Quest Group クエストグループ

離乳食からホールフードを取り入れましょう

離乳食からホールフードを取り入れましょう  


小さいときからホールフードを食べ、
それが美味しいと思えるのは
子どもの健康にとってとても大切なことです。

新生児の最高の栄養は母乳ですが、
6ヶ月くらいになって離乳食を始める時に
栄養が十分なホールフードを取り入れれば、
子どもが好んで食べるようにするようになります。

このとき大事なことは、
砂糖などの甘いものや
人工的な食べ物は2歳までは食べさせないことです。

そうすれば自然な食べ物への嗜好が形成され、
砂糖やその他の危険な食品添加物の中毒になることが避けられます。

離乳食はいつ始めたら良いでしょう


子どもはそれぞれ異なった発達をします。

子どもをよく観察していれば、
始める時期が分かります。

月齢で判断せず、
母乳を飲んでいたら
1歳くらいまでは離乳食は必要ないか、
子どもも興味を示さないでしょう。

でも、もっと早い時期から
離乳食を始めた方が良い子どももいます。

一般的には4ヶ月から8ヶ月の間に様子を見て始めることが多いようです。

 

 

 離乳食開始のサイン


1 スプーンを口に入れても押し出さなくなった

赤ちゃんは、固形物を口に入れると
窒息を恐れて吐き出すのが普通です。
4−6ヶ月でこれがなくなってきたら、離乳食が食べられます。

 

2 満腹になったことが自分でわかるようになった

母乳やミルクを飲んでいても
満腹を感じて自分から止められるようになったら、
離乳食を開始できます。

 

3 首が据わってお座りが出来るようになった

4 出生児の体重の2倍になった

5 食べ物に興味が出て、注意を向けるようになった

赤ちゃんはものを口に入れることが好きですが、
これは食べ物を欲しているということではありません。

 

 

最初の離乳食として一番良いもの


赤ちゃんが最初に食べる離乳食は、
月齢に合った食材から始めることをお勧めします。

次に挙げるような食べ物は、
健康的で消化が良く、
またビタミン、ミネラル、脂肪
その他の成長に必要な栄養素が十分に含まれています。

卵黄
母乳の成分に似ています
コリン、コレステロール
その他の脳の発達に良い栄養

アボカド
理想的な離乳食
香りが良くなめらかで果肉がクリーミーです
ビタミンB1、B2、ナイアシン、カリウム、マグネシウムが
同じ量の他の果物や野菜よりも多く含まれます
脳に良い良質な脂肪も多く含まれています

サツマイモ
消化が良く、ミネラルが豊富に含まれます

 

 
4日ルール


新しい食材を食べさせ始めたら4日間は続けましょう。
赤ちゃんには消化し吸収する時間が必要です。
新しく食べ始めた食材の消化が悪い場合は、
30日待ってもう一度食べさせてみて下さい。

 

 

避けて欲しい食材


砂糖、穀類(麦などを使ったシリアル)、乳製品、加工されたスナック

シリアルを食べさせることから離乳食を始めないのは、
赤ちゃんは1歳になるまで穀類を消化するために必要な
膵臓アミラーゼを分泌することができないためです。

2歳まで分泌できない子もいます。
ではいつから穀類を食べさせても良いのでしょうか。

臼歯が生え始めたら良いでしょう。

赤ちゃんの消化システムは未熟で、
そのため母乳の栄養が直接栄養となる訳ですが
早期に穀類を食べさせると
未消化のまま体内に入ってしまうこともあり得ます。
その場合炎症が起きたり、
そのほかの健康問題が生じることがあります。

 

 

 

自分で食べさせましょう


スプーンを使うことについてはよく考えましょう。
成長したら、
小さく切った食べ物を食器に入れて
手で食べさせた方が手先が器用になり、
目と手の協応が発達します。

最初は口に入れられない方が多いかもしれませんが、
目的は自分で新しい味の食べ物を味わうことです。

 

 

自分で判断させましょう 


赤ちゃんは、満腹かどうか自分で分かります。
自分から飢えようとは思っていません。
健康な赤ちゃんは自分が必要な量だけ食べます。

もうお腹いっぱいという様子の赤ちゃんに
「もう一口食べて」
と言うのは止めましょう。

親が多く食べさせようとして、
自分で判断して食べるという成長過程を無視しないようにしましょう。

また赤ちゃんは日々違う食べ方をしますので、
よく赤ちゃんの様子を見てあげることが大切です。

 

 

ベビーフードは自分で作れます


ベビーフードをあらかじめ調理して
冷凍しておくと便利ですが、
親の食事を柔らかくして上げれば簡単です。

簡単につぶせる果物には以下のようなものがあります

・ バナナ
・ メロン
・ 洋梨・・・柔らかい種類を選びましょう
・ いちじく・・・皮などを取ってから上げます
・ 桃・・・皮を剥いて切ってからつぶします
・ マンゴー・・・繊維の多い部分は取ってから切ります
・ プラム
・ ブルーベリー・・・半分に切ってからつぶします
・ いちご・・・1歳以降
・ キウイ・・・1歳以降
・ パパイヤ
・ アボカド
・ ぶどう・・・小さく切ってからつぶします
野菜は赤ちゃんの健康のためにとても大切です。
つぶして上げるのに適した野菜をご紹介します。
皮と種を取ってからつぶしてあげて下さい。

• さつまいも
• ズッキーニ
• 人参
• カブ
• ナス
• かぼちゃ
• カリフラワー

 

たんぱく質は筋肉や骨の発達に大切です。
柔らかくて栄養豊富なものを挙げました。
たんぱく質は質の高いものを選びましょう。

• 魚、卵、鶏肉

 

 

 

その他


1 ベビーフードの味を薄める場合、
4−6ヶ月から1歳までは母乳を少量加えましょう。
赤ちゃんにとって慣れた味が入っているので
離乳食へと移行しやすくなり、栄養も加わります。

2 脳の発達のために、
良い油をベビーフードに足しましょう。
ココナツオイルやアボカドオイル、
質の良いバターなどがお勧めです。

3 十分な栄養を子どもに与えるには、
七色の食物が大切です。
色が栄養を供給します。
人参の赤、ブロッコリーの緑、さつまいもの黄色など、
様々な色の野菜を食べさせましょう。

 

 

以上のように、
加工された市販のベビーフードは
使わないようにして離乳食をあげましょう。

お子さんが2歳になるまでは
ホールフードの野菜や果物をつぶしたりして上げ、
砂糖や穀類を避ければ太り過ぎや
食べ物アレルギーを避けられ
健康的な食べ物で満足できる人生が送れます。

お子さんのいらっしゃる方にご参考になれば幸いです。

もし身近にこれから母親になる人がいたらお知らせください。

より幸せでより健康な子どもに育つことでしょう。

ホールフード、子ども、健康についてのより詳しい情報は、
クエストグループのブログFacebookページをご参考ください。

 

 

無料オンラインセミナーのご案内

2017年3月23日22:00~23:00
あなたのDNAを放射能から守る方法

2017年4月13日22:00~23:00
諦めないで!!自閉症スペクトラム障害を自然療法で改善する方法

2017年6月:テロメアとエピジネティクス

 

 


クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

最新号が発行されました。

定期購読をお申込みいただいている方には

お手元へ発送が完了しております。

オンラインで読むことも可能です。

こちらからご覧いただけます。

「ナチュラルヘルスニュース」は年4回発行

年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-3969-9070
メールpost@questgrp.jp

メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

Leave a Reply

Your email address will not be published.