Quest Group クエストグループ

Archive for October, 2016

  • 間もなく終了!「ネオセルプラス」先行予約スペシャル


    「ネオセルプラス」は最先端の脳の栄養素です。 体の中でも脳は最も素晴らしく重要な働きをする器官です。私たちの潜在意識下で、脳は肝臓の働きから睡眠、消化、感情に至るまでのあらゆる体の機能をコントロールしています。脳が健康であれば、あなた自身も健康で幸せな気持ちになり、エネルギーに満ち溢れてきます。 この度、クエスト・グループでは、最先端の脳の栄養素として誕生した「ネオセルプラス」を、皆さまにご紹介できることを大変嬉しく思っております。 従来の「ネオセル」も脳の健康のための栄養補強食品として高い評価をいただき、鬱(うつ)や不安感、ADD(注意欠陥障害)等、その他多くの健康問題緩和に一役買ったというお声を多数いただいてきましたが、新製品の「ネオセルプラス」には、ターメリックやMCTオイル、α-リポ酸、DMAE(ジメチルアミノエタノール)といった脳の働きを高める成分がさらに加わりました。 鬱、不安感、ストレス、不眠症、躁うつ、ブレインフォグ、記憶障害やADDなどの症状や、アルツハイマー病やパーキンソン病、多発性硬化症(MS)といった神経障害の予防にもお勧めの最高質の栄養素が「ネオセルプラス」です。 10月限定(10/1~10/31まで)の特別価格キャンペーンは間もなく終了です。 10月限定の発売記念特別価格:$69  商品番号:2050 http://www.questgrp.net/jp/current-promo/ 【キャンペーン期間:10月30日まで】  

    Read More
  • 自閉症と注意欠陥障害(ADD)


    ADD/ADHD(注意欠陥障害/注意欠陥多動性障害)、自閉症/アスペルガー症候群、失読症、トゥレット症候群や他の神経行動障害の子どもをもつ両親は、子どもたちを救おうと何年もの時間を費やします。悲しいことに、彼らは医者に「あなたのお子様のためにできることは何もありません」と言われてしまいます。また、薬の服用が唯一の治療の選択肢だとよく言われます。しかし、薬はとても危険であり、重大な副作用をもたらします。私は、皆さんがご存知ない病気の診断方法や治療の選択肢についてお伝えしたいと思っています。また、これらの症状で困っている子どもたちを、助ける手立てがあるということを知ってほしいのです。 神経科学の新しい発見により、上記の疾患をもつ子どもたちを助けることができる方法があることが明らかになりました。私の長年の経験からも、どんな脳の問題に直面していても、子どもたちは皆回復する可能性があることが分かっています。アメリカ合衆国では、子どもたちの神経行動障害が非常に流行しています。日本でも、これらの病気の子どもたちの数が、ものすごい速さで増加しています。その中で、「ギブソン医師の必須プロトコル」と「ネオセルプラス」は、わずかな期間での改善と希望をもたらしてくれています。そして、この改善が、子どもたちの成長に伴って、継続的な回復へとつながっていくのです。   何がこれらの脳の病気を引き起こすのか? 神経科学の調査から、神経行動障害の原因は一つではないことが明らかになりました。通常、複数の要因が集まって、様々な程度の損傷につながる「病気の嵐」を作りだします。症状の深刻度は、一つの要因ではなく、どれだけの要因があるかで決まるのです。神経行動障害の主な原因は、神経毒素物質として分類されており、これらの大半は、人工のもので回避可能です。神経毒素物質の中でも、特に医薬品と予防接種は、単体でもっとも有害なグループです。薬とワクチンに対するパニックと、人々の不信感を回避するために、これらの神経毒性は長い間、一般の人には隠されていました。遺憾ながら、その沈黙のために子どもたちが今高い代償を払っているのです。 子どもがワクチンや医薬品のダメージを受けやすくなる他の要因は以下のとおりです。 妊娠中の母の食事と健康状態 遺伝的要因 環境毒素 神経コミュニケーションにダメージを与える出生時の外傷 新生児期、及び乳児期の食事 栄養上の要因としては、栄養不足と食事に含まれる毒素の両方があります。ほとんどが、過去に理論づけられていた、厳密な遺伝子の問題ではありません。そして、神経行動障害の子どもたちは、みんな栄養と消化器系に大きな問題を抱えています。 もし、あなたかあなたの子どもの誰かに病気の兆候があったり、小さくても予防接種の副作用があるときは、予防接種や神経毒素物質を避けることは最も重要です。ダメージは予防接種を打つごとに指数関数的に大きくなり、重大な神経の損傷につながります。 私の治療と他のプログラムはどこが違うのか? 既存の治療プログラムの問題点は、脳の神経生理学の一つの要素にのみ焦点を当てていることです。たとえ、その要素が必要だとしても、それは、相乗的に脳組織や腸を癒し、脳が適切に機能するように再プログラムするといった、総合的な治療のうちの、たった一つの要素でしかありません。   「ネオセルプラス」は、治療の最も重要な構成要素ですが、その他に必須栄養素、食事、解毒そしてカイロプラクティックを組み合わせなくてはいけません。私たちは、このように自閉症や機能切断症候群を治療しています。   神経行動障害に関連する見た目の兆候の多くは、機能切断症候群の結果です。右脳と左脳は通常お互い通信していない状態で、一般的に、脳の半分は反対側より処理速度がかなり遅いので、正確に脳の反対側と情報を比較したり、共有することができません。これにより、脳の強いほうの側が引き継がなければならなく、脳の弱い側と接続しないようにし始めます。   この脳の両側の調整の減少が、切断症候群の子どもたちを生み出しています。彼らは感覚や体から切り離されているのです。また社会的にも感情的にも切り離されています。ですから、これらの子どもたちの症状を改善するには、脳の両側の通信障害を修正する必要があります。   神経行動障害の子どもに何をしたらいいか? 私の統合プログラムは、薬物や危険な手順、心理療法に依存していません。誰1人同じ子どもがいないように、治療計画も一人ひとり違います。私は、患者には、私の基本健康プランである「ギブソン医師の必須プロトコル」から始めます。この必須プロトコルに加えて、解毒と「おなかサポートチュアブル」や「でるサポート」のようなプロバイオティクスを補充することにより、消化器系のバランスを回復する必要があります。もし溜まっている毒素が多い場合は、必要に応じて解毒を追加します。そして、栄養バランスの良い食事をとり、健康の基礎を確実にするため「ネオパック」、「ネオガードチュアブル」を摂っていきましょう。   「ネオセルプラス」を用いた必須プロトコルは、確実に、健康と脳の修復の良い基盤になるでしょう。「ネオセルプラス」は、より効果的に脳細胞を修復し、神経伝達物質の量を補充することができます。正確にこのプロトコルに従って続けることが、大きく回復する確率を上げることになります。私たちは、患者がどのくらい回復するか限界は定めません。   私は、それぞれの子どもが最大の身体的、精神的、社会的、そして学術的なポテンシャルに達することができるように、できるだけ多くの子どもたちを助けたいと思っています。あなたも、今日にでも開始すれば、それだけ、子どもの新たな可能性を広げることができます。早く始めれば始めるほど、治療はより効果的になるでしょう。   「ネオセルプラス」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.net/jp/neocellplus/ 「ギブソン医師の必須プロトコル」の詳細はこちらからどうぞ。http://ameblo.jp/drgibson/

    Read More
  • 食品添加物—脳への毒性


    ロバート・ギブソン医師 正しい状況での良好な栄養は、奇跡を起こします。しかし、良好な栄養でさえ、その悪影響に対処できないほど、健康に否定的な影響を与えるものがあります。神経毒物質がそうです。そして、その中で最も有害なのはエキサイトトキシン(興奮性毒素)です。 エキサイトトキシンは、脳の特定の活性を増幅する毒です。特定の脳細胞は興奮し、急速に細胞を刺激します。その結果、細胞は疲れ果て、急死します。また、エキサイトトキシンはフリーラジカル発生剤でもあります。グルタミン酸塩、アスパラギン酸塩、L−システインは、露出した神経細胞(ニューロン)内で、たくさんのフリーラジカルを刺激します。同時に、神経変性疾患に至る運動ニューロンの進行性の死をもたらします。 エキサイトトキシンの刺激は、中和する細胞の能力を圧倒するほどの過剰なフリーラジカルを生じます。脳内のフリーラジカルは、ミトコンドリアDNAに損傷を与え、エネルギーを産生する脳の能力を減らします。これは、短期では精神的疲労と化学的アンバランスを引き起こし、長期的には、変性疾患や脳の早期老化を引き起こします。 「調味料」は無害に聞こえる紛らわしい名前のもとでたくさん使われている本当の「エキサイトトキシン」です。これらのエキサイトトキシンはたいてい全ての加工食品に含まれていて、以下のような名前で偽装されています:天然調味料、スパイス、植物性タンパク質、植物油、キャノーラ油、加水分解タンパク質、カゼインナトリウム、カゼインカルシウム、酵母エキス、カラギーナン、ブイヨン。 乳幼児の食品は、MSGなどのエキサイトトキシンである調味料でいっぱいです。子どもたちは、これらの加工食品の化学物質の依存症になります。多くのベビーフード、特に幼児の食品は、大量のMSGが加えられており、子どもの脳の発達に有害です。これらの食品の化学物質が、現在子どもたちを苦しめている注意欠陥障害、自閉症、気分障害、怒りの障害や他の精神疾患の流行の原因になっています。毒素成分でいっぱいのワクチン、子供用の薬、抗生物質、そして大量の食品中の化学物質による、完璧に健康な赤ちゃんへの砲撃が、未来の健康を破壊しているのです。 現在、生後1年で病気になる赤ちゃんの驚くべき増加があります。生まれている赤ちゃんの25人に1人が自閉症になり、5人に1人に学習障害があり、そしてワクチンを接種した子どもたちのあらゆる健康障害は5000%以上も増えています。これらの「不可解な」疾患は、ワクチンを打たず、母乳で育て、薬を使わず、オーガニックのホールフードを食べて完全な栄養を摂っている子どもたちには極めて稀です。 私たちは、神経毒により誘発された疾患にかかっている多くの子どもたちを治療しています。彼らの母親は、子供の健康や行動障害が、多くの医薬品で治療しても改善しない時、解決策を知りたがりますが、どの場合においても、栄養不足が主要な原因です。食事を変えると、彼らの行動は著しく改善し、誰も危険な医薬品に戻る必要がないのです。 大人(特に高齢者)も、同様に深刻な危険にさらされています。神経変性疾患は、過去最悪であり、増加中であるという現実を認めてください。かつて珍しいとされていた状況が、今では当たり前になっています。 食品産業のロビイスト達は、市民がこの情報を知るのを妨害するために、 思い切った手段に出ています。彼らによる欺瞞の方法は、食品の中に入っているものを、消費者に秘密にしておくことです。MSGはごく少量しか使われてなく、動物実験の結果、有害ではないと、私達は伝えられています。しかし真実は、「人間は、どの実験動物よりもMSGの影響を受けやすい」のです。私たちの脳は、マウスより5倍繊細であり、アカゲザルより20倍敏感なのです。 私たちの血液脳関門は、これらの添加物から脳を保護していません。脳の血流量は非常に多いのです。そのため、脳は、血液中に含まれる、代謝や食事由来の高濃度の化学物質にさらされています。その中には脳に毒性があるものもあります。血液脳関門は自然に発生する化学物質が脳や脊髄に深刻な損傷を防いでいます。また、かなり人工的な化学物質や医薬品が脳に損傷を与えるのを止めることができます。それでも脳のいくつかの部分は、より脆弱です。視床下部、松果体、下垂体はバリアによる保護をもっていません。脳下垂体は視床下部によって制御されていて、体の内分泌の機能を制御します。結果として、血中のエキサイトトキシンもまたホルモンに影響を与えます。 たとえば、血液脳関門を開ける人工甘味料のアスパルテームと、脳に浸透している血液中のグルタミン酸塩です。実際、多発性硬化症の患者は、化学調味料が含んだ食品を、たった1人前食べたり飲んだりしたあとは、数日から数週間、劇的に悪化します。 この重要な脳関門は、2つの主要な方法で安定化することができます。まず、神経細胞にダメージを起こす全ての添加物を食事からなくしましょう。次に、抗酸化物を提供してフリーラジカルの蓄積に対抗する細胞の能力を助ける、特殊な脳のための栄養サプリメントを使いましょう。私が開発した、脳のためのフォーミュラの「ネオセルプラス」と「ネオパック」を使ってください。また、血液と細胞を解毒するために「ネオクレンズ」を使ってください。解毒後は、細胞と脳を保護する目的で毎日「ネオクレンズ」を摂取するといいでしょう。   これらのサプリメントと併せて、オーガニックのホールフードを食べる生活に戻りましょう。ここでの特殊な脳の栄養について議論を越えて、ホールフードには、脳と体に燃料を供給し、活気づけて、修復する複合分子がふんだんに含まれています。これらの栄養素はオプションではありません。私たちの最も価値のある資産とも言える脳は、適切なケアと栄養がなければ破壊していきます。   「ネオセルプラス」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.net/jp/neocellplus/ 「ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/jp/ 「ネオパック」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.jp/products/neopak.html   偶然ではなく、目的意識を持って健康になりましょう。

    Read More
  • 日本が直面しているアルツハイマー病の大流行


    日本では、460万人以上の認知症患者がいます。そして、この数字は、人口の高齢化に伴い、大幅に上昇すると予測されています。世界的には、少なくとも4400万人が認知症であり、対処しなければいけない世界的な健康危機を作りだしています。   アルツハイマー病とは何か? アルツハイマー病は、重度な記憶障害と最終的に死をもたらす、慢性型の認知症です。多くは適切なケアで20年は生きることができますが、アルツハイマー病の平均寿命は約8年です。   アルツハイマー病の危険因子 アルツハイマー病の危険因子には、遺伝的なもの、環境的なもの、そして食事の要因があります。特定の疾患もまた、リスクを高めます。例えば、糖尿病の人はアルツハイマー病のリスクが最大65%も上がります。   主な食事の危険要因は、多くの加工食品に含まれるトランス脂肪酸(ラベルにはマーガリン、ショートニングなど半硬化油として記載)です。また、加工食品に含まれる神経毒素も食事からの要因です。ビタミンB6や葉酸、ビタミンB12が不足してもアルツハイマー病のリスクは増加しますが、加工食品は、ビタミンやミネラルも不足しています。   主な環境要因には、喫煙、肥満、フッ化物やアルミニウム、水銀の暴露があります。 アルツハイマー病を防ぐ方法 幸運なことに、アルツハイマー病の発症の可能性を減らす方法があります。以下に示す、簡単な生活習慣の変化が、60代を過ぎても、あなたの脳が最適に働く状態を維持することを助けてくれます、 野菜、特に緑色の栄養価が高い野菜を食べましょう。 砂糖を避けましょう。 「ネオパック」に含まれているような、高品質のオメガ3のサプリメントを十分に摂る。魚のほとんどは、オメガ3は豊富ですが、水銀に汚染されているので魚そのものを多く摂るのは避けたほうがいいでしょう。 水銀を避けて、体内から水銀を取り除きましょう。歯の治療で使用されるアマルガムの詰め物は、取り除くまでは、どんなに健康でも、水銀の主要な汚染源になります。「ネオクレンズ」で体内の水銀をクレンジングしましょう。 制汗剤、調理器具などからの、アルミニウムの摂取を避けましょう。体内に蓄積したアルミニウムを「ネオクレンズ」で除去しましょう。 高濃度のビタミンBと脳の必須栄養素を含んでいる「ネオセルプラス」で脳の栄養を改善しましょう。 1週間に3〜5回は運動しましょう。20〜60代を対象にしたある研究によると、運動をしない人たちは、アルツハイマー病の発症の可能性が約4倍に上がります。 水銀とアルミニウムが両方含まれているインフルエンザの予防接種はやめましょう。 野生のブルーベリーには、アントシアニンや抗酸化物の含有量が高く、アルツハイマー病や他の神経疾患を防ぐことが知られています。これと同じ抗酸化物が「ネオガード」と「ネオガードチュアブル」にも含まれています。ちなみに、「ネオセルプラス」にはブルーベリーが入っています。 日々、挑戦する気持ちを持ちましょう。旅行したり、楽器の演奏を習ったり、クロスワードパズルを解いたりするなどの、精神的な刺激は、アルツハイマー病のリスクの低下と関連しています。   「ネオセルプラス」http://www.questgrp.net/jp/neocellplus/ 「ネオガード」と「ネオガードチュアブル」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.questgrp.net/jp/our-products/

    Read More
  • 老化を早めるあの食材をご存知ですか?


    糖質(炭水化物、砂糖、異性化糖など)の過剰摂取が老化を早めるということをご存知ですか?   糖質とタンパク質や脂質が結びつくことを糖化作用といいますが、これは酵素の働きを介して適切に行われれば体へのダメージはありません。しかし、水のない状態でタンパク質と糖質を調理するとAGEsまたはAGE Advanced Glycation End Products =終末糖化産物)と呼ばれる有害な食品分子が作られます。 さらに、AGEs は食べ物から作られるだけでなく、正常な代謝や老化で体内でも作られます。 炭水化物は、単体でも複合体でもエネルギーに重要な物質です。ところが、その一部が過剰になって血中にブドウ糖として溢れだすと、人間の体の細胞や組織を作っているタンパク質に糖が結びつき、体温により「糖化」が起こります。タンパク質は体内のいたる所に存在するため、糖質と結びつくことで、体内での糖化によるダメージ が大きな問題になる可能性があります。   しかし、糖化のプロセスは、何を食べるか、そして、その調理法によって遅らせることができるのです。 過去30年間で、糖の消費量は劇的に増加しました。特に、加工食品に添加される糖が増加しています。加工食品に使われる果糖や異性化糖などの糖分は、野菜や果物に自然に存在するブドウ糖に比べ、10倍以上も高い割合で有害なAGEs を生成するのです。   AGEsの体への影響老化の主な原因は、活性酸素による酸化ストレスです。さらにほとんどのAGEs も、同様の酸化状態で生成されます。AGEs は、細胞やDNA をダメージを与えます。ですから、このようなダメージに対抗するためにも、あなたの体に抗酸化物質が十分にあることが重要です。 AGEs は、次のような病気の発症と悪化の主な原因と考えられています。 アルツハイマー病 がん 心臓病 Ⅱ型糖尿病 腎臓疾患 アテローム性動脈硬化症 高血圧 脳卒中 視覚障害 ED(勃起障害) 肌の老化   中でもアルツハイマー病は、記憶力の喪失と思考能力の欠如が起こるため高齢者が一番怖れる病気であり、現在、65歳以上の認知症の最も一般的な原因となっています。AGEs の生成と酸化ダメージは、アルツハイマー病に関連するアミロイド斑の形成に深く関わっています。   また心臓病は、現在日本人の死因の第2位となっていますが、AGEs はアテローム性動脈硬化プラークを形成して血管にダメージを与え、心臓病の原因となるだけでなく、高血圧、脳卒中、勃起障害のリスクを増加させています。   AGEsから自分や家族を守るにはA G E s の生成には、タンパク質と糖質が関与していますが、糖質の過剰摂取が問題の本当の原因です。A G E s を減らすのに役立ついくつかのヒントをお伝えします。 1 糖質、特に砂糖の摂取を減らしましょう。アメリカ栄養士会とアメリカ糖尿病学会は、砂糖の摂取がアルツハイ マー病などの変性疾患の主要な原因の1つであるとしています。 2 生の野菜や果物を食べましょう。調理する場合は、煮たり、蒸したりしましょう。水は糖がタンパク質と結合するのを防ぐため、生の果物や野菜を食べたり、水を使って調理したり、蒸すことでAGEs […]

    Read More