Quest Group クエストグループ

Archive for June, 2016

  • 甲状腺に影響を与える毒素と放射性物質から自分を守る方法


    非常に多くの人が甲状腺の問題で悩んでいますが、甲状腺がうまく機能していないことに気づいてもいない人がさらに多く存在します。医学的な検査と薬による治療のほとんどは恐ろしく時代遅れでかつ不適切です。このために、解決方法のないまま患者は放置され、辛い思いをしています。不安感、イライラ、鬱、頭にもやがかかったような状態、肥満、疲労感は、何年も人々を衰弱させ続けます。それは、甲状腺の問題を考えるにあたって大きなポイントとなる毒素と放射性物質について考慮に入れられていないためです。 食べ物由来であれ、環境由来であれ、毒素は甲状腺の問題の大きな原因となるものです。日本は、環境問題については国際的に先進的な役割を果たしてきました。東京の空気の質はこの25年の間に大きく変わりきれいになっています。1989年に私が東京を訪れたとき、空は厚いスモッグに覆われ遠くのビルは霞んで見えませんでした。しかしこの3月にスカイツリーを訪れたとき、東京も千葉もすべてが見渡せるくらい空気が格段にきれいになっていました。しかし残念なことに、日本が努力しても中国大陸から来る毒素と放射性物質を含んだ風は止めることができません。つまり規制されていない工場が排出する大気汚染物質が、あなたの家に吹き込んでいるのです。この問題を無視すると、あなたやご家族の健康に重大な問題を引き起こす可能性があります。私はこの危険から身を守るためには何をしたらよいのか、また体からこうした毒素を出す方法についてお伝えしたいと思います。 甲状腺の機能に影響する毒素にはどういったものがあるでしょう。 1.放射性物質:勇気ある労働者が多大な労力を費やしていますが、福島第一原子力発電所は環境に危険なレベルの放射性物質を放出し続けています。セシウムおよびその他の放射能を帯びたチリが日本中にばらまかれ、原発の近辺に近いレベルにまで達しています。甲状腺が放射能にさらされると、甲状腺機能低下症、橋本病(甲状腺炎)、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、眼疾患、腺腫(良性腫瘍)、甲状腺腫、甲状腺ガンなどになります。最も多く見られるのは、甲状腺機能低下症です。 2.大気汚染:大気汚染も、毒の含まれた空気としてガンだけでなく重大な健康問題を起こします。たとえば、子どもの出生異常や先天性欠損症などです。アメリカの大気浄化法(1963年制定された大気汚染防止法、以降3回に渡って改正)では187種類の汚染物質が指定されています。車の排気ガスのみならず、香料、プラスチック製品、工場の排気ガスなど発生源への規制は多岐にわたっています。つまりこうした規制法がないと、私たちが吸う空気には重金属をはじめ様々な毒素が含まれるということです。 3:重金属:水銀、鉛、アルミニウムは抗体の引き金になる可能性があります。つまり重金属が原因で甲状腺の状態が、バセドウ病や橋本病のようになることがあります。こうした毒素に囲まれていると、普通に暮らしているだけ上記のような自己免疫疾患が起きる可能性があります。 4.殺虫剤:殺虫剤は甲状腺の産生するホルモンに影響を与えます。抗菌剤や除草剤も甲状腺機能を低下させます。できるだけ無農薬で育ったオーガニックの食べ物を食べましょう。自分でブロッコリーなどのスプラウトを育てるのも新鮮なオーガニック野菜を食べる方法です。 5.難燃性PBDE(ポリ臭素化ジフェニルエーテル):テレビやコンピュータの画面、家具、カーペットなどに使われる物質ですが、甲状腺機能を低下させます。子どもの行動や発達の障害とも関係があると考えられています。 6.プラスチック:アンチモンは、プラスチックのボトルから溶け出しますが、果物の入った飲み物やジュースには水道水の水質基準より2.5倍も多く含まれています。またプラスチックに含まれるフタル酸エステルは、甲状腺機能を変化させます。ビスフェノールA (BPA) もプラスチックに含まれていますが、食べ物のコーティング剤や歯の詰め物にも入っており、甲状腺受容体の感受性を低下させます。 7.PFOA (ペルフルオロオクタン酸):これはテフロン加工に使う化学物質で、食べ物の包装などにも使われており中程度の濃度でも甲状腺機能に影響を与えます。 8.ハロゲン:ハロゲンは、フッ素を含む元素ですが、子どものヨウ素輸送を低下させたり甲状腺ホルモンの活性型であるT4 をT3 へと転換する過程を阻害します。 9.遺伝子組み換え食物:たとえば、遺伝子組み換えの大豆たんぱくは、甲状腺ベルオキシダーゼという酵素の働きを抑制します。遺伝子組み換えの大豆は甲状腺ホルモンの産生、分泌、T4 のT3 への転換も抑制します。オーガニックで遺伝仕組み替えされていない大豆が安全です。 10.抗生物質と抗菌剤:薬、洗剤、化粧水、歯磨き粉などには、抗菌剤が含まれているものが多くあります。たとえばトリクロサンは、環境ホルモンであり甲状腺機能に影響を与えます。トリクロサンはまた、アンドロゲンとエストロゲンホルモン受容体に作用します。 農薬などの毒に汚染されていない食べ物を食べ、毒に触れないようにしても、様々な毒素が空気などから体内に入ってきてしまいます。そのため私は最新の科学を元に解毒の実績のある成分を使って解毒製品である「ネオクレンズ」を開発しましたが、その効果は科学的にも証明されています。解毒のためのマニュアル(スーパーデトックスマニュアル)も作成しましたので、高濃度の毒や放射能にさらされても解決の手だてとなることと思います(クエストグループのオンラインショップでお求め頂けます)。なお、脳と甲状腺の働きを修復するのには、「ネオセル」が非常に有効です。 日本、中国、アメリカで「ネオクレンズ」を摂った皆さんの検査をしたところ、重金属、大気汚染物質、放射性物質を解毒するには最も効果的なものだということが証明されました。細胞レベルで働き、分子レベルで毒をとらえ通常の肝臓や腎臓の機能を使って毒素が簡単に排出されます。 最後に皆さんは甲状腺を襲う様々な問題を減らすための十分な情報を得た上で、ご自身で意志決定をすることができます。人間の体というものは、すばらしい回復力を備えています。治癒可能なのです。私は、回復不可能と思われた健康問題のある人も助けてきました。基本的なことを1つ1つ行うことでそういう方々も健康になれるのです。ぜひ私のプロトコルとデトックスマニュアルを実践して「ネオクレンズ」で解毒し、「ネオセル」で脳と甲状腺の機能を回復させてください。 健康は偶然手に入るものではなく、自分の意志で健康になるものなのです。 甲状腺についてもっと知りたい方は、私が前に書いた記事をこちらからお読みください。 http://ameblo.jp/drgibson/entry-12018530886.html 「ネオクレンズ」と「ネオセル」の詳細はこちらからどうぞ。 http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja http://newbraincell.com/

    Read More
  • 重金属と必須ミネラルの関係


    誰もが、カドミウム、鉛、水銀などの重金属にさらされています。こうした毒素は環境に広く存在し、深刻な問題となっています。カドミウム、鉛、水銀だけでなく、アルミニウム、ヒ素なども体に害となる主な重金属です。ベリリウム、ビスマス、臭素も同様に私たちにとっては毒物です。これらの多くは、数世紀前まではごく少量で、比較的安全な量だけ環境に存在していました。しかし、工業化と科学技術の発達によりもたらされた産業は、環境への悪影響なしに成立しませんでした。地中からこうした金属を掘り出し、家庭で使う製品に用い、また食物を入れる容器に使うことで、人々は毒物にさらされることになったのです。   こうした毒となる金属は空気、水、土を汚染し、食物連鎖にも影響を与えています。重金属が問題を起こす原因は、体の機能のために必要なミネラルと毒物である重金属が体内で置き換わるためです。毒素の濃度が高いと、健康と長寿のために細胞が必要とするミネラルの吸収を阻害してしまいます。   カドミウム カドミウムに慢性的に触れることは、健康に害を及ぼします。カドミウムは土や海水に含まれ、食べ物、飲み水を汚染していることもあります。煙草の煙を吸うことで吸収されますが、肌からも吸収されることがあります。赤血球と結びついて体中に周り、肝臓と腎臓で濃縮されます。ゆっくり排出されますが20−30年もの間、体に残ることがあります。カドミウムは、亜鉛で置き換えることができます。亜鉛は必須ミネラルで、免疫システムをサポートし、たんぱく質を合成し、脳の健康と生殖機能に関する役割がありますが、カドミウムは酵素、とくに亜鉛、銅、セレンなどを含む酵素の機能を阻害します。これは高血圧を招き、腎臓、肝臓にダメージを与えます。   鉛 鉛は、含まれていることを知らずに触れたり口に入れることで健康被害がよく報告される毒物の一つです。鉛が含まれたペンキ、鉛で塗装された缶、鉛を使った焼き物に保存した食べ物、鉛で汚染された水などが環境中に見られます。また、鉛は肌からも吸収されます。化粧品に入っていることもあり、子どもの場合吸収率は大人の8倍になります。鉛の入った塗料片やホコリを吸い込むことが、子どもの体内汚染の主な原因です。鉛はカルシウムと置き換わるので、吸収された鉛は骨にたまり、何十年もとどまります。体からその分カルシウムが減るので、カルシウムが果たすべき大切な役割が十分に果たせなくなります。   水銀 水銀は、他の重金属の体内での分布と滞留に影響を与えます。このことが、最も危険な重金属である理由です。また水銀は、口から摂取することも危険ですが、蒸気を吸い込む場合の方がより毒性が強くなります。石炭を用いる火力発電所も水銀の発生源であり、大気が汚染され空気中に広がり、やがて海水に入り魚や貝に生物濃縮していきます。その他の汚染源にはワクチンと歯科のアマルガムがあります。   人間は少量の水銀なら排出できますが、そのために有効な健全な体内機構が欠損している人が多いようです。体に蓄積すると水銀は内臓に影響し、脳と腎臓で濃縮される傾向があります。また胎盤を通じて胎児に影響し、母乳にも含まれることがあります。水銀は、エネルギーを生み出すための酵素が活発に働くために必要な鉄と銅と置き換わり有害な影響を与えます。マグネシウム、亜鉛、ヨウ素とも置き換わります。   アルミニウム   アルミニウムは自然にも至る所で見られ食べ物にも水にも含まれていますが、その毒性について注目が高まっています。ワクチンの添加物に使われているため直接体内に入り、主に肺、肝臓、甲状腺、骨、脳にたまります。また、調理器具、衛生用品、缶詰のような食物保存用品に含まれています。アルミニウムは吸収率が高く、健康な人なら通常は排出できますが、約80%の人の髪に高濃度のアルミニウムが検出されています。アルツハイマー、パーキンソン病、認知症の発症に関与していることは今や周知の事実です。アルミニウムは、マグネシウム、カルシウムと置き換わりますが、マグネシウムは脳の健康に不可欠であり、また300もの酵素系の補助因子となっていますのでマグネシウム不足は深刻な問題となります。   現代社会では毒素を避けては生きられませんが、クエストグループのデトックスプログラムでカドミウム、鉛、水銀、アルミニウム、ヒ素などの毒を体外に排出できるのです。デトックスプログラムを行った人の血液を検査したところ、デトックスを始める前と後では毒素の量が下がり、必須栄養素のレベルが上がりました。被験者全員のカルシウム、亜鉛、マグネシウム、セレンの量が特に増えていました。   「ネオクレンズ」により、あなたの体内の重金属を排出し、必要な必須ミネラルを吸収できるようになります。こうした必須ミネラルは健康のために、体を守るために、病気の予防に非常に大切なものです。   ネオクレンズの詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja

    Read More
  • 解毒サプリメント「ネオクレンズ」臨床データ#19


    ケーススタディ #19 (50代女性) この方は、福島にお住まいの55歳の女性です。野菜を多く食べることなど健康管理に気を付けていますが、放射能汚染の地域に住んでいるということをあまり気にしていませんでした。 開始前のテストでは、ウラン、ベリリウム、セシウムなど放射能汚染を示唆する重金属の量がかなり高かく、その他水銀、アルミの量もかなり高レベルでした。彼女の体には、放射能汚染、重金属がかなり蓄積されていました。 30日後には、放射線物質が劇的に減少しました。セシウムとベリウムの量が、30%以上減少したのです。さらに、アルミニウムの量も15%減少しました。 そして、栄養素においては、カルシウムとマグネシウムの量が正常になりました。また、亜鉛とリンの量もかなり増えました。 90日後のテストでも驚異的な結果が出ました。放射性物質が、全て許容範囲となりました。ウランは55%、ベリウムは74%、セシウムは43%も減少したのです。90日間で、重金属の量が大きく減少しました。そればかではなく、全ての栄養素の量が正常になったのです。住んでいる場所、放射線物質や重金属に触れる機会が多いことから、この方は、「ネオクレンズ」を定期的に摂取して、体を守ることが必須です。   被験者: 「ネオクレンズ」開始前の検査結果の数値が高く、プログラムの効果に対する期待値が高まりましたが、朝・昼とサプリメントを飲むだけなので、こんなに簡単で数値が下がるものなのか不安もありました。 30日後の検査結果は、少しですが数値に変化がありましたので、1粒ずつ飲み始めて30日で変化があるならと90日後が楽しみになりました。 サプリメントは、食事の支度を始める時に飲めばよいのでとても簡単でした。 肌の調子は一時期悪くなりました。今考えると毒素が出ていたのかもしれません。 以前にも重金属の解毒のサプリメントを使用したことがあったのですが、想像以上に数値が高く驚きました。 それだけに、90日後に数値がだいぶさがっているのを見たときはとてもうれしくなりました。 栄養素については、意識して野菜を摂ったりということ以外、食生活で特に気配りをしていたわけではないのですが、90日後にはかなり改善されていて 驚きましたし、もっと食事内容に気をつけようと思いました。 どんなに食事に気をつけていても、重金属を摂取しないようにするということは不可能のように思います。でしたら、摂取してしまったものは出来るだけ早く体外に出してしまうしかありません。食事の前に摂るだけで速やかに解毒ができるというのは理想的ではないかと思います。 「ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja

    Read More
  • うつに打ち克つための5つの方法


    うつは、脳の「化学的不均衡」が原因だと聞かされた方も多いと思います。だから、元に戻すために化学物質で治療しなければならないとされますが、本当にそうでしょうか? かつて、うつの治療のために、幸福感などを司る神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みの過程を変える薬が作られました。科学者は、薬が脳にどう働くかは理解していましたが、セロトニンの再取り込み過程を変えるとどうなるのかは分かっていませんでした。何かが治る、とは思っていたようですが。科学者はうつ治療のための仮説を立て、その薬が何かを治すことを証明し、薬が政府に認可されて何千億円もの利益を生み出すことを期待しテストを行いました。その仮説とは、うつを患っている患者はセロトニンレベルが低下しているので、セロトニン再取り込みをブロックするために薬を使うことでセロトニンレベルを上げ、うつを治療するというものでした。 しかしこの仮説は成り立たず、1983年米国国立精神保健研究所は、「うつ病患者のセロトニン産生に問題があるという証拠はない」と宣言しています。 これは、うつの人にセロトニンレベルに問題のある人はいないということを意味しています。論理的思考のできる人なら、うつ病患者のセロトニンレベルは治す必要がないと考えることでしょう。 とても簡単なうつ治療計画をご紹介しましょう 私はこの記事で、SSIR(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)がどうして認可されたのかとか、こうした薬のリスクや効果について論じるつもりはありません。あなたが今日から始められる本当に科学的な、証明された、うつに打ち克つための薬より良い方法をお伝えします。 もし、この方法を疑いたくなったら、私も以前はあなたと同じうつだったことを思い出して下さい。。これは私自身の体験です。かつて私のうつはかなり深刻で、うつは私の人生のほぼ全てを奪い去りました。仕事をすることもできず、大切な人間関係も失いました。   うつは本当に病気なのです。でも回復できますのでどうか希望を持ってください。 これから私が書く5つのステップは、すぐに実行できるものだと思います.その結果、さまざまなうつの状態もなくなります。本当に素晴らしい変化が起きるのです。これはうつで悩んでいるあなたのために書いています。すぐに実行に移せなくても、目を通して頂き、辛抱強く一つずつ出来そうなものから始めて行って下さい。そして、十分な改善が見られるまで一つ、二つとステップを増やしながら継続していってください。 うつ克服ステップ1 うつに適した運動をしましょう 運動に関する研究は、巷にあふれています。うつを克服するには運動が良い、それも運動を多くすればするほど抗うつ薬より良いという研究がたくさんあります。確かにうつに適した正しい運動は、脳に変化をもたらし、脳の幸せホルモンと言われるエンドルフィンを増やします。 しかし、1990年代の終わりに行われたデューク大学での研究で、抗うつ剤を摂りながら運動していた人、および抗うつ剤のみを摂って運動しなかった人と比べると、運動だけをしていた人は、かえって高いうつの再発が見られました。つまり運動は助けになりますが、上の研究のように何でも良いというわけではなく、以下の3つの運動がより効果的です。 1 インターバルトレーニング  ただ歩くだけではなく、1分間歩き、1分間走る、を繰り返します。これを少なくとも30分以上繰り返します。インターバルトレーニングはより脂肪を燃焼させ、幸福ホルモンを増やします。 2 筋力トレーニング  同じく幸福ホルモンを増やします。ジムに行くのが好きでなかったら、工夫すれば家でもトレーニングは可能です。 3 その他のエクササイズ  ヨガ、太極拳、ピラテスは、上記の1、2と同じくらい効果的ですが呼吸法を併せて行うとリラックスできてお勧めです。 うつ克服ステップ2  脂肪を摂りましょう これは誰でもすぐに始められる方法です。そしてうつを克服するのにとても効果的なもののひとつです。これは体重を増やすということではなく、食事にオメガ3などの脂肪酸を少し増やして摂るということです。 毎日小さじ1−2杯の発芽したフラックス(亜麻仁)を摂るのがベストです。健康食品店でフラックスシードを買って発芽させるか、または発芽したものを買ってください。フラックス以外には、くるみと鮭にも必須脂肪酸が含まれています。栄養補強で摂るなら、「ネオパック」と「フラックスオイル」にオメガ3必須脂肪酸が含まれています。 うつ克服ステップ3 緑の野菜を食べましょう 緑の濃い野菜を食べることがうつ克服のためには大切です。実際、これが心の健康を得るために最高の方法のひとつなのです。 食事と心の問題は、本質的に不可分なもので「悪い」食べ物を避けるだけではなく、緑の野菜を食べることが心の健康に効果的なのです。野菜から良い栄養を摂るための簡単で素早くまた安価な方法は、毎日緑の野菜を使ったスムージーを1杯飲むことです。栄養補強で摂るなら、クロレラ、スピルリナ、ブロッコリースプラウト、ウィートグラスといった緑の野菜は「ネオクレンズ」に含まれています。 うつ克服ステップ4 砂糖を避けましょう 砂糖と心の問題は関係ないのでは?と思う人は、子どもに砂糖の入った甘いジュースを1缶飲ませてみて何時間か観察してみて下さい。言葉が悪くなったり、乱暴になったりすることが分かると思います。同じことが大人にも起こりますが、大人は公共の場面ではそういった悪い行動は抑えるようにしているだけです。砂糖を摂ると急激に血糖値が上がるためインスリンが大量に分泌されます。すると今度は低血糖になり体がだるく、疲れやすくなるため血糖を上げる目的で副腎からアドレナリンを分泌するので、体が戦闘状態になり血圧が上がり、気持ちもイライラし興奮状態になります。これがうつ病を引き起こしやすくなるメカニズムです。実際に砂糖を摂れば摂るほど、うつ病の発症率が上がることが研究で証明されています。 うつ克服ステップ5 太陽とビタミンD3 ビタミンDの摂取が少ない人は、うつになるリスクが非常に高いと言われています。最近ビタミンD欠乏症が非常によく見られるので、うつになる人が増えていることに驚く必要はないのかもしれません。ビタミンDを摂るのに1番の方法は、できるだけ太陽に当たることですが、日焼けする必要はありません。でも世界の多くの地域では冬には日に当たることが難しいため、冬季うつが発症する原因になっています。もし毎日日に当たれないなら、紫外線B波をカットしてビタミンDを作り出す光療法SDAセラピーライトを使うことを考えても良いかもしれません。またはビタミンD3が少なくとも5000IU含まれるサプリメントを摂りましょう。 「ネオセル」は、うつの症状がある方には非常にパワフルなサプリメントです。脳を修復し、うつを解消する、健康によい脂肪分と脳に必要な栄養素が含まれています。 さいごに  上に書いたステップのうち実行可能なことから始めて下さい。そうすれば雲が晴れ、素晴らしい自分が輝き出すでしょう。全てを実行すれば、相乗効果でよりパワフルになって脳も体のシステムも協調して働き出し、幸せになって生きる力がわいてくることでしょう。今うつで辛い皆さんもうつから回復した私の後に続いて下さればと思います。   「ネオパック」「ネオクレンズ」「ネオセル」の詳細はこちらからどうぞ。 「ネオパック」 http://www.questgrp.net/jp/neopak/ 「ネオクレンズ」 http://www.neocleanse.net/detox/?lang=ja 「ネオセル」 http://newbraincell.com/

    Read More
  • 6ー7月キャンペーン! 健康管理セット 


    私たちは毒に囲まれて生活をしています。毒は、食べ物にも今吸っている空気にも水にも、そして生活用品にも含まれています。汚染されていない食べ物を食べ、浄水器を使っても、環境にあるすべての毒素を避けることはできません。   こうした毒の襲来から体を守るために、毒を排出でき、細胞を修復し守るための栄養をセットにしたものが健康管理セットです。ネオパック、ネオガード、ネオクレンズがセットになっています。 ネオパックは健康の基礎となるサプリメントです。健康のために必須のビタミン、ミネラル、植物栄養素が含まれています。こうしたミネラルが体に入ると重金属などの毒物の吸収を妨げます。必須ミネラルが不足すると別のミネラルと置き換わってしまうのです。   ネオガードは、ビルベリーとターメリックが含まれた抗酸化力の強い製品です。細胞をダメージから守り、またウィルスなどから体を守る免疫システムをサポートします。   ネオクレンズは毎日摂ることで、食べ物の毒を体内から取り除く手助けをし、細胞と DNAを修復します。 「健康管理セット」 商品番号:3080 価格:$160   6ー7月は、健康管理セットをご注文の方には通常の2倍の32ポイントを差し上げます。

    Read More
  • ガンとも闘うブロッコリースプラウトのスーパーパワー


    私のお気に入りのスーパーフードのより素晴らしいニュース 体から放射能物質を取り除き、ダメージを修復するブロッコリースプラウトのすばらしい能力について、私が話したのを聞いたことがある方も多いと思います。特に、壊滅的な津波と福島原発からの放射能物質漏れという恐ろしい問題が起こって5年になることは、みなさんずっと気にかかっていることでしょう。5年前のことでありながら、家族を放射能から守ることは今日もまだ重要です。 そして、長期間の被曝が、ガンの新しい流行を作り出しています。あなたはすぐに、あなた自身とあなたの家族のダメージを修復し、さらに未来のダメージから守る行動を起こす必要があります。良い知らせもあります。ブロッコリーとブロッコリースプラウトは、強力な抗がん作用があります。これが、「ネオクレンズ」にブロッコリースプラウトを加えている大きな理由の一つです。 ブロッコリーの健康への利点 ブロッコリーは、調理や加工をすると抗酸化剤のいくつかが壊れてしまうので、生で食べるのが一番いいです。生のブロッコリーは、ビタミンCがオレンジの2倍、カルシウムは全乳より吸収がよく、セレンの含有量に関連したビタミンEの抗がん作用、そして抗ウィルス作用があります。 ブロッコリーについてされた研究 ブロッコリーとブロッコリースプラウトを食べると、植物栄養素スルフォラファンのおかげで、食品や空気中の発がん物質や酸化剤に暴露した後の、体の解毒能力が高まります。ブロッコリースプラウトは、熟したブロッコリーの10倍量のスルフォラファンを含んでいます。 ブロッコリーは、その全ての種類のガンや他の体の病気と闘い、予防まで行う能力で、広く研究されています。ブロッコリーの抗がん作用能力は、野菜に含まれるイソチオシアネートによるものだと信じられています。生のブロッコリーのイソチオシアネートの生物学的利用能(体に吸収される能力)は、調理されたブロッコリーの約3倍あることを覚えておいてください。 ある研究では、ブロッコリーとカリフラワーを食べることは、DNAの損傷に対する細胞の保護にもなることを証明しています。 まとめ ブロッコリーは美味しいだけではなく、様々な方法で、ガンを予防し、ガンと闘います。体を癒し、DNAや細胞の損傷を予防するすばらしい化合物が含まれていることが、何度となく証明されています。また、体から放射線物質や毒性の重金属の除去を、もっとも強力に助けてくれる野菜です。さらに、ブロッコリーは、がん細胞の増殖や転移を直接阻害する化合物を含んでいます。もしその効果が十分ではなかったとしても、ブロッコリーは世界でもっとも栄養価の高い野菜のひとつです。私たちの細胞やDNAに栄養を与えて修復する、ビタミン、ミネラル、酵素や植物栄養素が豊富に含まれています。これまでのことから、私たちが「ネオクレンズ」にブロッコリーを入れる必要があった理由が分かったでしょう。 ブロッコリーを生で食べるかブロッコリースプラウトとして食べる一方、明るい緑色にする固ゆでにしてもまたとても良い利点があります。とても栄養価の高いスーパーフードのブロッコリーが、2000年以上も世界中で愛されている理由がここにあります。 解毒プログラムの結果では、「ネオクレンズ」を用いての放射線物質や重金属の解毒の効果の証拠が出ています。解毒前、解毒中、90日間のネオクレンズの解毒後の被験者の血液サンプルは、明らかな血中の毒素の減少と栄養素の吸収の増加が常に示されます。詳しくはこちらをご覧ください。http://www.questgrp.net/jp/pod/ 「ネオクレンズ」の詳細はこちらからどうぞ。http://www.neocleanse.net/

    Read More