Quest Group クエストグループ

Archive for September, 2017

  • 【動画】病気の根本原因「毒素」~潜在的な流行


    ✅ガン ✅糖尿病 ✅自閉症 ✅心臓疾患 ✅アルツハイマー病 ✅甲状腺疾患 ✅うつ   などあらゆる病気や疾患に99%共通している原因があるのをご存知ですか?   ほとんどの病気は、 毒素の過度の蓄積 体内への化学物質の蓄積 が根本的な原因です。   毒素を体内に入れない ため込まないこと で、命を奪う病気や危険な健康問題が起こらなくなります。 そして、病気の心配することがなくなります。 また病気の予防をすることができるのです。   毒素は、私たちの身近な食べ物、空気、寄生虫、ストレスなど 毎日触れているものから来ます。 過剰な毒物は、健康だけでなく、 その他のエリアにも影響しますが、 多くの人が全く無視してしまいがちです。   また、毒素によっては うまく体外へ排出されず、 体内に蓄積されるものもあります。   私のブログでよく話している、重金属などは、 体外へ排出されにくい毒素の代表です。 いくらいい食べ物を食べて、 サプリメントを摂取して・・・と健康に気をつけても、 体内に毒素が溜まっていると、栄養素が吸収できないのです。 どんなにいい食べ物も、 サプリメントも摂取してもあまり意味がないのです。   今回のオンラインセミナーでは ・ 日常私たちはどのように毒素に触れているのか? ・ 実はわたしたちの食べている物にも毒素はふくまれている? ・ 毒素によって、どのような危険が身体に起こるのか? ・ 自分の体内にどれくらい毒素が溜まっているかを調べる方法はあるのか? ・ 毒素をどのように除去できるのか? という点にフォーカスしてお話していきます。   ガン、自己免疫疾患、心臓疾患、糖尿病、 アルツハイマー病や認知症などの神経変性症、 脱毛症、吹き出物、体重増加、うつ、慢性疲労   ここにあげた疾患はほんの一部ですが、 これ以外の疾患、症状にお悩みの方も、 ぜひ、このオンラインセミナーにご参加ください。   […]

    Read More
  • 大腸がん:恐ろしいサイレントキラー


    医学の父と呼ばれるヒポクラテスが、 2000年前に「あらゆる病気は、腸内から始まる」と言っています。   多くの人々が、日本女性の死因のトップが 大腸がんであることを聞いてショックを受けることと思います。 この種類のがんは、 サイレントキラーとも言われていて 自覚症状がないまま静かに進行していきます。 気づいた頃には、がんは進行している場合がほとんどです。 悪化して末期の大腸がんになって初めて、 痛みやさまざまな症状が出てくるのが特徴です。   日本では、2003年に大腸がんが 女性の死因ナンバーワンになって以来、 現在もトップを維持しています。 しかし、恐れることはありません。 大腸がんは予防できる病気なのです。 以下に、大腸がんを予防する4つの重要なステップを紹介します。   1)腸内をクリーニングしましょう 毎日排泄されず、宿便が蓄積していくと、 腸内で腐敗し、有毒な環境をつくります。 これはガンが育ち始める最適の状態です。 当社の腸クレンジング「でるもんね」は、 腸を完全に浄化するプログラムであり、 宿便を取り除くのを助けてくれます。 また、消化器官の腸内フローラ(腸内細菌叢)を 正常で健康なものにしてくれます。 2)毎日十分な量の食物繊維を摂取する 食物繊維の毎日の推奨摂取量は20〜27gですが、 近年の成人の平均摂取量はかなり少なく14.2gです。 食物繊維をしっかり摂取するには、 少なくても果物2カップと野菜5カップを 毎日摂り続けることがベストです。 もしこれらを十分に摂れないときは 「でるミックス」を活用しましょう。 「でるミックス」には質のよい食物繊維が含まれており、 腸内をキレイに保つのを助けてくれます。   3)毎日十分な量の抗酸化物を摂りましょう カラフルな色の果物や野菜は、 生きた抗酸化物であり、 免疫機能を活性化させ、ガンを予防します。 ベリー類やトマト、ブロッコリー、カリフラワー、 オレンジやリンゴなど積極的に食べるようにしましょう。 また、ネオガードを毎日飲んで、抗酸化物を補強していきましょう。 4)毎日しっかり排泄しましょう 理想は1日3回の排泄です。 便秘の一番の原因は水分不足です。 十分な量の水を飲むことは、便秘の解消に有効です。 その他、簡単に便秘を解消する4つの方法を、 クエストグループのブログに載せていますので、是非お読みください。 ⇒便秘解消を助ける4つの簡単な方法   5)健全なマイクロバイオーム(微生物叢)の環境を維持しましょう […]

    Read More
  • 9/14 自然療法でうつ・心配性を改善する方法


    あなたやあなたの知人に、次の症状に当てはまる人はいませんか?   ✅ベッドからなかなか出られない ✅気分が優れないため、あるいは、怖くて外出する気になれない ✅常に悲しい気分でいる ✅人生を楽しむことに疲れ果てている ✅大切な人と時間を過ごしていても、幸せ感を抱けない   厚生労働省は、平成23年12月に、うつなどの気分障害で医療機関で 受診している総患者数が、111万人6千人を超えたと発表しました。   うつは実在する状態です。   うつの人は疲れ切っていて、 物事に無関心で、悲壮感を持ち、不幸せです。 また、悲しいことに、うつの人はしばしば自殺して自ら命を絶ってしまいます。 人生がうまくいっているときでさえ、 脳内の化学物質のアンバランスが 無意識に感情を作り出しているかもしれません。 悲しいと感じるのに明らかな理由がないことは、 特にいらいらするものですが、 その感情が本物ではないということを意味するものではありません。 化学物質のアンバランスにより生じるダメージは、 まさに本物であり、治療しなければ、時間とともに、さらに悪化します。   では、うつの人の脳の状態はどうなっているのでしょうか?   脳内に存在する良い化学物質(神経伝達物質)と 悪い化学物質の量のバランスが悪いとうつ病が生じます。 体が良い化学物質を作るか、 または破壊するかは、日々の生活の中に多くの要因があります。   この良い化学物質/悪い化学物質は 腸内環境に左右されることをご存知でしたか? あなたを悲しくさせたり、幸せにさせるということが 実は腸内環境によるものなのです。 そして、うつ状態になると、脳がその状態に慣れ、 うつでいることが当たり前になってしまうのです。   今、私たちにできることは、 うつになっていない私たち自身がその治療法を学び、 うつ状態の人々を助けることなのです。   もしあなたの周りで あてはまる項目がある人がいるのなら、 あなた自身がこのオンラインセミナーに参加するか、 その方、その方の身近な方をお誘いださい。   ドクター・ギブソンは、 今まで何百人の患者のうつ病を克服させてきました。 自暴自棄で自殺寸前の人々の脳を改善し、 生活を改善するのを助けてきました。 ドクター・ギブソンがお勧めする自然な療法は、 薬で症状をごまかすことではありません。   […]

    Read More