Quest Group クエストグループ

年末年始のイベント・パーティーで食べ過ぎない方法

ストレスでいっぱいの一日を終え、
家に帰り、
疲れ果ててまっすぐ冷蔵庫に向かい、
それが何かも分からずに、
口に入れられるものは
何でも食べてしまうことがありますか? 

家族と口論をして、
お徳用アイスクリームを
まるごと食べてしまうというのはどうでしょう。

それとも、一日をとても忙しく過ごし、
心ここにあらずで、
お腹がぺこぺこになって元気がなくなり、
血糖値が下がるまで空腹のサインに気付かず、
ついには手あたり次第
何でもドカ食いしてしまうというのはどうでしょう。 

欲求を作り出す共通した感情的要因は
いくつかあります。
一方で、食べ物をドカ食いしてしまう
次のような刺激反応ボタンもあります。

  • あなたにとって映画といえばポップコーンですか? 
  • 誕生日会といえばケーキですか? 
  • 休暇といえば集まって食べることですか?
  • ハロウィーンにお菓子がなかったらどうしますか?  

食べ物はある儀式のようなもので、
この儀式は私たちの生活の至る所に存在します。
儀式化された食べ過ぎが
あなたにとって問題であると気付いたなら、
その時は食欲でなく、
気分を満たすことに集中してみてください。
家族の集まりの中では、
団らんする事に集中してみてはどうでしょう? 

飲食に焦点をあてずに、
その場の雰囲気をあらゆる感覚を使って楽しみましょう。

あなたの胃袋を食べ物でなく、
気分で満たしましょう。

料理を作ることに集中するよりも、
会話を楽しみましょう。

もちろん料理を作る事を
楽しむのもいいと思います!

ですが、私が気付いたのは、
食べ物以外に自分がこの場にいるという
最も大切な理由を意識的に見い出して、
本当にそのことを楽しむことだけに力を注ぐと、
パーティーなどで食べる量を
かなり減らせるということです。

嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、
ケーキのかわりに
「気分や会話でお腹を満たすのです」。

そういう気持ちで臨むと
ケーキも多少いただくかもしれませんが、
すべて平らげるということにはならないでしょう。

「パーティーで人生を満喫する」
というゴールを意識して持っていれば、
食べ過ぎを防ぐことができるのです。

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.