Quest Group クエストグループ

Archive for July, 2018

  • スピルリナのがん予防を助ける4つの作用


    スピルリナのがん予防を助ける4つの作用 研究者たちは、 スピルリナが多くの種類のガンのリスクを減らす助けをすること、 そして、場合によっては治してしまう具体的な作用を発見しました。   #1 –スピルリナは乳がん幹細胞を標的とする アメリカでは300万人の女性が乳がんにかかっており、 肺がんに次いでがんが死因の2位になっています。 特に、伝統的な乳がん治療に関して言えば、 問題は転移を起こすことです。 薬物療法はがん幹細胞の存在に対応していないため、 転移が起こるのです。 これらの幹細胞は、 成長し続け、 治療が完了したずっと後に、 新しい腫瘍を生成します。 化学療法薬が「自由裁量」なアプローチを適用している一方、 特定の天然物質は、健康な細胞はそのまま残しながら、 特異的にがん細胞を標的とするメカニズムが備わっています。 いくつかのスーパースターの植物性栄養素は、 とりわけがん幹細胞を標的とし、 がんのまさに基盤を治療しながら、 腫瘍を排除します。 その植物性栄養素のうちの一つがスピルリナです。 スピルリナ藻類には、 タンパク質分子で構成されている緑 青色色素のフィコシアニンが含まれています。 フィコシアニンは、 植物のクロロフィルを介して、 日光をエネルギーに変換するのを助けます。 また、フィコシアニンは、 非常に効果的な抗酸化剤であり抗炎症剤であり、 エネルギーを得るために一緒に働くクロロフィルは、 発がん物質に結合することが知られています。 2013年、画期的な研究が、 ルイジアナ州立大学健康科学センターで行われました。 研究では、 ひとつかみの「スーパーフードの植物性栄養素」の効果が 期待される「がん治療カクテル」の中にまとめて入れました。 カクテルにはフィコシアニンを含むスピルリナに加え、 他の植物性栄養素として ウコン由来のクルクミン 大豆由来のイソフラボン アブラナ科植物のインドール−3−カルビノール ブドウ由来のレスベラトロール そして特定の果物でみつかったケルセチンが含まれていました。 これらの栄養素は、 ネオセルプラス、ネオクレンズ、ネオガードにも含まれています。 研究者たちの期待は裏切られませんでした。 「スーパーフードの植物性栄養素」を配合することで、 「がん治療カクテル」は 乳がん細胞の成長を80%以上も抑えたのです! また、がん細胞の死滅を引き起こし、 がんの転移を抑制し、 […]

    Read More
  • 脳の秘密を解き明かす


    DNAからスーパーヒーリングそして長寿   SF映画の魔法のように、 エピジェネティクスと脳の関係は 最先端の科学の一つです。   脳について学ぶすべてのことは、 私たちが存在すら知らなかった 10以上の扉を開くことになるのです。 この事実は脳と遺伝学に関する本を増大させ、 未知の世界のことも、 たくさん発見されることにつながっています。 エピジェネティクス、ゲノムなどがその一例ですが、 それらは驚くばかりに私たちの考え方を変えました。   今号では、私のお気に入りの脳の秘密のいくつかを 皆さんに少しだけお伝えしましょう。   DNAと遺伝学は長い間注目されてきました。 しかし、エピジェネティクスの領域における 発見の割合は急激に増加しています。 簡単に言えば、DNAは青写真です。 エピジェネティクスは、建築材料、労働者、 道具、技術者、デザイナー、デコレータなど、 他のすべてのものです。 例えば、一つの遺伝子は目の色を作るような 一つのタンパク質のための設計図や青写真です。 エピジェネティクスを調節することによって、 その遺伝子の内容を改変して、 30,000種類を超える異なるタンパク質を作ることができます。 私は、激しい外傷後に、 患者さんの目の色や髪が変化しているのを見たことがあります。 片方の目が褐色で、もう片方の目は青色でした。 あるいは、交通事故後に、 幼い子供が白髪混じりになっていました。   エピジェネティクスは、 遺伝子をオンまたはオフにする タンパク質のためのスイッチを含みます。 エピジェネティクスは、食べ物、環境、 脳の化学物質、運動などと一緒に 私たちの体内に作り出す化学的環境です。 私たちの選択がすべて、 細胞のための良い内部環境を、 あるいは、悪い環境を作り出します。   悪い選択をすると、 私たちのDNAを突然変異させて、 がんのような病気になりやすくします。 ポジティブな考えは、 寿命を長くすることができる化学物質を作ります。 あなたはすでに放射線が 遺伝子を突然変異させることを知っていますが、 ワクチン、うつ病、ジャンクフードも同じです。   […]

    Read More
  • 炎症を防ぎ、解消する方法


    体内の炎症は、 怪我や感染症に対する正常で健康な反応です。 私たちは、炎症部位の熱、赤み、腫れや痛みを、 見たり感じたりすることが出来ますが、 これは更なる感染症の予防や、 回復するために、 必要な場所に多くの栄養と免疫活性を得るための体の働きです。   しかし、時に炎症は害になることがあります。 人々は、低レベルの全身炎症をより多く経験しています。 これは慢性的なものであり、 腫れや熱などをすぐに認識できません。 しかし、この種の全身炎症は、 時間とともに関節炎、自己免疫疾患、 うつ病や多くの重篤な疾患 (心臓病、がん、アルツハイマー病など)に 発展する可能性があります。   体内の炎症を減少させる 素晴らしいサプリメントがたくさんあります。 しかし、刺激となる原因が残っては、 炎症を沈静化しても意味がありません。 炎症を起こす原因には、 食物アレルギーやアルコールなどの 刺激性物質の場合もありますが、 多くは、不健康な習慣が原因となります。   炎症を引き起こす大きな原因は以下のとおりです 白砂糖 精製された穀物 乳製品 ストレス 処方薬 全身の炎症を減らす最善の方法は、 毎日の食生活から上記の食品を完全に除去し、 可能な限りストレスを減らすことです。 ただし、医師と相談することなく 処方薬の服用を止めることはしないでください。   有害な炎症を減らすことができる食べ方のヒント: 野菜と果物をたくさん食べましょう。可能な限り、オーガニックの新鮮な季節のものでいろいろな色のものを、生または調理して食べましょう。1日に最低5種類の野菜、3~4種類の果物を食べてください。 豆・豆類を毎日1~2サービング(1サービングの目安は計量カップで半カップ)食べる。 ナッツ(クルミやアボカド)や種(ヘンプ、フラックス、チアシードなど)からヘルシーな脂肪分を摂取する。 水銀の含有量が少ない海産物(鮭、黒タラやイワシなど)を食べる。 にんにく、ターメリック、シナモンなどの健康なハーブやスパイスを摂る。 緑茶、ウーロン茶などのお茶を1~2杯飲む。 「ネオパック」のような、抗炎症栄養素と抗酸化物を多く含む、パワフルなサプリメントを飲む。 甘いものが食べたいときは、ヘルシーなものにしましょう。プレーンなダークチョコレートは抗酸化物が多く含まれ、たまに甘いものを食べるときにオススメです。  

    Read More
  • 【動画】マインドプログラミングを学ぼう~オンラインセミナーのお知らせ


    私たちの思考は、 私たちの健康にとって最もパワフルなツールです。 長い年月をかけて 私たちの習慣や信じていることが原因となり、 病気になったり、 素晴らしい機会を逃してきた可能性もあります。   また脳内で作られている化学物質が、 あなたのDNAを変えることもできます。 エピジェネティクス(遺伝的要因だけでなく、 環境により遺伝子の発現が変わること)を コントロールする方法を学んで、 あなたの遺伝子を守り、修復しましょう。   神経可塑性(かそせい)という 新しい科学の考え方では、 脳の状態を変えることで、健康になり、 人生を変えることができるということが 明らかになっています。 長年にわたり、科学者たちは、 脳は変化しない細胞だと考えていました。 しかし実際に、脳は新しいコネクションを作り、 毎日新しい細胞が成長します。 私たちは、それらをコントロールすることができるのです。   今回のオンラインセミナーでは、 ドクター・ギブソンと渡邊千春さんという お二人のエキスパートが、 メンタルプログラミングが どのように体全体の健康の鍵となるかについて お話しくださいます。   オンラインセミナーで学べる主な内容は以下の通りです。 神経システムからのメッセージを変え、細胞・マインドとのコミュニケーションを変える方法 マインドが、どのように体をコントロールするのか? 脳を鍛えて、より健康になる方法 メンタルプログラミングで、どのように加齢の仕方を変えるか? テロメアを長くして、長生きする方法      

    Read More