までは、耳が遠いだけでなく、テレビの内容が理解できずに、ただ、ぼぉ〜と観ていたのですが・・・「声を出して笑うとは、脳がテレビの内容を理解している。すごいなぁ〜」と衝撃でした。 それからまた、一週間後、いつもきてくれているヘルパーさんが、4歳の私の娘と祖母の会話が聞こえてきてびっくりしたといってくれました。「3年、こちらに来ていますが、初めてですね・・。」と。今までは、4歳の娘との会話もままならずだったのが、大人としての対応を祖母がしていたというのです。 一か月経った頃には、デイケアのスタッフさんが、「最近、お婆さま、デイケアでも調子よく、神経衰弱のトランプも一位を取られたり、ぼぉーとすることも少なくなり、進んでレクレーションにも参加されていますが、何か家でありましたか?」と聞かれるほどになりました。 色んなサプリメントがありますが、「ネオセル」に出会えて本当に良かったです。(京都府 はなちゃん) 脳に必要な栄養素がぎっしり詰まった「ネオセル」。詳細とご注文は、こちらからどうぞ。⇒www.newbraincell.com

    Read More
  • 「ネオセル」で息子のアスペルガーの症状が大きく改善!


    愛知県在住の檜山知左様よりいただきました息子さんの体験談をご紹介します。 ******************************* 小学4年生の息子は、1年生のときに学校への不適応を起こしてアスペルガーと診断されました。 療育とカウンセリング以外に親ができる対処療法として、食事に気を付けたり、いくつかのサプリメントを試してきました。それらの効果があったのか、不適応状態は短期間で改善しましたが、キレやすく落ち着かない状態はしつこく続いたのです。それが本人にとってはかなり辛いことのようだったので、やむなく「リスパダール(主に統合失調症、神経症になどに処方される薬)」を飲ませることになりました。 薬の効果で、気持ちと行動が安定し始め、本人は落ち着いて楽になり、かなり成長もみられるようになりましたが、不安定になる時期には、どうしても怒りやすくなったり、不注意が増えたり、チックがひどくなったりするため、そのたびに処方される薬の量が増えていくようになりました。 少量ではあっても精神薬を長い間服用させることには、やはり抵抗があります。そこで、より自然な方法で状態を改善し、薬を断つ方法が何かないかと探していた時に「ネオセル」に出会ったのです。 本人は、味や匂いや色、食感などにうるさく、「飲みたくない!」と拒否するかもしれない心配がありましたが、とにかく試そうと初めて「ネオセル」を差し出した時、すんなり飲んでくれて安心したことを覚えています。 「ネオセル」を飲み始めて2ヶ月目の2013年9月に、クエスト社のウェビナーを受講しました。それは、Dr.ギブソン(以下写真)による子どもの自閉症に関する内容でしたが、その際「薬をやめるにはどのようにしたら良いか?」という私の質問が取り上げられ、その場で具体的な方法を教えていただきました。                   探していた方法が見つかった私は、まずは試してみることにしたのです。 1週間ごとに25%づつの割合で減薬をしていく途中、50%まで減らしたところで、キレやすい症状がワッと出てきました。幸いそうした状態は数日で治まったため、その後も次へとすすめていくことができ、無事に薬をゼロにすることに成功したのです! 正直に言うと、減薬にあたっては「予想外のことが起きて手がつけられなくなったらどうしよう?」と心配もしていましたが、実際にはほとんど問題はありませんでした。 こうしてついに薬をなくすことができたのも、「ネオセル」を飲みながら減薬を行ったおかげだと思います。 その後も「ネオセル」を飲み続け、薬なしで半年が経ったところですが、本人にはたくさんの変化が起きました。 ・怒る回数が激減し、機嫌がよいことが増えた ・気持ちの切り替えが早くなった ・こだわりが減った ・チック症状がほとんど消えた ・初めてのことを拒否することが減った ・苦手なことに挑戦するようになった ・宿題を自分から済ませるようになった ・学校の支度を自分でするようになった ・家の手伝いをするようになった ・時間に間に合わせようとする意識が出てきた ・おねしょがなくなった などです。 苦手だった縄跳びでは、なんと、二重跳びがわずか3日間で1回から50回へと連続で跳べるようになり、とても驚きました! こうした変化は、すべてが「ネオセル」のお蔭だけではないと思います。それでも、土台として、脳と身体の状態を良好に保つことができているからこそ、本人が多くを吸収し、速やかに発達することが可能になったのだと捉えています。 現在は「ネオセル」に加えて「おなかサポートチュアブル」「ネオガード」の2種類のチュアブルも併せて摂っており、調子も良いため今後も一緒に利用したいと思います。 最後に、もしも「ネオセル」をお子さんに飲ませたいと考えている方に、ぜひ親子で飲むことをオススメしたいです。私にとって「子どもと一緒に過ごす時間」は、”ただつらい”という状態から、”一緒にいて楽しい”と思えるまでに大きく変わりました。「ネオセル」を飲んでいくうちに、物事をおおらかに捉え、ゆったりと子どもに接することができるようになったようです。そのことで、以前よりも子どもに大きな安心感を与えているのだなと感じています。 母親が、子どもや家族に与える影響は、本当に大きいものです。子どもだけをなんとか変えようとするのではなく、自分も大切にして一緒に変わっていくことは、相乗効果でより速やかに好循環が生まれます。 ぜひお試しいただいて、一日でも早く、子どもも自分も、共に楽な状態となって、家庭に笑顔を増やしてほしいなと思います。 この感想が、同じように悩まれている親御さんの参考になればうれしいです。どうもありがとうございます。

    Read More
  • 言語障害と学習障害を克服し、飛び級・成績優秀児童に!(2)


    ドクター・ギブソンのよるオンラインセミナー「学力向上・成績アップ!今からでも間に合う脳力開発法」はいよいよ今晩、13日、午後10時からの開催です! ●参加申し込みはこちらからお申込みください。 今日は昨日からの続き、ドクター・ギブソンの息子、タッカー君の体験談をご紹介します。 生後にワクチンを打って脳がダメージし、さらに頭を強度に打撲し、言語障害と学習障害があったタッカー君。そのことがきっかけとなり、ドクター・ギブソンは脳のフォーミュラ「ネオセル」を開発しました。お話の続きをどうぞ・・・。 ************** しかし、息子を愛する父親として、このまま諦めてはならないと私は決意しました。私は、自分の心の奥深いところで「何かできることがあるはずだ」と思っていました。そんな絶望感の中、私はリサーチを開始したのです。まだ解明されていない、脳を修復し、再生する秘法を探し続けました。それにより私が発見したのは、非常に驚異的なことだったのです。それらはとてもシンプルなことだったのですが、私の医者としてのトレーニングでは全く聞いたこともなかったことなのです。何百という科学的な実験や研究の一つひとつを紐解き、タッカーの脳を修復するプランを考えついたのです。 タッカーと私は、一緒に私の必須プロトコル、そして、脳神経修復のプロトコルを賢明に実践しました。長年をかけてコツコツと継続したことで私たちの努力は報われたのです。タッカーはやがて同年代の子どもたちに学力的にも追い着くようになりました。さらに驚きだったのは、彼は同年代の子どもたちの学力を追い抜いてしまったのです。そして、芸術的な才能も発揮し始め、美しいスケッチを描き始めました。昨年は、独学でピアノを覚え、今でも毎日弾いています。それから、15歳にして飛び級し、大学に入学したのです。 今、彼は16歳ですが、成績は全てA(最高レベル)で、大学2年生になりました。この奇跡は、「ネオセル」、必死で取り組んだこと、そして、時間をかけたことで起こったことです。タッカーに「君は何才?」と聞くと、彼は「天才だ」と日本語で答えます(笑)。 このプロセスを通じて、私たちは「ネオセル」第一号のブレイン・フォーミュラを作りました。これは、神経機能回復学、および、神経可塑性(*脚注)の分野においての非常に最先端で画期的な治療法です。「ネオセル」を適切に使用すると、脳の修復を助けるための最もシンプルでしかも最善のツールになるのです。 非常に多くの人がこれを必要としています。ですからあなたも、私たちが「ネオセル」をできるだけ多くの人に広めるのをお手伝いくださいますようお願いします。 *脚注:神経可塑性とは、シナプスの信号伝達能力や形が、刺激の量によって変化・適応すること。 ブレインフォーミュラ「ネオセル」についての詳細は、こちらをどうぞ。 (現在16歳のタッカー君。今年日本を初訪問した時の写真です)

    Read More