Quest Group クエストグループ

Archive for March, 2019

  • 解毒のための必須臓器


    体を浄化し、解毒する3つの必須臓器があります。それは、大腸、肝臓、そして腎臓です。 腎臓腎臓は以下の3つのことを行う重要な臓器です。 1.水を調整する 体が適切に機能するためには、ちょうど正確な量の水を含んでいなければいけません。腎臓の重要な仕事の一つは、体から過剰な量の水を取り除くことか、体がもっと必要とする時に保水することです。腎臓がよく働くためにも、あなたは十分な量の水を摂取しなければいけません。  2.老廃物を除去する 血液と体液の中の物質の多くは、体が適切に機能するために、正常値に保たれていなければいけません。腎臓が適切に働いているときは、ナトリウムやカリウムなどの過剰なミネラルは、尿で体から排泄されます。また、腎臓は骨の形成に重要なカルシウムやリンなどの、他のミネラルの量を調節するのを助けます。 また、尿素やクレアチニンなどの老廃物も、体から除去されなければいけません。尿素や他の老廃物は、肉などのタンパク質を体が分解する時に作られます。クレアチニンは筋肉の老廃物です。腎機能が低下すると、血液中の尿素とクレアチニン量が増加します。体液から除去されないと、多くの老廃物は毒になります。 3.ホルモンを生成する 正常な腎臓は、ホルモンと呼ばれる重要な化学メッセンジャーを作ります。これらのホルモンは血流に沿って循環し、血圧、赤血球の生成、小腸からのカルシウムの取り込みなどの体の機能を調節します。 腎臓に良い食べ物 赤ピーマン キャベツ カリフラワー ニンニク 玉ねぎ りんご ベリー(特にクランベリー) さくらんぼ ブドウ 魚 肝臓 肝臓も見過ごされがちな器官の1つです。肝臓は、毎日約380リットルもの血液をきれいにろ過し、細胞に栄養を届けています。ホルモンバランスを保ち、タンパク質を分解し、血糖バランスにも貢献。怪我をしたときには、血を止める働きもサポートしてくれます。肝臓には400以上の機能があるのです。また、肝臓は毎日1リットルもの胆汁を作ります。単縦は黄緑色の液体で、胆嚢に蓄えられます。洗剤が食器の油汚れを分解して落とすように、胆汁は食べ物の脂分を分解してくれます。ところが肝臓に栄養が行き届いていなかったり、化学物質や有害物質のせいで肝臓の健康が奪われたりすると、必要な量の胆汁がつくられなくなります。 1滴の食器用洗剤で、台所の流しにたまった油だらけの食器を洗うことを想像してみてください。たった1滴ではまったく脂分を洗い終わることはできません。肝臓も同じです。もし、胆汁を必要な量つくれない場合は、「別の方法」を行います。その方法とは、脂肪や有害物質をつかまえて、あとで分解できるよう、体のどこかに貯蔵しておくことです。しかし、肝臓が胆汁をつくるペースはいつもと変わらないため、蓄えた脂肪をいつまでも分解できないという問題が発生してしまうのです。 肝臓の不調を示すサイン・ニキビ・セルライト・糖尿病・胆のう疾患・高コレステロール・気分の浮き沈み・発疹・腹部膨満感・憂うつ状態・疲れ・高血圧・消化不良・肌の不調・体重増加 肝臓に毒がたまると、ほかの臓器にも悪影響が及びます。 肝臓をキレイにして復活させ、完全に機能する状態に戻すのに必要な栄養素を食べ始めると、あなたの肝臓は効果的に毒素に対応できるようになるでしょう。 肝臓を健全にする 肝臓の健康を取り戻すために、まずしなければならないのが、アルコールやカフェイン、砂糖、トランス脂肪酸(水素化オイルまたは部分水素化オイル)、処方箋や市販薬を控える必要があります。※医師や専門家の承認なく、処方箋の使用を中止するのはお控えください。 肝臓を健全にするには、何を控えるべきかだけではありません。同様に、食べるものも重要です。肝臓と消化器系を健全にする食べ物を食べるようにしましょう。 肝臓の働きを助ける食材・アーティチョーク・ブロッコリー・芽キャベツ・キャベツ・カリフラワー・柑橘類・タマゴ・ニンニク・ケール・タマネギ 肝臓が毎日行う、驚くべき機能 ・脂肪を分解する胆汁を1リットル製造・380リットルの血液をろ過し、 アルコールを含む有害な毒物、 その他の物質を除去。 それにより、細胞に栄養を届けることができるようになる。・コレステロールやテストステロン、 エストロゲンなど、13,000以上の化学成分やホルモンを生成・50,000以上の酵素を管理し、体の健康維持に貢献・血糖値が常に正常になるよう管理・骨、皮膚、心臓血管機能、 免疫システムを健康にするために必要な、 ビタミンA、D、K、B12などの 必須ビタミンや必須ミネラルを貯蔵・有害物質を無毒化。 肝臓で有害物質などが除去されないと、 数時間で人は死に至る可能性があると言われています。 大腸 大腸は体の下水設備です。その仕事は、可能な限り素早く水を取り除くことです。もしあなたの排便が少なくても1日に1回なければ(理想は2回以上)、あなたは体内に老廃物の建物を持っていることになります。やがて、この老廃物は腐敗し、より多くの毒素が体内に放出されます。また、悪玉菌や寄生虫への繁殖地にもなります。便秘はたくさんの病気への第一歩と言えるでしょう。 できる限り早く老廃物を取り除くことが重要です。老廃物が体に居座るのが長ければ長いほど、私たちの体はより汚染されます。 便秘は大きな問題です。何百万人もの人が黙って便秘に苦しんでいます。 安全に、そして自然に便秘を解消する簡単な方法を紹介します。 十分な量の水を飲む便秘の一番の原因は脱水です。世界の50%以上が慢性的に脱水を起こしています。少なくても1日に2リットルは飲むことが重要です。水は、毒素の除去を助け、便を柔らかく保ちます。 食物繊維の摂取を増やすほとんどの人が、消化器官が健全であるのに必要な食物繊維を十分に摂取していません。確かに、私たちが日々口にする食物繊維は少なくなり、それが当たり前のようになっています。気を付けたいのは、食物繊維が不足するとさまざまな健康問題につながること。1日あたり20~27gの食物繊維を摂ることが勧められていますが、現在、日本では成人1日あたり平均14.2gに留まっているとの報告もあります。 食物繊維は腸内を洗うブラシのようなものです。古い便、ゴミ、寄生虫、および毒素を腸壁から取り除きます。腸の健康には必要不可欠です。 ホールフードの食事を食べることは、あなたの食物繊維の摂取量を自然に増やします。毎日、繊維が入った食べ物を数杯食べることは、便秘を解消し、体重管理を助け、心臓病やある特定のがん、糖尿病、胆石や腎臓結石などの病気を予防することができます。 腸の働きを助ける食材・リンゴ・ベリー類・カリフラワー・セロリ・チアシード(タネ)・豆類・フラックスシード(亜麻仁のタネ)・さやいんげん・葉物野菜・洋ナシ・サヤエンドウ・タケノコ・枝豆 十分な量のプロバイオティクスを摂取する 腸内には数兆に及ぶバクテリアなどの細菌が住んでいます。一説には細胞の数より多い細菌が体内にいると言われています。腸内フローラ(細菌などの微生物)には良いもの(善玉菌と呼ぶ)と悪いもの(悪玉菌)があります。そして残念なことに悪玉菌を避けることはできません。悪玉菌は私たちの身近にある空気や水、食べ物など、すべてのものに含まれているのです。一方、善玉菌は、健康的な食生活を送る限り、体内で自然に生まれてきます。 私たちにあるフローラのうち、少なくとも85%が善玉菌と言われており、この善玉菌が悪玉菌の活動を抑えています。善玉菌が不足し、悪玉菌が15%以上になると、腸内環境にダメージが生じます。悪玉菌が増加すると、風邪を引くなど、体の調子を崩します。しかも、消化の過程で得られるはずの栄養素も吸収しにくくなります。その結果、栄養の吸収効率が低下し免疫システムも弱まって、体全体の健康が害されていくのです。 善玉菌が減る理由善玉菌は、実はたくさんの物質によって殺されてしまいます。なかでも問題なのが、塩素とフッ化ナトリウム。この2つの物質は水道水に含まれる成分です。そのほかにも抗生物質や抗菌石鹸、環境汚染、お酒、経口避妊薬や、その他多くの薬物、さらには仕事などによるストレスが善玉菌と腸の細胞を傷つけてしまいます。上記の物質やストレスを減らすことはもちろん可能ですが、100%取り除くことはできません。だからこそ、善玉菌を「育てる」ことが大切なのです。 ・健康的な食生活にする・味噌やヨーグルトなどの発酵食品を増やす・不必要な抗生物質の摂取を控える・水は純水を飲む・ストレスを上手に管理する(ストレスは善玉菌の敵です)・「でるサポート」を毎日摂る 悪玉菌が多すぎて、善玉菌が十分にいない状況は、便秘を引き起こします。腸内に正常な量の善玉菌を持っていることが、定期的な排便を助けます。 私たちは毎日急ぎすぎなのも考えものです。適切な排便の時間を取るのも重要なことです。体に働く時間をあげましょう。ただリラックスして、自然に任せてみましょう。 定期的に腸内クレンジングを行うことは効果的です。あなたの排便は改善するでしょう。体が解毒され、肌や髪の毛、気分も改善します。腸内に積み上げたものに関する体重も減るでしょう。膨満感、ガス、便秘も消えるでしょう。クエストグループ の「でるもんね」は30日間の腸クレンジングです。体にとても優しく、簡単な4ステップでクレンジングできます。

    Read More
  • 体の変化ばかりか、心の変化もたくさんありました!


    40代 東京都 N.T様より、クエストグループのサプリメントを服用後、とっても嬉しい変化があったとのご報告がありました。 以下、N.T様からのお声です。 クエストグループのサプリメントを飲んで、体の変化とともに、心の変化が大きくありました。  まず「ネオセルプラス」、「ネオクレンズ」から開始して、「ネオガード」、「ネオバランス」、「ネオパック」(2日に1袋)を飲んでいきました。日常的に交感神経が高く緊張感が強い方でしたが、それが落ち着いたように感じます。  途中から90日間の解毒プロトコルを開始し、そのまた途中からでるもんねプログラムを開始しました。  今までは、体がだるく否定的な感情が優位に立ってしまうことが多かったのですが、体が楽になるにつれて肯定的になり、こころが安定してくると同時に、両親への感謝がわいてきたり、自分自身を認められるようになったりしました。  また、夫や息子には「ネオセルプラス」と「ネオクレンズ」を、夫にはさらに「ネオパック」を飲んでもらいました。普段、夫は消極的でたまに神経質だなと感じる場面があったのですが、飲んでからは、徐々に積極的に話したり、行動したりするようになり、神経質な場面を見ることがなくなりました。高校生の息子はダラダラする様子が見られなくなり、勉強にも一層身が入っているように感じられます。解毒することそして、栄養が足りるということは凄いことだなと思いました。  また、10年以上お付き合いのあるメンタルトレーナーの方に久しぶりに連絡をとったところ、考え方がすごくスッキリしたねと、とても驚かれました。クエストのサプリメントのことを話したら、それはいいものに出会ったねと言ってくれました。「ネオセルプラス」、「ネオクレンズ」で頭がスッキリしたことを実感していたので、そう言ってもらえて、とても嬉しかったです。栄養補強と解毒で本来の自分に出会えるような感じがしています。これからが楽しみです。 

    Read More
  • ガンを除去し、予防するための3つの柱


    ガンは恐ろしい言葉です。ガンの罹患率は世界中で上昇しています。私たちの世界がより有毒なものになればなるほど、私たちの体は健康を維持するためにより一層懸命に闘わなければなりません。興味深いことに、ガンとの闘いと同じ取り組みにより、ガンを防ぐことも可能です。 第一の柱―食事ガンは人生での最大の闘いに相当します。困難を乗り切るためには出来る限り健康でいる必要があります。必要な運動をこなし、感染や細菌に打ち勝ち、加齢による症状と闘うため、体は適切な燃料を必要とします。ですから、食事はガンの原因となる根を絶つ第一の柱なのです。食事は健康や病気と闘う力とは関係ないという人がいれば、その人が誰(医療専門家やそうではない人)であっても、嘘つきです。世界保健機構(WHO)はガンの約40%が、食事が原因であるとしています。あなたが口に入れるために選び取ったものは、生と死の境界を意味するかもしれません。これが真実なのです。 食用色素や保存料、過剰な糖分、カフェイン、その他「ゼロ」カロリー食品を含むジャンクフードの食事は、あなたの体に栄養を与えることはできませんし、与えてはいません。体は適切なビタミンやミネラルを補給しなければ、ガス欠の車のように活動を停止します。ホールフードダイエット(まるごと食材を食べる食事)は、必要な栄養を満たす最適な方法です。ホールフードは豊富なビタミンやミネラル、植物性栄養素を与えてくれます。    新鮮な食品、有機食品、サラダ、スムージー、明るい色のものを摂りましょう。乳製品、大豆、穀類、特定の農産物が未知のストレス因子となりうることも忘れないでください。白砂糖、精白小麦粉、白米、加工食品、乳製品、大豆を避けましょう。現代の食品からガンと闘ったり、予防したりするのに体が必要とする全ての栄養を摂ることはほぼ不可能なことから、食事を補う必要があります。私共の最高品質の製品であるネオソースにより、容易に栄養の摂取が可能となります。 第二の柱―感情の浄化ネガティブ(消極的な)感情がガンの根本的な原因であるというのは本当です。この立場を後退させるあまりにも多くの科学がありますが、どうか先入観をもたないでください。スタンフォード大学の精神科医であるデイビット・シュピーゲル博士は、乳がん患者における消極性の影響について研究を始めた当初は懐疑的でした。しかし、術後10年の健診で個別のカウンセリングを受けていた女性のほうが、受けていなかった女性よりも2倍多く生存していることを知り衝撃を受けました。ネガティブな感情を取り除くことで、生存率が50%上昇したということを正しくご理解いただけるかと思います。また別のイエール大学の研究では、「感情を抑圧された」女性はガンがより早く進行するとされています。そこでは「抑圧された」という言葉を、強い絶望感や怒り、恐れ、その他ネガティブな感情を表現できないことと定義しています。つまり、感情を全て内に抑え込むことでますます具合が悪くなり、進行も早まるのです。ストレスは伝統的な社会において、またそれにとって代わる社会においても炎症の主な原因として知られています。これは誰もが納得する一つのことです。炎症はあらゆる周知の病気の元凶であることが知られています。すなわち、ストレスはガンや心臓発作、自己免疫疾患となってあなたの命を奪いうるのです。ストレスにあなたの命をコントロールさせてはいけません。バランスのとれた感情=(イコール)バランスのとれた生理システムとなります。 ドクター・ギブソンは健康におけるストレスの危険性について繰り返し伝えています。YouTubeでご覧いただけるポジティブプログラミングのウェブセミナーをご視聴いただければ、ストレスを軽減し、脳がポジティブな感情を感じるトレーニングの助けとなることでしょう。 第三の柱―解毒現代社会には数えきれないほどのストレス因子があり、その多くは人間、環境、そして体に取り入れることを許してしまった食べ物や製品です。初めの2つについては既にお話してきました。ここではほとんどの人が考えたこともない汚染物質についてお話したいと思います。汚染物質は、土や水、空気の中に含まれており、それはつまり私たちが口にする食べ物にも含まれていることを意味します。あなたは体に身に着けるもの、取り入れるもの、そして取り巻く環境のほとんどをコントロールすることができます。もし化粧品や日用品、毎日使う洗剤に含まれる化学物質について耳にしたことがないのであれば、今すぐにいくつか調べるようお勧めます。重金属やヒ素に始まり、ホルムアルデヒドやパラペンに至るまで、皆さんが日々地元のスーパーで購入する製品には、環境ホルモンや類似エストロゲン物質が多く含まれ、体の細胞まで完全に有毒なものにします。イリノイ大学公衆衛生学部労働衛生環境医学教授サム・エプスタイン博士の著書をお読みください。「The Politics of Cancer(ガンの政治学)」という著書の中で博士は、「NCI(国立がん研究所)はガンによる年間死亡率は2000年までに半減すると見込んでいた。同機関は現在、遅ればせながらガンの罹患率が急激に増加していることを認めている。また空気や水、食品、職場といった環境に浸透している多岐にわたる化学、放射性発ガン物質は考慮されていない。同機関は、食物脂肪,特に農業用殺虫剤,PCB(ポリ塩化ビフェニル)、エストロゲン(規制されていない過剰な動物飼料への成長促進剤の添加物)に含まれる発ガン性汚染物質を黙殺している。」と述べています。化粧品やシャンプー、コンディショナー、防虫剤、ペンキ、日用洗剤、洗濯洗剤またその他様々な製品を使用するたび、健康を害する危険化学物質に自身をさらしていることになるのです。これらの恐ろしい毒素は、体のシステムをただ通過するだけではありません。これらの化学物質の多くがとても危険なのは、体の中に蓄積されることなのです。徐々にあらゆる組織における毒性値が(少しずつ)高くなっていくのです。クエストグループとドクター・ギブソンは、定期的な解毒をお勧めしています。ネオクレンズにより体に蓄積された毒素が取り除かれることが証明されており、デトックス(解毒)プログラムの実証結果でご確認いただけます。 ガンの原因はコントロールできます日々体は多くのストレスを受けています。粗悪な栄養、高いレベルのストレス、化学物質による汚染により、ストレス因子は体が対応できるぎりぎりのところを超えるのです。これらの体への負荷を出来る限り多く取り除くため、この3つの柱を実践するか否かはあなた次第です。それにより、健康を維持し、ガンにならないために、体本来の力が発揮されるのです。

    Read More