Quest Group クエストグループ

認知症・アルツハイマー病

  • ドクターギブソンのプロトコルでアルツハイマーが劇的改善


    夫のジョンは、2017年7月から認知症の症状を改善するためにギブソン先生のクリニックに通い始めました。 ある時、ジョン自身は、あまりよく覚えていないらしいのですが、私がキャンピングカーを時速96キロで走行中になんと、いきなり外に出ようとしたのです。ですから、その後、私たちはキャンピングカーを売り払い、旅行をするのをやめました。 私が頼んだ本当に簡単なことも覚えられなくなり、夫はすっかり落ち込んでいました。彼を取り巻く環境からまるで切り離されたようになってしまい、自分の殻に閉じこもるようになったのです。 私にとっては彼の面倒を見るのが大変難しくなりました。5分と一人にしておくことができませんでした。私には彼がいつさまよい歩くのか、何をするのかわからず、心配でたまりませんでした。そこで私たちはここセントジョージ市にある施設に移ってきたのです。 その間に彼は認知症の薬を含む4つの異なる薬を服用していました。彼は極度の低血圧で、常にめまいがしているので、立ち上がろうとする度に倒れるのではないかと心配でした。それに約一年半の間認知症の薬を服用していたので、実際に彼の精神的な錯乱状態がさらに悪化しているようでした。彼の状態が薬が原因で悪化したのは明白でした。 私は薬の副作用で苦しんでいた夫の薬の量が増え続けていることが気になっていました。彼が落ち込み、自分自身を傷つけてしまうのではないかと常に心配していました。そこで私はこれ以上薬を増やすことはできないと決心したのです。 そのため、私たちはその代わりとなるものを探さなければなりませんでした。それでギブソン先生を紹介していただき、治療をお願いすることになったのです。それが2017年の7月1日でした。 ギブソン先生から、夫の行動の変化で気付いたことを書き留める日記を付けるようアドバイスをもらいました。ギブソン先生の治療を始めた時には既に夫とはあまり意思の疎通ができなかったためです。夫は自分の気持ちを表現できず、表情は固まったままでした。何が起きているのかも分からないようでした。 そして、ギブソン先生の治療を受け始めてちょうど6週間が過ぎた時、私は小さな変化に気付き始めたのですが、それは本当に驚くべきものでした。そしてその後6か月、夫がより上手くできるたくさんの小さなことが続いていったのです。ほんの少し自分の身の回りのことができるようになりました。そして自分の周りで起きていることに少しずつ注意を払うようになってきたのです。 ギブソン先生のプログラムを始めて6か月経ったクリスマスには、「僕は目が覚め始めた」とジョンが言ったのです。確かに夫は目が覚めたのです。 私たちが暮らしている介護施設の皆さんは夫の行動の変化に気付き始めたのです。少しずつ他の人に話しかけるようになり、表情がでてくるようになりました。それは素晴らしいクリスマスプレゼントとなりました! もう一年になりますが、彼はまだ改善の途中です。本当に一歩ずつ。ギブソン先生は少しずつ徐々に薬の量を減らしています。今ではこの3か月薬を飲んでいませんが、とても良い状態です。副作用もなく、今までとは全く違った世界のようです。 これは奇跡です。なぜなら医療産業では認知症の治療方法はないとされていますから。 夫はそれが間違いだという生きた証人です! ギブソン先生には本当に感謝しています。夫を取り戻すことができたのですから! 本人も、「本当に戻って来ることができて嬉しい!」と笑顔で語っています。 (追記)ジョンさんは認知症が最もひどい時、脳がいかなる記憶も保存しなかったと説明しています。奥様のジャンさんによると、これはおよそ5年から8年のギャップでした。脳があまりにもひどく損傷しており、彼の身の回りで何が起きているのかを理解することすらできなかったそうです。 上述のキャンピングカーから出ようとしたという過去のちょっとした話も、その他のことも思い出すことができないそうです。その前のこともあまり思い出せないとのことです。記憶を作り出しているのは新しい経験ということです。 *ジャンさんとジョンさんの体験談のビデオは、こちらからご覧くださいhttps://youtu.be/kEtrcQQRa5M 

    Read More
  • アルミニウムによるダメージを元に戻す方法


    あなたも重金属は有害であることを聞いたことがあるでしょう。 アルミニウムはその中で最悪です。 アルミニウムは内分泌系にダメージを与えて、 広範囲におけるホルモンのアンバランスを起こします。 特に、リンパ系を介して吸収されたときには、 注意が必要です。 また、乳がん、肺がん、前立腺がんに関連しています。 アルミニウムは、 強力な神経毒であり、 認知症やアルツハイマー病への関与が明らかです。 以前の記事でお伝えしましたが、 日本の認知症の発症率は上昇しており、 すでに400万人以上の患者がいます (日本が直面しているアルツハイマー病の大流行はこちらのリンクをご覧ください。) これらは、反応性がとても高い金属であるアルミニウムの、 より直接的なリスクです。 この毒性を考えると、 多くの人々が日常的にアルミニウムを使っているのは、 むしろ衝撃的です。 私たちは、 アルミニウムのフライパンや鍋を使って、 高温で食品を調理しますし、 アルミニウム缶の飲料を飲みます。 また、リンパ系に直接アクセスを可能にする 脇の下にアルミニウム混入デオドラントをつけたり、 制酸剤やアルミニウムが含まれている他の薬(アスピリンなど)を 飲んだりしています。 アルミニウムは一般的な工業汚染物質です。 私たちは歯科用薬剤と ワクチンの保存剤としてアルミニウムを使っていますが、 この2つの医学的適用は、 毒素が私たちの血流に直接入ってくるのを許しています! アルミニウムは事実上どこにでもあります。 そして、最も健康志向が高い、 オーガニック食品や自然製品の消費者でさえ、 体内にその量が上昇している可能性があります。 アルミニウムは解毒するのがとても難しいので、 体内に蓄積されていきます。 これが、 ・免疫不全 ・気分障害 ・骨粗しょう症 ・慢性疲労 ・炎症 ・呼吸器疾患 ・認知症 などの深刻な機能不全の原因になる可能性があるのです。 アルミニウムは、 全身の重要な酵素やたんぱく質の生産を阻害します。 これが、 早期老化 細胞の機能不全 脳の構造が変わることによる行動障害 DNAの変異さえ引き起こす可能性があります。 要するに、もしあなたが最適な健康を望むなら、 […]

    Read More
  • アルツハイマー型認知症が驚くほど改善!


    発売以来大好評で、うつ、自閉症、ストレス、認知症、アルツハイマー病などに劇的な改善をしている方からの嬉しいお知らせが続々と届いている、脳への必須栄養素「ネオセル」。 今日は、京都にお住まいのはなちゃんからのおばあさまの認知症が、短期間で、大きく好転した体験談を、クエスト・グループのニュースレター「ナチュラル ヘルス ニュース」秋号よりご紹介いたします。 **************************** 87歳の祖母はアルツハイマー型認知症を発症し、3年前から孫である私の家で同居していました。 その頃、まだ少し寒い時で、祖母は風邪を引き、咳がひどく喉も腫れていたのでいつもの内科で抗生剤を処方してもらいました。その薬を飲んだよく朝には、少し昔の話を昨日の事のように話だし、2日後、やはり咳がひどく、肺炎が怖いので、内科の主治医が追加で別の2つの薬を処方しました。 すると飲んだ朝方5時・・・私の名前を呼びながら、おむつも自分でとってしまい、歩けないのに、介護用ベットから下りて、ハイテンションで話をはじめました。すぐに私は、「風邪の薬と認知症の薬の兼ね合いだ!!」と思いました。 その後、内科主治医・脳神経外科主治医と話、結果、脳の中枢神経に薬が作用してしまい、医学用語で譫妄(せんもう)いわゆる、徘徊を始めたとの事でした。 その祖母の様子を知った友人が、「ネオセル」をプレゼントしてくれました。朝と夕に、「ネオセル」を大さじ一杯を水で割り、祖母に飲ませました。すると、三日後、祖母は新喜劇のテレビをみて、声を出して笑っていたのです。今までは、耳が遠いだけでなく、テレビの内容が理解できずに、ただ、ぼぉ〜と観ていたのですが・・・「声を出して笑うとは、脳がテレビの内容を理解している。すごいなぁ〜」と衝撃でした。 それからまた、一週間後、いつもきてくれているヘルパーさんが、4歳の私の娘と祖母の会話が聞こえてきてびっくりしたといってくれました。「3年、こちらに来ていますが、初めてですね・・。」と。今までは、4歳の娘との会話もままならずだったのが、大人としての対応を祖母がしていたというのです。 一か月経った頃には、デイケアのスタッフさんが、「最近、お婆さま、デイケアでも調子よく、神経衰弱のトランプも一位を取られたり、ぼぉーとすることも少なくなり、進んでレクレーションにも参加されていますが、何か家でありましたか?」と聞かれるほどになりました。 色んなサプリメントがありますが、「ネオセル」に出会えて本当に良かったです。(京都府 はなちゃん) 脳に必要な栄養素がぎっしり詰まった「ネオセル」。詳細とご注文は、こちらからどうぞ。⇒www.newbraincell.com

    Read More