Quest Group クエストグループ

Archive for March, 2015

  • アンチエイジングの新情報!


    糖質(炭水化物、砂糖、異性化糖など)の過剰摂取が老化を早めるということをご存知ですか?   糖質とタンパク質や脂質が結びつくことを糖化作用といいますが、これは酵素の働きを介して適切に行われれば体へのダメージはありません。しかし、水のない状態でタンパク質と糖質を調理するとAGEsまたはAGE Advanced Glycation End Products =終末糖化産物)と呼ばれる有害な食品分子が作られます。   さらに、AGEs は食べ物から作られるだけでなく、正常な代謝や老化で体内でも作られます。 炭水化物は、単体でも複合体でもエネルギーに重要な物質です。ところが、その一部が過剰になって血中にブドウ糖として溢れだすと、人間の体の細胞や組織を作っているタンパク質に糖が結びつき、体温により「糖化」が起こります。タンパク質は体内のいたる所に存在するため、糖質と結びつくことで、体内での糖化によるダメージが大きな問題になる可能性があります。   しかし、糖化のプロセスは、何を食べるか、そして、その調理法によって遅らせることができるのです。 過去30年間で、糖の消費量は劇的に増加しました。特に、加工食品に添加される糖が増加しています。加工食品に使われる果糖や異性化糖などの糖分は、野菜や果物に自然に存在するブドウ糖に比べ、10倍以上も高い割合で有害なAGEs を生成するのです。   AGEsの体への影響老化の主な原因は、活性酸素による酸化ストレスです。さらにほとんどのAGEs も、同様の酸化状態で生成されます。AGEs は、細胞やDNA をダメージを与えます。ですから、このようなダメージに対抗するためにも、あなたの体に抗酸化物質が十分にあることが重要です。   AGEs は、次のような病気の発症と悪化の主な原因と考えられています。 ● アルツハイマー病 ● がん ● 心臓病 ● Ⅱ型糖尿病 ● 腎臓疾患 ● アテローム性動脈硬化症 ● 高血圧 ● 脳卒中 ● 視覚障害 ● ED(勃起障害) ● 肌の老化   中でもアルツハイマー病は、記憶力の喪失と思考能力の欠如が起こるため高齢者が一番怖れる病気であり、現在、65歳以上の認知症の最も一般的な原因となっています。AGEs の生成と酸化ダメージは、アルツハイマー病に関連するアミロイド斑の形成に深く関わっています。   また心臓病は、現在日本人の死因の第2位となっていますが、AGEs はアテローム性動脈硬化プラークを形成して血管にダメージを与え、心臓病の原因となるだけでなく、高血圧、脳卒中、勃起障害のリスクを増加させています。 AGEsから自分や家族を守るにはA G E […]

    Read More
  • アンチエイジングの秘訣とは?(パート2)


    2.誰でもできる、若さを保つための簡単な方法:老化を遅らせる食事とアンチエイジングに役立つサプリメント   テロメアを保護するもの 本来は、テロメラーゼというパワフルな酵素が、私たちのテロメアを保護してくれます。しかし、テロメラーゼは、細胞の環境の悪化には対抗できません。 DNAとテロメアを守る第1のステップは、テロメアにダメージを与える生活習慣を改めることです。 まず、私の必須プロトコルをぜひしっかり実践して下さい。このプロトコルを実践すると、体調や気分も良くなるので、あなたもその感覚を心から喜ぶことができるでしょう。 次のステップとして、私たちはストレスや、否定的な感情や思考をできる限り減らす必要があります。 第3のステップは、基本となる栄養素をすべてきちんと摂ることです。健康のレベルが上がるにつれて、老化を遅らせることができます。そうすれば病気になる確率も減り、80歳を超えても健康で活動的な生活が送れるようになるのです。   3.寿命を延ばす遺伝子を発現させる方法   何がテロメアを再生させるのでしょう 次に、ワクワクする話題に移りましょう。もし、テロメアを修復し、再生させ、それを維持することが出来たら、私たちは老化を遅らせることができます。細胞の環境を可能なかぎり良くすることで、テロメアは実際に長くなっていきます。そう、長くなるのです! まるでネジ巻き時計のネジを巻いたように寿命が延び、病気にかかりにくくなり、より健康に、より幸せになれます。 テロメアを長くするために、最高品質の栄養素として、「ネオパック」や「ネオセル」を毎日摂取することは大切ですし、プロトコルの1に書いてあるように、できるだけ質の良い食品を適量摂ることが必要です。   一番大切なこと 健全な生活習慣や栄養状態になっても、一番大切なことを忘れていては隠れた可能性を開花させることはできません。肯定的な思考や感情で心を満たすことはとても大切です。これは多くの人が忘れがちですが、実際は最も重要なステップとなります。これを行うことで、その他の努力が実を結ぶようになるのです。肯定的な思考がDNAにとって理想の細胞環境を作ります。それはまた、テロメアのためにも理想的なのです。   100歳以上の長寿の方から学べるもの 100歳以上の長寿の人は、世界の至る所にいます。こうした人々の共通点は、栄養素を豊富に摂っていること、毎日体を動かしていること、ぼけていないこと、楽観的な世界観を持っていること、幸せで親切であり、よく笑うことです。つまり、長寿は遺伝的なものではなく、長寿の人々が今までに実践してきたことを学んで行えば、誰でも同じように長寿になれるのです。 長寿の人々の習慣、栄養、思考、感情によって作られた細胞環境は理想的なものです。もしガンや他の病気の遺伝子を持っていたとしても、体が損傷を受けた遺伝子を修復してくれます。つまり、糖尿病、心臓病、ガン、アルツハイマー病など、どんな病気からも無縁でいられるのです。このようになれれば、とても幸運ですが、私たちにも同じことができます。 100歳以上の長寿の人たちが実行していることが、ここでご紹介しているアンチエイジングの秘訣なのです。 あなたもこの秘訣を実行して、より一層の健康と幸せを手にいれて、長生きを目指しましょう 。今すぐ行動を変え、考えを変えていくことで、皆さんの人生は変わり、より充実した人生となるでしょう。お友達やご家族、周囲の人々にもこの秘訣は役に立つことと思いますので、ぜひ機会があればお伝え頂ければと思います。

    Read More
  • アンチエイジングの秘訣とは?(パート1)


    長生きしたいと思っている方は多いと思いますが、それは「元気に長生きしたい」ということだと思います。年を取っても活動的で、記憶力が衰えず、人生を楽しむ秘訣を知りたいと思いませんか。 今回は、体内時計を遅らせ、人生を活き活きと過ごすための3つの秘訣をパート1とパート2に分けてお伝えします。 1.加齢を制御する細胞の時計であるテロメアについて理解しましょう テロメアとは何でしょう テロメアとは染色体の末端を保護するものです。靴ひもに例えると、ひもの端がほつれないように先端を止めるものです。細胞が分裂する度にテロメアは短くなります。短くなればなるほど、私たちは老化が進み、より病気にかかりやすくなるのです。 テロメアが短くなるメカニズムは、通常細胞の分裂回数を制限しているためです。テロメアは老化と寿命を司っていて、その長さは、様々な病気の発生とも関連しています。これらのことから、テロメアは命の時計と呼ばれており、テロメアがなくなると私たちは死んでしまうのです。   エピジェネティクスについて エピジェネティクスはどの遺伝子を発現させ、どの遺伝子が発現させないか、またテロメアが長くなるのか短くなるのかを制御しています。これによって、老化のスピードが速くなるか遅くなるかが決まります。 細胞の環境は、体内にとり入れたものや身につけたもの、また何を考え、何を感じたかによって決まります。食べ物をはじめ、石けんや医薬品など全てのものが、体内の化学反応を変えるのです。また、私たちの思考までもが、体内の生化学反応に影響を与えています。つまり、健康度は、細胞の健康度で決まるとも言えるということです。ですから、私たちは細胞の環境を大事にしなければいけません。   テロメアにダメージを与えるもの ジャンクフード、薬物、タバコ、アルコール、ワクチン接種、脱水、運動不足、合成食品添加物、カロリー過多、化学物質を含む化粧品類、大気汚染などが、細胞、テロメア、DNAに ダメージを与え寿命を短くします。 これらの中で、最もダメージを与えるものは、一般的には知られていませんが否定的な思考と感情です。ストレス、うつ、不安、怒りや憎しみは、体にダメージを与える化学物質を血中に放出します。こうした環境がテロメアに直接ダメージを与え、テロメラーゼという酵素を減らします。   パート2は来週に続きます。

    Read More
  • 現代のストレス


    みなさん感情的なストレスについては理解されているでしょう。このストレスは、仕事や家庭内で生み出されます。しかし、私たちの脳や体は、感情的ストレスよりも多くのストレスにさらされています。現代社会では、 環境からのストレスにも対処していかなければならないのです。   電車や飛行機、車やバスに乗るとき、私たちの体はそのスピードに順応しなければならず、さらに回りの騒音に耐え、また周りにいる人々や車などからの危険といった、さまざまなストレスにさらされます。 また、私たちは今、大気汚染や加工食品の添加物などの環境的な要因からも多くの毒素にさらされています。こうした化学物質の全てが私たちの体には負担となるため、体はそのストレスをできる限り速く取り除こうとします。   現代は、慢性のストレスが流行しています。ドクター・ギブソンは、「ストレスは私たちを消耗させる」と言っています。ストレスは、体の多くの部位に影響を及ぼします。体を闘争・逃走モード(ストレスのかかる事態に対する交感神経の反応)にし、アドレナリンやコルチゾールのようなストレスホルモンを作り出します。これらのホルモンが過剰の産生により、ホルモンを産生する器官が消耗しますが、その際、重要なビタミン・ミネラルを使い果たしてしまいます。そして、負の脳内化学物質を作り出していきます。 あなたがさらされている継続的な感情または心身のストレスに対処するために、体が必要とする全ての栄養素を取り入れ、補強することはとても重要です。あなたの脳もこれらの栄養素を必要としています。または、慢性的に不足しているでしょう。   これらの栄養素は「ネオパック」と「ネオセル」に含まれています。慢性のストレスに対処するために、「ネオパック」と「ネオセル」を毎日摂取していきましょう。

    Read More
  • ドクター・ギブソンに会えるチャンス!来日セミナー


    クエストグループ、リージョナル・セールス・ディレクターの菊池みどりです。 いよいよドクター・ギブソンの来日が近づきました。 来週 3月14日(土) 東京・ビッグサイト会議室において開催される、 薬・西洋医学に頼らない 脳活性シンポジウム “Change your brain,Change your Life!” -脳を改善すれば、人生が改善する- に、特別講師として参加します! 脳の必須栄養素「ネオセル」の開発者で、 ブレイン・ドクターとして有名なドクター・ギブソン、 日本の理学博士・脳活性装置開発者である水上進博士、 そして、「ヘルス・パイオニア・ユニバーシティ」創設学長、 越山雅代さんといった日米の脳活性・自然療法の エキスパートたちによるまたとないシンポジウムです。 こちら、間もなく定員となります。 参加ご希望の方は、お早めにお申込みください。 クエストグループ会員の皆さんは、 通常価格6,000円のところ、特別価格の3,000円にて 参加することができます! くり返しますが、残席がわずか。 ご参加希望の方は今すぐ、 http://www.masayo.us/seminar/advance/brain2015-quest.html より、お申込みくださいね。 近年、多くの医療・健康の専門家たちが、 「認知症、うつ、学習障害、記憶力低下、慢性疲労、ADHD、 リウマチ、アルツハイマー、パーキンソン病、更年期障害、 そして、骨粗しょう症 といった問題は、『脳』の活性と ホルモンに解消の鍵がある」と言っています。 このシンポジウムで、より自然で安全で効果的な 脳活性法を学び、心身の健康を手に入れ、 今以上に素晴らしい人生創りを楽しんでください。 「脳を改善すれば、人生が改善する」を、 ぜひ実現させましょう! 久しぶりの来日を心待ちにされている ドクター・ギブソンから、皆さんへのメッセージを頂きました! ******************** こんにちは。ロバート・ギブソンです。 約2年ぶりに日本を訪問することができ、大変嬉しく思っています。 今回は、3月14日に一般社団法人ヘルス・パイオニア・アカデミーに「脳活性シンポジウム特別講師」として招かれました。 多くの皆さんが日頃から愛用されている「ネオセル」に関する情報をはじめ、皆さんの人生・生活をより向上させることができる脳活性と脳の健康について講義しますので、ぜひ皆さんご来場ください。 このように、日本の皆さんと触れ合える機会を与えていただけて、大変嬉しいです。 皆さんとお会いできることを、楽しみにしています。 14日に会場でお会いしましょう。 *********************** どうして「ネオセル」は脳の健康に有効なの? 「ネオセル」を愛用しているけど、もっと詳しく学んで 家族や友人たちにも教えてあげたい! より効果的な飲み方は? ・・・等など、ドクター・ギブソンから直接お話を伺うことによって、 このような「ネオセル」に関する疑問・質問を一気に解消できる […]

    Read More
  • 認知症を防ぐには


    今や「認知症」は世界中で大きな問題になりつつあります。特に日本は、高齢者の割合が世界で最も高く、65歳以上の高齢者の約9%以上が認知症患者であると言われており、この率は年々増加しています。 そのため、将来的な長期介護の必要性や、多額の医療コストが懸念されており、これは大きな社会問題となっています。 ですが、認知症は防ぐことが出来る病気です!   まずは是非、クエスト・グループのメディカルアドバイザーである脳神経科医・自然治癒医師のロバート・ギブソン医師の「必須プロトコル」を実践してみてください。また、ドクター・ギブソンのブログやフェイスブックの記事も参考にしてください。 認知症予防には、バランスの良い栄養補強と食生活が非常に大切ですが、数ある栄養素の中でも特に「ビタミンB12」は脳機能のために重要な役割を果たす栄養素です。しかし、年齢を重ねるにつれて、B12の吸収は減少していき、60歳以上の高齢者では不足しているのが一般的です。 体内のビタミンB12の量を増加させることが、アルツハイマー病や認知症の減少につながります。ベジタリアンの方は、食生活で不足しがちなB12の補給が特に重要となります。   ビタミンB12は以下の食品に多く含まれています。これらを日々の食生活に取り入れてみましょう。 ● イワシ ● サーモン ● マグロ ● ホタテ ● エビ ● 牛肉   当社の「ネオセル」には脳の機能に最適なビタミンB12量が豊富に含まれています。当製品に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。 www.newbraincell.com

    Read More